マーケティングの現状と未来を語る

2014年ヤフトピに8度の記事掲載。わかりやすい裏読みでメディア取材多数。マーケティングコンサルタント。個別相談も受付中

全体表示

[ リスト ]

本日のFinancial timesによれば、ヨーロッパ最大のメディアグループの一つ、
RTLが新たなテレビ広告の形をスタートさせることを発表しました。

テレビ番組の右上にスポンサーロゴを表示するタイプの広告です。
日本だけでなく、ヨーロッパにおいても、広告費によってテレビ局の
運営は成り立っています。しかし、インターネットの進展により、
テレビのメディア的な価値が相対的に落ちた結果、広告収入が減少する
という事態が起きています。
インターネットの進展を止めることが出来ない以上、新たな収入獲得の道を
探ることが必須の状況で、発表されたものです。

例えば、日本に置き換えて言えば、スポーツ番組にナイキやアディダスなどの
ロゴを上部に表示させたり、料理番組に味の素やS&Bなどのロゴを上部に
表示させるというイメージです。

将来的には、ターゲティング機能を組み込むことも想定しているということです。
デジタルの進展によって、単なる「枠買い」から脱皮することを想定しています。

この方法を踏襲することで、「CMはトイレタイム」とか「録画してスキップする」
というマイナス点は防ぐことが出来ます。また、善悪論議は置いておいて、現実的には
Youtubeやニコニコ動画などへの自然発生的二次利用部分でも表示される付加価値に繋がります。

課題をあげるとすれば、ロゴだけで獲得できる広告価値が限定されてしまうということです。
認知度の獲得につながりますが、ブランドや企業、商品への理解促進やブランドイメージを
深めていく効果には繋がりにくいのです。

従って、これから日本の放送業界、広告業界は「従来の広告販売形式」+「新しいロゴ販売形式」
の二本立てで考えていくべきです。当然、それぞれを組み合わせた形の広告パッケージなども
作られるでしょう。新たな広告主からも引き合いが出てくるでしょう。

日本はヨーロッパ以上に、テレビが国民の間で重視されています。
だからこそ、日本はヨーロッパ以上に、テレビ広告のあり方を早急に模索していかなければなりません。
そして、新たな枠組み作り、広告販売方式作りに着手しなければなりません。
広告会社は、テレビ局に任せるのではなく、広告主のことを考えて、積極的にテレビ局に
働きかけていくべきでしょう。

閉じる コメント(5)

このFinancial Timesの記事を読んだ時にはとっさにこの手法日本でも使えるんじゃないかなと思いニヤっとしました。その内導入されるに違いないですね。

2010/3/12(金) 午後 1:46 Sho

顔アイコン

この方法で媒体価値はあがるのでしょうか。媒体価値を挙げないで広告を取ることだけを考えると結局消費者から見捨てられる媒体となります。雑誌が力をなくしたのは、広告主の要求する記事が多くなり読者の支持がなくなったことも大きな原因です。媒体が信頼されるようになり、消費者が安心して商品を買えるようにすること、そのように媒体をリードすることが結局は広告の信頼を取り戻し、広告主が戻ってくることになると考えます。

2010/3/12(金) 午後 6:40 [ clover1355 ]

顔アイコン

消費者が実際にテレビを見るか見ないかは今回の件でほとんど変化をもたらしません。ほとんどと言うのは、広告費の増加は制作費の増加につながるため、諸論はあれど質の向上につながる可能性がゼロではないという意味です。テレビの媒体価値の持続的向上は、本質を高めることが必須条件です。一方で個人的な感覚は抜きにして、現在の広告媒体でテレビが占めるポジション、認知獲得におけるコストパフォーマンスは高いという事実もあります。活用の仕方によって喜ぶ人がいて、ほかの人に迷惑をかけないのであれば、方法を改善していくべきだと考えます。逆に言えば、それだけ踊り場に来ているにも関わらずテレビ局は余裕があるなと感じています。

2010/3/12(金) 午後 10:50 [ ラッキーマン ]

顔アイコン

非常に参考になりました。
テレビCMの新しい時代が始まりそうですね。小生のブログでも一文を書き、貴ブログをリンクさせてもらいましたので報告いたします。
傑作ポチ!

2010/3/14(日) 午後 5:07 [ yajimatakehiro2007 ]

顔アイコン

夜8時にCMを見る必要があるでしょうか?時間の選択肢を失った今、
媒体に人を引き戻す事だけを考えても厳しいと思います。
それよりも、iPadに雑誌を共同配信するという動きが、
これからのメディアにとって、大きなヒントになるはずです。
朝、起きてから寝るまで、人はどんなメディアに接するのか、
どんな情報(メディア)が人々の生活を形成するのか、
その情報だけに特化したメガサイトができたら、どうなるか、
それが、メディア・大手広告代理店の復活の道と考えます。

2010/3/16(火) 午後 9:00 [ 泣きっ面にスカッドミサイルGO ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事