やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

オールスターを前に前半戦最後の試合。
今日の試合の先発は、日本ハムが金村投手。ソフトバンクが杉内投手。


【1回表】
金村投手の立ち上がりは、いきなり大村選手にレフト前ヒットを打たれると、すぐに盗塁も決められて無死二塁。
ここから次の川選手のキャッチャーゴロで大村選手を二三塁間でタッチアウトとしたものの、この間に川選手に二塁に進まれてしまった。
するとここで次の多村選手を四球で歩かせてしまうと、松中選手に対しても四球を与え、一死満塁とピンチを広げてしまうと、続く小久保選手にはレフトオーバーの2点タイムリー二塁打を打たれて0−2とされ、更にレフト金子洋選手がボールの処理をもたつく間に一塁から松中選手にも生還され、これで0−3。
このあと次の柴原選手はセカンドゴロで打ち取って二死としたものの、今度はここで続くブキャナン選手には右中間にタイムリー二塁打を打たれ、これで0−4となり、この時点で金村投手は早々にノックアウトで降板。
続いてマウンドには2番手でスウィーニー投手が上がると、ここは本多選手をレフトフライで三死としたものの、この試合は初回から早くも4点を奪われる展開となってしまった。

【1回裏】
早くも4点を追う状況となってしまった初回の攻撃は、まず先頭の森本選手がレフト線に二塁打を放って塁に出ると、田中賢選手のショートゴロの間に進塁して一死三塁。
ここから次の稲葉選手のセカンドゴロの間に森本選手が生還して1点を返したものの、続くセギノール選手は空振りの三振でこの回の攻撃を終わってしまった。
しかしこの回は何とか1点を返し、得点差をまずは3点に縮めた。

【2回表】
この回は続投のスウィーニー投手が、まず先頭の山崎選手を見逃し三振とするも、次の大村選手にライト前にヒットを打たれると、川選手のショートへのゴロは二塁に送球されるもセーフとなり、これがフィルダースチョイスとなって一死一二塁。
するとここで続く多村選手に左中間にタイムリー二塁打を運ばれ、これで1−5。
この後なおも一死二塁からは松中選手をセカンドライナー、小久保選手をファーストファールフライで三死としたものの、ここは多村選手のタイムリーで1点を追加され、1−5と再び得点差を4点へと広げられてしまった。

【2回裏】
ここは高橋選手がライトフライ、小谷野選手が空振り三振、ジョーンズ選手がショートゴロで三者凡退。

【3回表】
先頭の柴原選手をショートゴロで一死とすると、次のブキャナン選手には四球を与えてしまうも、続く本多選手をセカンドゴロ、山崎選手をライトフライと後続をしっかりと断った。

【3回裏】
この回は金子洋選手が空振り三振、金子誠選手がセカンドフライ、森本選手が空振り三振で2イニング続けての三者凡退。

【4回表】
先頭の大村選手には早くもこの試合3本目となるヒットをライト前に運ばれてしまうも、ここは次の川選手をレフトフライで一死とすると、大村選手の盗塁を刺して二死とし、更には多村選手もセンターフライで打ち取って、結果的にこの回の攻撃を3人で終わらせた。

【4回裏】
まず田中賢選手がセカンドゴロで倒れてしまうも、次の稲葉選手がセカンドに内野安打を放つと、更にここでセカンド本多選手が一塁に悪送球し、この間に稲葉選手は二塁に進塁。
しかしこの後はセギノール選手がセンターフライ、高橋選手がセカンドゴロと後続が打ち取られてしまった。

【5回表】
この回は松中選手にライトオーバーの二塁打を打たれると、小久保選手にはレフト線にタイムリー二塁打を打たれて1−6。
この後、柴原選手のセカンドゴロの間に一死三塁とされてしまうと、スウィーニー投手は続くブキャナン選手に対して四球を与えてしまった時点で、マウンドを3番手の吉川投手に譲ったが、この吉川投手もいきなり続く本多選手に四球を与えてしまい、一死満塁とピンチを広げてしまうと、次の山崎選手にはピッチャー前にスクイズを決められてしまい、これで更に1点追加されて1−7。
ここからは次の大村選手を空振り三振で三死としたものの、この回は小久保選手のタイムリーと、山崎選手のスクイズで2点を追加され、1−7とリードを更に広げられてしまった。

【5回裏】
ここは小谷野選手がサードゴロ、ジョーンズ選手がセカンドフライ、金子洋選手が空振り三振で三者凡退。

【6回表】
この回の吉川投手は、まず先頭の川選手をショートゴロで打ち取ると、次の多村選手は四球で歩かせてしまうも、松中選手をサードゴロ、小久保選手をライトフライと後続をしっかりと抑えた。

【6回裏】
先頭の金子誠選手が一二塁間を破ってライト前にヒットを放つも、森本選手がセカンドゴロ、田中賢選手が空振り三振で二死一塁。
ここから次の稲葉選手は初球をレフト前に運んで二死ながらも一ニ塁とするも、ここはセギノール選手がショートフライで倒れてしまった。

【7回表】
ここは柴原選手、ブキャナン選手を共にショートゴロで二死とすると、本多選手をサードファールフライとしての三者凡退。

【7回裏】
この回は高橋選手がピッチャーゴロ、小谷野選手がショートゴロ、ジョーンズ選手が空振り三振で三者凡退。

【8回表】
日本ハムのバッテリーが江尻投手と中嶋選手に交代したこの回は、山崎選手をピッチャーゴロ、大村選手をセカンドゴロで二死とすると、次の川選手にはレフト前にヒットを打たれるも、多村選手をライトフライで三死とした。

【8回裏】
代打の田中幸選手がサードフライ、金子誠選手がセカンドフライで倒れてしまうと、次の森本選手はライト前ヒットで出塁も、田中賢選手は空振り三振で続けず。

【9回表】
この回は5番手として登板のMICHEAL投手が、松中選手をセカンドゴロで一死とすると、小久保選手、柴原選手をいずれも空振り三振で三者凡退とした。

【9回裏】
6点を追っての最終回の攻撃は、ソフトバンク2番手のニコースキー投手に対し、先頭の工藤選手はセカンドゴロで倒れてしまうも、次の代打の陽選手はピッチャーへの内野安打で塁に出ると、直後に盗塁を決めて一死二塁。
しかしここからは続く代打の鶴岡選手がサードゴロで二死となってしまうと、最後は小谷野選手がショートフライで試合終了。


前半戦最後のゲームを勝利で飾ることは出来なかった。

先発の金村投手は、今日は打者7人に対したのみで早々の降板。
わずか2/3回で、30球、被安打3、与四球2、失点4(自責点3)と全く役割の果たせなかった試合となってしまった。
するとこれを継いだ2番手のスウィーニー投手も、登板直後こそピンチを抑えたものの、結局は3回2/3を投げ、66球、被安打5、与四球2、奪三振1、失点3と、3番手の吉川投手が打たれた為に失点も増え、更に試合を壊してしまった。

打撃陣は、杉内投手にしっかりと抑え込まれ、初回に内野ゴロの間に1点を奪ったのみで、散発の6安打に終わってしまった。
中でも今日は5番高橋選手、6番小谷野選手、7番ジョーンズ選手、8番金子洋選手が4人で12打数ノーヒットと大ブレーキ。
チャンスらしいチャンスもなく、全く不甲斐ない試合となってしまった。


金村投手のコメント
立ち上がりだけは特に慎重にと思いマウンドに上がったが、先頭打者にヒットを打たれ、全てのリズムが狂ってしまい修正出来ぬまま、先発投手の責任を果たせずチームに迷惑をかけて申し訳ない。昨日せっかく武田勝がチームに良い流れを呼び込んでくれて、自分もそれに続きたかったのだが・・・。今日の教訓を生かして頑張ります。

スウィーニー投手のコメント
前半戦最後の登板をこういう形で終わってしまうとは・・・。与えられた仕事を果たせず非常に残念。自分も後半戦、巻き返したいです。

ヒルマン監督のコメント
今日金村はリズムとテンポに苦労していた。通常ならば立て直す力のある投手だが、相手が杉内だったので、継投に踏み切った。杉内はさすが防御率1点台で12勝もするだけの素晴らしい投手だと思う。オールスター出場選手はパ・リーグ代表選手として頑張って欲しい。またそれ以外の選手もしっかりとコンディションを整え練習し、後半戦に備えてしっかり練習して欲しい。


北海道日本ハム−福岡ソフトバンク (札幌ドーム)
H  410 020 000  7
F  100 000 000  1

勝 杉内 12勝2敗
敗 金村 5勝4敗

【H】 杉内、ニコースキー − 山崎
【F】 金村、スウィーニー、吉川、江尻、MICHEAL − 高橋、中嶋

この記事に

閉じる コメント(1)

前半戦最終戦、もらいました!!

2007/7/19(木) 午後 10:15 鷹熊一二三 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


みんなの更新記事