マーケティングの現状と未来を語る

2014年ヤフトピに8度の記事掲載。わかりやすい裏読みでメディア取材多数。マーケティングコンサルタント。個別相談も受付中

全体表示

[ リスト ]

twitterの盛り上がりはいまや社会現象となっています。
かくいう私もブログの更新が遅れている原因として、twitter投稿との併用を試行錯誤しているから
ということもあります。この点に関しては、結論から言えば、やはりブログがメインであるという
ことになります。twitterで一回に発信できる情報量は140文字。きちんと言いたいことを伝える
意味ではブログのほうが向いているのは明らかです。従って、ブログで情報を発信したとしても、
その詳細やまとめをブログで書いたり、その逆としてブログで書いたことをtwitterで告知するなど
したいと思っています。

さて、twitterを使った地域活性化の成功例を御紹介したいと思います。
福岡でのとりくみ「大名なう」です。
すでに朝日新聞をはじめとする新聞などでも取り上げられているので御存じの方もいるかと思います。

http://www.daimyonow.jp/

もともとは福岡県の大名と呼ばれる地域の活性化をどうしたら良いかということから始まり、
取り組み3年目にしてtwitterを使った「大名なう」というかたちになったということです。
ここで、改めてコミュニケーションに携わるものの基本をお伝えします。簡単と言われる方も
いるかもしれませんがご了承ください。コミュニケーションは「目的があって手段がある」という
ことを認識してください。twitterが流行り出せばtwitterを使った「プロモーション出来ます」と
いう提案をする会社が出てきます。以前であれば、ブログもそうでした。twitterはあくまで
ツールであり、目的を達成するためにtwitterがベストなツールであれば使うし、そうでなければ
使わないということが本質です。同じように、「今はネットの時代だからネット広告をやるべきです」
という提案も間違いです。目的を定めた上で、ネットが最適な場合もあれば、マスが最適な場合も
あるのです。ツールから入って話をすることは根本的な誤りです。

「大名なう」もtwitterということで取り上げられますが、実はツールが最初ではなく、目的が
明確にあり、twitterを使っているのです。それは、最初に申し上げた地域活性化です。
その地域を活性化するためには、地域で働く人を活性化しなければなりません。シャッター商店街が
増え、店同士の交流も少なくなり、その結果、街はさみしくなり、客も減っていく。そんな悪循環を
断ち切るための地域活性化です。ただ、そんな個々の店にはマス広告や大々的なイベントをする費用
は捻出しにくいのも事実です。
twitterは御存じのとおり、ハッシュタグ(#、、、、)というもので、メーリングリストのような
役割を果たします。大名の街を盛り上げるため「大名なう」でハッシュタグを作り、それぞれの
店が思い思いにツイート(つぶやく)する。お得情報もあれば、店の人の生の声もあります。
その中でお客さんとの関係が強くなっていくのです。それだけではなく、店同士がtwitterという
を通じて知り合い、協力関係を作っていくという作用も生まれます。
このイベントの仕掛け人である杉山さんという方と話をした時も「自分たちが作った戦術をやって
くださいとお願するだけでは難しく、店の人たち自身が本当にやろうと思い、行動することが重要」
ということを言っていました。話は少しそれますが、広報宣伝全体でも同じことです。
広告会社やPR会社の提案が優れているだけでも不十分であり、広告主のリーダーシップややる気
だけでも不十分なのです。その両者が揃って大成功のキャンペーンは生まれるのです。

ちなみに「大名なう」は新規客獲得、新規客層の地区流入、販売という数字面でも成功を収めて
いると言って良い数字を出しています。

地域活性化や中小企業、販売店の売上アップのための施策として、弊社は予算をゼロベースで出来る
ことも真剣に検討しています。達成目標や解決課題があるにしても、いきなり大きな予算を投下する
ことが難しい場合も理解しているからです。信頼関係に基づき、長期戦略を策定した上で、
今やるべき、今出来るべきことをサポートするということが、ますます必要だと感じています。
それを強力にバックアップするツールが登場していることに喜びを覚えます。

最後に、最近有名になっている「うめけん」君にも会いました。
福岡県の高校2年生なのですが、ソフトバンクの孫社長の3番目のフォロワーになったこともあり、
孫社長と握手している写真も新聞に大々的に出ました。首相官邸で松井官房副長官と食事なども
したそうです。高校2年生(会った時は1年生)ながら、知識と行動力があり、若者らしい意欲もある。
今後の成長が楽しみな若者だと感じました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

目的があって、手段がある。まさに、そうですね。最近、広告コミュニケーションの提案をする前に、得意先に何を目的にするかヒアリングできるような、新しいサービス提案だったり商品提案だったり、既存のキャンペーンの改善点などについて会話するようにしてます。直接アカウントには結びつきませんが、いきなりメディアやツールを提案しても、得意先の課題解決にはならないからです。まさにゼロベースの提案ばかりをあえてしています。

2010/4/12(月) 午後 8:00 [ gs1*13*p ] 返信する

顔アイコン

地域活性化を目的としたサイトで、ツイッターモールというのがあります。江の島で力を入れてやっているみたいです:
http://enoshima.twittermall.jp
ツイッターと連携していて、
http://twitter.com/enoshima_info
と、その位置情報をマップでも表しています。
Twitterとマップを繋ぎ込むことで、他所からいく人にもわかり易くて、斬新です。

2010/6/21(月) 午前 11:02 [ yk ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事