全体表示

[ リスト ]

  2016年10月20日。神奈川県座間市に在る陸上自衛隊第4施設群は、国連PKO 派遣により、8月12日から
10月19日まで、98日間にわたって、東アフリカケニア共和国に赴き、ケニア共和国軍人に対して、施設機材の教官として、14名が派遣され、本日帰国された。
 私は、派遣隊の「出国式」と本日の「帰国式」に、第4施設群長よりご招待を頂き出席の機会を頂いたところであります。
 来賓を代表しての私からのご挨拶は、以下ようなご挨拶をさせて頂きました。
 私は、ご紹介を頂きました神奈川県議会防衛議員連盟会長の堀江則之です。先ず持って、国連PKO 派遣のの任務を無事故で果たされた14名の派遣隊員の皆様の帰国を心から歓迎し、お祝いと御慶びを申し上げます。
 また、ご家族の皆様、留守中隊員の安否を思い、留守家庭をお守り頂いた、ご苦労に感謝と敬意を申しあげます。
8月12日から昨日までの98日間、11,000キロの東アフリカケニア共和国で、ケニア軍人に対し、重機機材の教官として、座学や実施訓練の教育指導に当たられた事に、敬意と感謝を申しあげるところであります。
 お伺いいたしますと、言葉の違いがある中で、通訳を通して教育指導されたとのこと、ご苦労があったかと思います。ケニア共和国軍人が派遣隊の皆様から学んだ技術等、インフラ構築で不足する重機機材の操作の人員不足の解消とケニヤのインフラ整備に大きく寄与されるものと確信致します。
 派遣隊員の皆様には、今回の派遣に誇りを持って、今後ご活躍されることを祈念申しあげ、私のご挨拶と致します。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事