やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今日からは3カード連続9試合を札幌ドームで試合を行う。
ここはホームアドバンテージを十分に生かし、現在のパ・リーグ首位という位置を確保し、更に確実なものにしていきたい。
まず今日の初戦の先発は、日本ハムが武田勝投手、対する西武が西口投手。


【1回表】
まず武田勝投手の立ち上がりは、先頭の佐藤選手にいきなりセンター前にヒットされると、次の片岡選手はセンターフライで打ち取るも、続く中島選手の打席では佐藤選手に盗塁を決められて一死二塁。
しかしここからはまず中島選手から空振りで三振を奪うと、続くカブレラ選手も見逃しの三振とし、まずは初回を無失点で立ち上がった。

【1回裏】
先頭の森本選手がセンター前にヒットを放つと、これを田中賢選手が送って一死二塁。
ここから次の稲葉選手は空振り三振で二死となってしまうも、続くセギノール選手が四球を選んで出塁すると、ここで次の高橋選手が初球をレフト前に運び、これがタイムリーとなってまずは1点を先制。
このあと更に坪井選手が四球を選んで二死ながらも満塁としたが、この場面は続く小谷野選手がショートゴロで三死となってしまった。
しかしこの回はまずは高橋選手のタイムリーで1−0と先制点を挙げることに成功した。

【2回表】
ここは和田選手をライトフライ、江藤選手をサードフライ、G.G.佐藤選手をセンターフライで三者凡退。

【2回裏】
ジョーンズ選手がセンターフライ、金子誠選手がセカンドフライ、森本選手が空振り三振で、この回はこちらも三者凡退。

【3回表】
まず細川選手から空振りの三振を奪うと、高山選手をセカンドゴロ、佐藤選手をショートゴロで2イニング続けての三者凡退。

【3回裏】
田中賢選手が見逃し三振、稲葉選手がキャッチャーファールフライで二死となってしまうと、次のセギノール選手はライトオーバーの二塁打を放つも、ここは高橋選手がライトフライで続けず。

【4回表】
この回は先頭の片岡選手をサードゴロで打ち取るも、次の中島選手にはライトスタンドにソロホームランを運ばれて、これで1−1の同点。
しかしこの後は、次のカブレラ選手の高々と上がった打球がドームの天井に直撃すると、方向が変わった打球をサード小谷野選手が二塁ベース付近でスライディングキャッチして二死とすると、和田選手もレフトフライと後続を断った。

【4回裏】
同点に追いつかれてしまった直後のこの回は、まず坪井選手がレフト線に二塁打を放って出塁すると、小谷野選手のサードゴロの間に三塁に進み、次のジョーンズ選手がレフトに犠牲フライを上げて、これで2−1と早々に勝ち越し。
これで走者がいなくなると、次の金子誠選手が空振り三振で三死となってしまってたが、この回はジョーンズ選手の犠牲フライで1点を挙げ、2−1とこの試合2度目のリードを奪った。

【5回表】
先頭の江藤選手を空振り三振で切って取ると、G.G.佐藤選手、細川選手を共にショートゴロで、これでこの試合早くも3度目の三者凡退とした。

【5回裏】
まず森本選手がセンター前にヒットを放って塁に出ると、これを田中賢選手が送って一死二塁と、初回に先制点を挙げた時と同じような展開とするも、ここは後続の稲葉選手がセカンドゴロ、セギノール選手がファーストゴロと続くことが出来なかった。

【6回表】
この回は先頭の高山選手をショートゴロで一死とするも、次の佐藤選手に左中間スタンドにソロホームランを打たれ、これで2−2と再び同点。
このあと武田勝投手は、片岡選手をセンターフライ、中島選手を見逃し三振と後続を断ったが、この回は佐藤選手のホームランでまたも同点に追いつかれてしまった。

【6回裏】
ここは先頭の高橋選手がショートへの内野安打で出塁すると、坪井選手のキャッチャー前へのゴロは細川選手が二塁に悪送球し、これで無死一二塁とチャンスが拡大。
ここから次の小谷野選手のファーストゴロの間に走者がそれぞれ進むと、更に続くジョーンズ選手は四球を選んで一死満塁とし、ここで金子誠選手が右中間に走者一掃となるタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加して5−2とまたも勝ち越し。
なおも一死二塁からは、次の森本選手は代わった2番手の正津投手にサードゴロで打ち取られてしまったが、続く田中賢選手がライト前にヒットを放つとこれもタイムリーとなり、これで更に1点追加で6−2。
この後は西武のピッチャーが3番手の山崎投手に交代すると、次の稲葉選手がセカンドゴロで打ち取られてしまったが、この回は金子誠選手の満塁からの走者一掃のタイムリーと、田中賢選手のタイムリーで一挙4点を挙げ、6−2と4点のリードを取った。

【7回表】
またも勝ち越し点をもらった直後の武田勝投手は、先頭のカブレラ選手にライト前にヒットを打たれてしまうも、次の和田選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレーとすると、江藤選手もセンターフライで打ち取ってこの回を3人で終わらせた。

【7回裏】
この回はまずセギノール選手がレフト前にヒットを放つと、次の高橋選手はセンターフライに倒れてしまうも、続く坪井選手がファーストゴロで倒れる間に代走の紺田選手が二塁に進塁。
すると更に次の小谷野選手の打席では山崎投手の暴投で紺田選手が三塁まで進んだが、ここは小谷野選手がショートゴロで打ち取られ、得点につなげることは出来なかった。

【8回表】
ここはG.G.佐藤選手を空振り三振で打ち取ると、細川選手、高山選手をいずれもサードゴロで三者凡退。

【8回裏】
この回は西武のピッチャーが4番手の小野寺投手に交代すると、いきなり先頭のジョーンズ選手が左中間スタンドの中段に来日第1号となるソロホームランを叩き込んで、7−2とリードを拡大。
この後は金子誠選手が見逃し三振、森本選手がショートゴロで二死となってしまうと、続く田中賢選手はセンター前にヒットを放つも、稲葉選手が空振り三振でこの回を終わってしまった。

【9回表】
5点のリードを確保して向えた最終回のマウンドには、6月14日以来約半月ぶりのマウンドとなる金森投手が登板。
するとここはまず代打の上本選手をセカンドゴロで打ち取ると、次の代打の栗山選手に対しては四球を与えてしまったが、続く中島選手をセカンドゴロとすると、4-4-3のダブルプレーで試合終了とした。


チームは3連勝となり、同時に2位の千葉ロッテが破れた為にゲーム差を1.5と広げた。

先発の武田勝投手は、8回を投げ、105球、被安打4、与四死球0、奪三振6、失点2と、ソロホームラン2本で2点こそ失ったものの、それ以外は制球も素晴らしくほぼ完璧なピッチングで、今季4勝目を挙げた。
また、2番手の金森投手は今日も無失点で、これで1軍デビュー以来、5試合6イニングをいまだ無失点。

打撃陣は、今日は11安打と2桁安打を記録。
中でも今日はジョーンズ選手が8回に来日初ホームランを放つと、それ以外にも2点目を挙げる犠牲フライを放ち、更に得点につながる四球をも選ぶなど大活躍。
また、金子誠選手が一死満塁から走者一掃のタイムリー二塁打を放って決勝点を挙げるなど、打線下位の選手の活躍が目立った。
更には他にも、森本選手、田中賢選手、セキノール選手、高橋選手がマルチ安打を記録するなどし、チーム全体でのつなぐ野球での勝利となった。


高橋選手のコメント (1回裏、レフト前先制タイムリー)
打ったのはスライダー。西口投手はなかなか点を取るのが難しい投手なので、初球から積極的にいった。稀哲も良く走ってくれた。

金子誠選手のコメント (6回裏、右中間3点タイムリー二塁打)
打ったのはスライダー。状態はまだ万全ではないけれども、あの場面では打たないとね。1日1本で地道にいきます。

田中賢介選手のコメント (6回裏、ライト前タイムリー)
シンカーをうまくミート出来た。ベンチのムードも盛り上がっていたので、自分も乗り遅れないように気持ちで打った。

ジョーンズ選手のコメント (8回裏、来日初ホームラン)
打ったのは真っすぐ。完璧にとらえられた。来日第1号がファイターズファンで埋まっているレフトスタンドに飛び込んだのでとても嬉しい。

武田勝投手のコメント
打たれたホームランがソロだったので、気持ちの切り替えができた。いつも走者を背負っての投球が多かったので。特に西武の場合は足を絡めての攻撃が巧みなので、それだけは避けたかった。全体的に制球が安定してあまり走者を気にせずに投げれたのが良かったと思う。

金森投手のコメント
久しぶりの登板で緊張した。野手の方に助けられ結果3人で終わったが、無駄な四球やボール先行などが反省。1軍に残る為にはこれらの課題を克服しないといけないと痛感した。

ヒルマン監督のコメント
本当にやるべき事をしっかりと選手達がやってくれた内容ある良い試合だったと思う。武田勝は先発・中継ぎと大変調整の難しい中、1発は浴びたものの、無四球で素晴らしい投球内容だった。6連戦の初戦を8回まで投げきってくれたことは、チームにとっても大変大きい。ジョーンズに待望の一発が出たが、もともとパワーがある事はわかっていたし、だんだん日本の野球にも環境にも順応してきているので、今後も長いスパンで期待したい。


北海道日本ハム−西武 (札幌ドーム)
L  000 101 000   2
F  100 104 01×  7

勝 武田勝 4勝1敗
敗 西口   7勝7敗

【L】 西口、正津、山崎、小野寺 − 細川
【F】 武田勝、金森 − 高橋

《本》 中島8号(武田勝)、佐藤1号(武田勝)、ジョーンズ1号(小野寺)


≪明日の予告先発≫
【L】 ジョンソン
【F】 金村

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

武田勝は素晴らしかったですね。

2007/7/4(水) 午前 0:40 [ - ] 返信する

顔アイコン

マックの一打は最高でした〜!満塁で走者一掃は感激でした。勝も2本のホームランは打たれはけど好投してましたね〜!!金森もいい感じでしたね!!

2007/7/4(水) 午前 11:38 ミナミママ 返信する

友達と何人かで久々にドームに見に行きました。
何度も追いつかれてヒヤヒヤしましたけど気持ちいい勝ち方でしたよ。

2007/7/4(水) 午前 11:39 みき 返信する

ジョーンズがこのまま好調を維持してくくれることを望みます。

2007/7/4(水) 午前 11:40 たのさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


みんなの更新記事