やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

交流戦も今日で通算13試合目を迎え、ヤクルトとの対戦はこれが最終戦となる。
今日の試合の先発は、日本ハムがダルビッシュ投手。ヤクトルが藤井投手。


【1回表】
初回の攻撃は、森本選手がサードゴロに倒れてしまうと、次の田中賢選手はセンター前にヒットを放って塁に出るも、ここは稲葉選手がセンターフライ、セギノール選手がショートゴロで続けなかった。

【1回表】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、先頭の青木選手にいきなりセンターオーバーの二塁打を打たれてしまうと、田中浩康選手を空振り三振で一死とするも、次のラミレス選手のセカンドゴロの間に青木選手に進塁されて二死三塁。
するとここで続くガイエル選手はセカンドへのゴロとするも、この打球がイレギュラーしてしまうと、田中賢選手はよく捕球するものの一塁に悪送球してしまい、この間に三塁から青木選手が生還して0−1とヤクルトに先制点を奪われてしまった。
この後なおも二死二塁からは宮本選手をレフトフライで打ち取ってこの回を終わらせるも、今日は初回から守備の乱れもあって、実に6試合振りに先制点を許してしまった。

【2回表】
小谷野選手がショートゴロ、坪井選手がファーストゴロで二死となってしまったから、鶴岡選手がセンター前にヒットを放つも、ここは続く金子誠選手が空振り三振で三死。

【2回裏】
先頭の宮出選手に四球を与えてしまうと、飯原選手には送りバントを決められて一死二塁とされてしまうも、続く福川選手を見逃し三振、藤井投手をサードゴロと後続を断った。

【3回表】
この回はダルビッシュ投手が見逃し三振で倒れてしまうと、森本選手がライトフライ、田中賢選手がレフトフライで三者凡退。

【3回裏】
まず青木選手をショートゴロで打ち取ると、次の田中浩選手にはセンターオーバーの二塁打を打たれてしまうも、続くラミレス選手のショート頭上への打球を金子誠選手がジャンピングキャッチで抑えると、そのまま二塁に送球し、ダブルプレーでこの回を終わらせた。

【4回表】
先頭の稲葉選手が左中間に二塁打を放って出塁するも、セギノール選手がピッチャーゴロ、小谷野選手が空振り三振で二死二塁。
ここから次の坪井選手は四球で出塁してチャンスを広げるも、ここは続く鶴岡選手がセカンドゴロで倒れてしまった。

【4回裏】
この回はガイエル選手、宮本選手を続けて空振り三振とすると、宮出選手をセカンドフライで三者凡退。

【5回表】
ここは金子誠選手がピッチャーゴロ、ダルビッシュ投手がセカンドゴロ、森本選手がファーストライナーで三者凡退に倒れてしまい、いまだ得点なし。

【5回裏】
この回のダルビッシュ投手は、まず飯原選手をセカンドゴロで打ち取ると、福川選手、藤井投手を続けて空振りの三振とし、2イニング連続の三者凡退として味方の反撃を待った。

【6回表】
先頭の田中賢選手が死球を受けて塁に出ると、次の稲葉選手は右中間に二塁打を放って無死二三塁と一打逆転の大チャンスが到来。
するとここで続くセギノール選手がライトに犠牲フライを上げて1−1の同点。
なおも一死三塁から小谷野選手はサードゴロで二死となってしまうも、ここから次の坪井選手がライト前にタイムリーを放って2−1と逆転。
この後は鶴岡選手がサードゴロで三死となってしまうも、この回はセギノール選手の犠牲フライと坪井選手のタイムリーで2点を挙げ、2−1と逆転に成功した。

【6回裏】
この回は青木選手、田中浩選手をいずれもサードゴロで打ち取って早々に二死とするも、ここから続くラミレス選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで2−2の同点となってしまった。
このあとダルビッシュ投手は次のガイエル選手を見逃し三振でこの回を終わらせたが、試合は6回を終わって2−2と、振り出しに戻ってしまった。

【7回表】
この回からヤクルトのマウンドに2番手の遠藤投手が登板すると、これに対して金子誠選手が四球を選んで塁に出ると、次のダルビッシュ投手はスリーバント失敗で空振り三振に倒れてしまうも、森本選手がライトにヒットを放って一死一三塁と一打勝ち越しの絶好のチャンスを作った。
しかしこの場面、次の田中賢選手は浅いライトフライでタッチアップならずに二死となってしまうと、稲葉選手もショートゴロで続けず、この回の得点はならなかった。

【7回裏】
ここは城石選手を空振り三振とすると、宮出選手、飯原選手を共にサードゴロで三者凡退。

【8回表】
この回のマウンドにはヤクルト3番手で木田投手が登板。
その木田投手に対して、先頭のセギノール選手は空振り三振に倒れてしまうも、小谷野選手がセンター前にヒットを放って出塁すると代走で紺田選手が登場。
ここから次の坪井選手の打席でエンドランがかかると、坪井選手はバットを放りながらも果敢にボールに当てにくるもこれは空振りとなってしまったが、結果的には紺田選手が盗塁を決めた形となって一死二塁となった。
しかしこの場面、坪井選手は空振りの三振で倒れてしまうと、次の鶴岡選手も空振り三振に倒れてしまい、この回のチャンスを生かすことはできなかった。

【8回裏】
先頭の福川選手を見逃し三振、代打の武内選手をレフトフライで二死とすると、青木選手は四球で歩かせてしまうも、続く田中浩選手にはファールで粘られるも最後は12球を要してサードゴロで仕留め、何かとここも踏ん張って無失点で終わらせた。

【9回表】
この回のヤクルトのマウンドには4番手で吉川投手が登板。
するとここは先頭の金子誠選手がセカンドフライ、ダルビッシュ投手が空振り三振、森本選手がセカンドゴロで三者凡退に終わってしまった。

【9回裏】
ラミレス選手を空振り三振、ガイエル選手をセンターフライ、城石選手を見逃し三振で三者凡退とし、これで試合は9回を終わって2−2と、延長戦に突入することとなった。

【10回表】
延長に入ったこの回、ヤクルトのマウンドには5番手の高井投手か登板すると、先頭の田中賢選手はキャッチャー前へのボテボテのゴロが内野安打となって塁に出ると、稲葉選手のライトファールゾーンへのフライはガイエル選手にスライディングキャッチされてしまうも、この当たりで田中賢選手がタッチアップして二塁に進塁。
ここから次のセギノール選手は敬遠されて一死二塁となるが、続く紺田選手がレフトフライで二死一二塁。
ここで次の飯山選手がセンター前にヒットを放つと、この当たりで田中賢選手が三塁を回って本塁に突入するも、これはセンター青木選手からの好返球でタッチアウトとなってしまい、この回の絶好のチャンスも勝ち越し点を奪うことは出来なかった。

【10回裏】
日本ハムのマウンドには9回まで被安打3で11奪三振と好投のダルビッシュ投手に代わって2番手で武田久投手が登板し、キャッチャーも中嶋選手に交代。
するとこの回は、まず宮出選手をショートゴロで打ち取るも、次の飯原選手は四球で歩かせてしまった。
ここから続く福川選手には送りバントを決められて二死ながらも走者を二塁に進められてしまうと、最後は代打の鈴木健選手に右中間に二塁打を打たれ、この当たりで二塁から飯原選手に生還されて、2−3とサヨナラ負けとなってしまった。


5月19日から続いていた連勝がついに14でストップしてしまった。
先発のダルビッシュ投手は、9回を投げ、124球、被安打3、与四球2、奪三振11、失点2(自責点1)と素晴らしい内容ではあったが、初回に味方のエラーから先制点を奪われてしまうと、6回には1点リードの場面からラミレス選手に同点ホームランを打たれるなど、ヤクルトに少ないチャンスを生かされた形となってしまった。
また、2番手の武田久投手は、10回裏一死走者なしから飯原選手に与えた無駄な四球があまりに痛く、ヤクルトとしては一死から送りバントをしてくると、これをしっかりと生かして鈴木健選手のサヨナラヒットへとつなげられた。

打撃陣はヤクルトを上回る9本のヒットを放ちながらも、6回に2得点を挙げたい外には幾度となく得点のチャンスを逃し、援護することが出来なかった。

始まった連続記録は良きにつけ悪しきにつけ、いつかわ終わるもの。
確かに残念な敗戦ではあったが、また次の試合から、また1から連勝記録を作っていきたい。


ダルビッシュ投手のコメント
今日は久々に調子が良く、変化球のキレも良かったと思う。球数も少なくいけたが、逆転してもらったあとに打たれてはいけないところでホームランを打たれてしまった。申し訳ない気持ちです。

ヒルマン監督のコメント
昨日はYs先発館山投手に苦戦したが、今日予想される投手も成績こそ今シーズン出ていないが、非常に被安打率の低い投手なので、序盤から積極的に攻撃し、早い回から主導権を握りたい。吉川投手のプロ初勝利には祝福の言葉は勿論かけたが、側面から付きっきりで指導している担当コーチからも色々あると思うので、あえて監督の私からは細々と言わないようにしている。若手投手のローテーション入りについては、現場を預かるものとして、投手陣の層の厚さがこれで十分ということは有り得ない。実績のあるベテランや主力投手がファームで調整中ではあるが、万全の体調で戻ってきて欲しい。また投手力だけでなく、勝因の中には堅いバックの守りも見逃せず、好守から流れをつかむケースが多々あることも事実だと思う。


東京ヤクルト−北海道日本ハム (松山坊ちゃんスタジアム)
F  000 002 000 0    2
S  100 001 000 1×  3

勝 高井   1勝2敗
敗 武田久 2勝2敗2S

【F】 ダルビッシュ、武田久 − 鶴岡、中嶋
【S】 藤井、遠藤、木田、吉川、高井 − 福川

《本》 ラミレス6号(ダルビッシュ)

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

連勝記録が途切れたのは残念ですが、
永遠に続くわけではないので、
気を取り直し、東京ドームからはじまる連勝を期待しています。

2007/6/9(土) 午後 9:30 [ kbw*q*83 ] 返信する

顔アイコン

終わるからこそまた次があると期待しています。

2007/6/9(土) 午後 11:36 [ - ] 返信する

地道に勝っていって欲しい。

2007/6/10(日) 午前 0:42 [ ぺんぎん ] 返信する

顔アイコン

やられました〜、4安打のスワローズにサヨナラ負けですよ!!ジャイアンツ戦は勝ち星を付けて欲しいですね!

2007/6/10(日) 午前 1:22 ミナミママ 返信する

見てました。
ショックです。

2007/6/14(木) 午後 2:35 こむぎこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


みんなの更新記事