自転車生活

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

TTばいく?

昨年仕立てたロードのALANを改造したTTバイクもどきALAN-TT
当時は見よう見まねで組んだので、ほとんどロードのセッティングで、DHバーをぽん付けしてました。しかし、TTポジションのアグレッシブさは魅力的で今年もALAN-TTのセットアップに戻します。

昨年からの間に、TTエアロポジションについても多少調査してきました。ロードに比べ、タイムトライアル車は前傾がきつく、かつ前の方に乗るようです。これは、エンジンのマウント位置の違いということになります。
前の方に乗る理由は、より深い前傾により空力的メリットを得ようとすることと、DHバーを利用したより強力な上半身の固定によりより効率的にペダリングパワーを伝達すること、さらに、おそらく、50km程度の比較的「短い」レースであれば、大腿四頭筋をより動員して走る方が利用可能な筋肉が増えるということだと思われます。BBの直上に乗ることで、体重を利用してペダリングしやすいという意見もありました。
脚の長さが変わらない以上、ペダルとサドルの位置関係も(角度は別にして)変わりません。

一方、上記のようなメリットがある一方、重心の前進に伴い前輪の負担加重が増えるため、より前輪は滑りやすくなります。これは、コーナリング荷重限界の低下として現れます。また、DHバーを持って走ることはブレーキから手を離して走ることなので、急制動に注意が必要です。また、ハンドルに付加物が多く、低速時はその重さに注意が必要です(最新のハンドルであれば気にしなくていいのかもしれません)。

とりあえず現在のセットアップ。サドルを限界いっぱい前方に移動させてます。ピラーも前後逆に使ってw。これくらい仮想シートチューブ角を立ててやらないと、タイムトライアル車のポジションは出ないようです。
イメージ 1


【追記】この写真の状態で、77度相当の様です。

フォームを写真にとって検討。
イメージ 2


DHバーを少し手前に下げようかな...
ALANは10年以上使って、ヘッドマークがかなりみすぼらしくなっています。
イメージ 3


とりあえず外しました。

開く コメント(0)

新製品情報

シマノの心拍計付きサイクルコンピューター、というかサイクルコンピューター付き心拍計というか。
PCにダウンロードできるようだが、どのような情報が保存できるのだろう...
しかし、安いなあ。技術の進歩か。

明日はシクロクロス。

開く コメント(0)

チューブラーの携行

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

チューブラー携行袋だ!

開く コメント(3)

自転車on車道

JAF MATE(ロードサービスのJAFの会員向け情報誌)10月号に、自動車ドライバー側からみた、車道を走る自転車の特性、注意点についての記事が載ってます。

昨年の法改正がきっかけですが、こういう企画が組まれることからしても自転車の車道走行が一般化してきていることの現れだと思います。自転車乗りがますます注目されることも間違いないと思います。

記事のうち、車の巻き起こす横向きの風の強さ、特性が気になりました。トラックの巻き起こす風は最大5.5m/s。最初は外側へ吹き、その後内側へ向きが変わる。しかも通過後4秒後も2m/s程度の強さがあるというのは意外でした。一方、ミニバンの場合、最初は1m/sぐらいで、その後2.8m/sの風が吹いたというのも意外です。

しかし、昔から自動車ドライバーとオートバイライダーの主張の食い違いがありましたが、自転車についても避けられないのでしょうね。とはいうものの、最近逆走や、ヘルメット未着用のロードバイクなどが目立つような気がして、大変心配です。
道路を走るもののライセンスは、共通+それぞれの乗り物固有事項みたいな形にして、意識の共通化をはかることはできないのかなーと思ったりします。

開く コメント(0)

あらこんな・・・

物置で捜し物をしていたら、105のFDがでてきた。
イメージ 1

FD-1050とか刻印されてる。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事