全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全349ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ホントあっという間だね (。・_・。)ノ お客様にも家族や仲間たち。そしてなによりスタッフのみんなにも本当に感謝です。

震災で店がダメになり、それから3ヶ月経って三春屋で再開。

デパートのテナントで俺がやっていけるのか全く未知数な中でのスタートでした。

でもね。

今思うと「なるようになる」って事なんだろうと思うよ。諦めなければ道は開けるのだろうとも思う。

今、おかげさまで小さいながらもマイホームを構え、個人事業から法人化してスタッフの皆さんにも社会保険や厚生年金かけてあげられるようになったのもスタッフを含めた仲間がいてくれたおかげ。

本当にありがたいです。

高校中退でトラック乗りだった俺が名店で修行した訳でもないのに今こうしてラーメン屋としてやってられるのは支えてくれた仲間たちのおかげ。

そんな仲間たちがいるって事こそが俺の宝です。

ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。



この前の日曜日は6月17日。父の日でしたね。

イメージ 1

店にいれば店長ですが家に帰ればお父さんなので感謝状いただきましたw

娘がなんかのテンプレート見つけて印刷したかな?…にしてもこういうのは嬉しいものです。

そんな6月17日はのすけにとって大事な日でもあったんですよ。

2011年の6月17日に今の場所で再スタートを切った記念日。

もう7年になっちゃったんですね。早いなぁ

保健所の飲食店営業許可書も有効期限は7年間なので手続きして検査を受けて今日新しい営業許可書が届きました。

イメージ 2

以前は個人名での許可書でしたけど法人化に伴いこちらも法人名に変わりました。

平成37年まで有効ですが、平成37年は無いし平成自体来春で終わるので元号は変わりますけど西暦表示では無いのですね。

ある意味「平成」の記念になるかもw





そんな中、一通の封筒が届きました。

イメージ 3

ラーメン日本一決定戦?…え?…俺に?

いやね。

こういうDMってたまにきますけど、ニュースにもなったグルメンピックのやつとかちょっとどうなの?って思うのが多かったんです。

でも、これ。送り主はあの「つけ博」ですよ。

中を見ると参加店募集の内容。

イメージ 4

東北北海道で本戦に出られるのは5店だとか。

もちろんね。

うちは選ばれるようなネームバリューはありませんけどそれでもやってみたい気はしてます。

どういう基準でDMを送ってるのかはわかりません。なにかのデータベースからランダムに選んでるのかもしれません。

このつけ博ホームページを見たら全国の2000店舗に送ったと…

もちろん、人の目で2000店を選び出す作業はしていないと思いますが、偶然にせよこれが届いた事は素直に嬉しかったんだ。

だって、全国で2000店だよ。そのチラシが俺んとこに来たの。すごくね?

これも今まで応援してくれた仲間がいたからなんだと思うと余計に嬉しくなっちゃってね。

チラシでは日曜日締切だったけど、27日に延期になったという事なので来週水曜日まで考える時間があります。

これさ。

もちろん、本戦に選ばれるようなネームバリューも無いしそんな有名店でもない。

だけどね。

なんかこのDMが届いたって事は「やってみれ!」って言われてる気がすんの。

本戦を東京で1週間やるのは現状難しい…ってか、今すぐは無理だと思う。

だけどやってみたくね?

のすけのらーめんがどこまで通用するのか。ダメで元々でチャレンジしてみようかな?

本気でそう考え始めたらなんかワクワクしてきたw

エントリーするかどうかもう少し考える。

…ただ。

青森県八戸市と言う地方都市のデパートの中のテナントラーメン店だけど、志は全国区で行こう!それを言ってたのは他でもない俺自身だから。

支持してくださっているお客様や仲間たちやスタッフのみんなに対しても、俺が自分のラーメンに自信がないんだったらやってる意味も価値もない。



…とりあえず、明日も頑張ります。







ってか、冷やし系の夏メニューも始めてます。
毎年恒例の「ざる中華」と「夏の赤」。
冷やし中華ははじめませんw



















この記事に

開く コメント(0)

去年の6月には海老そばやってましたもんね (。・_・。)ノ 久しぶり♪

過去になんで海老出汁ラーメンや海老出汁つけ麺をやったかっていうと自分が食べたかったからw

個人的に別に海老好きではないのに、三春屋の催事で当時来ていた「縁や」の海老そばには正直おったまげたのよ。

こんなラーメンがあるんだ…って。

そんな海老出汁のラーメンなんですが世の中にはだいぶ増えてきましたけど、やはり俺の中では「野本師匠」の海老そばが一番基礎にあるのね。

うちで出した海老系では一回目のつけ麺「えびのやつ」

それから数年経ち、昨年の「海老そば」

どちらも試行錯誤を繰り返しまくって実際の販売は1日10食w

うちの場合だとそれを専門にやるのでなければそのぐらいが限界。本当に手間がかかる作業なのです。

最初のつけ麺の時なんてホント試行錯誤しましたけど、それでも野本さんに胸張って出せるやつじゃないとやれないって思ってたから、試作試作で企画から発売まで2年ぐらいかかったんじゃなかったかな?w

で・・・

自分が食べたいなら作れるわけですけど、今の状況だとその仕込みにかかる時間が取れないのは事実なのね。

そんな私に朗報です♪

イメージ 1

海老そばって言ってもいろんなのがありまして、俺の中での「海老そば」はやはり衝撃的だった「縁や」さんの海老そば。

ところがこの「あら陣」さんも昨年の俺と同様にミラサポで野本さんの派遣を受けているのだとか。

しかも、今回はその野本さん本人も「スーパーバイザー」として同行するとのこと。

・・・って事は、中標津のあら陣さんの海老そばですけど野本さんが関係した海老そばであり、そういう意味では俺も直伝の一人として「なかーま」です♪

ぜひ食ってみたい・・・

催事スタート前日に野本さんと約1年ぶりの再会。元気そうでなによりです。

イメージ 2

到着後、まずはみそのすけではらごしらえw

木曜スタートの北海道物産ですけど、6月は今年が初。春と秋に毎年ありますけど、これからは年3回の北海道物産になるのですね。

初日は行けず、今日二日目ラストオーダー終了後に走って4階へ!

・・・っていうのは、うちはラストオーダー6時ですけど催事のラーメン屋さんも6時ラストオーダーなのよ。

だからどんなに急いでも6時1分とかになっちゃうw 

最後のお客様・・・って事で作ってもらいましたw 期間中もう来れないかも知れないから思い切って塩と味噌をオーダー。

もちろん両方一人で全部食べますw

イメージ 3

見た目同じに見えるでしょw 右が塩で左が味噌。

このオレンジ色ね〜 いいですよね〜♪

食い始めたら写真撮るの忘れて夢中で食いました。

まぁ、もちろん縁やの社長だった野本さんがプロデュースしてる訳ですから美味しくない訳が無いしエビ感に関しても申し分ない。

縁やの海老そばが美味しかったけど、最近の北海道物産展ではなかなか来ないんだよね〜って思ってる方にはこの機会に是非食べていただきたい。

もちろん、縁やの海老そばではありません。ですが、100%満足していただける一杯に仕上がっていました。

2杯食った俺は200%満足です♪

自分で作らなくてもあの感動が蘇ります。しあわせ〜♪



一日10食限定のプレミアムなやつもあるそうですから、期間中に是非。
催事場ラーメン茶屋に野本さんもいますよ。
本人曰く「久しぶりにラーメン作ってる」って事ですがいきいきしてました。
絶対うまい。是非!















この記事に

開く コメント(1)

中華そばの話

連日暑いっすね〜 (。・_・。)ノ 急に暑くなるとね〜やっぱりラーメン屋は厳しいですw

…ま。

これがもう少しで梅雨に入るとまた寒くなって「ストーブつけた」とかの話になるんだけどねw

でもね。店がヒマでやることがないという事はない。

通販パック作ったり、普段やれないところの掃除したり。毎日、普段なら追いかけられて追い詰められてやっとのことで間に合わせてる仕事を先回りで進めてる。

これはいいですよね。

今月17日の日光チャレンジロード協賛つけ麺のタレパックも既にパック済みで冷凍しているので、気持ちにも余裕がありますw

例年なら限定ラーメンをやってる時期なんですけど、今年は新人さんも含めての無休営業スタートの月なので、我慢です。新しい事は我慢して、通常の当たり前のことを当たり前にこなせるようになるための練習期間と思って。

もちろんやりたいアイディアはいっぱいあるんですけどねw

今は当たり前のことをみんなが当たり前に出来るように。その上でその先のこと。







おらほの中華そばの話。

イメージ 1

うちのラーメン類の中で一番安い500円。

安いけど、手を抜いているとかいう訳ではなく、逆にこだわりまくってるシンプルなラーメン。

これは俺のオリジナルのラーメン第一号なのね。

チェーン店時代にチャーシューの煮汁を味見した時にひらめいて、それを何度も改良を加え、商品化したくてチェーンの親分に直談判して味見してもらった上で許可を頂いて発売させていただいた完全オリジナル第一号。

その時、親分が俺に言った言葉は「木村くん。このレシピ。絶対誰にも教えるなよ」って事でした。

その一言で、本気で認めてくれたんだ…って思ったんです。

もちろん、親分もそのレシピを聞いてくる事はありませんでした。

チェーン店を抜けて4ヶ月で震災があり、いろいろあって三春屋に入ってからも変わらないこの中華そばは自分にとって大事なメニューでした。

だから、手間のかかる事も大事な仕事。

実際、震災で営業できなかった時のブログに「一番食べたいラーメン」として自分でも書いてますねw

今でも毎日のように食ってます。

特に超うまい!ってびっくりする事はない普通のラーメン。だけど、「普通の凄さ」ってのがあって「普通」って実はすごいことなんだよね。

仙台の行列有名店「五福星」の親方。早坂さんが来てくれた時に出したのもコレ。

その時のオーダーは「一番のおすすめは?」って聞かれて、一瞬返事に詰まったら「じゃぁ、一番思い入れのあるラーメンは?」って聞かれてこれを食べてもらったの。

食後、完汁した丼を俺に見せて彼はこう言いました。

「違和感がない」

当時の俺にはよくわからなかったのだけど、今思うと最高の褒め言葉を頂いていたんだな…って思う。

特に噂になるような変わったところもない。だけど予想通りの安心感がある。

そして「スゲーうまい」ってびっくりする事はないけど、安心感があるから毎日でも食べられる。

日本人に取っての「白米」に近い存在。

まさに俺が狙ってるとこ。

毎日食って普通のラーメン。






だけど、どこにもないオンリーワン。







それがね。

三春屋に来てからもうすぐ7年になりますが徐々に受け入れられてきたのは感じてました。

場所柄、高齢者も多いです。もっと具体的に言うとおばあちゃん。

うちの「おらほ」のファンはおばあちゃんが多いです。

ホントにやっと歩いてくるようなおばあちゃんが中華そばを食べに来てくれるんです。

そんな方が複数人いらっしゃいます。

ただね。

前に記事にも書きましたが、年々弱ってくる姿が見えたりもしてたんです。

それでも、俺に言ってる訳ではないのに「こごのラーメンでねば食べたくね」とか言ってるのも聞こえたりするとね。

…やり甲斐。

売上云々ではない、ラーメン屋としてのやり甲斐。

そんな中、病院でお仕事をされているという方から本当にありがたいコメントをいただきました。







始めまして。病院で管理栄養士をしています。
先日当院に入院したお婆ちゃんが、入院前に久々にのすけさんに中華そばを食べに行ってきたと嬉しそうに話してくれました。以前はよく通っていたようですが、最近は行けていなかったようです。体は正直非常に悪い状態で、入院後もやっと起き上がり、食事も少量。きっとラーメンも完食できなかったんじゃないかなと思うのですが、食べに行けたことをすごく喜んでいました。本人も先が長くないことは察していたと思いますが、口にはださず、また退院したら行くんだと前向きに過ごしていました。それからあっという間に、お婆ちゃんは数日前に旅立ってしまいましたが、美味しいものを食べて幸せだったと思います。
病院食の縛りだと個人の好みをすべてかなえることは難しく、いつも食事を提供しながら歯がゆい思いをしているので・・・。ラーメンって、どうしても身体に悪い食べ物みたいにされてしまいますが、そんなことないと思っています。私もみそのすけファンです(*^-^*)余計なメッセージかと思いましたが、お礼をしたくて書かせていただきました。これからも応援しています。ありがとうございました。







内緒コメントでしたが、公開の許可をいただけましたので本文そのままです。

思い当たるおばあちゃんは二人いらっしゃいました。

そのどちらの方もその後ご来店いただいていないのでどちらの方かわかりません。

でもね。

親族ではないのでそれは悲しいけれどそんなに大きな問題ではない。



大事なのは変わらない「それ」なんだ…って。

創業うん十年とかそういう歴史はない俺です。

だけど、彼女にとってそれはそれ以上のものだったんです。

本当に本当に悲しいし、嬉しい。

歴史は浅くとも、麺もスープも「こごのラーメンでねばくいたぐね」って言ってもらえるだけのものに仕上げました。

チャーシューの煮汁を使うと安定した味が出せないことに苦悩して、ちょっとしたヒラメキで今の返し(元ダレ)が安定して作れるようになりました。

俺のラーメンは彼女にとって「元気になったらまた食べに行きたいナンバーワン」だったんです。

一生懸命やってるのをわかってたんでしょうかね?

それって、俺がラーメン屋をやってる意味としては必要以上の価値を持つと思います。

「あのラーメンを元気になってまた食べに行きたい」

そう思われるラーメン屋って本当に冥利に尽きるとおもいます。

だからこそ、当たり前の事を当たり前に。

頑張りすぎずに頑張り続けなければならないと思います。

極端な話、俺の100の罪がこの1の成で拭われるような気がします。

だからこそ、毎日の当たり前のことを当たり前に日々を積み重ねる。




うちの「おらほの中華そば」は歴史は浅いです。
俺がラーメン屋になってまだ12年ですから。
元はトラック運転手だった俺の好きなラーメン。
地域性はあると思います。DNAに染み付いてるぐらいの勢いでw
ただ、流行に左右されない強さは間違いないと思います。
普通の凄さ。毎日食える普通の凄さ。
俺の「中華そば」を愛してくださった彼女に対して感謝の思いと追悼を込めて。
「ばあちゃん!これからも変わらない普通に美味しいのを頑張って作り続けっからね〜!そっちから応援してよ!」
本当にありがとうございます。







































この記事に

開く コメント(1)

毎度ご来店いただきありがとうございます。

今月はまず大事なお知らせ。

昨年8月から毎週火曜日にお休みを頂いてきました。

これは人手不足からスタッフの皆さんが交代で休みを取って無休営業を継続する事が困難になってしまったため週に1回店の営業をお休みさせていただき皆一斉に休みを取るしか方法がなかったためです。

年中無休の三春屋の中にあって人手不足の緊急措置という事で認めていただき10ヶ月が経ちましたが、今月から無休営業を再開できる事となりました。

これまでしばらくの間大変ご不便をおかけしましたが、スタッフ一同気持ちも切り替えて頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。



この10ヶ月の間、私自身もいろいろな事を考え経験し学んだと思います。

7年前の6月にこの場所で営業を再開してから数年はとにかくがむしゃらにやってきました。

震災で白銀にあった店が営業不能となり3ヶ月後にご縁があってこの場所をご紹介いただき、助けてくれた方々や応援してくれた方々の思いに応えたいのと、もちろん子供もおりますし生活もありますから頑張らなくちゃならない気持ちでした。

そして、数回特別な事情があって臨時休業をさせていただいた以外は6年以上ほぼ休み無しでの生活です。

「休まない」…って普通に考えたらおかしな事なのですが慣れます(笑)

私の場合、だいたい4ヶ月に1回の割合でメンタルが弱くなり「何のために生きてるんだろう?」とか考えたりしたのですが、それにも慣れてきて

「ああ。これ、いつもの弱気虫だな?笑」っ

てのも自分で気づく様になってきました。

そして昨年8月から暫定措置での火曜定休です。

もちろんその間も完全なオフは一度も無く、必ず店に来てなにかしらの仕事をしていましたが、営業しないで仕込みだけするので仕事が捗ります(笑)

更にはやらなければならない事はありますが時間の縛りはないので気持ちの開放感はね〜何とも言えないものです。

目覚ましをかけないで寝てもいいって私にとっては凄い事なんですよ。

ラーメンが好きでやってるこの商売ですから仕事がつらいとか嫌だという事はありません。

ただ、人間にはそういう開放感や時間に縛られない日も必要なんだな〜ってのも実感しました。

仕事以外の趣味も結構満喫させていただきましたよ。

遠くまでは行けないけれど毎週必ずどこかのラーメン屋さんに食べに行ってましたし、木を使った工作もいろいろやって自宅のクローゼットに棚を作ったり店の本棚も作りました。

手入れもしないで乗りっぱなしだった車やバイクも少しですがキレイになりました。

好きな事なんで時間があればやっぱりやるんですよね〜

私自身が心も体も健康でいる事が美味しいラーメンと笑顔のために必要な事であり、やっぱり休まないとダメなんですよね。

いや、「仕事を休む」って言うより「気持ちを解放する」と言う表現の方が近いかもしれません。

仕事がストレスだと感じた事はありませんので巷で言われる「ストレス解消」って言うのとは少し違う気もしますが、「厨房から離れること」も大事な仕事の一つなんだなぁ…って。

ただ、営業を休んで仕込みをしていたり趣味の車いじりや工作していても今度は逆に「ズル休み感」ってのが付き纏います。

本来は年中無休でなければならない場所なのですからやはりそれはね…。

次に休めるのはいつになるかわかりませんが今度はちゃんと「定休日」として罪悪感の無いお休みを取れるようにまたしばらく頑張ります。

どうぞよろしくお願いします。

ってか、明るいうちからビール飲んで昼寝って最高だよね笑 店長きむら

この記事に

開く コメント(0)

最後のお休み。

ある意味重大発表 (。・_・。)ノ まだ三春屋さんにも言ってないんですけどね

昨年8月から週に1回お休みを頂いて10ヶ月。

先日来書いているとおり新しいスタッフが加入し人数的には無休営業に戻れる体制になりました。

1ヶ月ちょいですが練習してもう少しで一人分の仕事ができるようになりそうです。

まだまだといえばまだまだなんですが、いつまでも研修中で居る訳にも行きませんので来月から年中無休営業に戻す予定です。

今んとこ、まだ「予定」ですが、明日以降三春屋さんとも相談の上で。

正直、また「休み無し君」になることは複雑な思いもあるんですが、無休営業は三春屋さんのルールですし、今は人手不足の緊急措置として認めてもらっているワケですからやらないとね。

まだまだ未熟な新人スタッフさんも含めての交代制の休みを取ってもらっての店は無休営業ですから、場合によっては提供時間が今までよりかかることもあるかと思いますが、実戦で鍛えていこうと思いますのでご理解ください。

もちろん、俺は毎日厨房に立ちます。

今度はこの状況がいつまで続くのかわからないので微妙な思いもありつつも、その場のルールを守る大人でありたいという思いもありますので頑張ります。

よろしくお願いします。



で。

休みの前の日って気持ちの開放感がすごくいいってのもわかったし、休みがあるといろんな事が出来ることもわかったけど、今後はしばらくの間また休み無しになるので絶対やっておきたいことが2つあってですね・・・

1つは車のマフラーの修理。もう一つは床屋さん。

店に行ってやることもあるのでどう過ごすか数日前から考えましたw

まずは前の晩飲みすぎないようにして早く寝て、朝8時ぐらいからまずは車の修理をしてから店に行き仕込みを済ませてから夕方床屋さんというスケジュールww

流石に暗い中で車の下に潜りたくはないですからねw ヤフオクでポチったマフラーも日曜日には届きました。

イメージ 1

月曜夜には帰り道ホームセンターに寄って溶接棒とグラインダーの切断用ディスクも買ってきました。

あとは「休みの醍醐味である二度寝」をしないで作業するだけw

多少の寝坊はありましたが予定通り作業開始。

イメージ 2

まずはできるだけ上げます。

もちろん、リフトで上げられればいいのですが工賃自分持ちの青空工場ですからこんなもんで精一杯ですけど安全のためにウマかけます。

それでもマフラー全体を取り外すだけの高さは確保できないのでタイコだけ切除して新しいのを車の下にもぐって溶接することに。

まず、エキパイをできるだけ長く残してダメタイコを切断して取り外します。

イメージ 4

これでもう後戻りは出来ませんw

そんで新しいタイコの前後にエキパイにちょうど被さるサイズのアダプターパイプを溶接でくっつけます。

イメージ 3


長さはアダプターパイプを溶接してギリギリしかありません…

溶接棒を電気のショートによる火花で溶かしてくっつける方式のアーク溶接は家庭用の100V電源で使える機械も売ってるんですが、薄い鉄板には向かないのね。

だから、ちょっとずつちょっとずつ点付けしていって最後に隙間を埋める感じで。

ま。

売りもんじゃないから、ちゃんとくっついてれば見た目はどうでもいいw

あとは取り付けてして溶接。

わずかなパイプの隙間もできるだけ盛って盛って埋めていきますw

イメージ 5

さらに、この機会を逃すとやる機会のないフロントパイプの穴も外したタイコのパイプを切った端材と溶接で埋めてみます。

イメージ 6

これは左バンクからの排気パイプなんですけど、シャコタンが故に地面にヒットして破れちゃった感じの穴。

これでも多少の漏れはありますけど無いよりマシw またどうせ地面にぶつけて…以下略w

結果、自分でもびっくりするぐらい静かになりました。

明らかに「壊れてる感」満載のガロガロ音ではなくジェントルなドロドロ音って言えばいいか?

今回かかった費用はグラスパックマフラー本体とアダプターパイプ2個と溶接棒なんか合わせて13000円ぐらい。

上出来かな?w

そんで、試運転がてらにジェントルになった車で店に行って仕事して帰り道スタンドで洗車してそのまま床屋さんに行って髪切ってもらって…からの帰り。



音楽聴きたいな…

実は付いてたCDプレーヤーも電源が入らなくなり早数年。ラジオも聞けないアメ車なのですよw

そこで、お友達のお店に行ってみることに。

昔からの友達がやってるカーオーディオプロショップ「TCSパンプキンズRS」

イメージ 7

「TCS」ってのは「トータルカスタムサポート」の略で「RS」ってのは「ローリングスペシャル」の略。

「TCR横浜銀蝿RS」が「ザ・クレイジーライダー横浜銀蝿ローリングスペシャル」の略だってのと同じようなこと。

この店名は社長の大山と俺が今は無き「河原木のつぼ八」で決めたって事は知らない人も多いと思うwww

ところが、カーオーディオプロショップにはそんな時代おくれの1DINのラジオなんて無くてとなりのこちらに行ってみます。

イメージ 8

 「まもちゃーん。1DINのラジオ持ってない?」

 「えー。あったかな〜 みんな2DINで…」



…ってか、俺って買う気ないのですね。

まもちゃんが倉庫に入るとすぐ目の前にありましたw

イメージ 9

 「これってもらえるやつ?」

 「うん。いいよw」

って事で、MDは持ってないんですが、目的はラジオなので問題なし。

早速取り付けてみるとちゃんとFMが入りますw

イメージ 10

FMが聞けるって事はモジュレーター使えばスマホの音楽も再生できるってことですからね。

おかげさまで排気音はジェントルになり、おまけにラジオも聞ける車になりましたw

まだまだ乗れますね♪





いやね。
カーオーディオとか知らないわけじゃないし、かなりお金をつぎ込んでた時期もある。
俺がそういうのわかんない人じゃないってのわかってて、敢えて基本的な話で遊んでくれるサトシにも相変わらずなありがとうw
奴の仕事の邪魔になりすぎない程度に邪魔になりつつ壊れたデッキでネタ大会やってたら小柄でヤングな男性が…
「あ…お客さん。」そう思って客じゃない俺はさっと引こうと思ったら、となりのアメ車専門修理屋さん「ハートビート」のお客さんでした。
「すみません。となりの車屋さんって今日はもう帰りましたか?」…って。
2回ぐらい来てるんだそうですが、残念なことにまだ社長に会えていないと。
「なんだったんです?」ってサトシが聞くと「アメ車が欲しくて…」って。
なんかね。すごくかわいかったw
「何が欲しいの?」って聞くと「コルベットに乗りたいんです」って。
俺のボロボロサバーバンにも興味津々でしていろいろ聞かれたりしてww
礼儀正しいその青年にハートビートの電話番号を教えて「電話してから来て見な?」って。
…いるんだね。アメ車に乗りたいヤング。超希少価値だと思うw
ちなみに「ハートビート」は中古車屋さんではありませんけどね。
社長はホントに愛すべきアメ車バカですから情熱が伝わればいい方向に導いてくれると思いますよ。
俺も何度も助けられてます。自分じゃどうにもならない時しか頼まないですけど、そういう人のほうがいいみたいw お金になるならないではなく。俺が今も安心してアメ車に乗ってられるのは彼がいる事も大きいですし。

明日からまたエンドレスな無休営業がスタートします。
10ヶ月で月4回として40日も休んだんですね〜
休みを使って店の本棚も作れたし、車のマフラーの修理もできたし、法人化の手続きとかも出来た。
家族でバーベキューもしたし、なにより気持ちの安堵感ってのを味わえた。
でも、「ズル休み感」ってのはずっと付きまとっていたのも事実。
目覚ましをかけなくていい日は無くなりますが、頑張らないと。
いつか、ちゃんと「定休日」ってのを設定できるように・・・






























この記事に

開く コメント(0)

全349ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事