やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

昨日に続き札幌ドームでの阪神との試合は、連日チケットが完売の大注目の試合。
今日の試合の先発は、日本ハムがグリン投手。阪神がダーウィン投手と、両外国人投手の先発。


【1回表】
グリン投手の立ち上がりは、赤星選手を見逃し三振、鳥谷選手をセカンドフライ、林選手を空振り三振で三者凡退と、まずは素晴らしい立ち上がりとなった。

【1回裏】
対する初回の攻撃は、森本選手がショートゴロに倒れてしまうと、田中賢選手、稲葉選手はいずれもファーストゴロで、こちらも三者凡退となってしまった。

【2回表】
この回は金本選手をサードファールフライ、今岡選手をライトフライ、桧山選手をセンターフライでまたも三者凡退。

【2回裏】
ここは先頭のセギノール選手が四球で塁に出るも、小谷野選手がセンターフライ、小田選手がサードゴロで二死一塁。
ここから次の高橋選手はライト前にヒットを打って二死一二塁とチャンスを広げたが、ここは続く坪井選手がショートゴロで倒れ、得点につなげることは出来なかった。

【3回表】
この回のグリン投手は、シーツ選手、野口選手を続けて空振り三振とすると、関本選手もサードゴロで打ち取り、これで3イニング連続での三者凡退とした。

【3回裏】
金子誠選手がセカンドゴロで倒れると、森本選手が見逃し三振、田中賢選手が空振り三振で、こちらも三者凡退に終わってしまった。

【4回表】
先頭の赤星選手をセンターフライで打ち取ると、次の鳥谷選手には四球を与えて初めての走者を出してしまうも、次の林選手をセカンドゴロで二死一塁。
しかしここから金本選手、今岡選手を連続の四球で歩かせてしまって二死ながらも満塁とピンチを広げてしまったが、ここは続く桧山選手をファーストファールフライで打ち取って何とか無失点で抑えた。

【4回裏】
ここまでダーウィン投手にわずか1安打に抑え込まれている日本ハム打線だったが、この回は先頭の稲葉選手はセンターフライで倒れるも、セギノール選手がライトオーバーの二塁打を放って出塁すると、小谷野選手がレフト線にタイムリー二塁打を放ってこれでまずは1点を先制。
更に次の小田選手の打席でダーウィン投手の暴投で小谷野選手が三塁に進むと、小田選手は四球で出塁して一死一三塁とし、ここで続く高橋選手がレフトに犠牲フライを上げて1点を追加。
この後は坪井選手がセカンドゴロで三死となってしまうも、この回は小谷野選手のタイムリーと高橋選手の犠牲フライで2点の先制点を挙げることに成功した。

【5回表】
この回はシーツ選手を空振り三振、野口選手を見逃し三振、関本選手をセンターフライでまたも三者凡退とした。

【5回裏】
この回の阪神のマウンドには2番手の橋本健太郎投手が登板。
するとここは金子的子選手がセンターフライ、森本選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、次の田中賢選手はセンター前にヒットを放つも、直後に盗塁に失敗し、結局この回は3人で攻撃を終わってしまった。

【6回表】
赤星選手をレフトフライ、鳥谷選手をセカンドゴロで二死とするも、林選手にレフト線に二塁打を打たれて二死二塁とされてしまった。
するとここから次の金本選手にはセンターに大きな当たりを打たれるも、これは森本選手がフェンス際まで背走すると、ジャンピングキャッチで抑え、何とかここも無失点で終わらせた。

【6回裏】
先頭の稲葉選手がレフトフライで倒れると、セギノール選手は四球を選んで塁に出るも、ここは小谷野選手がセカンドゴロ、小田選手が空振り三振と後続が続かなかった。

【7回表】
この回のグリン投手は、いきなり今岡選手、桧山選手に連続で四球を与えてしまい、無死一二塁としてしまったところで、マウンドを2番手の武田久投手に譲り、同時にキャッチャーも中嶋選手に交代。
すると武田久投手はこの場面、まず次のシーツ選手を空振り三振で一死とすると、代打の濱中選手をセカンドフライ、同じく代打の葛城選手をサードゴロで打ち取り、この回のピンチを好リリーフで無失点とした。

【7回裏】
この回は阪神3番手の久保田投手に対し、中嶋選手が見逃し三振、坪井選手が空振り三振、金子誠選手がサードゴロで三者凡退。

【8回表】
この回の武田久投手は、赤星選手をショートゴロ、鳥谷選手を空振り三振で二死とすると、次の林選手はショートへの内野安打で塁に出してしまうも、ここは続く金本選手をサードゴロで三死とした。

【8回裏】
先頭の森本選手がキャッチャー内野安打で出塁すると、これを田中賢選手が送って一死二塁とし、更に稲葉選手が四球を選んで一死一二塁。
しかしここは次のセギノール選手が空振り三振で二死となってしまうと、小谷野選手もセンターライナーで倒れてしまった。

【9回表】
2点のリードで迎えた最終回は守護神MICHEAL投手が登板。
するとMICHEAL投手は、今岡選手をセンターフライ、桧山選手をショートゴロで二死とすると、ここから次のシーツ選手は死球で歩かせてしまうも、最後は藤本選手から空振りの三振を奪って試合終了とした。


球団タイ記録の11連勝!
交流戦タイ記録の9連勝!
そしてヒルマン監督通算300勝と記録が満載の勝利となった。

先発のグリン投手は、6回0/3を投げ、115球、被安打1、与四球5、奪三振6で無失点と、四球こそ多かったものの、わずかに1安打を打たれたのみで、先発としての役割を十分に果たしてくれた。
するとこの後、武田久投手が無死一二塁とグリン投手が作ったピンチを無失点で抑えれば、次の回も無失点とし、9回はMICHEAL投手がしっかりと抑え、阪神打線を林選手の2安打のみと、ほぼ完璧に封じた。

打撃陣では今日はわずか5安打ながらも、その少ないチャンスを生かして勝利につなげた。

他球場では首位の千葉ロッテ、2位のソフトバンクが共に勝利した為に、そのゲーム差は変わらなかったが、貯金はこれで今季最多の「7」と確実に前進を続けている。


小谷野選手のコメント (4回裏、レフト戦タイムリー二塁打)
変化球の抜けた球だと思う。セギが良く走った二塁打で出塁してくれたので、なんとか還そうと必死だった。

グリンン投手のコメント
今日は調子が良すぎる感じがあり、投球モーションがブレてしまうことがあったが、全体的には球を低めに集めることが出来た。0点に抑えられ、良かったと思う。

ヒルマン監督のコメント
個人記録は頭にない。素晴らしい選手に囲まれて指揮を執れていることが嬉しい。


北海道日本ハム−阪神 (札幌ドーム)
T  000 000 000   0
F  000 200 00×  2

勝 グリン      4勝3敗
S  MICHEAL 11S
敗 ダーウィン    1敗

【T】 ダーウィン、橋本健、久保田 − 野口、狩野
【F】 グリン、武田久、MICHEAL − 高橋、中嶋

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

すばらしい!
次の試合では球団新の12連勝と、交流戦新の10連勝を期待します!

2007/6/3(日) 午後 7:28 [ - ] 返信する

顔アイコン

こうなったら広島にも負けられないですね。連勝記録を伸ばして一気にペナントレースも優位に立っちゃってほしいです。

2007/6/3(日) 午後 8:14 [ h_h*n*da ] 返信する

去年の勢い以上のモノを感じます。

2007/6/3(日) 午後 8:39 たのさん 返信する

顔アイコン

阪神打線を2安打に抑えたのは素晴らしいですね。

2007/6/3(日) 午後 8:47 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

テレビで見てました。阪神打線の不振に救われましたね。

2007/6/4(月) 午後 1:21 ぶりすきー 返信する

顔アイコン

是非、カープに勝って12連勝して記録更新ですね!去年はライオンズに阻止されたのでリベンジです!!

2007/6/4(月) 午後 1:41 ミナミママ 返信する

トラバ、ありがとうございます。(^_^)v

2007/6/4(月) 午後 3:54 ぶりすきー 返信する

昨日の試合見に行きました!! 阪神打線に2安打しか許さなかった投手陣は凄い!! そして、ひちょりの守備でもヒット2本消してますねー。カープ戦も勝って連勝伸ばしましょう!!

2007/6/4(月) 午後 6:55 tayu 返信する

行ってました!!。阪神ファンの多さにビックリ。黄色がやけに目立っていました。でもタイガースの方は元気なかったですね。

2007/6/4(月) 午後 11:32 nag**22 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(18)


.


みんなの更新記事