ここから本文です
藤森コーチより所感頂きました。

市民大会の初戦でした。
対戦相手は東八王子FCさん。
守備陣にケガ人続出で、守備に不慣れな選手をキーパー、バックに起用しての戦いとなりました。

対 東八王子FC
3-1 で勝利😀
得点 ソウタ、リン、リンちゃん

立ち上がりからボールは支配するものの、相手の早いプレッシャー、球際の強さに自分たちの形が作れず、逃げのパスでチャンスを潰すシーンが目立ちました。

また、狙ったパスも精度が低く、ことごとくカットされる。そんな苦しい展開の中、ソウタのカットインからのシュートで先制。

この勢いで一気に、と行きたいところでしたが、カウンター1発で同点に。

後半、最近の試合ではチームを落ち着ける効果を発揮しているハセを投入。
チームが落ち着きを取り戻したところで、同じく後半から入ったリンが積極的に攻撃を仕掛け、勝ち越しゴール。
度々あったカウンターのピンチもGKショウゴの果敢な飛び出しで防ぎ、最後は、15期らしい連動した動きから、リンちゃんのシュートで3点目。

最後まで気を抜けない試合でしたが、なんとか勝てました。

即席守備陣でしたが、シュウゴ、ハルキ、ユウキ、GKショウゴは良く頑張ってくれました。
でも、ボールを後ろにそらすシーンが多かったかな。もっと練習しようね。

会場提供、対戦してくれた東八王子FCさん、ありがとうございました。次回の対戦を楽しみにしています。

また、応援してくれた保護者の皆さん、ありがとうございました。

この記事に

秋季リーグ 第5、6戦が愛宕小にて行われました。

対CBX 6対0で勝利
得点 ハセ、タイセイ×2、ハルト、シュウゴ、ユウキ

大量得点での勝利が望まれていましたが、早い時間帯にハセが先制点を奪い、かなり気が楽になったと思います。
また、シュウゴのサイドネットに突き刺さる豪快なシュートで盛り上がり、結果6得点を奪い勝利できました。


6戦目は、負ければ3位、勝てば優勝、引き分けでは得失点差勝負が濃厚になってしまう重要な愛宕戦

前日鑓水5年生にも協力してもらい、特訓した成果が出せるか見物でしたが・・・。
愛宕の足の速い右サイドの選手は、ベンチスタート・・・。

それでも、いつ投入されても対応できるように鑓水のスピードスター達を左サイドに集めて挑みました。

イメージ 1

前半の早い時間帯にコーナーキックからハルトが押し込み良いスタートがきれましたが、最近の15期最大の弱点のコーナーキックで直接叩き込まれ同点、更に追加失点し逆点で前半を折り返しました。

後半は拮抗した状態でなかなかチャンスを作れませんでしたが、残り3分でタイセイのスルーパスからソウタがキーパーを抜き、同点ゴール

そのあとも勢いに乗って逆点を狙いましたが時間切れ・・・。
優勝を確実のものとはできませんでしたが、何とか望みは残しました。

対愛宕FC 2-2 ドロー
得点 ハルト、ソウタ
イメージ 2

イメージ 3

公式戦後は愛宕さんとトレーニングマッチ

昨日に続き、ヒロアキがとても頑張っていました。試合中にシザースを何度も出し相手選手を抜こうと果敢にチャレンジ!
好調なのかマークの指示も出したりでとても良かったです。

ソウヤもよく走りシュートまで持っていく事が出来ていて◎。得点は奪えなかったけど頑張っていました!

秋季も残すところあと1試合・・・。
勝利できれば無敗で終える事ができます。
子供達が頑張ってくれることを期待します。

愛宕さん会場提供および交流戦ありがとうございました。

この記事に

南陽台交流戦 9月30日

1年生以来の久々の対戦で南陽台さんとの交流戦を行いました。

今回は、翌日の愛宕戦を見据えて右サイドの非常にスピードのある選手対策で、ブッチを左サイドにコンバートし、ハルキを左のバックにおいてスピード負けしないようなポジションにしました。
不慣れなポジションで出場する選手もいるなか、3本とも圧勝できて素晴らしかったです。

この日は、ヒロアキが一所懸命練習した事をチャレンジしていたのと1アシストできたのも◎でした。
どんなスーパープレーよりも練習した事をしっかり試合で出してくれたのがコーチは嬉しかったな・・・。

あとは、シュウゴが本当によく走っている!自分の100%を出し切っているのがよくわかります。

このような頑張りが圧勝に繋がったのかと思います。
イメージ 1

イメージ 2

また交流戦後は、鑓水5年生に手合わせしてもいらいました。
右選手に速い選手を置いてくださいとお願いして5年ハルトやリクトを愛宕仮想21番対策として協力してもらいました。
ブッチ、ハルキがメインでフォローにユウキやソウタが回り、一生懸命抑えようと頑張っていました。

南陽台FCさん対戦ありがとうございました。

5年生、特訓のご協力ありがとうございました

この記事に

秋季リーグ 第4戦 対館町
2対0で勝利 得点:ソウタ、ハルキ

高尾、愛宕、鑓水の三つ巴の状態

鑓水-高尾 ドロー/高尾-愛宕 ドローの為、次節の愛宕戦で引き分けた事を考えると大量得点での勝利が必要でしたが、気持ちが今一つ入っていない・・・。

勝つには勝ちましたが、試合でやりたいことを理解すらしてない選手も、ちらほら・・・。

優勝を左右する大一番の愛宕戦は、来週なのにこのままでは勝てる訳なく、強豪シルクさんにお願いして、トレーニングマッチ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
15分 1本×2 20分 1本
本日の秋季リーグでは、一部の選手が出来なかった連動する動きをしっかりミーティングで修正しました。

対 シルクA 0-0 ドロー
対 シルクB 0-1 敗戦
対 シルク  3-2 勝利 得点ブッチ、ハセ、ソウタ

後ろで回すシルクさんに対して、トップの選手が厳しい寄せをし、互角以上の戦いが出来たと思います。

特にトップのハルキ、ハセはよく追いかけまわしていました。ディフェンスではシュウゴが体を張って頑張っていたのが印象的でした。

この動きが出来れば愛宕戦の勝利も近づいてくるのではとおもいました。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
会場提供のシルクさんありがとうございました。
また、秋季リーグ後のトレーニングマッチを対応いただきありがとうございました。

この記事に

藤森コーチより

秋季リーグ第3戦。
前日の台風でどうなるかと心配しましたが、予定通り試合実施となりました。
対戦相手は春季カップ優勝の高尾SC。
真夏のような暑さの中、優勝を目指すためには絶対に負けられない一戦に臨みました。

イメージ 1


前半は全体的に押し気味に進めましたが、最後まで詰めきれずに0-0で折り返し。

後半は逆に押され気味の展開に。

イメージ 2


何とか守り続けましたが、コーナーキックから失点。それでも、この日の15期はいつもと違って、勝つために走り続けました。
残り5分、絶対に勝つという強い気持ちの現れか、コサのロングシュートで同点に追いつきました。
その後も最後まで勝利を目指して戦いましたが、同点のまま、試合終了。

イメージ 3


対 高尾 1-1 😐
得点 コサ

試合後はCBXさん、高尾さんとのフレンドリーマッチ。
対 CBX 3-0

イメージ 4


対 高尾 1-0
対 高尾 0-2

イメージ 5



秋季リーグは続きます。気を抜かず、残り全部の試合を勝てるように頑張ろう。

暑い中、帯同、応援して頂いた保護者の皆さん、ありがとうございました。
また、対戦して頂いたチームの皆様、ありがとうございました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事