全体表示

[ リスト ]

毎度ご来店いただきありがとうございます。

冬季オリンピック盛り上がりましたね〜。

史上最高の獲得メダル数と言う事もあって、テレビの前で応援する側としても連日たくさんの感動と興奮をいただきました。

スポーツに限らずですが、何かに一生懸命立ち向かってる姿ってのはいいものです。

流行語大賞になるんじゃないか?って言われてる「そだね〜」のカーリング女子チームの笑顔での戦いも本当に素晴らしかったですし、男子フィギュアの羽生選手の2連覇も本当にすごい!

改めて考えてみるとオリンピックに出るって事だけですごい事なんですから、その上で表彰台に立つってのは本当にものすごい事なんですよね。

新しい競技も増えていて、スピードスケートのマススタートとか、スノーボードのビックエアとか。

マススタートでは決勝に進んだ選手の中で一際小柄な睫攤敍畫手が最終コーナーでインから刺した時には録画なのに声出して応援するほど興奮しましたもん。

金メダル取ったの知ってるのに(笑)

個人的に今後も注目したい選手はスノーボードハーフパイプの平野歩夢選手です。

15歳で出場したソチ大会で銀メダルだった彼ですがあれから4年経ちインタビューの対応などを見ても「大人になったなぁ…」って気がします。

当時は中学3年でしたからね(笑)

あくまで個人的考えですがマラソンのようなノルディックとか陸上トラック競技みたいなスピードスケートはストイックでヨコノリ系のスノボは音楽やファッションも重要なファクターのチャラいスポーツって先入観があったんです。

もちろん、外国の選手の中には「オリンピックでその格好はどうよ?半ケツ見えてんぞ!ズボンあげれ(笑)」って思う方もいましたけど、今回の平野選手の戦いぶりやインタビューの受け答えを見てだいぶ考えが変わりました。

シャイな受け答えの彼ですけど、だからこそ内に秘めたストイックな部分が見える気がするというか…。

絶対王者ショーンホワイトとは年齢差12歳です。

次世代絶対王者。そしてその世界でのレジェンドと呼ばれるように頑張って欲しい。イケメンですしね(笑)

私と同世代のレジェンド葛西選手にもまだまだ頑張って欲しいですが、息子世代の平野選手の4年後がまた楽しみです。

4年後って言ってもまだ23歳ですからね。


平昌オリンピック日本選手団の皆さんに本当にありがとう。

そして一生懸命何かに打ち込み立ち向かう姿ってのは素晴らしいな…って思います。


さて、3月といえば旅立ちの季節でもありますよね。

うちの店は高校生のお客様も多いです。

3年生は卒業ですから進学する子も就職する子もそれぞれ違った道へ進み、今春初めて親元を離れる方も多いでしょう。

私は高校中退ですぐトラック運転手になりましたので地元を離れた事はありません。

親元を離れるという意味では19の時からアパートを借りて実家を出ましたからそう言う意味ではそうなのかもしれませんが、車で数分の距離ですしいつでも行き来できる距離でした。

だから、高校卒業して親元を離れるという感覚はわかりません。

きっと不安だらけなんだろうな…。

いや、この年になると本人の不安感より親御さんの不安感の方を考えちゃいますけどね(笑)

まもなく八戸から旅立つ方々へ心からエールを。

そして、帰ってきたらまた食べにおいで。

「変わらないあの味」で待ってるから♪


そして今月であの震災から7年。被災地域によっては終わったようで終わっていない復興もあり複雑な思いもありますがのすけはその先へ。

一歩一歩は小さいけれど百歩進めば景色は変わる。By店長きむら


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事