マーケティングの現状と未来を語る

2014年ヤフトピに8度の記事掲載。わかりやすい裏読みでメディア取材多数。マーケティングコンサルタント。個別相談も受付中

全体表示

[ リスト ]

私は20年以上に渡って広告を見続けている。そして今まで多くの広告も作ってきた。広告は時代を反映させるものだ。それは内容だけではない。広告のあり方自体も時代を反映させる。例えば、テレビCM全盛期やコピーライターブームの時には、テレビ番組では「日本のCM特番」が組まれたこともあった。当時は日本経済がイケイケドンドンの時代、日本の広告もイケイケドンドンの時代だった。時代は変わり、日本経済は弱くなってしまった。時を同じくして、テレビ番組で「日本のCM特番」がオンエアされることはほとんど無くなった。変わってオンエアされるようになってきたのが「海外のCM特集」だ。日本の経済、グローバル化を反映しているようにも感じる。

「広告は時代を映す鏡」という意味では、電車内広告の変化には時代がよく反映されている。スマホが普及した結果、電車内広告に注目する人はほとんどいなくなった。都心部の地下鉄では少ない時で50%、多い時には80%もの乗客がスマホを操作している。

乗降客数が数年前と変わらなくても、広告への注目率が下がれば、広告価値が下がるのは当然だ。結果として、広告主は価値の下がった広告に出稿することが少なくなった。かつてメインだった飲料、電気機器、化粧品、自動車など大手広告主は少なくなり、かわりにマンション販売、金融ローン、教育学校、書籍系の広告が増えた。広告価値が下がったことで、交通事業者が媒体費を下げた結果、今まで出稿出来なかった業種の広告主が出稿出来るようになったのだ。

このような状況を日々把握している私でも驚くべき広告が最近あった。それは今年になって掲出された、ある住宅販売メーカーの広告だ。その住宅販売メーカーはそれなりに知名度のあるメーカーであり、都心を通過する乗り入れ電車にドア上の横長スペース広告を出していた。それだけならば驚くにあたらない。私が驚いたのは、その広告が、ある住宅地の1棟だけの広告だったことだ。しかも販売価格は3000万円弱とそれほど高くない。東京都心部ならばファミリー向けのマンションを買えるか買えないかの金額だ。ちなみに、その住宅は東京都心部から電車で1時間以上かかり、さらに駅から住宅まで徒歩15分程度かかると記載されていた。物件の価値を決めるのは消費者自身である。もしかしたら、この物件に価値を感じる人もいるかもしれない。問題は、物件としての価値や価格が高いとは言えない1棟の住宅のために都心のど真ん中を通る電車内広告を実施していたことなのだ。 

これは電車内広告の価値が本当に低くなってしまったことの証明でもある。そして3000万円の住宅1棟のために広告が打てるほど、電車内広告スペースの価値は下がってしまった証明とも言えるのだ。

テレビCMも、電車内広告も年を追うごとに注目率が落ちている。それは雑誌や新聞広告も同じだ。またネット広告費は年々伸びているが、ネット広告への注目度も落ちている。そもそもネットというのは、自分の知りたい情報を得るための目的で利用することも多い。そうした中でネット広告を出されてもノイズにしか感じないのは普通の感覚だ。だから広告を出す側のウェブサイトは、よりインパクトのある広告が出来るように工夫するようになっている。広告を見れば、時代や人がどう動いているのかが見えてくるのだ。

それにしても、今回見た広告には驚かされた。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

電車内の広告スペースががら空きの時代ですから。
私は。電車のラッピング広告で大学の入試を告知する車両を見かけたことがあります。入試受験生が増えたのかどうかを問い合わせたい気分です。

2015/1/24(土) 午後 5:40 時間の流れ 返信する

顔アイコン

> 時間の流れさん
そうですね。受験者数が増えたかどうか気になりますね。よく大学の沿線の鉄道に広告を出しますが、受験者はそこだけではありませんから、どうなっているのか私も興味があります。

2015/1/27(火) 午前 0:57 [ ラッキーマン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事