やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

年に1度の道東シリーズ。
今年はオリックスを迎え、今日は釧路、そして明日は帯広で試合が行われる。
まず今日の釧路での試合、先発のマウンドに上るのは、日本ハムが多田野投手。オリックスはオルティズ投手。


【1回表】
まず多田野投手の立ち上がりは、先頭の坂口選手をいきなりの振り逃げで出塁させてしまうも、次の後藤選手の送りバントは前進してきたサード稲田選手への小フライとなって一死一塁。
するとここからカブレラ選手は空振り三振で二死とするも、続くローズ選手にはライトの頭上を越され、これがタイムリー二塁打となって0−1とオリックスが先制。
更に本塁への送球が逸れる間にローズ選手に三塁へと進まれてしまうと、次の下山選手には三遊間をレフト前に運ばれ、これで更に1点を奪われて0−2。
この後は日高選手の打席で下山選手の盗塁を刺して三死とするも、この試合は初回から早々にオリックスに2点の先制点を挙げられる形となってしまった。

【1回裏】
先頭の森本選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、次の紺田選手のサードの前への送りバントが俊足を生かしての内野安打となって無死一二塁。
するとこれを田中賢選手が送って一死二三塁と走者を進めると、続く稲葉選手はセカンド後方に落ちようかという当たりを放つも、これはセカンド後藤選手のダイビングキャッチによるファインプレーで阻まれて二死二三塁。
オリックスとしてはこのプレーで後藤選手が負傷退場となってしまったが、この後はスレッジ選手がレフトへのフライで倒れてしまい、結果的には初回の一死二三塁のチャンスを生かすことができなかった。

【2回表】
ここは日高選手をショートゴロ、濱中選手をサードゴロで二死とするも、一輝選手にはライト前にヒットされると、続く森山選手の打席で盗塁を決められて二死二塁。
しかしここは打席の森山選手をレフトフライで打ち取り、これでこの回を終わらせた。

【2回裏】
先頭の小田選手がライト前へのヒットで出塁すると、次の稲田選手の三塁線への痛烈な当たりはサード一輝選手の好守に阻まれて一死二塁とされてしまうも、鶴岡選手がセンターにフライを打ち上げると、これで二塁走者の小田選手がタッチアップでさ三塁へ進塁。
するとこの場面、次の金子誠選手がオルティズ投手を強襲する当たりを放つと、この打球に対してショート森山選手が素早くカバーに入るも、これが一塁への悪送球となり、まず三塁から小田選手が生還するとともに、この間に金子誠選手も二塁へと進塁(記録はピッチャー強襲のタイムリー内野安打と送球のエラー)。
この後なおも二死二塁からは森本選手がセカンドゴロで三死となってしまうも、この回は金子誠選手のタイムリーで1点を返し、1−2と得点差を1点へと縮めた。

【3回表】
坂口選手をセンターフライ、阿部選手をキャッチャーファールフライで二死とすると、カブレラ選手は3球で見逃し三振としての三者凡退。

【3回裏】
先頭の紺田選手が四球を選んで塁に出ると、次の田中賢選手がレフト前にヒットを放つと見事にエンドランも決まり、これで無死一三塁と一打同点の大チャンス。
ここで続く稲葉選手が三遊間を破ってレフト前にタイムリーを放ち、これで2−2の同点へと追いつくと、なおも場面は無死一二塁から、スレッジ選手はファーストへゴロを放ってしまうも、アウトは二塁フォースアウトのみで一死一三塁。
しかしこの後は小田選手はショートフライ、稲田選手はファーストゴロと続くことができなかった。

【4回表】
先頭のローズ選手を歩かせてしまうと、次の下山選手のファーストゴロの間に二塁へと進まれてしまうも、続く日高選手のピッチャーゴロで二塁走者のローズ選手をタッチアウトとし、これで二死一塁。
すると次の濱中選手の打席では一塁走者の日高選手の盗塁を刺して、これでこの回を終わらせた。

【4回裏】
ここは鶴岡選手がセカンドゴロで倒れてしまうと、金子誠選手、森本選手が共に空振り三振で三者凡退。

【5回表】
濱中選手をショートゴロ、一輝選手を空振り三振で二死とすると、次の森山選手にはピッチャーへの内野安打で塁に出られてしまうと、直後に盗塁も決められて二死二塁。
しかしここは続く坂口選手を空振り三振とし、これでこの回も無失点で終わらせた。

【5回裏】
先頭の紺田選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、次の田中賢選手の打席で盗塁を決めて無死二塁。
更にここから田中賢選手がフルカウントから四球を選んで無死一二塁とすると、続く稲葉選手は右中間を真っ二つに破り、打った本人は三塁でタッチアウトとなってしまったが、この当たりで二塁走者の紺田選手に続いて一塁から田中賢選手も長駆生還で2点を追加。
この後走者がいなくなってからは、次のスレッジ選手が二遊間にヒット性の当たりを放つと、これはショート森山選手がよく追いついて一塁へと送球するも、これはスレッジ選手の足が勝って内野安打で一死一塁。
ここからは小田選手がセンターフライ、稲田選手がセカンドゴロで三死となってしまったが、しかしこの回は稲葉選手のタイムリーで2点を追加し、4−2とこの試合初めて日本ハムがリードを奪った。

【6回表】
ここは阿部選手をショートゴロ、カブレラ選手を空振り三振で二死とするも、次のローズ選手にはライトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで4−3と1点差。
このあと更に次の下山選手にはレフト線に二塁打を打たれてしまうも、ここは続く日高選手を空振り三振とし、これで何とかこの回をローズ選手の一発による最少失点のみに終わらせた。

【6回裏】
オリックスのピッチャーが2番手の香月投手へと交代したこの回は、鶴岡選手が見逃し三振、金子誠選手が空振り三振、森本選手がセンターフライで三者凡退。

【7回表】
日本ハムのマウンドに2番手で建山投手が登板のこの回は、濱中選手をライトフライ、一輝選手をセカンドゴロ、森山選手を空振り三振で三者凡退。

【7回裏】
ここはオリックス3番手の清水投手に対し、先頭の工藤選手はレフトフライに倒れてしまうも、田中賢選手の二遊間への当たりは、これもショート森山選手がよく追いつくも内野安打となって一死一塁。
しかしここからは稲葉選手がレフトフライに倒れてしまうと、スレッジ選手の打席では田中賢選手が盗塁に失敗し、これで三死となってしまった。

【8回表】
この回から日本ハムのマウンドに3番手で武田久投手が登板すると、ここは坂口選手をショートゴロ、阿部選手を空振り三振、カブレラ選手をレフトフライで三者凡退の好リリーフ。

【8回裏】
オリックスのピッチャーが4番手の山口投手へと交代したこの回は、スレッジ選手がレフトフライ、小田選手がサードゴロで二死となってしまうと、次の稲田選手はセンター前にヒットを放って出塁も、鶴岡選手がセンターフライで続けず。

【9回表】
1点のリードで迎えた最終回は、守護神MICHEAL投手ではなく、武田久投手がそのまま続投。
するとこの回は、まず先頭のローズ選手を空振り三振とすると、この時点でピッチャーがMICHEAL投手へと交代。
するとこの後は、次の下山選手を3球で空振り三振とすると、最後は日高選手に初球を打たせてのセカンドゴロで試合終了とした。



年に1度の釧路の地で見事な白星。日本ハムとしては1992年以来、16年ぶりの釧路での白星となった。

先発の多田野投手は、6回を投げて打者24人に対して114球、被安打6、与四球1、奪三振7、失点2(自責点2)。
今日は初回からいきなり先頭打者を振り逃げで出塁させてしまうと、その後のタイムリーで早々に2点を失ってしまうも、その後は粘りのピッチング。
6回にはローズ選手に一発を浴びてしまったものの、全体としては1〜3番をノーヒットに抑えるなど、打線の流れをしっかりと断つピッチングで今季4勝目。

またこれを継いだ建山投手が1イニングを素晴らしい球のキレを見せて三者凡退とすると、3番手の武田久投手も1回1/3をパーフェクト。
最後はMICHEAL投手が残りの2/3イニングを完璧に抑えてくれた。

打撃陣は、スタメン野手全員安打の11安打で2桁安打を記録。
紺田選手、田中賢選手、稲葉選手と2〜4番がいずれも2安打でマルチ安打を記録すると、この中でも稲葉選手はこの2本がいずれもタイムリーで3打点。

しかし紺田選手は5回裏に盗塁を失敗した際に右足首を捻って、大事を取っての途中交代と心配事は残った。


金子誠選手のコメント (2回裏、ピッチャー強襲タイムリー)
ラッキーでしたが、こういう土のグラウンドにはうってつけの当たりでしたね。守っている野手にもプレッシャーがかかる打球ですし、三振とポップフライは絶対避けようと思っていたので、まあ狙い通りですね。

稲葉選手のコメント
 (3回裏、レフト前タイムリー)
おそらくシュートだと思います。初回はファインプレーに阻まれたというより余裕で捕られる当たりでチャンスをつぶしていましたから、何とかしたいという思いでした。釧路にこれだけのファンの皆さんが詰め掛けてくれて気持ちよくプレーさせてもらっています。
 (5回裏、右中間2点タイムリー二塁打)
スライダーです。最低限ランナーを進めようと多少右方向へ意識を置いていました。2番、3番がいい形で回してくれたお陰です。

多田野投手のコメント
初回にコントロールが定まらなかったことを除けば、ほぼ計算どおり投げられたと思います。投げていくうちにマウンドにもなじんで、球の走りや変化球のキレも悪くなかった。

MICHEAL投手のコメント (2/3回、打者2、4球、被安打0、与四球0、奪三振1、失点0)
建山さんがテンポよく投げ、久さんもビシャッと抑えてくれたので助かりました。セーブの球団新記録(89セーブ)は自分ひとりで成し遂げたものではない。これからも記録より勝利を追い求めていきます。

梨田監督のコメント
今日は本当にリリーフ陣が頑張ってくれたね。初回、嫌な点の取られ方をしたけれども、打線のほうが奮起してすぐに追いついてくれた。今日の唯一の反省は6回のローズの本塁打ですね。二死から一番打たれてはいけないホームランを2−2から打たれたのは課題ですね。多田野は不運な打球もあり失点しましたが、内容的には良かったと思いますよ。9回の武田久の続投は対ローズとの相性ですね。MICHEALもその後をきっちり抑えてくれたし、これからもどんどん記録を伸ばして欲しいですね。

http://www.geocities.jp/yasu08262008/0705b.jpg


北海道日本ハム−オリックス (釧路市民球場)
B  200 001 000   3
F  011 020 00×  4

勝 多田野   4勝2敗
S  MICHEAL 2勝15S
敗 オルティズ   3勝5敗

【B】 オルティズ、香月、清水、山口 − 日高
【F】 多田野、建山、武田久、MICHEAL − 鶴岡

《本》 ローズ21号(ソロ・多田野)


≪明日の予告先発≫
【F】 武田 勝
【B】 金子 千尋

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

ナイスゲームでした。
多田野も尻上がりでよくなったし、リリーフ陣も完璧でしたね。
打つ方では稲葉がホントに頼りになります。

2008/7/5(土) 午後 4:19 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

YAHOO動画での観戦でしたが、最後まで面白い試合をしてくれましたね。
9回も最初からMICHEALで行かないところが梨田監督の今日の采配の妙を感じました。
建山のピッチングも解説の光山さんが絶賛でしたし、明日も期待できますね。

2008/7/5(土) 午後 4:26 たのさん 返信する

いやぁ、釧路で勝てて良かったですね。

2008/7/5(土) 午後 11:11 どんぐり 返信する

顔アイコン

16年ぶりってことは移転後初勝利ですね。
釧路のファンにも白星を見せることができて良かったですね。

2008/7/5(土) 午後 11:18 [ - ] 返信する

後藤のファインプレーはすごかったですね。敵ながらアッパレでした。
多田野はやっぱりいいピッチングをしますね。

2008/7/5(土) 午後 11:46 かおしかく 返信する

釧路の皆さんよかったですね。
明日の帯広も絶対勝ってほしいです。

稲葉のタイムリーは流石ですね。

2008/7/5(土) 午後 11:51 工場長 返信する

快勝、快勝!

2008/7/6(日) 午前 0:14 mogu 返信する

最後は1点差、そして梨田監督の継投となかなか面白かったです。
投打がうまくかみ合いましたね。

2008/7/6(日) 午前 0:20 ヒロ 返信する

中継ぎ陣も今日は好調でしたね。
多田野は初回こそ失点しましたが、そのあとはいいピッチングでした。

2008/7/6(日) 午前 0:33 [ 徳川くん ] 返信する

みんなヒット打ったんですね。
打って守ってすごくい試合でしたね。

2008/7/6(日) 午前 0:37 みく 返信する

顔アイコン

釧路での勝利はファンにとっても嬉しいですね。

2008/7/6(日) 午前 0:54 [ golfer13131313 ] 返信する

みんなでつないで、抑えて。
日本ハム野球でしたね。

2008/7/6(日) 午前 1:00 kachu 返信する

道東シリーズで連勝といきたいですね。

2008/7/6(日) 午前 1:30 たか 返信する

明日のこの調子で勝って欲しい。香月さんがユニホームを忘れたのかなかで三桁の番号の背番号には驚いた。

2008/7/6(日) 午前 2:03 [ ぺんぎん ] 返信する

やっぱりつよい!

2008/7/6(日) 午前 2:14 りんご 返信する

顔アイコン

確かに今日の香月には笑えましたね。

2008/7/6(日) 午前 2:31 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

見ていて楽しめる試合でした。

2008/7/6(日) 午前 8:02 りっこ 返信する

顔アイコン

多田野にボークが出なくて良かったです。

2008/7/6(日) 午前 8:22 [ fightersletsgo ] 返信する

顔アイコン

地方球場では特に勝ってほしいと思ってました。

2008/7/6(日) 午前 8:27 アロハ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事