ここから本文です
AudioProject
自作オーディオ(アナログ)のブログです。

書庫電子回路

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

今は、出張中なので、図を描いて説明はできないのでご了承ください。
C-2はもうどうでもよいのですが、入力何Ωかといったときに私が、入力に100Ωかましてあるので100Ωと言ったのがまずかったようだ。

①通常のアンプの入力インピーダンスは高い、それでも入力に入力抵抗とか負荷抵抗と呼ぶものを付けて、見かけ上の入力インピーダンスとするのが普通だ。
この時点ではC-2の正式な回路が分かっていたわけでないから、それほど騒ぐほどではない。
②ブロック図に反転入力のヘッドアンプ図がでてきて初めて推測が立った。
もしかして反転アンプの入力インピーダンスの低い回路かもしれない

①②ここまで推測

③入力インピーダンスのみシミュレーション

④カートリッジ相当の抵抗をいれて入力感度から出力までシミュレーション
最終的には、ほぼ間違いないと思われるまで解析


反転入力は普通は使いにくいし。用途は限定となる。
入力抵抗が普通反転アンプでは付いているからいいが、小さすぎたら使いにくい

以下やさしく説明します。非反転アンプの例
分かりやすいアキュフェーズのC-37フォノイコアンプで見てみましょう
以下部分転載、ダウンロード取説より
大変分かりやすい仕様です。

入力感度表記です。これは入力インピーダンスを変えても、ゲインも変わりません。ここではアンプとしての仕様ですから、入力インピーダンスと呼んでいます。これが非反転増幅回路です。入力インピーダンスをたくさん持っていますね。よく見ておいてください。

仕様(抜粋)
イメージ 1

次にカタログを見てみましょう。MC6種類、MM3種類の豊富な負荷インピーダンス切替と書いています。これはカートリッジ側からみれば負荷インピーダンスな訳です。
イメージ 2

入力インピーダンスと読んだり負荷インピーダンスと読んだりするのはこの辺の違いです。

次にブロックダイヤグラムを見てみましょう。
ヘッドアンプ回路は、非反転アンプとなっています。
これにロードインピーダンスの負荷抵抗を切り替える形式となっています。

イメージ 3

ここで取説によりますと、カートリッジの指定インピーダンスに合わせるか好みで設定と書いてあります。カートリッジというものは、インピーダンス設定は結構自由です。昔の普及価格帯のフォノ入力でさえ負荷抵抗切替スイッチが背面にありました。
もちろん好みに応じての設定でした。

高級、高価格の物が電流入力アンプだとは限らないことがお分かりいただけたと思います。

ゲインが接続されるカートリッジで変わってしまうフォノアンプは、あまり詳しい仕様を書かないのはこの辺に事情があるかもしれませんね。






この記事に

開くトラックバック(0)

追記
まともに付き合って大変な損をしました。
Nさんのことの発端のコメントを見ると ある人のブログを見て、それは違うと疑問に思った
そんなのは、どうでもいいことです。ブログなんて何度も言っているように個人のログなんですから、間違っていようが何であろうと、個人の感想。
他人の日記が間違っていようと知ったことじゃない。
私はメーカーの表示内容に対する疑問だと思って、まともに相手してきた。
凄い馬鹿らしくなってきた。
メーカー表示 入力感度50μV/10Ωの意味が分かれば、入力インピーダンスはどうでもよく、実際に国産カートリッジが使えるか使えないか問題。
C2持ってるNさんが使えると後に言っているから使えるのは間違いない。
失礼な言い方をするが、個人の日誌の屁のような部分に、突っ込みすぎたということ。レコード持ってないnさんが、得意の情報収集力で調べ上げているがMCカートリッジで実際レコード再生している方からすると、なんだかなぁ〜と思う部分も出てくる。それは、実践という部分がないからだ。しかしこの論争でnさんが調べ上げた入力インピーダンスゼロは、古い多くの人たちに、目からうろこの情報だったはず。

この論争は誰が勝った負けたではなく、ただ単に、仕様や諸元の理解力がなかっただけだと思う。

増幅は電気的動作の基本、でも音は、そんな知識は、必要なく誰でも楽しめます。


Nさんとnさんで論争になっているヤマハのC2のMCヘッドアンプ部。
そもそも、ことの発端は入力インピーダンスにある。
入力感度50μV/10Ωと書いてあればこの条件で定格出力が出るということが、電気的知識があれば対して、さして疑問にも思わない。
ところが一般ユーザーはカートリッジの適合インピーダンスと受け止めてしまう。
運が悪いことに、入力感度50μV/10KΩと表示しているところもあった。
それが1年以上前のことだ。
当時、私も一般的なヘッドアンプだろうと思っていた。普通の電圧増幅型(ハイインピーダンス)のヘッドアンプは、100オームの入力負荷抵抗を付けることで、すべてのMCカートリッジに対応していた。

ところがC2は少し違っていたようだ。回路図はあったがIC部分が全く不明だ。
ブロック図で反転入力ということでもしかしてという考えも出てきた。
その一方で、ブラックボックスのIC記号部分を電子回路のシミュレーターで解析してくださったGさんがいるもっぱら入力インピーダンスを調べられていた。
10Ω前後で落ち着いた。

こうなると入力インピーダンスが10Ω派の説がまた浮上ということになる。
しかしこれでは使いにくいヘッドアンプだ。
ところが電流入力のヘッドアンプと考えると、理屈は合う。
要するにどのようなMCカートリッジにも対応できる。
ところがこのシミュレーション入力インピーダンスしかしていない。
以下Gさんから無断借用引用図
この条件50μV/10Ωで葯2.3mVの出力になるかさらに検証していただいた。
ズバリこのままの結果となった回路はこれで間違いないことになる。
イメージ 1
その陰でNさん連合チームは実機測定を行っていた。
試行錯誤しているがなかなか成果は出ていない。
一方私は、ブログ見ての通り、一般的な理屈を並べていた。
広い意味で、知識がないと微小信号や入力、発振器の使い方など判らない。
これだけは、自力で勉強いただくしかないから、手取り足取りはしない。

反転アンプは基本的に入力インピーダンス0の回路だ。
上段だけ見ていただきたい。私の製作しているヘッドアンプもこれだ。
帰還抵抗Rfと入力抵抗Rsとカートリッジの抵抗で増幅率は決まる。
Rf/Rs+Rmcで簡単に計算できる。
イメージ 2

このような流れの中で論争になっていたわけである。
・50μV/10Ωは入力感度なので、インピーダンスの表記でない。
・実際の回路は電流入力型であることがシミュレーション判明
・実測するのは、難しいが、下段の図の環境次第では可能
という結果が出た。

図上段で、抵抗比でゲインが変わると述べたが、例えばRfが300ΩRmcが2Ω2Rsが2Ωだとしよう。300/4となり75倍のゲインだ。この状態でカートリッジを40Ωとして300/42で葯7.1倍のゲインだ。いくらインピーダンスの高いカートリッジほど
出力が大きくても差はでる。
この差を小さくするにはどうするかRsを30Ωにしてみましょう2Ωのカートリッジでは300/32で9.3倍 40オームのカートリッジでは300/70で4.2倍
この辺のころ合いで、実用的なものになる。
例えばの例でこの定数をOPAMPに割り当ててもまともに動作する保証はない

要するに、一つの疑問から解決までには、間違いは解決のヒントになりそして結果がある。
電流入力型の方が優れているかといえば一概には言えないこともある。
接続電線からカートリッジのコイルまでがRmc+Rsだ
この欠点を克服するためにヘッドシェルに回路が組み込まれたこともある。
電圧増幅型のFET入力でゲイン一定型も好まれる場合もある。
レコード愛好家は、カートリッジも沢山持っているからだ。

ごたごたの原因が私にもあることをお詫びしておきます。

諸兄諸氏が理論づめで、コメントしているところに割り込む理由がないので記事にまとめておきます。

この記事に

開くトラックバック(0)

MCヘッドアンプで入力感度の測定は、そんなに簡単ではないのです。
ついでに入力感度とはどういうことかです。

まず発振器のインピーダンスです。
これを理解しないと先に進みません。インピーダンスの低いものほど扱いやすいことがわかると思います。
発振器の出力回路には直列に抵抗が入っています。
それがインピーダンスで、同じ値の終端抵抗を付けた時、規定の出力が出ます。
これが下の図で覚えておいて損はありません。
要するに複数のものに接続されたとき、すべてに同じ電圧がかかります。
分配と言った方がわかりやすいかも知れません。
イメージ 1

MCヘッドアンプの入力感度の測定
周波数特性を測る場合も入力がしっかりしていないと影響を受けてしまします。
図1では正しく計れません。
入力感度50μV10Ω(話題のC2のヘッドアンプ)
このような回路に50μV加えた時にヘッドアンプの定格出力2mV(MMの定格入力)
となることを言います。
2mV÷50μV=40倍がヘッドアンプのゲインとなります。
イメージ 2
図3は固定アッテネッターによるもので、発振器の可変出力で50μVにするので、大体の値で大丈夫です。


この記事に

開くトラックバック(0)

アンプ回路の入力インピーダンスは、測定結果でも中々理解されないようです。

オーディオ増幅器の特性の中では入力インピーダンスが高いことが要求されます。
最近のオペアンプでは、バイポーラTR入力で数百KΩ、FET入力では数MΩもあるものもあります。(帰還かけない状態で)こう書いておかないと突っ込み・・・

図のように、Ri>Rsでなければならない理由は、入力信号の低下を及ぼすからです。入力容量Ciによってさらに高域に影響を及ぼします。
RsとRiで抵抗分圧を形成する回路が生まれます。
必要以上に入力インピーダンスの低い回路は良いことがありません。
普通は入力抵抗によって、入力インピーダンスとみなします。
あまり大きくしないのは、雑音に有利なようにです。
あえて入力インピーダンスの低い回路にするなら、ノイズ特性重視でしょう。

補足、ロー出しハイ受けは無限大という意味ではありません。
出力に対して数倍が基本です。

CDプレーヤーに対して適切な受けのインピーダンスがあるように、MCカートリッジに対して適切な受けがあるのと同じです。

もうそろそろ飽きましたのでC2お持ちの方は、40Ωのデンオンまたはヤマハの30Ωのカートリッジを実際に装着して聴いてみればわかるのではないでしょうか?
それが一番簡単なことに今、気が付きました。

イメージ 1


この記事に

開くトラックバック(0)

この簡易測定の図を中々理解してもらえないので、暇ではないがとりあえずチャチャっと検証。上から目線と言われようと、「ですます調」では書かない。
メーカーの機器は使わない。こんなくだらないことをやったらメーカーに失礼だ!
自前の回路ならだれも文句は言わないだろう。
ハイ、昼休みのお時間です。暇な方は覗いてください。

追記
nさんのこの記事見てください。
ロー出しハイ受けの意味がわかります。

元の説明図再掲載
イメージ 1

これを実際にの測定器につなぐ。
イメージ 2

まずは図1
治具を作ったのでAB間はスイッチでショート状態
この状態で2Vの出力が出るように発振器のレベルを合わせる
イメージ 3

発信器は600Ω終端を外しておく。(ハイインピーダンスにする)終端開放の意味だ
その状態で2Vの出力が出るように発振器の出力を合わせる
イメージ 4

付属の終端抵抗を外す。とはこういうこと。
イメージ 9


次にショートしているスイッチをオープン(図2の状態)にして、治具のボリュームを回して出力を半分の1Vに合わせる
イメージ 5

治具からケーブルを外してボリュームの抵抗値を測る
≒47KΩだ。
これはこのアンプの入力抵抗と同じ値だ
イメージ 6

ついでに同じことを入力抵抗22Kにしてやってみよう。
≒22kだ
イメージ 7

入力抵抗の切替はこのようにした
このMMのイコライザーは基板上で22K47K100Kと切替できる。
イメージ 8

元々入力回路はFETなので極めて高い入力インピーダンスを持っている。
入力抵抗が、見かけ上のインピーダンスになる。
通常入力インピーダンスはこのことからあまり気にする必要はない。

従って一般的なテスター(抵抗計で入力抵抗)を測っても測っているのはこの抵抗だし抵抗以外の様々な回路の影響で正しく測定できるとは限らない。
電源を入れた状態でこのテスターを当てるのは、テスターからの電圧が掛かるのでよろしくないことがわかるだろう。(最近はデジタルテスターで昔の程ではないが)

あらかじめネット検索などして、インサーキットテスターなどの話を持ってくるなと言って置く

面倒くさいので手書きで追加
発振器の使い方わからないと測定は出来ません。
散々MCは、一般には難しいと言ってきたはずだ。
この発振器出力の意味を理解できなければ測定は出来ない
発振器出力インピーダンスを極端に下げる
すなわちロー出し、ハイ受けがここでも生きて来る。

イメージ 10

MCヘッドアンプ測定の場合600Ωを分圧してアッテネッターにするか、インピダンス変換アンプが必要になる                  

この記事に

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事