マーケティングの現状と未来を語る

2014年ヤフトピに8度の記事掲載。わかりやすい裏読みでメディア取材多数。マーケティングコンサルタント。個別相談も受付中

全体表示

[ リスト ]

CM好感度を上げる簡単にあげるヒントとして、先日のブログで「動物とこども」の起用を
書かせて頂きました。安易な方法ではありますが、実際に効果は出ます。反論するクリエイターの
方がいれば、ぜひそれ以上のスコアを自らのクリエイティブで出して頂くことを期待しています。
優秀なクリエイターは、誰でも獲得できる80%ではなく120%の効果を出すことが出来るからです。
しかし、一方で独りよがりのクリエイティブで60%程度の効果しかなくても、クリエイターと
呼ばれている人がいるのも事実。前回のヒントは、悩める広告主の方々に対しての簡単なアドバイスと
受けとってもらえれば幸いです。

さて、今回も同様の趣旨で、読んでもらえればと思います。
以前からのブログで、タレント一人のパワーが落ちているということを書いてきました。
今の時代、タレントに頼るよりも、もっと効率的にお金を使う方法があります。
それはCM音楽です。
タレントありきでCMを作ろうとか、企画ありきでCMを作ろうということはよく聞きますが、
CM音楽ありきでCMを作ろうということはあまり聞きません。
残念ながら、CMでは「音」にまだこだわりが足りていないと言っていいでしょう。
CMに音楽が重要な理由はいくつもあります。

1.ネットをしながらTVを流し見する傾向が強まった結果、まず耳に入ってくる音が重要だという
  傾向が加速していること
2. 通常、タレントの契約料、出演料よりも、音楽使用料のほうが圧倒的に安く、コスト
  パフォーマンスに優れていること
3.TVの視聴者層は、徐々に高齢化しつつあること。高齢化している人たちが、なじみのある音楽に
  好印象を持ちやすいこと。また、その当時の音楽であれば利用料が低額で抑えやすいこと。
4.人は、映像よりも音によって、その時の印象を記憶しやすいこと
  (たとえば、思い出は、その当時に聞いていた音楽と密接にリンクするということ)

話は少しそれますが、先日ラスベガスへ2泊4日の出張に行きました。ほとんど時間がない中、
22時30分から行われたシルク・ドゥ・ソレイユの「O」を見ることが出来ました。
世界的に非常に評価の高い演目なので、非常に完成度が高く素晴らしいのですが、
音楽がなかったので、私の印象としては「オペラ座の怪人」「マンマミーア」などのミュージカルや
ピアノや交響楽団のクラシックコンサート、ミュージシャンのライブなど、国内外で見た音楽の
あるものものほうが感動しました。Oを見る前に、どうだろうなと思っていたのですが、
CMにおける持論と合致するような結果でした。

ただ、現在メジャーなアーティストの曲を使おうと思うと、調整が必要になります。
新譜のリリースとのタイミングや広告出稿量、CM内容などをアーティスト側も気にしてきます。
私としてベストは、古くてもなじみのある曲を見つけだすことです。

CMが見られない理由は、消費者のメディア接触状況の変化だけでなく録画機器の変化など、諸事情
あります。しかし、メディアのパワーバランスが変化しつつあるものの、TVのメディアパワーは
いまだに圧倒的No,1です。そして、費用も最も高額です。
貴重かつ高額な広告費を投入するのですから、なんとなく流されて広告を作ることだけは避けたい
ものです。

閉じる コメント(2)

シルク「0」は音楽がないのですか!
先日シルク「Z」を舞浜で観ましたが、生バンドでの演奏が流れておりました。
パフォーマンスももちろん素晴らしかったですが、
生バンドの効果あってこそだったのかも…と思いました。

CMでの古い音楽起用は絶対的な効果があると、一視聴者ながらずっと思っていました。
たまにそのようなCMが流れると、思わず
「ん?何のCMだろ」と顔を上げてテレビを観ます。
新曲を流すよりリスクもコストも低く抑えられるのではと個人的にも思います。
最近の広告代理店て、全体的にちょっと質(特にマーケティング)が下がってるような
…なんて、素人ながら感じてしまう今日この頃です(すみません)。

2010/1/17(日) 午前 11:55 たまきち

顔アイコン

たまさちさん、コメントありがとうございます。
「O」はほとんど音楽ありません、の間違いです。
ただ、私の印象には残っていません。

2010/1/17(日) 午後 5:04 [ ラッキーマン ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事