やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

交流戦前最後の試合となった。
試合が行われる大阪、そして神戸では新型インフルエンザの急速な感染拡大もあり、今日のセラドーム大阪でもジェット風船の販売自粛などが決まている。
そんな中で行われるこの試合の先発は、日本ハムが武田勝投手。オリックスが今季初登板の光原投手。

【1回表】
初回の攻撃は、田中賢選手がショートゴロ、森本選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、次の稲葉選手はライト線に二塁打を放って出塁も、ここは小谷野選手がピッチャーゴロで続けず。

【1回裏】
武田勝投手の立ち上がりは、先頭の大村選手にセンター前にヒットを打たれると、次の坂口選手には送りバントを決められて一死二塁とされるも、ここはフェルナンデス選手をレフトフライ、ラロッカ選手をファーストファールフライと後続をしっかりと断って無失点とした。

【2回表】
先頭のスレッジ選手がレフト前にヒットを放って塁に出るも、ここは次の高橋選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに倒れてしまうと、糸井選手もファーストゴロで打ち取られ、これでこの回を終えてしまった。

【2回裏】
この回は先頭の下山選手に初球の変化球をレフトスタンドに運ばれてしまい、これでまずはオリックスが1点を先制。
この後は、まず一輝選手を空振り三振とすると、次の山崎浩選手にはライト前にヒットを打たれるも、ここは続く大引選手の打席で、まず牽制で一塁走者の山崎浩選手をアウトとすると、打席の大引選手はファーストファールフライで切って取って三死とした。
しかしこの回は下山選手のソロホームランにより、まずはオリックスに先制の1点を与えてしまった。

【3回表】
ヒメネス選手がファーストゴロ、金子誠選手がショートフライで二死となってしまうと、次の田中賢選手はレフト前にヒットを放って出塁も、ここは森本選手が空振り三振で続けず。

【3回裏】
まず鈴木選手をセカンドゴロで打ち取ると、次の大村選手にはセンター前にヒットを打たれるも、ここは坂口選手をセカンドゴロで4-6-3のダプルプレーとした。

【4回表】
この回は稲葉選手がファーストゴロで倒れてしまうと、次の小谷野選手は死球を受けて塁に出るも、スレッジ選手はファーストゴロで二死二塁。
するとこの後、続く高橋選手の打席では光原投手のワイルドピッチで二塁走者の小谷野選手が三塁へと進むも、ここは高橋選手がショートへのゴロで三死となってしまった。

【4回裏】
先頭のフェルナンデス選手に一二塁間を破られてライト前にヒットされると、ラロッカ選手はレフトフライで一死とするも、次の下山選手には右中間を真っ二つに破られてしまい、これがタイムリー二塁打となって0−2。
この後なおも一死二塁からは、一輝選手を見逃し三振、山崎浩選手をショートゴロで三死としたが、この回は下山選手のタイムリーで1点を奪われ、これで0−2とリードを広げられてしまった。

【5回表】
ここは糸井選手がセカンドゴロ、ヒメネス選手がショートゴロ、金子誠選手がライトファールフライで三者凡退。

【5回裏】
この回は大引選手をライトフライで一死とするも、次の鈴木選手に三遊間をレフト前にヒットを打たれると、続く大村選手の打席で盗塁を決められて一死二塁。
しかしこの後は、まず大村選手をサードファールフライで二死とすると、坂口選手は四球で歩かせてしまったが、ここは続くフェルナンデス選手をサードゴロで仕留め、これでこの回を終わらせた。

【6回表】
オリックスのピッチャーがここまで好投の光原投手から香月投手へと交代したこの回は、田中賢選手がピッチャーゴロで一死となってしまうと、森本選手、稲葉選手は共に見逃し三振で三者凡退。

【6回裏】
先頭のラロッカ選手に右中間に二塁打を打たれてしまうと、次の下山選手にはこの試合3本目となるタイムリーを今度は左中間に運ばれてしまい、これで1点を奪われて0−3とされ、ここで武田勝投手が降板。
続いてマウンドには2番手で坂元投手が登板すると、なおも無死二塁のこの場面は、まず送りバントを試みてきた一輝選手をスリーバント失敗で一死とすると、山崎浩選手のレフトへの大きなライナー性の当りは森本選手が右後方へのランニングキャッチの好守で二死。
しかしこの後、続く大引選手に三遊間をレフト前にヒッとされ、これで二死ながらも一三塁とされてしまうと、次の鈴木選手にはライト線にタイムリーを打たれてしまい、これで0−4。
そして更にこの送球の間に進塁を許して二死二三塁とされると、続く大村選手の三遊間への当たりはショート金子誠選手が横っ飛びでよく抑えるも、これが内野安打となってしまうと、この間に三塁から大引選手に生還されて0−5。
この後は坂口選手を空振り三振としてようやくこの回を終わらせたが、この回は下山選手、鈴木選手、大村選手のタイムリーで3点を奪われ、これで0−5とリードを更に広げられてしまった。

【7回表】
ここは小谷野選手がセカンドゴロ、代打の坪井選手が見逃し三振で二死となってしまうと、高橋選手は高いバウンドの当たりがショートへの内野安打となって出塁も、ここは続く糸井選手も見逃し三振に倒れ、これでこの回を終えてしまった。

【7回裏】
この回のマウンドには、つい先日1軍初昇格を果たしたばかりの糸数投手がプロ初登板し、同時にキャッチャーも大野選手へと交代も、糸数投手は先頭のフェルナンデス選手に2球目のストレートをレフトスタンド上段に運ばれてしまい、いきなりの被弾で0−6。
しかしこの後はラロッカ選手をライトフライ、下山選手をセカンドゴロ、塩崎選手を見逃し三振と、後続はしっかりと抑えた。

【8回表】
ここはオリックス3番手の菊地原投手に対し、先頭のヒメネス選手のショート頭上への当たりを大引選手にジャンプ一番でキャッチされてしまうと、金子誠選手は空振り三振で二死となってしまうと、次の田中賢選手はストレートの四球を選んで出塁も、続く森本選手の打席では牽制球で誘い出されてしまい、これでタッチアウトとなって三死となってしまった。

【8回裏】
日本ハムのピッチャーが4番手の林投手へと交代のこの回は、山崎浩選手に右中間に大きな当りを打たれるも、これはライト稲葉選手がランニングキャッチでさばくと、大引選手は空振り三振で二死。
するとこの後、鈴木選手は四球で塁に出してしまったが、ここは続く大村選手を空振り三振で三死とした。

【9回表】
6点を追っての最終回の攻撃は、オリックス4番手の加藤投手に対し、森本選手がセカンドゴロで一死となってしまうも、稲葉選手は初球をレフト前に運んで一死一塁。
しかしこの後は、小谷野選手がサードゴロで二塁フォースアウトとなってしまうと、最後は坪井選手がセカンドゴロで倒れ、これで試合終了となってしまった。


オリックスに完封リレーを喫し、これで連勝が「3」でストップ。交流戦に連勝のままで突入することは出来なかったと共に、逆にオリックスの連敗を「9」で止めることとなってしまった。

先発の武田勝投手は、毎回ヒットを打たれてしまう内容で5回0/3を投げ、打者23人に対して73球、被安打9、与四死球1、奪三振2、失点4。
今日は下山選手1人に、ホームラン1本とタイムリー2本を打たれてしまい、ここは明らかに次回登板への課題となった。
また、6度のイニングのうち、4度も先頭打者を塁に出してしまうなど、起用は全く本来のピッチングが出来ないままに終わってしまった。

また、これを継いだ坂元投手も武田勝投手が残して降板した走者を生還させてしまうなどし、更に自らもヒットを3本打たれて1イニングで1失点。
そして3番手では糸数投手がプロ初登板を果たしたものの、いきなり先頭打者のフェルナンデス選手に一発を浴び、苦いデビュー戦となってしまった。

打撃陣は、今季初登板の光原投手を打ちあぐねると、その後もオリックスの投手リレーの前にわずか5安打。
そんな中でも稲葉選手が唯一2安打を放って気を吐いたが、チーム全体としてまったく流れのつかめない完封負けとなってしまった。


武田勝投手のコメント
流れが作れなくて、野手の方に迷惑をかけてしまいました。同じ打者に何度も打たれたのは反省しなければいけません。次回までにしっかり修正して投球したいと思います。
(下山選手に)最初の打席でホームランを打たれてから、意識しすぎてしまい、力んで甘くなった球を打たれてしまいました。下山にはどうも合ってしまう。何とかタイミングを外す投球が必要だと思います。

糸数投手のコメント (1回、打者4、13級、被安打1、与四死球0、奪三振1、失点1、プロ初登板
緊張しました。ホームランは大きかったですね。でも、フェルナンデスに打たれてギクシャクしていたのが楽になりました。

梨田監督のコメント
光原の変則的な投球を捕らえられなかったね。今季初めての完封負け? そういうこともある。完封は別に珍しい話じゃない。勝は下山1人にやられたね。状態はそんなに悪くないけど。野手は点差が付いた後半でも、みんな一生懸命守ってくれましたね。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0517b.jpg

閉じる コメント(30)

顔アイコン

打てず・・・

2009/5/17(日) 午後 8:13 [ fighters_second_wisdom ]

新型インフルエンザには気を付けてください、

2009/5/17(日) 午後 8:46 [ nana tanimura ]

顔アイコン

新型インフルエンザの流行している大阪で野球をやるのはどうかと思います。

2009/5/17(日) 午後 9:11 [ wagonzone ]

ついに完封されてしまいましたね。

2009/5/17(日) 午後 9:17 mogu

次は交流戦ですね。

2009/5/17(日) 午後 9:53 りんご

顔アイコン

さすがうちのシモヤマン

2009/5/17(日) 午後 10:09 [ オリバファファン ]

完封負け、悔しいです! 交流戦に期待します!

2009/5/17(日) 午後 10:35 いしこ

新型インフルエンザ、ついさっきもニュース速報で小中高生25人が・・・と出ていました。本当に大変なことになってますね。

完封負けは今季初ですがやっぱり悔しいですね。

2009/5/17(日) 午後 11:11 かおしかく

顔アイコン

連敗しなければOKとしましょう。あと感染しないでくださいね。

2009/5/17(日) 午後 11:27 [ - ]

これだけのピッチングができる光原が4年もくすぶってしまったというのはオリックスにとってはもったいないことですよね。
これから苦手意識のできないように、次回は打ちたいところですね。

2009/5/17(日) 午後 11:54 ヒロ

連勝は止まってしまいましたが、それよりも何よりも、今はただ新型インフルエンザを北海道に持って帰ってきてくれるなと思うだけです。

2009/5/18(月) 午前 0:21 [ 徳川くん ]

武田勝は前回登板で割れた爪の状態はどうなんでしょうか。
今日のピッチングは全く精細に欠きましたね。

2009/5/18(月) 午前 1:13 kachu

顔アイコン

糸数にとってはなかなか複雑な思いでのデビュー戦になりましたね。

2009/5/18(月) 午前 2:08 [ ilo*ene*yor**005010* ]

選手も全員マスクで帰ってきたみたいですね。

2009/5/18(月) 午前 9:52 りっこ

大阪と神戸は大変なことになってますね。
とにかく無事に試合をこなせたことだけでもいいとしましょう。

2009/5/18(月) 午前 10:05 [ きいろ ]

((+_+))<負けたぁ

2009/5/18(月) 午前 10:16 おかお

顔アイコン

1人にやられましたね。

2009/5/18(月) 午前 10:40 アロハ

なんだか試合を見ている人もかなりの数の人がマスクをしていましたね。
私だったから、さすがに見に行かなかっただろうなと思いました。

2009/5/18(月) 午前 11:25 あい

顔アイコン

インフルエンザの流行は恐ろしいですね。
大阪と神戸の人にはしばらく大変でしょうが、気を付けてほしいと思います。

2009/5/18(月) 午前 11:32 [ annjy0212 ]

顔アイコン

糸数はこれで開き直って次からいいピッチングをしてくれると信じています。
武田勝は完全に下山に苦手意識を持ち、下山は完全な得意意識を持っているようですが、これは何とかしなくてはならないですね。

2009/5/18(月) 午前 11:50 [ sapooro_love_story_2005 ]

開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事