やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

交流戦が明け、今日からはリーグ公式戦が再びスタートする。
日本ハムが最初に迎える対戦は、オリックスとの京セラドーム大阪での3連戦。
今日の試合の先発は、日本ハムがダルビッシュ投手。オリックスがデイビー投手。


【1回表】
デイビー投手に対しての初回の攻撃は、森本選手がライトフライ、田中賢選手がセカンドゴロ、稲葉選手がショートライナーで三者凡退。

【1回裏】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、まず先頭の平野恵一選手をセンターフライで打ち取るも、村松選手にファーストに内野安打されてしまうと、直後に盗塁を決められて一死二塁。
しかしここからは次のラロッカ選手をショートゴロで二死とすると、ローズ選手は見逃しの三振で打ち取り、ここ数試合立ち上がりが安定しなかったダルビッシュ投手も、今日はまずは無失点での立ち上がりとなった。

【2回表】
セギノール選手がレフトフライ、小谷野選手がサードゴロで簡単に二死となってしまうと、続いて打席には新外国人のジョーンズ選手が来日後初めての1軍での打席に入ったが、ここは空振り三振に倒れてしまった。

【2回裏】
この回は北川選手をサードゴロ、アレン選手をライトフライ、阿部真宏選手を空振り三振で三者凡退。

【3回表】
先頭の工藤選手がレフト前にチーム初ヒットを放つと、これを鶴岡選手が送って一死二塁とするも、次の金子誠選手はレフトフライで二死二塁。
ここで次の森本選手は四球を選んで塁に出るも、続く田中賢選手がファーストゴロに倒れ、この回も得点を挙げることは出来なかった。

【3回裏】
ここは大引選手をライトファールフライ、日高選手をピッチャーゴロ、平野恵選手を空振り三振で、2イニング連続での三者凡退とした。

【4回表】
先頭の稲葉選手が左中間に二塁打を放っていきなり得点圏に進んで先制のチャンスを作ると、更に次のセギノール選手のセカンドゴロの間に進塁して一死三塁。
しかしここは続く小谷野選手が空振り三振に倒れてしまうと、ジョーンズ選手もセンターフライと続くことが出来なかった。

【4回裏】
この回のダルビッシュ投手は、まず先頭の村松選手に死球をぶつけてしまうと、次のラロッカ選手には四球を与えてしまい、自ら無死一二塁というピンチを招いてしまった。
するとここからまず次のローズ選手は空振り三振で一死としたものの、北川選手のセンターフライで二塁走者にタッチアップされて三塁に進まれると、これに対する送球が逸れる間に一塁走者にも進まれ、これで二死ながらも二三塁とピンチを広げてしまった。
しかしこの場面、ダルビッシュ投手は次のアレン選手をセカンドゴロで仕留め、なんかとこの回も無失点で終わらせた。

【5回表】
工藤選手が空振り三振で倒れてしまうと、次の鶴岡選手はセンター前にヒットを放って出塁も、金子誠選手がライトフライで二死一塁。
すると次の森本選手の打席では鶴岡選手が盗塁を試みるも失敗に終わり、結局この回の攻撃を3人で終わらせてしまった。

【5回裏】
阿部真選手をセカンドゴロで打ち取ると、大引選手を空振り三振、日高選手をセンターフライで、これでこの試合3度目の三者凡退。

【6回表】
この回は先頭の森本選手がセンターオーバーの二塁打を放って出塁すると、これを田中賢選手が送って一死三塁とし、ここで続く稲葉選手がセンター前にタイムリーを弾き返して、まずは日本ハムが1点を先制。
この後なおも一死一塁からは次のセギノール選手がセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーに倒れてしまうも、ここまで投手戦が続いていたこの試合もついにその均衡が崩れた。

【6回裏】
1点ながらも待望の援護点をもらったダルビッシュ投手は、ここは平野恵選手をセカンドフライ、村松選手を空振り三振、ラロッカ選手をセンターフライで、これでここまで毎回奪三振を記録すると共に、2イニング連続4度目の三者凡退とした。

【7回表】
小谷野選手がショートゴロ、ジョーンズ選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の工藤選手はセカンドへの内野安打で出塁するも、鶴岡選手が空振り三振で続けず。

【7回裏】
ここはローズ選手をセンターフライ、北川選手をセカンドゴロ、アレン選手をピッチャーゴロで、この回も全く危なげなく、3イニング連続5度目の三者凡退。

【8回表】
この回はオリックス2番手の菊地原投手に対し、金子誠選手、森本選手がいずれもショートゴロで倒れてしまうと、田中賢選手もレフトフライで三者凡退。

【8回裏】
まず代打の後藤選手をセカンドゴロで打ち取るも、続いて代打には26日にトレードが成立し、オリックスに移籍したばかりの木元選手が入ると、ここはしぶとくレフト前にヒットされて一死一塁。
この後は次の日高選手のセカンドゴロで二塁フォースアウトとするも、ここから平野恵選手にライト前にヒットされて二死一三塁とされると、更に村松選手にはダルビッシュ投手の頭上を越えるショートへの不運な内野安打を許し、これがタイムリーとなって、これで1−1の同点。
そしてなおも二死一二塁から次のラロッカ選手を死球で歩かせて満塁としてしまうと、ここで続くローズ選手にはあわやホームランというレフトフェンス直撃の二塁打を打たれると、これが走者一掃となり、1−4と一気に大逆転されてしまい、ダルビッシュ投手もノックアウトで降板となってしまった。
ここからは続いてマウンドに上がった江尻投手が続く北川選手にセンター前にヒットを打たれてしまうも、この当たりで二塁から生還を狙ったローズ選手を本塁でタッチアウトとし、なんかとこの回を終わらせた。
しかしこの回は木元選手のヒットを皮切りに、一気に4点を挙げられ、ついに1−4と逆転を許してしまった。

【9回表】
逆に3点を追う形となってしまった最終回のオリックスのマウンドには加藤大輔投手が登板。
するとこれに対し、稲葉選手がレフトフライ、セギノール選手が空振り三振で二死となってしまうと、続く代打の坪井選手はライト前にヒットを放って最後の粘りを見せるも、最後はジョーンズ選手が大きな当たりを放つも、これがレフトフライとなってしまい、最終回の反撃もならないままに試合終了となってしまった。


交流戦明け、リーグ戦再開後の最初のゲームを白星で飾ることは出来なかった。

先発のダルビッシュ投手は、7回2/3を投げ、118球、被安打5、与四死球3、奪三振6、失点4の内容で、7回までは3イニング連続を含む5度の三者凡退を数えながらも8回に一気に崩れてしまった。
それも奇しくも日本ハムからオリックスにトレードされたばかりの木元選手のヒットがその皮切りだったというのが何とも言えない展開となった。

打撃陣は、序盤からオリックス先発のデイビー投手を打ちあぐね、得点は6回に挙げた1点のみ。
新外国人のジョーンズ選手も6番ファーストで初出場を果たしたものの、今日のところは4打数ノーヒットで2三振と結果を出すことは出来なかった。


稲葉選手のコメント (6回表、センター前タイムリー)
インコースのまっすぐ。うまくセンターに打ち返せた。チャンスになかなか点が取れてなかったけど、良い一本を出せてよかった。

ダルビッシュ投手のコメント
今日は全体的に調子が良く、ストレートも変化球も良かったと思う。ただ、打たれた8回が・・・。

ヒルマン監督のコメント
ダルビッシュは立ち上がりの課題も問題なくクリアし、素晴らしい出来だった。8回完全に打ちとっていた打球が安打となり同点に追いつかれたが、むこうにツキがあったなと思う。オリックスに良いところでタイムリーが出て、我々にあと1本が出なかった事が今日の結果のすべて。ダルビッシュ・デイビーともに内容のある投球で良かったと思う。8回二死までリードしての敗戦は確かに痛いが、これも負けは負けと気持ちを切り替えて、また明日からの試合に気を取り直し、試合に集中することが大切だと思う。


オリックス−北海道日本ハム (京セラドーム大阪)
F  000 001 000   1
B  000 000 04×  4

勝 菊地原   1勝
S  加藤大   3勝3敗10S
敗 ダルビッシュ 6勝4敗

【F】 ダルビッシュ、江尻 − 鶴岡
【B】 デイビー、菊地原、加藤大 − 日高、的山


≪明日の予告先発≫
【F】 八木
【B】 近藤

この記事に

閉じる コメント(4)

木元のヒットが口火で逆転負け。複雑な気持ち。

2007/6/29(金) 午後 11:07 nag**22 返信する

顔アイコン

木元かぁ・・・

2007/6/30(土) 午前 0:15 [ - ] 返信する

今日のところは、「ジョーンズ<木元」でしたね。

2007/6/30(土) 午前 3:24 たのさん 返信する

顔アイコン

訪問ありがとうございます!!!
これからも充実したブログにしていくので
よろしくおねがいしま〜す♪
googleでクレインガーデン
またはこちらへ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/kurein0713/
待っていますっ!!! 削除

2007/6/30(土) 午後 2:40 [ kurein ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(12)


.


みんなの更新記事