やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

開幕戦をエース・ダルビッシュ投手で落としての第2戦。
今日の試合の先発は、日本ハムが藤井投手。東北楽天が長谷部投手。
また、スタメンには、昨日の試合で出場を見合わせた森本選手が2番センターで名を連ねると共に、両チーム共に打線を組み替えてきた。

【1回表】
藤井投手の立ち上がりは、まず先頭のリック選手には三遊間にヒット性の当たりを打たれるも、これをショート金子誠選手が横っ飛びでダイレクトキャッチの好守を見せると、渡辺直選手はサードゴロで二死走者無し。
しかしこの後、次の鉄平選手に二遊間への当たりをセカンド内野安打とされてしまうと、セギノール選手はフルカウントから四球で歩かせて二死一二塁としてしまい、ここで続く中村紀選手には右中間を深々と破られ、この当たりで二塁走者の鉄平選手に続いて、一塁からセギノール選手にも長駆生還され、これで0−2。
この後、送球の間に三塁へと進んだ中村紀選手をおいて、更に次の山武選手を四球で歩かせ、これで二死一三塁としてしまったが、ここは何とか続く高須選手をライト正面へのライナーでち取り、これでようやくこの回を終わらせた。

【1回裏】
昨日の試合と同じように早くも2点を追う形となってしまった初回の攻撃は、先頭の田中賢選手がフルカウントから空振り三振に倒れてしまうも、森本選手は二遊間を破ってセンター前にヒットを放って出塁すると、稲葉選手は三遊間深くへの当たりをショート内野安打として一死一二塁。
しかしこの場面、次のスレッジ選手は初球から積極的にいくも、これはセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとなってしまった。

【2回表】
ここは宮出選手をライトフライで一死とすると、次の嶋選手にはライトフェンス直撃の二塁打を打たれてしまうも、リック選手をセンターフライ、渡辺直選手をファーストライナーと後続を打ち取って無失点とした。

【2回裏】
先頭の高橋選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、次の二岡選手はショートにゴロを放ってしまうも、ここは何とか全力疾走で二塁フォースアウトのみとして一死一塁。
しかしこの場面は、続く小谷野選手がサードゴロで5-4-3のダブルプレーに倒れてしまい、前の回に続いてダブルプレーで得点の機会を潰してしまった。

【3回表】
鉄平選手をライトフライ、セギノール選手をサードゴロで二死とするも、中村紀選手を四球で歩かせてしまうも、続く山武選手もフルカウントからの四球で二死一二塁。
するとここで次の高須選手にはレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれてしまうと、一挙2者が生還して0−4。
そして更に続く宮で選手には二遊間にセンター返しの打球を打たれると、これをショート金子誠選手が追い付いたものの、この間に二塁走者の高須選手に生還されてしまい、これで更に1失点で0−5。
そしてこの後、続く嶋選手の打席では一塁走者の宮出選手に盗塁を決められてしまうと、更にワイルドピッチで三塁まで進まれてしまったが、ここは何とか嶋選手をライトフライで打ち取り、これでようやくこの回を終わらせた。
しかしこの回は、初回に続いて二死走者なしからの失点で3点を失い、これで0−5と更に得点差を広げられてしまった。

【3回裏】
この回は先頭のヒメネス選手は空振りの三振で倒れてしまうも、次の金子誠選手は左中間スタンドにライナー性のソロホームランを叩き込み、これでまずは1点を返して1−5。
そしてこの後、田中賢選手が四球を選んで塁に出ると、森本選手はサードゴロで二塁フォースアウトとなって走者が入れ替わるも、ここから稲葉選手がレフト前にヒットを放ち、これで二死一三塁とし、ここで続くスレッジ選手がレフト前にタイムリーを放って2−5。
そしてなおも二死一三塁というところで、東北楽天のピッチャーは2番手のグウィン投手へと交代するも、これに対して今度は高橋選手がライト前にタイムリーを放つと、これで更に稲葉選手が三塁から生還して3−5。
この後二死三塁からは続く二岡選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は金子誠選手のホームランに始まり、スレッジ選手、高橋選手のタイムリーで3点を返して3−5と得点差を2点へと縮めた。

【4回表】
日本ハムのピッチャーが2番手の坂元投手へと交代したこの回は、リック選手、渡辺直選手をいずれもをライトフライで二死とすると、鉄平選手はセンターフライで三者凡退とした。

【4回裏】
ここは先頭の小谷野選手がファーストゴロで倒れてしまうも、次のヒメネス選手は特大の当たりを右中間スタンドへと運び、これで1点を挙げて4−5。
この後は金子誠選手が空振り三振で二死となってしまうも、次の田中賢選手はセンター前にヒットを放って塁に出ると、直後に盗塁を決めて二死二塁。
すると更に続く森本選手のサードへのゴロが二塁走者の田中賢選手と重なるような形となってサード中村紀選手のエラーを誘い、これで二死ながらも一三塁としたが、ここは稲葉選手がどん詰まりのファーストフライに倒れてしまい、一挙同点とはならなかった。
しかしこの回はヒメネス選手の来日第1号となるホームランで1点を返し、4−5と1点差へと詰め寄った。

【5回表】
この回は先頭のセギノール選手にセンターバックスクリーンに叩き込まれ、これで4−6と再び2点差。
しかしこの後は中村紀選手をファーストゴロで一死とすると、山武選手、高須選手は共にサードゴロで打ち取って三死とした。

【5回裏】
まずスレッジ選手が四球を選んで出塁するも、次の高橋選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレー。
するとこの後は二岡選手もショートゴロに倒れ、結果的に3人で攻撃を終えてしまった。

【6回表】
ここは宮出選手をセカンドゴロ、嶋選手をレフトフライで二死とすると、続くリック選手のライト前への打球は、稲葉選手がランニングキャッチで抑え、これでこの回を三者凡退で終わらせた。

【6回裏】
小谷野選手がフルカウントからの見逃し三振に倒れると、ここで東北楽天はピッチャーを渡邊恒投手へと交代。
するとこの渡邊恒投手に対しては、ヒメネス選手がピッチャーゴロで二死となってしまうと、続く金子誠選手のレフトへの打球はリック選手が飛び込むも及ばずにこれが二塁打となって二死二塁。
そしてこのプレーでリック選手が交代となり、レフトにはライトの宮出選手が入ると、次の田中賢選手はその宮出選手の前に打球を放ち、これがタイムリーとなって5−6。
これで東北楽天はピッチャー更に小山投手へと交代すると、直後に田中賢選手が盗塁を決めて二塁へと進むも、ここは森本選手が空振り三振で三死となってしまった。
しかしこの回は、二死からの連打で1点を挙げ、これで5−6の1点差とした。

【7回表】
日本ハムの3番手として須永投手が2007年6月2日以来の一軍のマウンドに登板すると、まず先頭の渡辺直選手にはショートに内野安打を打たれてしまうと、次の鉄平選手はセンターフライとするも、続くセギノール選手の打席では一塁への牽制球が逸れてこの間に一塁走者の渡辺直選手は二塁へと進塁。
しかしこの後、須永投手はセギノール選手をライトフライで打ち取り、続いてマウンドにはルーキーの谷元投手が登板。
するとこの場面、谷元投手は次の中村紀選手をカウント1-3から四球で歩かせてしまったが、続く山武選手はしっかりとセカンドゴロで打ち取り、これでこの回を終わらせた。

【7回裏】
ここは稲葉選手が見逃し三振、スレッジ選手がセカンドゴロ、高橋選手が見逃し三振で三者凡退。

【8回表】
この回は続投の谷元投手が、高須選手をレフトフライ、宮出選手をライトフライで二死とすると、嶋選手のセカンド左への打球も田中賢選手が好守で抑え、これでこの回を見事三者凡退とした。

【8回裏】
先頭の二岡選手がレフト前に移籍後初ヒットを放って出塁すると、代走に紺田選手が起用されるも、次の小谷野選手の送りバントがピッチャー正面に転がってしまい、これで二塁フォースアウトとなって一死一塁となったところで、東北楽天はピッチャーを5番手の佐竹投手へと交代。
これに対して続くヒメネス選手が一塁に痛烈な打球を放つと、この打球をファーストのセギノール選手が体に当てて止めると、すかさずセセカンドの小坂選手がカバーに回って、これで二死二塁。
するとここで東北楽天は更にピッチャーを川岸投手へと交代すると、対して日本ハムも金子誠選手に代えて代打で坪井選手を起用。
しかしこの場面、坪井選手はセカンドへのゴロで倒れてしまい、これでこの回を終えてしまった。

【9回表】
この回は日本ハムのマウンドに5番手として登板の菊地投手が、牧田選手をファーストゴロ、渡辺直選手をショートゴロで二死としたところで、続いてマウンドに宮西投手が上がると、ここは続く鉄平選手を空振り三振で切って取り、これで最終回の打線の反撃を待つ形となった。

【9回裏】
わずかに1点を追っての最終回の攻撃は、まず先頭の田中賢選手が空振り三振に倒れると、続く代打の糸井選手はセカンドゴロで二死走者無し。
しかしここから次の稲葉選手はカウント2-0から粘って四球を選んで塁に出ると、続くスレッジ選手は特大のファールをレフトのポール際に放つなどしてフルカウントまで持っていくも、最後はキャッチャーファールフライに倒れてしまい、最後はあと1歩及ばずに試合終了となってしまった。


最後の最後まで可能性を見せた試合も、最後にあと1本が出ずに、東北楽天に連敗となってしまった。

先発の藤井投手は、初回には二死走者なしから内野安打と四球で走者をためてのタイムリー。3回も同じく二死走者なしから連続四球後のタイムリーと崩れ、今日はわずか3会で、打者18人に対して67球、被安打5、与四死球4、奪三振0、失点5と、先発としては全く役目の果たせないままに降板。
しかしこの後は、2番手の坂元投手が3イニングを1失点でしのぐと、3番手には2年ぶりの1軍のマウンドとなった須永投手、4番手にはプロ初登板のルーキー谷元投手、そして菊地投手、宮西投手とそれぞれがそれぞれの役目を果たす内容も見せてくれた、

打撃陣は、4回裏には金子誠選手のホームランに始まって、その後もヒットを集中して3点を挙げたものの、初回、2回と序盤はいずれもチャンスをダブルプレーで潰してしまった。
しかしそんな中でも、4回にはヒメネス選手に来日初ホームランが飛び出すと、8回には二岡選手のバットから移籍後初ヒットと、新戦力組が結果を残した。
そして最終回には二死からスレッジ選手が最後まで粘り、レフトのポール際にわずか50cmほど切れる、あわや逆転サヨナラ2ランかという大ファールを放つなど、盛り上がりも見せたが、やはり最後まであと1本が出ない試合となってしまった。



閉じる コメント(20)

顔アイコン

負けはしたけど、観戦するということを考えるとそれなりに楽しめたかな?と思います。でも、金子君に代打?森本君に代打とは?色々と試したいのかな?監督は??でも、公式戦で試すなら相手チームの方が意味のある試して方をしていたような気がしますけど.......。これも今の監督のオリジナル?

2009/4/4(土) 午後 9:40 [ - ]

金子はそのまま使ってほしかったなー・・・。

2009/4/4(土) 午後 10:31 chiz

顔アイコン

最後のスレッジの大ファールはエキサイティングでした。

2009/4/5(日) 午前 0:22 [ - ]

結局はずっとリードを奪えずに終わったゲームでした。
これで単独最下位、あとは昇るのみです。

2009/4/5(日) 午前 0:39 かおしかく

ヒメちゃんと金子誠選手のホームランはすごかったです。

2009/4/5(日) 午前 0:57 みく

シーズンも始まり、またやっさんの記事の読み応えのある量にホッとしています。

が、ホッとできないのはファイターズ。
まさかの連敗スタートでした。

2009/4/5(日) 午前 1:06 [ 徳川くん ]

藤井はブログの更新のしすぎで調整不足でしょうか。
全くイマイチでしたね。

2009/4/5(日) 午前 1:13 ヒロ

顔アイコン

2試合続けて惜しい試合を落としましね。

2009/4/5(日) 午前 1:20 [ さとうゆういちろう ]

セギノールに打たれるのがなんとも複雑な気持ちです。
明日こそは!

2009/4/5(日) 午前 1:24 mogu

最初から厳しい連敗ですね。
でも3連敗だけはダメですね。

2009/4/5(日) 午前 1:57 りんご

中継ぎ陣はみんないいピッチングを見せてくれましたね。
須永の久々の登板も嬉しかったです。

2009/4/5(日) 午前 2:10 たのさん

確かに須永の復帰は嬉しいですね。
まだ若い選手ですし、ここからが再スタートです。

2009/4/5(日) 午前 2:33 たか

顔アイコン

確かに収穫はあるゲームだったと思いますが、やっぱり白星がほしかったです。

2009/4/5(日) 午前 3:41 [ fightersletsgo ]

まあ、始まったばかりですが連敗はいただけないな。
今日は勝って欲しいね!

2009/4/5(日) 午前 7:22 -

顔アイコン

ダブルプレー多すぎです。

2009/4/5(日) 午前 9:19 [ golfer13131313 ]

せめて1回表をもうちょっとどうにかしてほしかったです。
最後は本当にもうちょっとでしたね。惜しかったです。

2009/4/5(日) 午前 9:23 りっこ

やっぱりシーズンがはじまったとたんに、すごいTBやコメントですね。

2009/4/5(日) 午前 9:56 おかお

やっぱり野球中継は、STVよりもHTBだと思いました。
STVはあのアナウンサーたちの「お楽しみ会」的な放送にイライラさせられます。

対してHTBのガンちゃんのハッスルは私にとっては心地好いです。

これでファイターズが勝ってくれたらもっと嬉しかったんですが。

2009/4/5(日) 午前 10:05 あい

顔アイコン

トラバありがとうございます。今日はファイターズ勝ってー!!

2009/4/5(日) 午後 0:05 [ kashi ]

顔アイコン

こんばんは♪
かなりご無沙汰しております^^

先日のWBCもV2で日本中が大いに盛り上がりましたが、ペナントレースもいよいよ始まりましたね♣
こちらもまた楽しみです〜♪

2009/4/7(火) 午前 1:04 N☆かりん

開く トラックバック(20)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事