やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

千葉ロッテとの開幕3連戦をお互い1勝1敗で迎えた3戦目。
今日の先発は日本ハムがグリン投手。千葉ロッテが渡辺俊投手と、今日も投手戦が予想される両投手の先発となった。
そして日本ハムは今季初めて高橋選手がスタメンマスクを被る。


【1回表】
グリン投手の立ち上がりは、西岡選手をレフトフライ、早川選手をセンターフライで早々に二死とするも、ここからまず里崎選手にライト前にヒットを打たれてしまうと、オーティズ選手にもライト前にヒットを運ばれて二死一二塁。
するとここで続く大松選手にはライトオーバーのタイムリー二塁打を打たれてしまい、これでまず1点を先制されてしまうと、更にズレータ選手に対してはフルカウントから四球を与えてしまい、これで二死満塁。
そして次の福浦選手に対してもフルカウントから四球を与えてしまい、これで押し出しの2点目。
この後は竹原選手をレフトフライで打ち取ってようやく三死としたものの、この試合は初回からグリン投手の制球が定まらず、早くも0−2と千葉ロッテにリードを与えてしまった。

【1回裏】
渡辺俊投手に対しての初回の攻撃は、森本選手がショートゴロに倒れてしまうと、次の田中賢選手は四球を選んで塁に出るも、稲葉選手がセカンドゴロ、スレッジ選手が空振り三振で続けず。

【2回表】
ここは先頭の今江選手をセカンドゴロで一死とするも、次の西岡選手にレフト線に二塁打を打たれてしまうと、早川選手のライトフライでタッチアップされて一死三塁。
しかしここは続く里崎選手をサードゴロとし、この回は無失点とした。

【2回裏】
この回は高橋選手がセンターフライ、小谷野選手が空振り三振、糸井選手がキャッチャーファールフライで三者凡退。

【3回表】
オーティズ選手に対して四球を与えてしまうも、次の大松選手をレフトフライで打ち取ると、ズレータ選手を空振り三振、福浦選手をショートゴロと後続をしっかりと断った。

【3回裏】
先頭の稲田選手がレフトフライ、金子誠選手がファーストファールフライで二死となると、ここから森本選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、田中賢選手が四球で続いて二死ながらも一二塁とチャンスを広げるも、ここは稲葉選手がピッチャーゴロで倒れてしまった。

【4回表】
まず竹原選手の止めたバットにあたったサード前へのゴロを小谷野選手がファーストに悪送球し、この間に竹原選手に二塁に進まれてしまうと、今江選手がかこれを送って一死三塁。
するとここからグリン投手は、次の西岡選手を四球で歩かせて一死一三塁としてしまうと、続く早川選手の三遊間への当たりはショート金子誠選手がよく止めるも、これがタイムリー内野安打となって0−3。
この後なおも一死一二塁から里崎選手の打席でダブルスチールを決められて一死二三塁とされてしまうと、里崎選手は空振り三振で二死とするも、続くオーティズ選手にはライト前にヒットを打たれてしまい、これで三塁走者が生還して0−4。
更に生還を試みた二塁走者はレフト糸井選手からのバックホームでタッチアウトとしたものの、この回はエラーから始まったピンチで更に2点を失い、0−4とリードを広げられてしまった。

【4回裏】
ここはスレッジ選手、高橋選手が共にセカンドゴロで二死となってしまうと、小谷野選手はファーストゴロで三者凡退。

【5回表】
この回は大松選手をセカンドゴロ、ズレータ選手を空振り三振、福浦選手をショートゴロで三者凡退。

【5回裏】
ここは糸井選手か空振り三振、稲田選手がライトフライ、金子誠選手が空振り三振で2イニング連続での三者凡退となってしまった。

【6回表】
この回のグリン投手は、竹原選手を空振り三振、今江選手をセンターフライ、西岡選手をセカンドゴロで、負けじと2イニング連続での三者凡退。

【6回裏】
先頭の森本選手がライト前にヒットを放って塁に出ると、田中賢選手が一二塁間を破るライト前ヒットで続いて無死一二塁。
しかしこの場面、次の稲葉選手がショート正面へのゴロで6-4-3のダブルプレーとなってしまうと、続くスレッジ選手も見逃し三振で倒れ、この回は走者を三塁まで進めたものの、結局得点につなげることはできなかった。

【7回表】
日本ハムのピッチャーが2番手のスウィーニー投手に代わったこの回は、まず早川選手を四球で歩かせてしまうも、次の橋本選手の打席ではエンドランがレフト正面へのライナーとなると、これをレフト糸井選手がファーストにダイレクト送球してダブルプレー。
この後、オーティズ選手には左中間深くに三塁打を打たれてしまったが、ここは続く大松選手をライトフライで無失点のまま三死とした。

【7回裏】
この回は先頭の高橋選手が反撃の狼煙を上げるべくレフトスンタドにソロホームランを叩き込んでまずは1−4。
この後、代打の工藤選手がサードゴロに倒れてしまうも、同じく代打の紺田選手がサード内野安打で塁に出ると、稲田選手のサードゴロの間に進塁して二死三塁。
すると続いて代打に坪井選手が起用されるも、ここはいい当たりながらもファーストへのゴロに倒れてしまい、この回を終えてしまった。
しかしこの回は高橋選手のホームランで1点を返し、1−4と得点差を3点へと縮めた。

【8回表】
日本ハムのピッチャーが3番手の武田久投手に交代。
するとここはまず先頭のズレータ選手を空振り三振とすると、福浦選手、竹原選手も共に空振り三振ト、3者連続空振り三振のパーフェクトリリーフ。

【8回裏】
森本選手がショートゴロ、田中賢選手がセカンドゴロで二死となってしまうも、次の稲葉選手は左中間を深々と破ってこれを三塁打として二死ながらも三塁。
しかしここは続くスレッジ選手がセンターフライに倒れて三死となってしまった。

【9回表】
続投となった武田久投手は、この回はまず先頭の今江選手に一二塁間をライト前にヒットされると、次の西岡選手はセカンドゴロで4-6-3と転送するも、一塁はセーフで一死一塁。
しかしこの後は早川選手、橋本選手をいずれもレフトフライで打ち取ってこの回を終わらせた。

【9回裏】
3点を追っての最終回の攻撃は、千葉ロッテのピッチャーは2番手のシコースキー投手に交代。
これに対して先頭の高橋選手が四球で出塁すると、工藤選手は空振り三振で倒れるも、ここで途中出場の高口選手が三遊間を破ってレフト前にプロ初ヒットで一死一二塁。
ここで千葉ロッテベンチはピッチャーをシコースキー投手から高木投手に交代。
するとこれに対して日本ハムベンチは代打で鶴岡選手を起用されたが、ここはショートゴロで6-4-3のダブルプレーと、結局最終回も得点を挙げることはできないままに試合終了となってしまった。



今日は昨年までのヒルマン監督の采配ではあまり見られなかった梨田采配が見られた。
それは7回裏。
代打攻勢をかける中で、金子誠選手のところにも代打で坪井選手を起用したところ。
そして9回裏に、左の高木投手に対して代打で鶴岡選手を起用したところ。
結果的には得点につなげることはできなかったが、新生ファイターズの一片を垣間見ることができた。

先発のグリン投手は初回からいきなり押し出しを出すなど制球が定まらず、今日は6回を投げて打者28人に対して99球、被安打6、与四死球4、奪三振4、失点4(自責点2)の内容。
4回表の2失点は味方のエラーもあって不運なところもあったが、チームの期待に応えることができないままの降板。

この後、スウィーニー投手が1イニング、武田久投手が2イニングをそれぞれ無失点としたが、打線の援護はなかった。

打線はチーム全体で7安打。
中でも森本選手は2安打でチーム唯一のマルチ安打を記録したが、これをうまく得点につなげることはできなかった。
また、7回裏には今季初めて打席に立った紺田選手が内野安打ながらも今季初ヒットを記録すると、9回裏には高口選手が同じく今季初打席でブロ初ヒットを記録するなど、いい結果も残った。

しかし、4番スレッジ選手、9番金子誠選手にいまだ初ヒットが出ないなど、開幕3試合を終えた時点で、打線の流れの切れ目がはっきりと見えてしまった。


グリン投手のコメント
ボールの勢い自体の感覚は悪くなかったのですが、立ち上がりに制球がなかなか定まりませんでした。先制点を許したあとも、ゲームを崩さないよう、集中を切らさず投げようと努めたのですが。安打を許したことより、不用意な四球が悔やまれます。今日の投球からの反省点をふまえ、次回登板に生かせるよう、最善を尽くします。

高橋選手のコメント (7回裏、レフト・ソロホームラン)
打ったのはカーブかスライダー。追い込まれたので、ボールにくらいついていこうと思っていました。まだまだ諦めムードは一切、ありません。

稲葉選手のコメント
(渡辺俊の)術中にはまった。今日負けたのは僕のせい。

田中賢選手のコメント
そういうときもある。でも投手陣が頑張っている。もう少し打っていかないと。

金子誠選手のコメント
気持ちを切り替えていくしかない。

梨田監督のコメント
勝越しのかかった試合で、グリンは立上り2アウトをポンポンと取っていいリズムで投げていたのに、2ストライクから投げ急ぎなのかヒットを打たれリズムが悪くなったね。エラーがらみでも追加点を与えたのが痛かった、今日は2、3点のゲームと思っていたから。良いプレーも有ったけど、チャンスに1本がでないね。選手達はビデオなどで修正してますので、明後日からのゲームに期待。


北海道日本ハム−千葉ロッテ (札幌ドーム)
M  200 200 000  4
F   000 000 100  1

勝 渡辺俊 1勝
S  高木   1S
敗 グリン    1敗

【M】 渡辺俊、シコースキー、高木 − 里崎、橋本
【F】  グリン、スウィーニー、武田久 − 高橋

《本》 高橋1号(ソロ・渡辺俊)

閉じる コメント(9)

顔アイコン

糸井の肩、グッジョブ 削除

2008/3/23(日) 午後 3:09 [ よしお ] 返信する

顔アイコン

少し見ました!!
これからが楽しみの季節ですね^^

アロマセラピストなので、
わたしのブログにも遊びにきてくださいね。

2008/3/23(日) 午後 5:23 [ 美 波 ] 返信する

そうそう、糸井の肩最高。
グリン頑張ってよ〜!

2008/3/23(日) 午後 9:00 chiz 返信する

顔アイコン

スウィーニー投手は中継ぎで待機でしょうか^^;

2008/3/23(日) 午後 10:45 Ken 返信する

顔アイコン

やっぱり俊介は手ごわいなぁ。

2008/3/23(日) 午後 10:54 [ - ] 返信する

高口おめでとーーー!

2008/3/24(月) 午前 2:22 たか 返信する

負け越しちゃいましたね。残念。

2008/3/24(月) 午前 10:21 りっこ 返信する

顔アイコン

昨日は札幌ドームで観戦しました。
なかなか厳しい試合でしたが、確かに結果を残した選手もいましたね。
ただ、やっぱり信二のリードがどうなのかと疑問を感じることもありました。そう考えると今年の正捕手は鶴岡なのかなぁと。

2008/3/24(月) 午前 11:35 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

トラバ、ありがとうございます^^
負け越しは悔しい〜!
でも次に期待してます☆

2008/3/24(月) 午後 6:15 さくら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(29)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事