マーケティングの現状と未来を語る

2014年ヤフトピに8度の記事掲載。わかりやすい裏読みでメディア取材多数。マーケティングコンサルタント。個別相談も受付中

全体表示

[ リスト ]

昨年、1000年に一度のアイドルと言われた橋本環奈さん。1000年に一度は大げさだが、確かに大きくブレイクした。福岡で行われたライブ中の1枚の写真が話題となったことがブレイクのきっかけだ。確かにアイドルらしい容姿をしているが、偶然による効果も大きい。2015年、もっともブレイクするアイドルは誰だろうか。私はマーケティングに関わっているので、芸能関係のことも知ってはいる。ただ最初に言うが、アイドルオタクではない。したがって個人的な好き嫌いという軸ではなく、客観的な分析によって2015年のブレイクに一番近いアイドルを紹介し、その理由を述べたいと思う。2015年、ブレイクに一番近い位置にいるのは広瀬すずさんだ。

 広瀬すずさんとは?

おそらく30代以上の人にとっては、広瀬すずって誰?と言う人も多いのではないだろうか。少し紹介しよう。広瀬すずさん、1998年の16歳。モデルをしている姉の影響で芸能界入り。雑誌「セブンティーン」のモデルとして活躍し始めたのが2012年。芸能界に入ってまだ3年というキャリアだ。
広瀬すずさんが、私が知る限り10年以上の間で、もっとも期待されているモデル・女優である理由を次に述べたい。


 16歳で起用された「ゼクシィ」の広告

リクルートが発行する結婚情報誌「ゼクシィ」。昨年末の新CMから広瀬すずさんが出演している。日本では女性の晩婚化・非婚化が進む。その中において、ようやく結婚できる16歳になった広瀬すずさんがCMキャラクターに起用されること自体珍しいことだ。「ゼクシィ」のターゲットを考えればすぐにわかる。16歳の広瀬さんはターゲットからまったく外れている。その広瀬さんが画面からテレビ画面のこちらにいる男性(想定)に語りかけてくる。つまり、ターゲットを無視しても、広瀬さんの魅力を前面に押し出す方が広告効果は高いと考えた結果、このCMになったと言えるのだ。クライアントはリクルートだ。大企業であればあるほど、突っ込まれどころの少ない(そつない)マーケティング戦略を立てることが多い。その大企業において、ターゲットを無視した起用をさせたことは驚くべきことなのだ。


 JR SKI SKIの広告

JR SKI SKIの広告。テレビCMや駅広告ポスターなどで毎年注目している人も多い広告だ。かつて本田翼さんや川口春奈さんがキャラクターをつとめたが、今シーズンは広瀬すずさんとなった。若者のスキー離れは顕著でスキーに行く若者は20年前と比べて激減している。1983年に約1860万人だったスキー人口は、2010年には約570万人まで減少しているのだ。

広瀬すずさんはスキー人気を復活させるべく白羽の矢が立てられた。ウェディング需要喚起に期待されていると思ったら、スキー人気復活にも一役買ってもらう期待を背負って起用されている。ちなみに、JR SKI SKI のターゲットは大学生から20代だ。ウェディングターゲットの年齢層ともまた違う。


 ドラマ「学校のカイダン」主演
 
テレビ離れが叫ばれて久しい。ドラマの世界では、かつては木村拓哉さん、松嶋菜々子さんが出れば視聴率は20%以上取れると計算できた時代もあった。しかし時代は変わり、かつてのように出演者によって必ず高い視聴率が取れるという時代ではなくなった。苦しむテレビ局のドラマ制作においても、広瀬すずさんは期待度が高い。わずか3年という芸能活動であるにもかかわらず、日本テレビのドラマ「学校のカイダン」の主役に抜擢されたのだ。これは高校を舞台にしたドラマだ。つまり前述の「ゼクシィ」とも、「JR SKI SKI 」ともまたまたターゲットが異なるのだ。

ちなみに、このドラマには杉咲花さんも出演している。人気ドラマ「夜行観覧車」で、すさまじい演技力を見せ、その後auのCMにも出ている17歳の女優さんだ。演技力という意味では若手女優の中で群を抜いたものがあり、とても期待している。先に芸能界入りし、順調すぎる活躍を見せる杉咲花さんをも上回る起用を見せたことも、私には大きな驚きだった。

 
「ゼクシィ」でウェディング需要向上を、「JR SKI SKI」でスキー人気復活を、「学校のカイダン」の主役でドラマ人気復活を。多種多様な業界から「ゼクシィ」でウェディング需要向上を、「JR SKI SKI」でスキー人気復活を、「学校のカイダン」の主役でドラマ人気復活を。多種多様な業界から「テコ入れ役」の期待をされている広瀬すずさん。11人のタレントや俳優のパワーが弱まる中で、広告においてはドラマ主役級のタレントを複数人同時起用したり、多人数起用したドラマ仕立てにするケースが多くなっている。そのような時代において、まだこれからという16歳がピンで大きな期待を掛けられているのは異例だ。
 
こんな16歳、いただろうか。少なくとも、ここ20年弱は記憶にない。ブレイクする前からこれだけ幅広い期待をされている広瀬すずさんが2015年にどのような飛躍を遂げるか注目してみてみたい。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事