AudioProject

閉鎖ブログです。皆さんありがとうございました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

景気の良い話

産経新聞のネットニュースから転載
こういった商品はマニア相手では、ないようだ。
往年の音楽ファンから高年の富裕層とはうまい表現。

行間を読めば、お金持ち相手ですよと言うビジネスモデルですね。
前にも新聞全面広告とか、宣伝費も相当ですね。
拡大メガネには、負けますが・・・
イメージ 1


開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

那須山さん専用

こういう構成でC2を測ってください。
適当で良いのところの電圧は一定で!
イメージ 1


開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

昨晩から注文のプリアンプに使用する増幅回路を組み立てていた。
入力はハイインピーダンス、出力は600Ωゲインは約10倍(20dB)のフラットアンプだ。

ブログで話題のアンプの入力インピーダンスは、アンプそのものではFETの差動入力なので高い。

測定ついでに見かけ上のインピーダンスを実機で説明しましょう。
自分で設計した回路なので誰にも迷惑は掛からない。
不具合があっては、注文主に迷惑は掛かるが・・・・

下の写真は入力抵抗を47KΩにしたの回路(上段)と入力抵抗を100Ωにした回路(下段)である。出力負荷は両方とも620Ωにした。
イメージ 1

抵抗値のカラーコードの読める方は拡大して確認していただきたい。
イメージ 2

この状態で試験して見ましょう。
上段47KΩの入力抵抗(見かけ上のインピーダンス47KΩ)に50mVを入力
(50.05mV)入力しています。
イメージ 3

50mV入力での出力はさて? 0.5348Vです。
イメージ 4

下段100Ωの入力抵抗(見かけ上のインピーダンス100Ω)に50mVを入力
(50.05mV)入力しています。
イメージ 5

50mV入力での出力はさて? 0.5347Vです。
イメージ 6


入力インピーダンス47KΩ
入力50.05mV 出力0.5348V
ゲインは20.56dB

入力インピーダンス100Ω
入力50.05mV 出力0.5347V
ゲインは20.56dB

見かけ上のインピーダンスの意味がわかると思います。
理想アンプと書きましたが音が良い理想アンプと言う意味ではなく、見かけ上のインピーダンスが変わっても同じように増幅するのが理想的なアンプです。

メーカーさんも同じように、理想的な動作をするアンプを設計しているはずですからユーザーさんは安心して使える訳です。

注意
今回はデジタルテスターでわかりやすくしましたが、低周波200Khzまで測定できる
真の実効値テスターです。ACと書いてあっても、安価なデジタルテスターでは1KHzは測定できません。電源周波数くらいならまだいいですが。

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事