マーケティングの現状と未来を語る

2014年ヤフトピに8度の記事掲載。わかりやすい裏読みでメディア取材多数。マーケティングコンサルタント。個別相談も受付中

全体表示

[ リスト ]

最近気になったニュースを取り上げたい。「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」の「プロオポーズプラン」だチャペルだ。2012年11月からプランをスタートし、2013年7月まで合計47件の申込があり成功率は100%だ。内容としては、

1. アニバーサーリー・コーディネーターと呼ばれる専任スタッフとの事前に打合せ(プロポーズしたい男性のみ)
2. プロポーズしたい女性とホテルでディナー(女性はプランを知らない)
3. それぞれがプランした方法で女性をホテルのチャペルへ誘う
4. プロポーズ

このニュースから「2つの秘訣」について解説したい。一つ目は「プラン成功の秘訣」、もう一つは「PR成功の秘訣」だ。

まずは、1つ目の「プラン成功の秘訣」について。

プランが企画された当初は、手間がかかることを理由に難色を示すスタッフがいたそうだ。このプランはディナー料金を含めて数万程度だ。必要以上に手間がかかりそうだと敬遠したいスタッフが多いのは理解出来る。たとえ、実施前にチャペルの稼働率は悪いので、稼働率を上げるという目的があったとしてもだ。
しかし、収支の皮算用以上に企業にとって大事なものがある。それは、企業の存在意義/存在価値だ。「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」は、自分たちの存在意義を「お客様にかけがえのない時間と思い出を提供する」ということに気づいたのだろう。あまたあるホテルの中で、他のホテルとは違う存在意義、存在価値を出せたことが成功の最大のポイントなのだ。

次に2つ目の「PR成功の秘訣」について。

客観的に考えれば、プロポーズのためのプランをホテルが用意しているという情報は、宣伝/PRだ。それがヤフーのトップに取り上げられるニュースになったのは、きちんとニュースになる仕掛けと準備をしていからだ。

1. 社会性があること(アベノミクスで明るい空気が出て、ウェディング業界も活気づいて来た)
2. 独自性があること(専任スタッフまでついて、プロポーズを演出するホテルだということ)
3. インパクトがあること(100%のプロポーズ成功率があること)

これらの要素があいまって「宣伝/PR情報」は「ニュース」になった。このような一連の働きかけを意識的に行うことを「戦略PR」と言い、弊社も業務として行うこともある。「戦略PR」をやろうとして意識的に動いたのか、たまたま全ての要素が噛み合ってうまくいったのかは当事者ではないのでわからない。ただ、素晴らしい仕掛けだ。

「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」はブランド価値の向上だけでなく、短期的な売上増、そして本プランを実施したカップルがリピーターになることによる中長期的な売上増を見込める。

おさらいしたい。収支計算も大事だが、それ以上に大事なのは自社の存在意義、存在価値をはっきりさせることだ。それに基づいたビジネスを成功させるためには、「「企画そのものの仕掛け」と「PRとしての仕掛け」という2つの仕掛けをすることが成功への道なのだ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事