やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

月が変わってツキが変わるか。
1勝3敗ともう後がなくなった状況で変えた日本シリーズ第5戦。
今日の先発は、日本ハムが中4日でダルビッシュ投手。中日は山井投手。


【1回表】
まず初回の攻撃は、森本選手がショートゴロ、田中賢選手が空振り三振、稲葉選手がセカンドゴロで三者凡退。

【1回裏】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、まず荒木選手を初球からライトフライで打ち取ると、井端選手、森野選手は連続で空振り三振とし、まずはこちらも三者凡退での立ち上がりとなった。

【2回表】
セギノール選手が空振り三振、工藤選手がサードゴロ、稲田選手が空振り三振で2イニング連続の三者凡退。

【2回裏】
先頭のT・ウッズ選手に三遊間をレフト前にヒットを打たれてしまうと、次の中村紀洋選手には右中間に二塁打を打たれてしまい、これで無死二三塁と、いきなりの大ピンチ。
するとここから次の李選手は空振りの三振で一死としたものの、続く平田選手にはライトに犠牲フライを上げられ、これで0−1と中日が先制。
この後なおも二死三塁からは谷繁選手を見逃し三振で三死としたものの、この回は平田選手の犠牲フライで早くも中日に先制点を奪われてしまった。

【3回表】
金子誠選手がセカンドゴロ、鶴岡選手がライトフライ、稲葉選手がピッチャーゴロで、3イニング連続の三者凡退。

【3回裏】
ここは山井投手をセカンドゴロ、荒木選手をサードゴロで二死とすると、ここから次の井端選手にはレフト線に二塁打を打たれてしまうも、続く森野選手を空振り三振で三死とした。

【4回表】
森本選手がセカンドゴロ、田中賢選手がサードファールフライ、稲葉選手がショートゴロで、4イニング連続の三者凡退。

【4回裏】
先頭のT・ウッズ選手にセンター前にヒットを打たれてしまうも、次の中村紀選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレーとすると、続く李選手はファーストゴロで、結局この回の攻撃は3人で切って取った。

【5回表】
セギノール選手がショートゴロ、工藤選手がファーストゴロ、稲田選手がショートフライで、5イニング連続の三者凡退。

【5回裏】
この回は平田選手、谷繁選手を連続で空振りの三振とすると、ここから続く山井投手を四球で歩かせてしまうも、続く荒木選手も空振り三振で三死とした。

【6回表】
金子誠選手が空振り三振、鶴岡選手がファーストゴロ、ダルビッシュ投手が見逃し三振で、6イニング連続の三者凡退。

【6回裏】
まず先頭の井端選手をセカンドゴロで打ち取ると、次の森野選手は四球で歩かせてしまうも、T・ウッズ選手を空振り三振で二死一塁。
するとここから次の中村紀選手の放った打球がダルビッシュ投手の背中を直撃するも、ここはダルビッシュ投手が落ち着いてボールを処理し、ピッチャーゴロでこの回を終わらせた。

【7回表】
森本選手がショートゴロ、田中賢選手がレフトフライ、稲葉選手がレフトフライで、7イニング連続の三者凡退。

【7回裏】
李選手、平田選手を共に空振り三振で二死とすると、次の谷繁選手にはレフト前にヒットを打たれてしまうも、山井選手をライトフライで三死とした。

【8回表】
セギノール選手がショートゴロ、工藤選手が空振り三振、代打の坪井選手がセンターフライで、8イニング連続の三者凡退。

【8回裏】
7回まで好投のダルビッシュ投手に代わって2番手で武田久投手がマウンドに上がったこの回は、荒木選手をピッチャーゴロ、井端選手をライトフライ、森野選手をセカンドゴロで三者凡退とし、これで味方の最後の反撃に全てを託すこととなった。

【9回表】
ここまで山井投手の前に24人連続で打ち取られ、完全試合ペースで来た試合だったが、ここで落合監督はその山井投手に代えてマウンドに岩瀬投手を送ってきた。
しかしこの回は、まず先頭の金子誠選手が空振り三振で倒れてしまうと、代打の高橋選手もレフトフライで倒れ、最後は小谷野選手がセカンドゴロで打ち取られて、結局最後まで1人の走者を出せないままに試合終了となってしまった。


今年の日本シリーズは4勝1敗で中日の53年ぶりの日本一という結果で終わった。
しかも最後は山井投手、岩瀬投手の完全試合リレーという球史に残る試合だった。

日本ハムは先発のダルビッシュ投手が中4日で7回を投げ、109球、被安打5、与四球2、奪三振11、失点1と素晴らしいピッチングを見せ、更に2番手の武田久投も1イニングを三者凡退と最後まで打線の援護を信じてマウンドに上がり続けたが、今日の打線は最後まで快音を響かせることはなかった。


ヒルマン監督のコメント
ドラゴンズ投手陣に翻弄されたシリーズだった。好機をつくれず援護をしてあげられなかったが、ダルビッシュは本当に良く投げてくれた。敢闘賞を受賞し少しは報われたと思う。シーズン前の予想を覆し、選手達は本当に今日まで良く戦ってくれた。力を出し切った1年だからこそ、我々は胸を張ってホーム北海道に戻ります。優勝した中日ドラゴンズを心から祝福し、来るアジアシリーズでも頑張って、是非No1の栄冠に輝くことを願います。投打共に実力が発揮出来ず、敗れはしたものの、指揮官としてこのような素晴らしい選手、フロント、スタッフに恵まれた5年間は私の人生の誇りでもあります。そしてまた世界一素晴らしいファイターズファンの皆さんの応援は、私を含め選手の背中を力強く押してくれ、たくさんの勇気を頂いたことに感謝します。チームは監督が全てではなく、監督もまたチームの一員であり、オーナー始め球団・スタッフ・ファンの皆さん全てが協力しあい、支えあって成り立つものだと思います。今シーズンの公式戦は終了しましたが、チームは継続して前進していかねばなりません。素晴らしい5年間を過ごさせてくれた多くの皆さんに心から感謝します。ありがとうございました。

金子誠選手のコメント
今度はパ・リーグ3連覇というものに向かってスタートしなければいけないし、このシリーズの色んなことを反省しながら、さらにレベルアップしていかなければならない。

稲葉選手のコメント
しっかり目に焼き付けておこうと。こういう悔しさも大事なんで、それを来年のバネにしてやっていきたいなとベンチで見ていました。
この悔しさというものは絶対みんな持ち続けるともうので、今日で日本シリーズは終わったが、明日から来年は始まっていると思うので、切り替えてやっていきたい。

ダルビッシュ投手のコメント
北海道のファンの方も、ずっと待っていると思いますし、札幌ドームで。だからその為にも何とか札幌ドームに帰りたいなという思いはあった。
先に点を与えてしまって、相手ピッチャーの勢いをつけてしまったかなと。
自分の中でも体力的にきついところがあって、降板してからも1球も投げられないというような状態だったので。全力は尽くしたが負けたのは自分の責任だと思っている。

森本選手のコメント
勝ち負けなので、非常に悔しい気持ちと、後は札幌に帰りたかったなと。全てまだまだ未熟だってことだし、野球選手である以上はやっぱりこういう経験を生かして、また同じ舞台に立ちたい。
本当に札幌のファンの前でプレーできないのが悔しい。それだけです。でも、胸張って帰ります。

小谷野選手のコメント
悔しさもそうですし、シーズンで感じたものを、経験できたことを明日からに生かしていきたい。

田中幸選手のコメント
札幌でもう1度試合をしたい気持ちはあったけど、でもいい野球人生でした。22年間やってきて、去年と今年、優勝ができてよかった。


中日−北海道日本ハム (ナゴヤドーム)
F  000 000 000   0
D  010 000 00×  1

勝 山井     1勝
S  岩瀬     2S
敗 ダルビッシュ 1勝1敗

【F】 ダルビッシュ、武田久 − 鶴岡
【D】 山井、岩瀬 − 谷繁


これで2003年以来、5年間日本ハムの指揮を執ってきたヒルマン監督の日本ハムの監督としてのキャリアにもヒリオドが打たれた。
また、すでに引退を表明している田中幸雄選手も1986年からの22年間に及ぶ現役生活を終えることとなった。

去年はチームとして44年ぶりの日本一。
今年も2年連続でパ・リーグを制し、日本シリーズに進出したが、一歩及ばず、ここで今年のシーズンは終了となってしまった。
今季のレギュラーシーズン144試合での79勝60敗5分。クライマックスシリーズでの3勝2敗。そしてこの日本シリーズでの1勝4敗。
この全てにファンとしても色々な気持ちがこもったし、色々な思い出が残った。
ヒルマン監督、そして選手、チームスタッフの方、球団スタッフの方・・・。あげていけば切りがないが、この2007年シーズンに関わってきた全ての方に感謝したいと思います。
そして思いを1つに、今年も1年間、チームを応援し続けたファンの方1人1人にも拍手を送りたいと思います。
来年は今年成し得なかった日本一を再び目指し、これを奪還する為にみんなで頑張りましょう。

今年も1年間、本当にお疲れ様でした。そして今年も沢山の感動をありがとうございました。

閉じる コメント(46)

顔アイコン

素晴らしい投手戦でしたが、走者を1人も出せなくては勝てませんでしたね。
それにしても育成選手から日本シリーズMVPをつかんだ中村紀洋の涙が感動的でした。

2007/11/2(金) 午前 1:03 [ fightersletsgo ]

顔アイコン

中日が優勝でしたね。

2007/11/2(金) 午前 1:13 [ daido_phenix1216 ]

悔しい試合でした。
見ていてもまったく打てる感じがしなかったのは私だけではなかったと思います。
ダルビッシュもいいピッチングをしていましたが、ダルビッシュで負けたのだからもう悔いも残らないです。また来年です。

2007/11/2(金) 午前 1:15 りんご

顔アイコン

今年の悔しさ、全部来年にもっていきましょう。
ヒルマンが日本ハムに残した多くの遺産。これを持って来年また日本一を目指してほしいです。

2007/11/2(金) 午前 1:20 [ fig**ers30*3 ]

2年連続の日本一はならなかったですね。
ヒルマン監督、そして幸雄さん、本当にお疲れ様でした。
そして選手や裏方の皆さんもお疲れ様でした。

2007/11/2(金) 午前 1:35 [ ぶた ]

試合終了の瞬間、結果からいったら涙が出そうな結果であったにもかかわらず、涙は出ませんでした。
ここで負けた悔しさよりも、シーズン当初の解説者の方々の下馬評の低さからここまで来たというある種の達成感に満たされていました。
でもやっぱり結果は悔しい。
ヒルマン監督を最後に勝利で送り出して上げられないことが悔しいし、幸雄さんの最後を白星で飾って上げられなかったことも悔しい。
来年こそは!そう思っています。

2007/11/2(金) 午前 1:45 [ 徳川くん ]

顔アイコン

中日にはおめでとうをいいたいです。
ダルビッシュは素晴らしいピッチングだったと思いますが、これ以上に山井がすごかったです。

2007/11/2(金) 午前 2:30 [ ilo*ene*yor**005010* ]

落合監督の采配は早速各方面から非難されているようですね。
でもすぽるとで言っていましたが、あそこは山井の方からマメができたしもうここが限界だと申し出たそうですね。
確かに気持ちとしては完全試合をという気持ちもありましたが、仕方ない部分もあったんでしょうね。

日本ハムとしては来年はまた新鮮視力を迎えて梨田体制下で改めて日本一を目指したいですね。

2007/11/2(金) 午前 2:43 ヒロ

顔アイコン

まずはドラゴンズファンの皆さんにはおめでとうございます。
そしてファイターズファンの皆さんには残念でした。

2007/11/2(金) 午前 3:19 [ psonumata ]

まず11月になってもひいきのチームの野球を見れたということに感謝したいです。
そして監督、コーチ、選手、スタッフ全ての人にも感謝したいです。
2年連続での日本一はならなかったですが、素晴らしい1年だったと思います。

2007/11/2(金) 午前 3:28 mogu

なんだか終わった気がしないんですが・・・
心にポカンと穴があいてしまった感じです。

2007/11/2(金) 午前 9:11 [ きいろ ]

顔アイコン

悔しくもありますが、総じて素晴らしいシーズンでした。

2007/11/2(金) 午前 9:21 [ リロ ]

日本一を逃したのは悔しいですけど、達成感もあるシーズンでした。
これでフロント陣も大幅に入れ替わり、2008年はまた新しいファイターズの誕生ですが、改めて日本一を目指したいですね。

2007/11/2(金) 午前 9:40 工場長

顔アイコン

ダルビッシュも頑張っていたのにまったく打てなくて残念でした。

2007/11/2(金) 午前 10:10 アロハ

顔アイコン

この終演は同時に来年の開演でもあります。
ヒルマン監督が去り、コーチ陣にも大幅の入れ替えがあるようですが、また新たらしいファイターズに期待したいです。

2007/11/2(金) 午前 10:19 [ チームべとなむ ]

顔アイコン

残念無念です。

2007/11/2(金) 午前 11:55 [ sapooro_love_story_2005 ]

ヒルマン監督に万歳です。
最後は負けてしまいましたけど、ここまでたくさんの夢を見せてもらいました。

2007/11/2(金) 午後 0:35 あい

本当は日本一になりたかったですけど、ここまで来れたことに感謝ですね。

2007/11/2(金) 午後 0:46 りっこ

顔アイコン

幸雄さんもこれで引退ですね。
ヒルマン監督も最後になってしまったし、さみしいこといっぱいです。
最後の瞬間は笑顔で迎えたかったですが、そういう色々なことを考えると涙が抑えられませんでした。

2007/11/2(金) 午後 1:03 [ 厚切りハム ]

顔アイコン

やっさん
残念でしたね。悔しくもありますが、総じて素晴らしいシーズンでした。ダルは来季はさらに活躍するでしょうね。

2007/11/2(金) 午後 2:16 山茶花

開く トラックバック(83)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事