やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今季初めての連勝を記録し、首位の西武に2ゲーム差で迎えた今日の試合。
先発のマウンドに上がるのは、日本ハムがグリン投手、ソフトバンクが和田投手。


【1回表】
まず初回の攻撃は、森本選手が空振り三振、田中賢選手がセカンドゴロ、高橋選手が空振り三振で三者凡退と、和田投手に上々の立ち上がりを許してしまった。

【1回裏】
グリン投手の立ち上がりは、大村選手をセカンドゴロ、川選手を空振り三振で早々に二死とするも、ここからまずブキャナン選手にライト前ヒットで出塁されてしまうと、松中選手にはフルカウントからの四球で二死一二塁。
するとここで続く小久保選手には甘く入ったストレートをレフトスタンドに運ばれ、初回からいきなりの3ランホームランを浴びてしまった。
このあと更に次の柴原選手にはライト線に二塁打を打たれてしまって、再び得点圏に走者を許してしまったが、ここは次の本間選手を空振り三振で三死とした。
しかしこの試合は、初回からいきなりの3失点で0−3とソフトバンクに早くもリードを与えてしまった。

【2回表】
この回は先頭のセギノール選手が空振りの三振に倒れると、稲葉選手がレフト前ヒットで出塁するも、金子洋選手が空振りの三振で二死一塁。
しかしここから次のグリーン選手が左中間フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ってまず1点を返すと、続く田中幸選手もこれにレフト前ヒットで続き、この当たりもタイムリーとなってこの回2点目を挙げた。
このあと続く金子誠選手は見逃し三振で三死となってしまうも、この回はグリーン選手、田中幸選手の連続タイムリーで2点を返し、2−3と1点差に追い上げた。

【2回裏】
先頭の井手選手に初球をライト前ヒットされてしまうと、山崎選手には送りバントを決められて一死二塁とされてしまうも、ここは大村選手をサードファールフライ、川選手をセンターフライと後続を断った。

【3回表】
まず森本選手がセンター前ヒットで出塁すると、次の田中賢選手は空振りの三振に倒れてしまうも、続く高橋選手の打席では森本選手が牽制球に誘い出されて飛び出してしまうも、このボールをファースト松中選手が二塁に悪送球して結果的に森本選手は盗塁成功で一死二塁とチャンス拡大。
するとここで高橋選手はショートゴロで二死となってしまうも、次のセギノール選手が和田投手の高めのストレートを左中間スタンドに運び、この超特大の2ランホームランで4−3と逆転に成功。
この後は続く稲葉選手がセンターフライに倒れてこの回を終わるも、この回はセギノール選手のホームランで逆転に成功し、4−3と日本ハムが1点をリードした。

【3回裏】
ここは先頭のブキャナン選手にはセンター前ヒットを打たれてしまうも、この後まず松中選手をレフトフライで打ち取ると、小久保選手をセカンドフライ、柴原選手をショートゴロで後続をしっかりと断った。

【4回表】
この回は金子洋選手がショートゴロ、グリーン選手がライトフライ、田中幸選手が見逃し三振で三者凡退。

【4回裏】
ここは本間選手をファーストゴロ、井手選手をセンターフライ、山崎選手をピッチャーゴロで三者凡退とした。

【5回表】
まず金子誠選手が空振りの三振に倒れてしまうと、森本選手がレフトフライ、田中賢選手が空振り三振と、和田投手も負けじと2イニング連続三者凡退。

【5回裏】
グリン投手のこの回のピッチングは、大村選手をセカンドゴロ、川選手を空振り三振、ブキャナン選手をセンターフライで2イニング連続三者凡退。

【6回表】
高橋選手がライトフライに倒れてしまうと、セギノール選手がショートゴロ、稲葉選手がレフトフライで、これで和田投手は3イニング連続での三者凡退。

【6回裏】
ここまで3イニング連続での三者凡退としてきたグリン投手だったが、この回は先頭の松中選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれて、これでまず4−4の同点とされてしまうと、次の小久保選手に対してはフルカウントから四球を与えてしまい、更に続く柴原選手にはライトスタンドに2ランホームランを運ばれて4−6と逆転を許してしまい、これでグリン投手もノックアウトとなってしまった。
このあと走者がいなくなると、2番手で登板の伊藤投手が、本間選手をセンター前ヒットで出塁させてしまうも、井手選手をピッチャーゴロで1-6-3のダブルプレーとすると、山崎選手を見逃し三振で三死としたものの、この回はグリン投手が2本のホームランを浴び、一挙3点を奪われて4−6と逆に2点のリードを許してしまった。

【7回表】
先頭の金子洋選手が空振りの三振に倒れてしまうと、次のグリーン選手はショートへのゴロを放ってしまうも、これはファースト松中選手が落球し、エラーでグリーン選手が一塁に残った。
しかしこの後は、まず田中幸選手が空振り三振で二死となってしまうと、金子誠選手も空振りの三振で続けず、この回はアウト3つを全て三振で奪われてしまった。

【7回裏】
この回から日本ハムのマウンドには3番手で武田勝投手が登板すると、大村選手をレフトフライ、川選手をセカンドゴロ、ブキャナン選手を空振り三振で三者凡退とした。

【8回表】
この回は1番からの好打順での攻撃も、森本選手が空振り三振、田中賢選手がレフトフライ、高橋選手がセカンドゴロで三者凡退。

【8回裏】
続投の武田勝投手は、まず先頭の松中選手にライトオーバーの二塁打を打たれてしまうと、小久保選手のセンターへの大きなフライでタッチアップを許して一死三塁。
するとここで続く柴原選手にはセンターにしっかりと犠牲フライを上げられてしまい、更に1点を追加されて4−7とされてしまった。
このあと場面が二死走者無しとなると、次の本間選手にはライト線に二塁打を打たれてしまうも、井手選手をショートゴロで打ち取ってこの回を終わらせた。
しかしこの回はソフトバンクに1点を追加されてしまい、最終回の攻撃を前に4−7とリードを3点とされてしまった。

【9回表】
3点を追っての最終回。
ソフトバンクのマウンドには守護神馬原投手が上がった。
するとこれに対して先頭のセギノール選手がセンター前ヒットを放って、チームとして3回表以来のヒットを放つも、次の稲葉選手がファーストゴロで一死二塁と場面が変わってしまうと、この後は代打の坪井選手がピッチャーゴロ、グリーン選手が見逃し三振で続けず試合終了となってしまった。


初回に先制点を挙げられ、その後に逆転を許すも、再逆転されての敗戦となってしまった。
先発のグリン投手は、初回の立ち上がりにいきなりの3失点すると、その後持ち直した観もあったが、6回に入ると更に2本のホームランを浴び、結局5回0/3で、81球、被安打7、与四球2、奪三振3、失点6と先発としての最低限の役目を果たせずにマウンドを降りてしまい、前回登板の西武戦からの連敗となってしまった。

打線は2回にはグリーン選手と田中幸選手のタイムリーで、3回にはセギノール選手の2ランホームランでそれぞれ2点ずつを挙げて逆転に成功したものの、その後は和田投手に4回〜8回をエラーでの出塁1度のみのパーフェクトな内容で抑えられてしまうと、最終回も反撃ならず、終わってみれば14三振を喫する散々な内容となってしまった。
個々を見ても、1番森本選手は4打数でヒットを1本はなったものの、2三振で打率は.236。
2番田中賢選手は4打数ノーヒット2三振でついに.118。
3番に入った高橋選手は4打数ノーヒット1三振で.238。
6番に入った金子洋選手もオープン戦こそ好調だったものの、今日は3打数ノーヒット2三振で.125。
7番のグリーン選手は1点目を叩き出すタイムリーを放ったものの、.195。
8番田中幸選手は3打数ノーヒット2三振で.188・・・
チーム打率も今日の試合を終わって.236と不調を極めてしまっている。

火曜日からは札幌ドームに戻ってのオリックス、楽天との6連戦を控えているだけに、個々で地元の大きな声援を受け、ぜひとも復調してもらいたい。


グリーン選手のコメント (2回表、タイムリー二塁打)
打ったのはストレート。3点先制されていたし、最近甘い球を打ち損じていたので、今日は気持ちを切り替えて思いっきり振り切ることだけを考えて打席に入った。まだ序盤なので早い回に逆転して少しでもグリンに楽な投球をさせたい。

セギノール選手のコメント (3回表、2ランホームラン)
打ったのは真ん中やや内よりのストレート。打った瞬間入ったと感じるくらい良い感触だったので、昨日よりゆっくりベースを回れて良かったよ。


福岡ソフトバンク−北海道日本ハム (福岡Yahoo!JAPANドーム)
F  022 000 000   4
H  300 003 01×  7

勝 和田 3勝
S  馬原 4S
敗 グリン  2敗

【F】 グリン、伊藤、武田勝 − 高橋
【H】 和田、馬原 − 山崎

《本》 小久保4号(グリン)、セギノール6号(和田)、松中2号(グリン)、柴原2号(グリン)

閉じる コメント(3)

顔アイコン

今年の日本ハムを象徴するような試合でしたね。

2007/4/8(日) 午後 9:35 [ - ] 返信する

このような試合がこれから先も多くなりそうですね。

2007/4/9(月) 午前 10:03 みね 返信する

顔アイコン

痛い試合ですね・・・ 削除

2007/4/9(月) 午前 11:35 [ ミミック ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事