ここから本文です
AudioProject
自作オーディオ(アナログ)のブログです。

書庫日記

記事検索
検索

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

珍しく演歌だぁ〜

先日、何気なく、岩手方面出張中にYouTubeを見ていたら
あなたにおすすめで出て来た。
多分、桃印のアイコンの方のブログを見て、岡崎友紀の北上川を検索したからだろう。

それがこの映像、YouTube動画を見ると、この鉄橋、一ノ関トンネル入り口の鉄橋だ
なんと現場近く。
演歌歌手の野村美菜さん。元3代目コロンビアローズ
宮城県出身、この川は家の近くを流れる川。
購入条件は整いました。


本日届きました。
イメージ 1

こういうのがYouTubeの効果なんでしょうね。

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日、近隣の方が、オーディオと呼んで良いようなものを見てくれと置いて行きました。基本的にメーカーで修理しているものはお断りです。
現存しないメーカーや修理受付しないものは、安心して点検できます。

ビクターTT-101
イメージ 1

多分良いアーム
イメージ 2

ナカミチ670ZX
イメージ 3
これは物置放置品だぁ
イメージ 4




この記事に

開くトラックバック(0)

テレホン人生相談と言うラジオ番組をご存知だろうか?
ご存知でない方はYouTubeで見れます。

古くから、プロアマ問わず無線に携わっていた人はログと言えば日誌と思う。
一般の人なら日記だろう。
私も、そう思う一人です。WEb版のログだからブログ
ところが、最近人生相談ならぬオーディオ相談になってきている。

思ったことや、出来事をテキトーに書き止めているが、どうもブログはコメント欄に書き込みできるので、議論、主張の場となることも多い。

その内容に興味を持ったら、自分で調べて研究すればいい。
大体、聞いてどうするの?と言う書き込みも少なく無い。

コメントもらってうれしいのは、共感コメントだけです。反論コメントに、回答していると寝る時間も無くなる。だからよそに書き込むことは滅法、減った。

普段リアルの世界で、オーディオの話をすることは、少なくはない。
その人の知識レベルがわかっているから、それはこうだね。そうだったんだで終わる。

電子回路の設計技術者と話しても、話は通じるのは、同じレベルで話すからだ。
リアルの世界では、身の程をわきまえるから問題は起きない。





この記事に

開くトラックバック(0)

今日は、ヨットハーバーに来ています。(いいっぷりっこ、ではありません)
会員制の係留施設
イメージ 1

私には、無縁なんですが、ご縁があって見学しました。
イメージ 2

落ちは、ここの対向親局の陸上の、業務無線局の修理に

この記事に

開くトラックバック(0)

誰でもわかる入力インピーダンス

まぁこれは、おらの日記で備忘録
見たい人だけ見てくださいな!

入力インピーダンスの測定は、普通はしません。
でも難しいので、簡単な方法を考えました。
図1においてAB間をショートして発振器から数十Hzの信号を加えこの時の
出力電圧を記録しましょう。まあ切り良く100mVだったとします。
Ri Ciはアンプ内の入力抵抗と入力容量です。Ciは今は無視

次に図2のように、AB間のショートを外しそこに可変抵抗を入れます。
抵抗値を増やして行き出力電圧が半分になるように合わせます。
50mVですね。その時のAB間に入れた可変抵抗の値をテスターで測ります。
これが入力インピーダンスです。
非反転アンプ回路は単体で通常数百KΩオーダーの入力インピーダンスです。
入力に通常は入力負荷抵抗付けてますからそれを含めたRiになります。
イメージ 1

もうわかった方もいるかと思いますが、この方法は、抵抗の分圧で半分にする等価回路です。要するに負荷抵抗がわかっていれば大体の入力インピーダンスはわかってしまうということです。

OPAMPの反転入力回路の場合は、0Ωみたいなものですが、やはりこれも入力にシリーズに入る抵抗で決まります。

この後、寝ますのでご意見はみません


この記事に

開くトラックバック(0)

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事