やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

今日からは仙台での、交流戦前最後の首位決戦。
全くの同率首位に並んでいる東北楽天との3連戦の初戦の先発は、日本ハムが八木投手。東北楽天が井坂投手。

【1回表】
まず初回の攻撃は、田中賢選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、これを紺田選手に代わって1軍に登録されたばかりの村田選手がしっかりと送って一死二塁。
しかしここは続く稲葉選手がレフトフライ、小谷野選手がセカンドフライといずれも続くことが出来なかった。

【1回裏】
八木投手の立ち上がりは、いきなり先頭の渡辺直選手にセンター前にヒットを打たれるも、次の塩川選手の打席で盗塁を刺して一死。
するとここから打席の塩川選手には振り逃げで塁に出られてしまうと、次の草野選手は空振り三振で二死としたものの、山武選手の打席では塩川選手に盗塁を決められてしまうが、ここは山武選手をレフトフライで三死とした。

【2回表】
先頭のヒメネス選手が左中間に二塁打を放って出塁すると、高橋選手のセカンドゴロの間に進塁して一死三塁。
するとここから次の糸井選手が四球を選んで塁に出ると、続く鶴岡選手はセンター前にタイムリーを放ち、これでまずは日本ハムが1点を先制。
そして更にここから金子誠選手がストレートの四球を選んで一死満塁とすると、今度は田中賢選手がライト前にタイムリーを弾き返し、これで2−0。
更になおも一死満塁からは、村田選手がセンターフライで二死となってしまうも、ここから次の稲葉選手がカウント1-3〜四球を選んで、押し出しで1点を追加すると、更に続く小谷野選手も同じくカウント1-3〜押し出しの四球を選び、これで4−0。
この後はヒメネス選手がセカンドフライで三死となってしまったが、この回は鶴岡選手、田中賢選手のタイムリーに続き、連続の押し出しもあって、まずは日本ハムが4点の先制点を挙げることに成功した。

【2回裏】
この回はまず中村紀選手をショートゴロで一死とするも、次のセギノール選手にはバックスクリーンにソロホームランを叩き込まれ、これで1点を返されて4−1。
しかしこの後は、中島選手をレフトフライ、宮出選手をショートゴロと後続をしっかりと断った。

【3回表】
ここはまず先頭の高橋選手がレフト前ヒットで出塁すると、次の糸井選手が四球を選んだところで、東北楽天はピッチャーが井坂投手から朝井投手へと交代。
するとこれに対して日本ハム打線は、続く鶴岡選手が確実に送りバントを決めて一死二三塁と走者をそれぞれ進めると、次の金子誠選手が右中間へと打ち上げた打球は、ライト中島選手とセンター宮出選手が交錯し、この間に三塁から高橋選手が生還で5−1(記録はライト犠飛とエラー)。
そしてなおも一死二三塁から、田中賢選手が右中間に2点タイムリーとなる二塁打を放って7−1とすれば、続く村田選手にはセンター前タイムリーが飛び出し、これで8−1。
そしてこの後一死一塁からは、次の稲葉選手の打席で村田選手が盗塁を決めると、更に稲葉選手のセカンドゴロの間に三塁へと進んだが、ここは続く小谷野選手が見逃し三振で倒れ、これでこの回を終えてしまった。
しかしこの回は守備の乱れに加えて、田中賢選手の2打席連続となるタイムリー、そして村田選手のタイムリーもあり、2回に続いて4点を挙げて8−1とリードを大きく広げた。

【3回裏】
嶋選手をセンターフライ、渡辺直選手を見逃し三振で二死とすると、次の塩川選手にはレフト前にヒットを打たれるも、ここは続く草野選手をセンターフライで三死とした。

【4回表】
先頭のヒメネス選手がセンター前ヒットで出塁も、ここは高橋選手がライトフライ、糸井選手が空振り三振、鶴岡選手がショートゴロで続けず。

【4回裏】
この回は山武選手、中村紀選手を共にセンターフライで二死とすると、ここからセギノール選手を四球で歩かせ、更に中島選手にはレフト前にヒットを打たれ、これで二死ながらも一二塁とされてしまったが、ここは続く宮出選手をライトフライで三死とした。

【5回表】
金子誠選手がサードライナーで倒れてしまうと、田中賢選手、村田選手は共にレフトフライで三者凡退。

【5回裏】
ここは嶋選手、渡辺直選手を共にセカンドゴロで二死とすると、塩川選手は空振り三振で三者凡退。

【6回表】
この回は東北楽天3番手の川井投手に対し、先頭の稲葉選手が四球を選んで塁に出ると、次の小谷野選手はセンター前にヒットを放って無死一二塁。
しかしこの場面、次のヒメネス選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに倒れてしまうと、更に高橋選手もピッチャーゴロで倒れ、この回のチャンスを逸してしまった。

【6回裏】
この回の八木投手は、草野選手をセカンドゴロ、山武選手をサードゴロ、中村紀選手をファーストゴロと、3つの内野ゴロで、前の回に続いての三者凡退とした。

【7回表】
先頭の糸井選手の打球をセカンド塩川選手が後逸して出塁するも、ここは次の鶴岡選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに倒れてしまうと、金子誠選手も空振り三振に切って取られ、これでこの回は結局3人で攻撃を終わってしまった。

【7回裏】
セギノール選手を空振り三振、中島選手を見逃し三振で二死とすると、次の宮出選手にはセンター前にヒットを打てたれてしまうも、ここは続く嶋選手をショートゴロで三死とした。

【8回表】
ここは先頭の田中賢選手がショートゴロで倒れてしまうと、次の村田選手はショートへの内野安打で出塁するも、ここは続く稲葉選手がサードへのライナーに倒れてしまうと、村田戦車も戻れず、ダブルプレーでこの回を終えてしまった。

【8回裏】
この回は渡辺直選手をライトフライで打ち取るも、ここから塩川選手にライト前にヒットを打たれると、草野選手にはセンター前にヒットされて一死一二塁。
しかしここからは続く山武選手をセカンドゴロとすると、4-6-3と渡るダプルプレーで打ち取ってこの回を終わらせた。

【9回表】
小谷野選手がライトフライで倒れてしまうと、次のヒメネス選手はライト前ヒットで出塁も、高橋選手はライトフライで二死一塁。
するとここから続く糸井選手がライト前にヒットを放って二死ながらも一二塁とチャンスを広げるも、ここは鶴岡選手がセンターフライで三死となってしまった。

【9回裏】
7点のリードを持って最終回もそのままマウンドへと上がった八木投手だったが、ここはまず中村紀選手にセンター前にヒットを打たれると、セギノール選手には死球を当ててしまい、これで無死一二塁。
するとこの後、次の中島選手のセンターフライで二塁走者の中村紀選手にタッチアップで三塁へと進まれてしまったが、ここは続く宮出選手をショートゴロとすると、6-4-3のダブルプレーで三死とし、これで試合終了とした。


同率首位決戦の1戦目は、日本ハムが序盤の大量リードを守り切る形で勝利し、前のカードから続く連勝を「4」に伸ばして単独首位に立った。

先発の八木投手はおよそ3年ぶりとなる完投で今季3勝目。
今日は2回にセギノール選手の一発で1点を失うと、その後も走者は出すものの、要所を締めるピッチングで、9回を投げ切り、打者35人に対して121球、被安打8、与四死球2、奪三振6、失点1と、フル回転の中継ぎ陣を休ませることも出来た。

打撃陣は、まずは田中賢選手が2本のタイムリーを含む3安打で3打点を稼げば、ヒメネス選手も3安打で猛打賞。
また、1軍に昇格したばかりの村田選手がプロ初タイムリーを含む2安打でマルチ安打を記録すれば、足でもプロ初盗塁を決めるなど、しっかりと自分の持ち味をアピールした。
そして、ヒットのなかった稲葉選手も四球を2つ選ぶなどしてしっかりとチームに貢献をすれば、同じくノーヒットの金子誠選手も1四球、1犠飛と、こちらも勝利に貢献。
終わってみれば12安打と、2桁安打も記録し、まさに全員野球での勝利だった。


鶴岡選手のコメント (2回表、センター前タイムリー)
2ストライクと追い込まれていたので、何とかくらいついていこうと。気持ちで打ちました。

田中賢選手のコメント
 (2回表、ライト前タイムリー)
ラッキーでしたね。いいところに落ちてくれました。
 (3回表、右中間2点タイムリー二塁打)
投手が変わった後に流れを切らさずに繋げられたので良かったです。

村田選手のコメント
 (1回表、キャッチャー犠打)
(初球がファールになり)去年までの自分なら初球のところで焦っていたと思う。
 (3回表、センター前タイムリー、プロ初タイムリー。プロ初盗塁)
足はアピールできたと思いますが、まだ1試合。これからが大事と思います。
 (8回表、稲葉選手のサードライナーで飛び出して併殺)
ファームでやってきたことができずに悔しい。

八木投手のコメント
前半に野手陣が点を取ってくれたので、気持ちを入れて楽に投げられました。ツルさんのサインどおりに思い切って投げました。今季3勝目でしたが、そういうことは意識せずに集中して投げられました。次回も任されたゲームはていねいに投げ、ゲームを作って行きたいですね。

梨田監督のコメント
八木は本当に良く投げた。最後は次への登板のことも考えて交代してもよかったけど、やっぱり完投は投手にとって特別なものでもあるしね。以前よりも真っ直ぐが走っているし、速く見せる術を身に着けた気がする。3年前に新人王を獲得したときのような勢いが出てきたし、気持ちが充実しているようにも見える。武田勝と並んで貴重な左腕。先発の中心の1人としての活躍を期待したい。打線の方は賢介の状態が上がってきたね。スレッジは大事をとって休ませたけど、代わりに出たヒメネスや村田もきっちり活躍してくれたし、故障者が出れば更にチーム内の競争が激しくなる。単独首位? この時期の順位なんて、本当に関係ないって。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0512b.jpg

この記事に

閉じる コメント(24)

まずは先勝ですね。このまま3タテといきたいです。

2009/5/13(水) 午前 0:21 たか 返信する

よゆうです

2009/5/13(水) 午前 0:42 りんご 返信する

顔アイコン

八木の復活を思わせる試合でした。

2009/5/13(水) 午前 0:47 [ - ] 返信する

2回で試合が決まれましたね。

2009/5/13(水) 午前 0:50 かおしかく 返信する

顔アイコン

く、くやしい・・・
井坂がダル過ぎました。 削除

2009/5/13(水) 午前 0:58 [ ともみつ ] 返信する

いっきに明日はマー君をたたきましょう。

2009/5/13(水) 午前 1:02 ヒロ 返信する

顔アイコン

この勝利でさらに勢いをつけていきたいですね。

2009/5/13(水) 午前 1:25 [ fightersletsgo ] 返信する

井坂の今日の調子を見たら勝てますね。
ただこれから長く対戦する相手でしょうからなめてかかってはいけないですよ。

2009/5/13(水) 午前 1:37 kachu 返信する

顔アイコン

楽天破って単独首位です。
ノムさんごめんね。

2009/5/13(水) 午前 1:47 [ fighters_second_wisdom ] 返信する

ナイスゲームで先勝ですね。

2009/5/13(水) 午前 2:29 たのさん 返信する

賢介が当たり出しましたね。

2009/5/13(水) 午前 2:42 [ 徳川くん ] 返信する

またまた一方的に勝てましたね。

2009/5/13(水) 午前 8:55 りっこ 返信する

のむさんが面白すぎます。

2009/5/13(水) 午前 9:18 あい 返信する

(●^o^●)<首位!

2009/5/13(水) 午前 9:37 おかお 返信する

顔アイコン

八木が頑張りました。

2009/5/13(水) 午前 10:02 アロハ 返信する

顔アイコン

この試合、目を見張ったのは、八木投手の躍動感でした。投げ終えて姿勢が崩れるのは、全盛期が蘇ったようで……。"八木ダンス"とでも言いましょうか。
賢介に当たりが戻ったのも、ヒメネスが小技を利かしたのも、好材料では?
今夜はマー君を打ち崩してほしいな。 (丑の戯言)

2009/5/13(水) 午前 11:02 [ eiji ] 返信する

顔アイコン

紺田の代わりに登録された村田が早速結果を出してくれたのがうれしいですね。
ファームでも好成績を残していたようですし、このまま1軍に定着する力を発揮してほしいです。

2009/5/13(水) 午前 11:24 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

勝ててよかったです。

2009/5/13(水) 午後 0:33 工場長 返信する

顔アイコン

この試合の展開だったら八木も楽々完投でしたでしょうね。

2009/5/13(水) 午後 2:38 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

つよいですね。

2009/5/13(水) 午後 2:59 [ 昼下がりのみかん星人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事