AudioProject

閉鎖ブログです。皆さんありがとうございました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ふとしたきっかけからYouTubeのエレクトーン演奏を聴いてみました。
時代は変わったものです。
一人でオーケストラなんですね。
30年以上前のエレクトーンとは全く違う。


【 天使のくれた奇跡 】 エレクトーン演奏
コーヒーのペーパードリップ動画にしてみました。
アロマと余韻、雑味の少なさをポイントにしています。
嗜好品なので、好き好きです。
4杯分/5分が目安。
動画だと伝わりやすいと思います。

コーヒーの淹れ方 (ペーパードリップ)

もう一度アナログ

アナログで、頻繁に調整するのは音量調整です。
デジタル全盛のこの時代にも、電子ボリュームはアナログ的動作をさせているものは少なくありません。

比較的安価な1チップICで処理するものから、アキュフェーズのAAVA(特許)まで様々です。

デジタル機器しか使わない人も、プリアンプはアナログを使うことは普通です。

たしかに、従来からのボリュームで音質は、劣化するのは事実です。
しかし安価な1チップ電子ボリュームの方が音質が優れているという訳ではありません。その証拠に往年の可変抵抗式ボリュームの付いたプリアンプを、今でも使われる方は少なくありません。

考え方を変えれば、ボリュームで絞られた信号を忠実に増幅するプリアンプ(ラインアンプ)回路が重要な訳です。

簡易的な、可変ゲイン型のアンプでの音量調整は、よろしくない理由は簡単です。
CDなどで2Vもの出力があるものを出力を無いことにするには内部でマイナスゲインを作ります。増幅回路が増幅しないのです。
(そういうのがあるので、見てくれということでまたやって来る予定)
でもそれは、ブログには晒せません。



オーディオ用ボリューム唯一の現行品RK-27(アルプス電気)
写真上部中央に搭載
フラットアンプ回路は、従来からのものを入手した部品でマイナーチェンジ。
音質的にこれ以上のものは、自分は作れないと思っています。
在庫切れのため、昨日部品実装製作。
イメージ 1




電子部品屋さんの福袋の中身
小袋の福袋2,000円の中身です。

もう売り切れた頃なので、価格的にはかなりお得ですが、在庫処分品です。
特に今年は、配置換えをしたので処分品が見切り品が多いですね。1
万数千円分は入っています。
イメージ 1

このユニット基板だけでも、8千円以上になります。
LM380のアンプ基板を2枚入れているあたりが流石です。
イメージ 2



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事