マーケティングの現状と未来を語る

2014年ヤフトピに8度の記事掲載。わかりやすい裏読みでメディア取材多数。マーケティングコンサルタント。個別相談も受付中

全体表示

[ リスト ]

最近、アニメCMが増加している。アニメCMと言ってもアニメ番組の宣伝のCMではない。アニメーションCMだ。ここ最近、アニメCMが増加している理由はなんだろうか。広告業界の事情を踏まえて、ご説明したい。

■ なぜ、広告への注目率は低下し続けてきたのか?

ここ数年、広告への注目度は低下し続けてきた。そもそも最初は、新聞、雑誌、テレビへの注目度が低くなったことで広告への注目度が低下した。情報が増え過ぎたこと、内容がつまらなくなったことなど複合的な要素が重なり、メディアへの注目度が低くなり、それとともに広告への注目度が低くなったのだ。それに続きスマホの波が押し寄せる。携帯電話とりわけスマホの登場は、人々とメディアの関わり方を大きく変えた。人々は何をするにもスマホありきの行動となったのだ。テレビを見ていても主役はスマホ、街に出ても主役はスマホだ。当然だが広告への注目率はさらに低くなった。東京の地下鉄では、少なくても50%、多い時には80%の乗客がスマホを操作している。LINE、facebook、twitter以上に最近ではゲームを楽しんでいる人も多くなった。

■ 広告への注目率低下に広告業界はどう対応してきたか?

広告への注目率が低下し始め時に、広告主・広告会社など広告関係者が進めたことは、CM内容の変更だ。注目されない広告への注目度を高めるために、CMでは商品名を連呼したり、声を大にしてメッセージを伝えるものが増えた。一方的に騒がしいメッセージを伝えられて消費者が喜ぶはずはない。結果的に、試聴者はますますCMから距離を置くようになったのだ。

注目率が落ちたと言えども、一瞬で1000万人以上に届けられるテレビCMは広告主にとって魅力的な情報伝達手段だ。CMへの注目率は落ちたが、内容を見直すことで再び効果
を上げようという動きが出てきたのだ。それが、同時期に複数の人気俳優・タレントを起用するというものだ。その最たるものが、資生堂が行ったTSUBAKIのCMキャンペーンだろう。仲間由紀恵、上原多香子、黒木メイサ、香里奈、武井咲、荒川静香、滝川クリステルなど入れ替わりはあれど、最高時には12人を同時起用する前代未聞のキャンペーンだった。それまで広告業界で人気俳優を起用する時には、ピンで起用することが基本だった。広告主が望むと望まないに関わらず、タレント事務所が複数同時起用には難色を示していたのだ。ドラマでも出演者ロールの序列にこだわることも往々にしてあるのだから、CMでの複数同時起用に難色を示すのは当然と言えば当然だ。

人気俳優・タレントの複数同時起用が成功したのには、いくつか理由がある。一つは広告主側の要望が強くなったこと。もう一つは、ドラマ出演費などが低下傾向にあったため、事務所側がCMで稼ぐ必要が出てきたこと。そして資生堂の場合であれば、資生堂のCMに出演することのステータス感であり、ドコモを始めとする他のケースは、CM内容がドラマ仕立てに変わったことで、露出病数や露出序列ではなく、それぞれの出演者に別の役回りがあてられたことが挙げられる。こうした理由が重なった結果、人気俳優・タレントのCM複数同期起用が実現したのだ。

ただし、このようなやり方が出来るのは、NTTドコモ、ソフトバンク、auのような携帯電話会社、トヨタのような自動車会社、資生堂を始めとする化粧品会社など広告主の中でも多額の広告費を使える企業だけだ。多くの企業は、このようなやり方は出来なかったのだ。

■ アニメCMが増えた背景

複数同時起用のCMは今でも一定の注目度を集めている。ソフトバンクの「白戸家」シリーズ、サッポロビールの「未来エレベーター」などに注目している視聴者もいるだろう。ただ前述の通り、多くの広告主はこのようなやり方は出来ない。結果として、多くの広告主は、ここまで広告費をかけずに注目される方法がないかどうかを模索していたのだ。アニメCMが増え始めたのは、俳優・タレントを使わずとも注目される可能性を感じたからだ。

一例を紹介しよう。





おそらく、これからもっと多くの広告主がアニメを活用してくることだろう。世界に誇るアニメ大国であり、特に若者の生活の中にアニメが溶け込んでいることを考えれば、遅すぎた時代の流れとも言えるのだ。

1,2年先には、CMから日本を代表するアニメーターが出現し、世界で活躍する時代が来てもおかしくはないだろう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事