ここから本文です
AudioProject
自作オーディオ(アナログ)のブログです。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

おなじみウエストミンスターのチャイム
TOA ML304から送出
TOA施設放送アンプA-1530から100Vラインで全放連型スピーカーから出た実際の音を3mくらい離れた位置でTASCAM DR-100MkⅡの内蔵マイクで録音したものです。

拡声器だって良い音で鳴っていますね。学校、職場、市町村防災の時報などおなじみのものです。良い音ですが、音楽再現ではないからです。
この意味がどういうことかわかる人は少ないでしょう?


ウエストミンスターチャイム

この記事に

開くトラックバック(0)

オーディオマニアと言っても多岐にわたり過ぎているので細分類での交流が良いと思う

鉄道マニアはその辺をわきまえていると思う。
撮り鉄
録り鉄
乗り鉄
そして飲み鉄まで

ところがオーディオマニアは、音の出るもの全てに反応してしまう。

アナログ
PC
デジタル
真空管アンプ
ビンテージ
あげたら限がない。

だから主張しかない。

大体、音楽再現を目指している人と、拡声を目指している人では全く話が合わないし
お互い不愉快になるだけです。
音楽再現は、実際の音楽演奏を自宅で楽しむことで、拡声とは、好き勝手に大きな音で楽しむことで、音楽演奏を具現化するものではありません。
それをリアルな世界で、こっちが音が良いとやるから諍いになる。

現存しないメーカーを含めて、それらの愛好家に他の愛好家は交われない。
あくまでも例だが安室奈美恵のファンにそれより美空ひばりの方が良いというようなことがオーディオ界では頻繁に勃発する。

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事