全体表示

[ リスト ]

ニボがキテマス。

なんかあったか? (。・_・。)ノ 連日スープ売り切れです。

にぼのすけってのは、うちの濃い口煮干ラーメン

ネット環境を使いこなすであろう世代の方々はわかるでしょうが、三春屋はお年寄りも多いので、煮干しと聞いて食券買ったはいいが、出てきたのがイメージと違う。

 「なにこの真っ黒いの…こんなもの食べられるわけ無いじゃない」 …と。

一生懸命手間をかけて作ったラーメンをレンゲでいじくりまわしながらなじられたこともあります。

もちろん、こちらの説明が不十分だったので、そのお客様には新しくあっさり煮干出汁の「おらほの中華そば」を作り直してご提供させていただきました。

なので、特にご年配のお客様が「にぼのすけ」のご注文の際には要注意で確認をするようにしています。

ドブの色ですもんねww

イメージ 1
(写真はこれまでのにぼ写真の中で最も美しく最もえげつないと思われる静岡の川井さんFBから拝借w)

いやね。

三社大祭の時だったと思うんだけど、お昼過ぎに電話があったんです。

 「何時までに入れば食べられますか?」

うちはラストオーダー18時なのでそれまでにご来店いただけば大丈夫ですよ…と伝えました。

そんで、そのラストオーダー5分前ぐらいにご来店いただいたお客様なのですが、券売機でにぼのすけが売り切れになっている事に大変憤慨されまして、丁重にお詫び申し上げたのですが、無いものは無いのでそれはもうお詫びするしかない状況です。

 「6時までに来れば大丈夫って言ったのに…」

確かにその電話はありましたし、そう答えましたがスープが無くなっちゃったものはどうしようもないですからね。

大量の煮干各種を前の日から水出しして、強力な強火でガンガンに炊いて炊いて作っていますから、なくなったからすぐ次のを作って出せ…って言われてもそうはいかないんですよね。

もちろん、他店でどうやってるのかは知りません。

あくまで我流の濃い口煮干しなので。

ただ、開発当時から考えると今のにぼのすけは全く別ものになっていると思いますし、数を多く取ろうとは思いません。

もちろん販売価格は変わっていないのに原価は変わっているのですがね〜w

だってね〜

期待に応えられないラーメン出すぐらいならやってる意味ないもんね。



とにかくですよ。

ここんとこ、にぼのすけがキテマス。

どこで宣伝されてんのかわかりませんが、今日も朝一番開店に並んでくださっていたお客様はにぼオーダー。

平日でも夕方までは無いと思っていただいた方がいいかもしれません。

ただ。

だからといって今のところ出せる数を増やそうとは思っていませんのでご了解ください。





明日から催事が始まります。

イメージ 2

日本の味めぐり…

いやね。

内部の人間がこういう事を言うのもおかしいかも知れませんが、この催事は元々は「関西・四国の物産展」だったんです。

俺らにも渡されるスケジュールカレンダーにはそう書いてありました。

「関西・四国の物産展?」

もしかして、本場香川の讃岐うどんとか来るのかな?

初めての事だったんで、カレンダー見てちょっとワクワクしてましたけど、台風や水害の影響で差し替えざるをえない状況になったようです。

正直、こじんまりした感じになってると思います。

だけど、それもしょうがないもんね。

キャンセルになった業者さんの穴を埋めるべく手を挙げてくださった業者さんたちでなんとか急場しのぎのイベントになりそうです。

今日、 北海道のじゃが豚のたけちゃんが来てくれました。

 「たけちゃん急遽だったんだべ?」

 「うん。そうそう。6日空いてたんだけど、6日目までやっちゃうと移動日が無くなっちゃうんで、5日だけで最終日まではいられないし、一人で来てるから今回はそんなに食べに来れないんだ…」

…って。

でも、この人も「三春屋さんが困ってるならなんとか力になりたい」と思って出店されたのだろうと思います。

自然災害は避けようがないです。

三春屋としてはそれを今回の催事の「急ごしらえ感」の理由に上げることも出来ないのもわかります。

でもね。

俺もそんなこといっぱいあったけど、困ってるなら助けたい。

そういう気持ちは本当にありがたいし、だからこそ今回の催事は

「関西・四国の物産展…をやる予定だったんだけど、災害でそうもいかなくなっちゃったから、スケジュールが有って助けを申し出てくれた方々による全国の味めぐり」

…と理解して欲しい。

神田川ラーメンもあるよw

イメージ 3


皆さん是非♪







北海道も関西も四国も災害に見舞われて大変な思いをしているのですよね。
今自分にできる事はなにか?
俺が思う第一歩はます自分の備えです。
自分がそうなったときに対応できる最低限の準備を。
その上で、被災地域へのふるさと納税や募金もいいでしょう。
自分がちゃんとしてないと他人への応援は出来ません。
まずは「人のふり見て我がふり直せ」です。





















この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事