動物

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

水辺でのどを潤すゾウの群れ。
ところが赤ちゃんゾウにとっては足場が悪かったのか、水へ落っこちてしまいました。
そばにいた大人のゾウたちが、必死に救出する映像です。


溺れそうになる赤ちゃんゾウを、鼻で懸命に救い上げようとするも、濡れてすべるのか、なかなか上手く行きません。
このままでは危ないと思ったのか、1頭、また1頭と水の中に入っていきます。
最終的には浅瀬の方に導いて、どうにか助け出すことができます。
ゾウは非常に頭の良い動物だそうですが、チームワークや誘導の仕方からも、そのことがうかがえます。

http://x8.toumoku.com/bin/ll?14761330d
アクセス解析
居酒屋で年配のサラリーマンがおしぼりを使って顔を拭くのは、お約束と言っていいほど良く見る光景です。
いつもやってるなんて人もいるかもしれませんが、それとそっくりの行動をするオランウータンが多摩動物園にいるそうです♪


こういうおっさん居ますよね?(笑)
暑さしのぎをしているそうですが、水に濡らしてふたつにたたみ、しっかりとしぼるまでの一連の行動は、実に器用だなと感心します。
オランウータンはヒトに最も近い動物だとも言われていますが、この映像を見せられたら納得です☆彡

http://x8.toumoku.com/bin/ll?14761330d
アクセス解析
イメージ 1

生息地の南極から3000キロ離れたニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)に近い浜辺で発見され、世界で最も有名なコウテイペンギンとなった「ハッピーフィート(Happy Feet)」が29日、ついに故郷に帰還する。
魚のミルクシェーク」でまるまると太ったハッピーフィートの帰還は、専属の獣医チームがエスコートするという。
前回の記事はこちら

3歳半のコウテイペンギンは6月半ば、ウェリントンそばの浜辺に流れついていたところを発見された。ニュージーランドの獣医らも、当初は故郷まで自力で泳いで帰らせようとしていた。

だが、ハッピーフィートがニュージーランドのあまりの暑さに、体を冷やそうと砂や枝を食べてしまい、体調を崩したことから、人間が介入しなければ死んでしまうことが明白となった。

2006年の大ヒットアニメ映画に出てくるタップダンスをするコウテイペンギンの子どもから命名されたハッピーフィートは、ただちにウェリントン動物園(Wellington Zoo)の動物病院に運び込まれ、ニュージーランド最高の外科医により腸内の異物を除去するための内視鏡手術が行われた。

ハッピーフィートの保護施設は南極の気候を再現するため、常時クーラーをつけて氷のベッドが設置された。サーモンのすり身を使った魚のミルクシェークには良い反応を見せた。

■南極に向けて出航へ

ハッピーフィートは29日、ニュージーランドの調査船タンガロア(Tangaroa)に乗り、断熱処理のされた箱に入って出航する。船で4日間の航行の後、ハッピーフィートは荒れる海に放される。

「(ハッピーフィートは)10メートルの波だってへっちゃらさ。こいつは過酷な環境に慣れている。たぶんかなり興奮して、そのまま泳いで行ってしまい、それが最後の別れになるだろう」と、獣医チームの責任者は語った。「知り合いのペンギンに出会うことを祈るよ。でもそうならなければ、彼はどこかへ行き、そこで新しいコロニーを自分で作り上げるだろう」

ハッピーフィートが放される場所は、南極から2000キロ離れた場所になる。同獣医によれば、その一体はコウテイペンギンの通常のエサ場の範囲内であり、ハッピーフィートが生存する可能性は高い。

ハッピーフィートにはGPS(衛星利用測位システム)追跡装置が取り付けられるので、研究者や市民はウェリントン動物園のウェブサイトで、同ペンギンの行動を見守ることが可能だ。 

AFPBB News  

うっかりペンギン君、ここまで元気になったんですね♪
しかも、しっかりといい感じに肥って保護された当時とは見違える姿になって何よりです。
今度はうっかり遠路はるばるなんてことの無いようにして欲しいです☆彡

http://x8.toumoku.com/bin/ll?14761330d
アクセス解析
イメージ 1

寝苦しい日々が続いてますが、ペットと仲良く眠っている写真でも見て、ぐっすりと眠る気持ちよさを思い出してください☆彡







イメージ 2

「赤ちゃんを守るニャー」







イメージ 3

すっぽり収まってます。






イメージ 4

犬:「こんなとこで寝ちゃって仕方な……あれ、気持ちいい」







イメージ 5

親子みたいな関係。






イメージ 6

こちらは兄弟。







イメージ 7

左右対称。






イメージ 8

うらやましい。
どっちが?どちらもです。







イメージ 9

猫と猫っぽいの。






イメージ 10

虎と僧侶が暮らすタイの寺院。
肉系のエサを与えないと穏やかになるそうです。





イメージ 11

さすがにここまで大胆に寝るとは恐るべし。






イメージ 12

後頭部にちょい。







イメージ 13

離れていても同じポーズ。

ペットはだんだん飼い主に似てくるものだと言いますが、寝ているポーズまで人間くさくなってる気がします。
動物と寝ても暑苦しくない涼しい場所で、こんな風に寝てみたいものです。


お洒落な犬

今から寝ようとしている1匹の犬。
その時とった行動が、なんともお洒落なんです。


ケージの上にあった布を引きずり降ろすと、なんと体に巻きつけてのご就寝。
寒かったのか、柔らかい布団が欲しかったのかはわかりませんが、この無駄のない動きがいいですね☆彡

http://x8.toumoku.com/bin/ll?14761330d
アクセス解析

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事