夕方から時間が空いたので、家でごろごろしていると、TVで某アイドルグループが東京湾でカレイを捕獲する様子を流しているではあーりませんか!?

「あー、釣りに行きたいなあ。」

誰にともなくそうつぶやくと、「朝夕行きまくってるやん!」と家族全員から集中砲火。。。OTL

「いやー、もうキスにも見放されたから、その辺の埋め立て地で電気ウキ流してメバルでも釣るかなあ。。。」

とかなんとかぶつぶつ言ってると、今年からJKになってしまった真ん中の娘が、「とーとー、ウキ釣り行こうや、いまから!」と大胆なことを言いよります♪

時計を見ると2000ジャスト。

「お、すぐ準備するわ、青イソメで電気ウキ流そう!」

ダイワのダイレクトパワー磯2号450と、ABYSSの12ftの並継マッチロッドをつかんで、あとは適当なスピニング2機と、電気ウキ流し用バッグ、小型クーラーを嫁はんのBbのトランクにぶっこんで、2010にはGo out!

日曜のこの時間だとTポートさんは閉まってるので、ちょっと先のMAXで青300円だけ買って、人工島沖向きへ到着が2100のちょっと前。
仕掛けを組んでる最中に2100のチャイムが響きます。

さすがに日曜の夜とあって、毎日あれほど賑わっている人工島の沖向きも静かなもんです。

足場のよいプールの堤防から、娘と二人で電気ウキを流すことにします。
ここは何が来るかわからんので、伊勢尼の8号にハリス3号で青の1匹掛け♪

娘の竿をつくって渡し、自分の仕掛けをつくっていると。。。

「釣れたで!」

「でーっ、はやっ」

振り向いてみると。。。

イメージ 1

なんと、25㎝はあろうかというアジ!?




あのーーー、去年の11月の小浜以来、まともなサカナ釣ってないんですけど、ワテクシ…
思いつきから1時間ほどしか経ってないうえに、青イソメ300円分しか持ってないというのに…

嬉しいような、悔しいような、何とも複雑な心境であります。



小さいころから勘がよくて、イカを掬ったり、コロを釣ってしまったり、あるいは真夏に食品コンビナートの岸壁でハゲの子を乱獲したりと、よく釣りに行った娘ですが、中学校に入ると部活だなんだで忙しくなり、思春期ということもあって、私との距離は開いたまま。

JKになった今は、あんなに野生児だったのにと思うほど、ふつーの女の子になってるんですが、勘は衰えていないようです。

ただし、エサをつけたり魚を外したりは、なんだかんだ言うてぜんぶワテクシに振ってきよります。

うん、まあまあふつーのJKでよかった(笑)




と、余裕をかましていると、良型のアジを次々に上げていきやがります。
その都度、自分の釣りを中断し、魚を外し、エサをつけ、「はい、どうぞ」とお姫様状態。。。ちょーーーーーーーーー馬鹿親www

「家族5人やから、あと1匹釣ったら5匹やし、それで終わろうか」

お互いに明日は学校と仕事です。

よーし、1匹くらい!

と、気合を入れてウキを睨むと。。。

「おーー、今度はよっく引くわあっ♪」












イメージ 2


!?

ええメバルやん!

って、ぜんぶアナタが釣っちゃうわけ?

「とーとー、もうちょっと釣りや♪」

余裕の娘がそう言ってくれるので、2230までやることにしますが…

なぜかワテクシのウキは1度も沈むことなくタイムアップ。。。






どないなってんねーーーーん_| ̄|○






そして、2300には帰宅、家族全員の嘲笑の的となってしまったのは言うまでもありません(´;ω;`)


イメージ 3

実釣1時間で明日のオカズが揃いました。

ワテクシの半年はいったい何だったんでしょう。。。号泣






でも、よく考えたら、まったく釣りなんか行かなくなってた娘が、突然一緒に行ってくれたのって、きっと今日が父の日だから???

うん、そう思っておこう。

優しい娘に育ってくれてよかった♪

って、親父のプライドはズタズタだよーーーん (´;ω;`)



この記事に

開く コメント(16)[NEW]

開く トラックバック(0)

キスにまでフラれ続けて、かれこれ半年以上まともなサカナを釣っておりません、じゃこびっちでございます。。。

釣れなければ釣れないほど妄想だけは肥大し、それが飽和すると変態な釣り具に手を出すことでストレスを解消するという悪循環に陥っております…(;´・ω・)

そういうわけで、こないだまた衝動買い♪

イメージ 1

なんかリゾートなカラーリングの2本継スピニングロッド (^_-)-☆

パッと見ただけで、こりゃあほやと分かってしまうアナタも相当キテいます(笑)

イメージ 2

バットガイドはスピンダーの大口径。
ダブルラッピング。

イメージ 4

トップも16㎜のPトップ。

古い竿です、例によってw

イメージ 3

逆並み継。

ピンピンのシャキシャキではなく、万力のようにトルクフルな調子。

イメージ 5

もちろん締め下ろし向きに装着されたスクリューシート♪

イメージ 6

腹当て、つまりファイティングバットエンド。
ちょうどここに尻手用のベルトが締められます。
位置的にも、ぶっ飛ばすにはばっちりですね。

闘うための装備のみを身にまとっております。

イメージ 7

その名を「ソルトウォータースポーツマン」といいます。

ワテクシにぴったりぢゃん!

どこがやねーーーーん(笑)

ザウルスという、なんとも怪獣っぽいメーカーさん。

どうみても強そうw

イメージ 8

GTエクスペディションだって(/・ω・)/

10ft!

ルアーウェイト120gてことは、だいたいBX、33号クラスかな?

投げ竿でも大好きなムチムチとトルクフルな調子です。

よくわかんないけど、ボートのデッキからGTとかを撃つ竿かな?




そうなんです、こりはドイツのナマズ竿、泥猫ちゃんと並べるための1本なんですよ。
デカタマくらいなら余裕だと思います。

調子でいうと、泥猫の方がさらに胴に乗る感じ。
こっちのがファストアクションです。
でも、相当にパワフル!

この2本にPENNのバトルⅡ8000を載せて、ショートロッドぶっ飛ばし!
軽量タックルで磯をがんがん歩くのです。




。。。え?

なんかむなしいのはワテクシだけかな???

行かなきゃ釣れないのにねえ((´;ω;`)

今に見てろよ〜(笑)


この記事に

開く コメント(9)[NEW]

開く トラックバック(0)

梅雨入りしたとか言ってるお役人もいるようですが、自然の世界ではまだドライな晴天が続いております。

本格的な梅雨入り前にデカイの釣りたいところですが、そこは勤め人の悲しさ。。。なかなか南紀までは下れず。。。ならばと朝夕の一時を海で過ごさんとて、週に2度までも出かけてみましたが。。。


イメージ 1

とくに夕練はあの伊勢ノ海海老蔵師匠との対決ということで、いつもの川です。

そーゆー釣りならベイトランナー系だな、どれ持っていこう??
と、ベイトランナー用のコンテナを開けると…

各社の各サイズ、合わせて19機もあるじゃーあーりませんか。。。OTL

我ながらそのアフォさにはあきれてしまいます。

イメージ 2

Tポートで坊主頭の店長から罵詈雑言を浴びてもひるむことなく、いつもの川へ。

この時期は爆釣間違いなしですわいwww

イメージ 4

今日は古いサーフリーダーとPLアクシスにダイワのエンブレムで遠投していきます。


イメージ 3

さっそくABさんは23〜24㎝の良キスを抜きあげて喜んでおりますw

イメージ 5

アチキも負けずに22㎝級の太い奴を撃沈!

よーーーーしっ!

と、気合を入れますが、この後はたまにあたっても18㎝までの小型で、しかもほとんど回ってきません。

「あかーーん、もう今回は闇に葬ろう!」てことになって、2人して早々に退散。。。OTL




じつはその2日前にも朝練でBBさんと1匹ずつという屈辱を味わってしまったのです。

ちなみに、ついにキレてしまったBBさんは、今ごろあの暴走渡船に乗ってデカタマ多発地帯の沖磯を爆撃中ですwww




ワテクシも、えー加減に向いてない釣りはあきらめて、放り込んで待つだけという極めて高度な技術と知識が必要な釣りに専念しますかね(笑)

え?

悔しくなんかないもんね??

だれが去年の暮れからまともなサカナ釣ってないってよ(# ゚Д゚)

ま、見ておられよ!

腰抜かすようなデカいやつブリあげちゃるし〜(/・ω・)/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

満を持してといいますか、やっとのことで地磯へ出てきました。

前回の磯はうねりのせいで磯というほどのポイントではなく、その前もうねりでナガモノ地獄。。。
しかも、今季はなぜか黒潮が寄らず、水温も低めで、クエ子はあるもののタマミは少ないとのこと。

それでも、ひと夏に何度あるかという土日の連休、しかも晴れ♪

なんでそんなに喜ぶかというと、土日ならお友だちとご一緒できるからであります♪


イメージ 1

ちうわけで、プッシューブラザーズとコラボです(/・ω・)/

釣るでーーーーーー(((o(*゚▽゚*)o)))



イメージ 2

ワテクシのブログでは見られなくなってしまった正統派投げ釣りスタイルはharuさん、シマノのPFプロサーフXXが2連装♪

少し離れたところではくっさんも同様のパワータックル♪





で、ワテクシはといいますと♪

イメージ 3

2本出すときは離してセット。

三脚に並べることはしません。

イメージ 4

1本は身エサでクエやシブ狙い。

イメージ 5

がまかつのギガシスMH改にジグマスター505HS改。

こちらはワイヤー瀬ズレにワイヤーハリス。

ギガシスはトップのぐにゃぐにゃの部分をばっさりカットして5m弱になっています。


イメージ 6

もう1本は、ドイツDAMの大ナマズ竿マッドキャット♪

こりは9ftしかありませんが500gを超える高密度ブランクを誇ります。

一脚にぶっ飛ばし仕様です。


イメージ 7

桜吹雪工房特製の一脚は、ラインを通す隙間があって使いやすく、錆びないし、軽くてタフです。

今のところ磯歩きにこれ以上の一脚は考えられません。


イメージ 8

リールはダイワのBG4500!

これはマジで使いやすいですね。
最近のリールは確かにすごいwww

てか、これってある意味でダイワの最高傑作かも(笑)

海外では売ってるあのもう少し大きめのモデルも売ればいいのにね。

あ、だれもソルティガ買わなくなるか(爆)

頻繁にキャストを繰り返すジギングならわかりませんけど、一晩に10回か20回しか投げないこの釣りには十分であります。

こいつにはフロロハリスの遠投仕掛け+PE6号で沖の沈み根周辺を砲撃します。

いやーーー、これ楽しい♪






で、まだ明るいうちに、マッドキャット+BGが超高速発射!

慌てて飛びついて、ブラックダイヤモンドのカラビナをチャカッとリリース!

ものすごい突っ込みで引きずられそうになります。

錘負荷100号級の短い剛竿ですから、敵との介在物は最小限、全身で耐えないと引きずり込まれてしまうのです。
長竿なら持ってるだけで相手が弱っていきますが、ワテクシはそんな釣りをまったく目指しておりまへん(アフォ)

ここで、BGの最大の美点である高性能ドラグ+フルメタルボディが卓効を発揮します。

「うへーー、引きずり込まれそう!?」となった時には、間違いなくキュキュキューっとラインを吐き出してくれます。

敵が止まれば、ドラグパワーは復活しますから、ノブを締めなおさなくても即巻けます。

PENNのHT100 も優れたドラグですが、ダイワのオートマドラグ(この表現はきらいですがw)もなかなかのもの。

これがプラスチックボディにロングノーズの投げ専リールなら、最初の一発で切られるか、竿が折られるか、リールがぶっ壊れるか、人間が吹っ飛ばされるかでしょう。


で、この敵はちょっといつもとは違うサメで、あっという間に左へ50m以上突っ走りやがります。

9ftの短竿を構えたまま横っ走りして、隣の磯に飛び乗り、何度目かの突っ込みに耐えて、となかなかのハードファイトを繰り広げます!

うーん、サメやけど楽しい〜♪

ピンギスとは全然違うでーーーー( ^)o(^ )

そしてさらに左へ突っ込みますと、ついに三角の背びれが海面を割ります!

うひょーーー、でけーーーーっ!




ふっ!

あ、ハリス、フロロやった。。。ゲームセット(笑)

おっとり刀で駆けつけてくれたharuさんとくっさんにお礼を言いながら、肩で息をしてしまいます。

はあはあ言わされる釣り、これです、これ。
やっぱりこーでなきゃ〜、サメだけど(笑)





で、この夜は、もう少し小さい、新子。。。といってもメーター級ですけど。。。のサメが回っていて、定期的にラフファイトを楽しませてくれました。

イメージ 9

感心したのは、1m、軽く7kgは超えていそうな太いサメを、マッドキャットはごぼう抜きできるんですよ。

投げ竿でそんなことしようと思う人はいないかもしんないけど。。。

同じようなサメが来ても、ギガシスだと簡単に寄せられるけど、曲がり過ぎて抜けない。。。



てか、疲れるんだけど(笑)

イメージ 10

なぜ、お前たちはそんなに冷たい目をしてるんだ。。。

まだ生まれたばかりぢゃろ???




なんか、不思議なことにサメが湧いてる時って、あんまり他魚は釣れないですよね。

まあ、ウツボとアナゴだけはコンスタントに釣れるんですけど、まともなオサカナは3人ともなし。

午前0時の納竿でした。

あー、楽しかった♪

haruさん、くっさん、ありがとうございました♪



「サメといつまでも♪」 by 憂歌団


この日は、同じく地磯に出ていた74の鉄人が、ノーアタリ、最初のイカが最後まで、という拷問を受けて憤死。

沖磯に出ていた剛竿そ〜兄はクエ2匹の大漁、そして鬼のイケちゃんが、あんまり釣れないので深夜に泳いで磯変わりして、なんとか60級のタマミ1枚と、なかなかの不調振りでしたとさ。

なんせ、タマミが少ないね、まだ。

黒潮カモーーーン!

夏のサカナたち、寄ってこいよーーー(/・ω・)/

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

月曜日、夕方早めに貝塚で仕事を終えたので、そのままTポートへ寄って、ダウンサウス♪

梅雨入り前の晴天だし、深日か岬あたりで半夜でもやるかとぶらついたんですが、どこもかしこも磯竿を下向きに配置した方々で埋め尽くされていたので、そゆ方々のいない川へ、性懲りもなく転戦したのでした。

イメージ 1

うんにゃ〜、またしてもルアー竿♪

今日も狙いは尺オーバーのみ。
30㎝未満はみなピンであります。

イメージ 2

あれだけ悪口ばかり書いても、結局、これより便利なスピニングは見当たらないし、砂底で走らせるなら。。。エイさえ来なけりゃコレでどうにかなるのです。

で、2本放り込んで、パンをかじろうと段取りしてると。。。



がーがーがーーーーーーーっ!


アオリマチックが絶叫!

こりは尺超えに違いないと、いそいそと巻き上げますが、感触はびびびっ程度。。。OTL

イメージ 3

尺には遠く及ばぬドピンギス。。。号泣


しかも。。。


イメージ 4

暮れなずむ街の景色は美しく…

イメージ 5

月もまた美しく。。。



オソロシイほどのノーアタリな夜(泣)



10時過ぎまで粘りますたが、うちわサイズのエイが1枚OTL

おまけに、残った石ゴカイを川へ放流しようとした瞬間、エサ箱がオートリリース。。。

ぼっちゃん、ぷかぷか。。。

えーい、朝練で歩くとき用の腰につけるエサ箱ぢゃ、拾わなくっちゃとスロープを降りてたら、つるんとすべって自分自身がオートリリース。。。

ぼっちゃん、ざぶざぶ。。。

水深20㎝ですけど。

嬉しくないもんね。

また泣きながら帰りましたとさ。




こんな小さなサカナ釣るの無理!

もうやめ、やめ!!

釣れなくても磯へでるっす。

くっそーーーーーーーーーーーーーーーー(# ゚Д゚)

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事