やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

交流戦も後半戦に突入。
そして今日からはナゴヤドームでの中日との2連戦。
まずその初戦は、日本ハムが多田野投手。中日が佐藤充投手の先発。


【1回表】
初回の攻撃は、先頭の紺田選手がセカンドゴロで倒れてしまうと、次の高口選手はレフト前ヒットで出塁も、田中賢選手は空振り三振で二死一塁。
するとこの後、次の稲葉選手の打席では高口選手が盗塁に失敗し、これで三死となってしまった。

【1回裏】
打たの投手の立ち上がりは、荒木選手をショートゴロ、井端選手をライトフライで二死とするも、ここで次のT・ウッズ選手には左中間スタンドにソロホームランを運ばれてしまい、早くも中日が1点を先制。
この後は和田選手をサードゴロで三死としたが、今日は多田野投手が初回からいきなりホームランを浴びてしまい、早くも中日にリードを許してしまった。

【2回表】
打ち直しとなった稲葉選手が一二塁間を破ってライト前ヒットで塁に出るも、スレッジ選手がレフトフライで倒れてしまうと、次の小谷野選手はサードゴロで5-4-3のダブルプレー。

【2回裏】
ここは中村紀選手を見逃し三振、李選手をファーストゴロ、井上選手をセカンドゴロで三者凡退。

【3回表】
この回は坪井選手がライト前にヒットを放つと、これに小山選手もライト前へのヒットで続き、これで無死一二塁。
しかしここは次の多田野投手は送りバントに失敗して一死一二塁へと場面が変わってしまうと、続く紺田選手はセンターフライ、高口選手はレフトフライと、後続がいずれも続くことができずにチャンスを逸してしまった。

【3回裏】
田中選手をセンターフライ、佐藤充投手をファーストファールフライ、荒木選手を見逃し三振で三者凡退。

【4回表】
ここは田中賢選手がレフトフライで倒れてしまうと、稲葉選手、スレッジ選手はいずれも空振り三振で三者凡退。

【4回裏】
この回は多田野投手は、まず先頭の井端選手はショートライナーで一死とするも、次のT・ウッズ選手には2打席連続となるホームランをバックスクリーン左に運ばれ、これで1点を失って0−2。
この後は和田選手をショートゴロ、中村紀選手をセンターフライでこの回を終わらせたが、この回はまたもT・ウッズ選手に一発を浴びてしまった。

【5回表】
小谷野選手がレフト前ヒット、坪井選手がセンター前にヒットを放って、これで無死一二塁とチャンスを作ると、ここは次の小山選手が確実に送りバントを決めて一死二三塁。
するとここで多田野投手に代えて代打で小田選手が起用されるも、その小田戦車はサードにゴロを放ってしまうと、この当たりで三塁走者の小谷野選手が三本間に挟まれてアウト。
しかしこの間に走者がそれぞれ進塁して二死ながらも二三塁とチャンスを残すと、次の紺田選手はセンター前にタイムリーを放って1−2。
更になおも二死一三塁からは高口選手が右中間に2点タイムリー三塁打を放ち、これで3−2と逆転に成功。
この後は中日のピッチャーが2番手の小林投手へと交代すると、次の田中賢選手が空振り三振で三死となってしまったが、このイカは紺田選手のタイムリー、そして高口選手の2点タイムリーで3点を挙げ、3−2と逆転に成功した。

【5回裏】
日本ハムのマウンドに2番手で坂元投手が登板したこの回は、李選手をセカンドゴロ、井上選手をファーストゴロ、田中選手をセカンドゴロで三者凡退とした。

【6回表】
先頭の稲葉選手はセカンドゴロで倒れてしまうも、次のスレッジ選手がライト前にヒットを放って出塁すると、ここで中日のピッチャーが3番手の平井投手へと交代。
しかしここは続く小谷野選手が空振り三振、坪井選手がファーストフライと、後続がいずれも打ち取られてしまった。

【6回裏】
まず代打の澤井選手をサードファールフライで一死とすると、次の荒木選手にはライト前にヒットを打たれるも、ここは続く井端選手をファーストフライ、T・ウッズ選手をセカンドゴロと後続を切って取った。

【7回表】
中にのピッチャーが5番手の齋藤投手へと交代したこの回は、小山選手がレフト前ヒット、代打の三木選手がキャッチャーへの内野安打で無死一二塁とすると、ここでピッチャーは更に高橋投手へと交代。
しかしこの場面、日本ハム打線の流れは止めることができず、次の紺田選手がピッチャーの内野安打で無死満塁へとチャンスを拡大すると、ここで高口選手がレフト前にタイムリーを放ち、まずは1点を追加して4−2。
更になおも無死満塁から、次の田中賢選手がピッチャー強襲の打球を放つと、これが高橋選手の足に当たって、ボールがそのままセカンド荒木選手の横を抜け、これが結果的に2点タイムリー二塁打となって6−2。
そしてなおも無死二三塁〜は、今度は稲葉選手がセンターに犠牲フライを上げ、これで1点追加で7−2。
この後はスレッジ選手がレフトファールフライ、小谷野選手が空振り三振でこの回が終わってしまってが、この回は小山選手、三木選手、紺田選手、高口選手、田中賢選手の怒涛の5連打と稲葉選手の犠牲フライで一挙4点を追加し、7−2とリードを5点へと広げた。

【7回裏】
この回は日本ハム3番手の建山投手が、和田選手をセカンドゴロ、中村紀選手をショートゴロ、李選手をライトフライで三者凡退とした。

【8回表】
ここは中日6番手の長峰投手に対し、まず先頭の坪井選手がファーストへの内野安打で塁に出るも、次の小山選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに倒れてしまうと、稲田選手がサードゴロで三死となってしまった。

【8回裏】
日本ハムのマウンドに4番手として宮西投手が上がったこの回は、いきなり代打の英智選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれて7−3。
この後は、田中選手をサードゴロ、藤井選手をセンターフライで二死とするも、続く荒木選手を四球で歩かせてしまうとここで降板。
しかしここからは続く5番手の武田久投手が井端選手をピッチャーゴロで切って取り、この回を英智選手のホームランでの1点のみに終わらせた。

【9回表】
先頭の紺田選手がセンター前にこの試合3本目となるヒットを放って出塁するも、村田選手はサードゴロ、田中賢選手はセンターフライで二死二塁。
するとこの後、次の飯山選手はライト前にヒットを放って、これで二死ながらも一三塁とし、ここで代打で公式戦初出場となる渡部選手が代打で登場も、ここはショートゴロで打ち取られてしまった。

【9回裏】
4点のリードで迎えた最終回のマウンドにはついに故障から復帰のMICHEAL投手が登板。
するとこの回、MICHEAL投手はまずT・ウッズ選手をライトフライで一死とすると、和田選手はショートゴロ、中村紀選手は見逃し三振、見事三者凡退で締めて試合終了とした。



交流戦後半戦最初の試合は、打ちも打ったり、先発野手全員安打の17安打の猛攻で中日打ち勝った。

中でも1番の紺田選手が3安打1打点を記録すると、2番の高口選手もプロ初となる3安打で3打点と、1、2番だけで6安打を集中。
また7番の坪井選手も3安打で猛打賞を記録し、上位打線にチャンスをつなげる重要な役目を果たした。

決して一発長打があるわけではなく、チーム全体で打って、つなげて、全員で勝ち取った白星だった。

一方、先発の多田野投手は4回を投げ、打者14人に対して53球、被安打2、与四球0、奪三振2、失点2。
しかもその2安打が共にT・ウッズ選手のホームランと、今日は指名打者制のないセ・リーグ主催の試合ということもあり、早々に代打を告げられての降板となってはしまったが、もう少し続きを見てみたい内容ではあった。

しかしこの後を継いだ2番手以降の投手陣は、まず坂元投手、建山投手が2人で3イニングを無失点とすると、4番手の宮西投手は英智選手の一発で1点こそ失ってしまうも、この後は、武田久投手、MICHEAL投手が無失点でつなぎ、継投も見事に決まって中日打線を封じた。
また、チームとしてはMICHEAL投手が5月14日以来の登板を見事に三者凡退で終わらせてくれたことが非常に大きく、これで投手陣に一層の厚みが増した。


多田野投手のコメント
ホームランを打たれたボールは確かに失投でしたが、ウッズ選手もうまく打ったという印象です。あの2本以外は、良い形で投げることができました。リードでリリーフ陣につなげたかったですが。

紺田選手のコメント (5回表、センター前タイムリー)
外のスライダーでした。前の打席、チャンスを自分が潰してしまい悪い流れを作ってしまった。それだけに何としてもランナーを返そうと思っていました。変化球で勝負にくると、待っていたボールを打つことが出来ました。

高口選手のコメント
 (5回表、右中間2点タイムリー三塁打)
打ったのは、真っ直ぐです。逆転できて良かった。
 (7回表、レフト前タイムリー)
打ったのは真っ直ぐ。来たボールは全部振ってやる、くらいの積極的な気持ちでいきました。

梨田監督のコメント
多田野はウッズに2発のホームランを浴びたものの、2失点で内容的には充分の投球内容でした。ただチャンスを尽く潰していたので、何とか流れを変えたかった。非常に難しい決断でしたね。ゲーム自体前半膠着状態でしたから。終盤打線がつながり、またバントも2ストライクからでも何とかしようとする気迫が感じられるようになりましたね。チームが勝つための非情な継投と思われるかも知れませんが、チームの勝利の為全員で力を合わせて戦っているので、結果云々はさておいて、選手の気合が前面に出た試合内容だったと思います。

http://www.geocities.jp/yasu08262008/0606b.jpg


中日−北海道日本ハム (ナゴヤドーム)
F  000 030 400  7
D  100 100 010  3

勝 坂元   3勝1敗
敗 佐藤充 1敗

【F】 多田野、坂元、建山、宮西、武田久、MICHEAL − 小山
【D】 佐藤充、小林、空い、齋藤、高橋、長峰 − 田中

《本》 T・ウッズ15号(ソロ・多田野) 16号(ソロ・多田野)、英智1号(ソロ・宮西)

この記事に

閉じる コメント(28)

まずはMICHEALが戻ってきたことがいい知らせですね。

今日は紺田、高口の1、2番でしたが、この組み合わせもなかなかいいようですね。
しかしここのところの紺田は大活躍が続いてますし、ヒットもずいぶん出ますね。
覚醒したんでしょうか!?

2008/6/7(土) 午前 1:10 かおしかく 返信する

稀哲、信二がいなくてもこれだけ打てるんだったら、逆に彼らが戻ってきた時に即スタメンというのもなさそうなくらいですね。
若手にとってはチャンスですから、それをしっかりと生かしていますね。
ついに龍一がデビューしたのも嬉しかったです。

2008/6/7(土) 午前 1:13 kachu 返信する

今日の日本ハムの1番2番はめちゃめちゃイケメンですよね。
絶対どこの1番2番よりもかっこいいと思います。

2008/6/7(土) 午前 1:17 どんぐり 返信する

顔アイコン

ウッズだけでした 削除

2008/6/7(土) 午前 1:31 [ どら ] 返信する

またいい試合でしたね。
ホントに強いですよ、日本ハムは。

2008/6/7(土) 午前 1:49 りんご 返信する

見事に打ち勝ちましたね。
紺田、高口の組み合わせは足もあるしいい感じですね。

2008/6/7(土) 午前 2:20 こーじ 返信する

高口君のお立ち台はいい感じですね。

2008/6/7(土) 午前 2:38 [ ぶた ] 返信する

顔アイコン

ナイスゲーム!
打って、守って、走って、いい試合です。 削除

2008/6/7(土) 午前 3:15 [ リロ ] 返信する

ウッズに2本やられた時には正直やばいかなと思いましたが、終わってみればファイターズらしい野球でした。

2008/6/7(土) 午前 4:07 たのさん 返信する

いい意味で見ごたえのある試合でした。

2008/6/7(土) 午前 7:36 [ 徳川くん ] 返信する

ビジターでこれだけの試合を出来たのは大きいですね。
MICHEALも戻ってきたし、これからもっと強くなりますよ。

2008/6/7(土) 午前 8:50 ヒロ 返信する

顔アイコン

「全員野球」
まさに今年の日本ハムをよく表した言葉ですね。

2008/6/7(土) 午前 9:03 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

顔アイコン

ランキングから訪問させていただきました。
はじめまして。
野球のブログなんですね。文章もすごく長くて、私にはこんな作文力はとてもありません。 削除

2008/6/7(土) 午前 9:07 [ KEI ] 返信する

またまた打ちまくりましたね。
本当に日本ハムらしくないけど、でも内容を見ると、やっぱり日本ハムらしいんですよね、
不思議なチームです。

2008/6/7(土) 午前 9:16 [ loo*o*ooo*pfa*mow*er ] 返信する

ぜひこのまま行って、まずは交流戦連覇ですね。

2008/6/7(土) 午前 9:24 mogu 返信する

先制はされましたけど、気持ちいい勝ち方でしたね。
イケメン打線で連勝したい!

2008/6/7(土) 午前 9:39 りっこ 返信する

やっぱりいっぱい打ったら気持ちいいですね。

2008/6/7(土) 午前 11:44 おかお 返信する

顔アイコン

札幌ではよさこいソーランで大盛り上がりの中、チームは名古屋でしっかりと盛り上がって勝ってますね。

2008/6/7(土) 午後 0:06 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

坪井が3安打うれしいです!!

2008/6/7(土) 午後 3:38 アニジャ 返信する

マイケル、待ってたよ〜!!!

2008/6/7(土) 午後 8:01 パイレーツ2番 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事