やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今日からの交流戦2つめのカードは、札幌ドームに東京ヤクルトを迎えての2連戦。
まずこの試合の先発は、日本ハムが藤井投手。東京ヤクルトが館山投手。

【1回表】
まず藤井投手の立ち上がりは、先頭の川島慶選手にいきなりセンターフェンス直撃の二塁打を打たれてしまうと、野口選手には送りバントを決められて一死三塁。
するとこの場面、次の青木選手にはセンターにフライを上げられ、これで三塁走者の川島慶選手がタッチアウトしたが、これはセンター糸井選手からの好返球がその足を勝り、見事タッチアウトとして初回からのピンチを無失点でしのいだ。

【1回裏】
初回の攻撃は、田中賢選手がレフトフライ、森本選手がファーストライナー、稲葉選手がショートゴロで三者凡退。

【2回表】
ここは畠山選手をピッチャーゴロで打ち取ると、飯原選手、宮本選手は共にサードゴロで三者凡退とした。

【2回裏】
小谷野選手がセカンドゴロで倒れると、高橋選手、ヒメネス選手は共にレフトフライで、前の回に続いての三者凡退。

【3回表】
この回は、デントナ選手、相川選手を共にショートゴロで二死とすると、次の田中浩選手にはレフト線にヒットを打たれてしまうも、ここは続く川島慶選手の打席で田中浩選手の盗塁を刺して三死とした。

【3回裏】
ここは糸井選手が不ファーストファールフライ、大野選手がショートゴロ、金子誠選手がセンターフライで、これで初回から3イニング連続の三者凡退となってしまった。

【4回表】
先頭の川島慶選手に右中間への二塁打を打たれて塁に出られてしまうと、ここも野口選手にはしっかりと送りバントを決められて一死三塁。
するとこの場面、次の青木選手に対してはストライクが入らずにストレートの四球で一塁へと歩かせてしまったが、ここは続く畠山選手をショートゴロとすると、これを6-4-3のダプルプレーとしてこの回を終わらせた。

【4回裏】
ここは先頭の田中賢選手がフルカウントから四球を選んで出塁すると、森本選手が送りバントで進めて一死二塁。
するとここで次の稲葉選手は低めのスライダーをうまくすくい上げるとこれをライトスタンドへと運び、これでまずは日本ハムが2点を先制。
この後走者がいなくなってからは、小谷野選手、高橋選手が連続の空振り三振で三死となってしまったが、この回は稲葉選手の2ランホームランにより、まずは2−0と日本ハムが先制の得点を奪った。

【5回表】
ようやく援護点をもらった直後の藤井投手は、飯原選手をセカンドライナー、宮本選手をレフトフライ、デントナ選手をショートゴロで三者凡退とした。

【5回裏】
ここはヒメネス選手がファーストゴロ、糸井選手がセカンドゴロ、大野選手が空振り三振で三者凡退。

【6回表】
この回はまず相川選手にセンター前にヒットを打たれると、田中浩選手はサードゴロで二塁フォースアウトとしたものの、次の川島慶選手に対しては死球を当ててしまって一死一二塁。
するとこの場面、野口選手の一塁方向へのゴロを藤井投手がベースカバーに入らずに内野安打とされて、これで一死満塁とされてしまうと、続く青木選手にはセンターに犠牲フライを上げられ、これで2−1。
そして更にこの後、畠山選手をカウント1-3から四球で歩かせ、これで二死ながらも再び満塁としてしまうと、続く飯原選手にはセンター前に2点タイムリーとなるヒットを弾き返され、これで2−3と逆転。
この後なおも二死一二塁からは、ここで代わった2番手の菊地投手が、宮本選手を見逃し三振としてこの回を終わらせるも、この回は藤井投手が突然崩れ、ヒット3本と2四死球で3点を奪われて、2−3と一気に逆転を許してしまった。

【6回裏】
金子誠選手がセンターフライで倒れてしまうも、田中賢選手がライト前ヒットで出塁すると、次の森本選手は死球を受け、これで一死一二塁。
するとこの場面、続く稲葉選手のセンターフライで二塁走者の田中賢選手がタッチアップで三塁へと進むと、更に小谷野選手が死球を選び、これで二死ながらも満塁とチャンスヲ広げたが、ここは次の高橋選手がショートゴロで倒れてこの回を終えてしまった。

【7回表】
ここは続投の菊地投手が、デントナ選手をセンターフライ、相川選手を空振り三振で二死とすると、田中浩選手にはライト前にヒットを打たれるも、ここは次の川島慶選手をライトフライで三死とした。

【7回裏】
先頭のヒメネス選手がファーストゴロで倒れてしまうも、次の糸井選手が左中間への二塁打を放って出塁すると、代打の坪井選手のセカンドゴロの間に進塁して二死三塁。
しかしここは続く金子誠選手がサードゴロで倒れて三死となってしまった。

【8回表】
日本ハムのバッテリーが宮西投手と鶴岡選手へと交代したこの回は、まず野口選手を空振り三振で一死としたものの、ここから青木選手に左中間に二塁打を打たれてしまうと、福地選手にはレフト前にヒットされて一死一三塁。
しかしこの場面、続く飯原選手がスクイズを試みてくるも、これを空振りすると、飛び出した三塁走者の青木選手を三本間でタッチアウトとして二死二塁。
するとここで日本ハムはマウンドに江尻投手を送ると、対して東京ヤクルトは打席の飯原選手に代えて、カウント2-1から代打に竹内選手を起用も、ここは江尻投手が竹内選手を空振り三振で仕留め、これでこの回を無失点のまま終わらせた。

【8回裏】
この回は東京ヤクルト2番手の五十嵐投手に対して、田中賢選手がピッチャーゴロ、森本選手が見逃し三振、稲葉選手がレフトフライで三者凡退。

【9回表】
ここは続投の江尻投手が、まず宮本選手をセカンドゴロで一死とすると、代打のガイエル選手はセンターフライ、相川選手はピッチャーゴロで三者凡退とした。

【9回裏】
1点を追っての最終回は、東京ヤクルト3番手の林昌勇投手に対して、小谷野選手、高橋選手、ヒメネス選手が3者連続の空振り三振で抑え込まれてしまい、結局あと1点が追い付けないままに試合終了となってしまった。


交流戦に入っての連勝は「2」でストップとなってしまった。

先発の藤井投手は、毎回走者を出すピッチングながらも、バックの堅い守備にも守られて5回までを無失点。
しかし6回に入ると、制球を乱し、ここで打ち込まれて、結局は5回2/3を投げ、打者23人に対して94球、被安打6、与四死球3、奪三振0、失点3の内容で降板。
しかしこれを継いだ菊地投手が藤井投手が残したピンチをしっかりと無失点で抑える好リリーフを見せて、1回1/3を抑えた。
3番手で登板の宮西投手は自らピンチを作りながらも、スクイズを外すなどすると、4番手では江尻投手が2007年以来の1軍マウンドへと上がり、見事に1回1/3を新しいサイドスローのフォームで完璧に抑えた。

打撃陣は、東京ヤクルト先発の館山投手を攻略できず、初回からいきなりの3イニング連続の三者凡退。
そんな中で4回には稲葉選手の2ランホームランで先制点こそ奪ったものの、その後は追加点が奪えず、最終回もストッパーの林昌勇投手の前に3者連続空振り三振と反撃できず、わずか3安打と、静かなままに試合を終えてしまった。


稲葉選手のコメント (4回裏、ライト2ランホームラン)
たまたまホームランになっただけだよ。振ったら当たった。打ったのはスライダーかカットボールだったと思います。藤井も頑張っているので何とか先取点を取ってあげたかったです。

藤井投手のコメント
今日は先に点を取られないよう集中していきましたが、6回にベースカバーに行かなかったことが全てです。打球の行方が見えなかったとはいえ、投球以前の問題なのでとにかく悔やまれます。

菊地投手のコメント (1回1/3、打者5、22球、被安打1、与四死球0、奪三振2、失点0)
負けているので、チームが攻撃に移りやすいようになるべくリズムよく投げることを心がけました。

江尻投手のコメント (1回1/3、打者4、7球、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0)
出て行く場面が場面だったので、久しぶりに上がった札幌ドームのマウンドでしたが、あまり味わえませんでした。ブルペンからマウンドへ行く途中にファンの歓声が聞こえて嬉しかったです。最後の1軍登板からあっという間にいろいろなことが起こり、体のことは昔のことのように感じています。毎日やることがいっぱいで、最後に投げたのがついこの間のことのようです。ファームにいる間1軍のマウンドに帰ってくる日のことはあまり考えていませんでしたね。鎌ケ谷で1つ1つ必要なステップを踏んでここまでこれたと思います。たくさんの人に励ましていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

梨田監督のコメント
藤井は前半野手の好プレーに助けられたところもあったけど、内容も悪くなかったね。5回終わって球数も少なかったので、6回途中も変えづらかった。打線は館山に完璧に抑えられたね。最初の安打が稲葉のホームランで先制して、ダメージもあったと思うんだけどね。飯原がスクイズ失敗して、ひらめきで江尻を出しました。向こうも代打をそこで出してくるとは考えなかったけど。でもいい投球してくれた。1回じゃ分からないけど、手応えは感じました。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0522b.jpg
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(27)

顔アイコン

江尻投手が戻ってきてくれただけでも今日はよしとします。

2009/5/23(土) 午前 1:30 [ golfer13131313 ]

江尻はサイドスローになっちゃったんですね。

2009/5/23(土) 午前 1:36 こーじ

今日は完全に抑えられちゃった感じですね。
でも江尻が戻ってきてくれたことはチームにとってもすごく大きいことだと思います。

2009/5/23(土) 午前 1:44 かおしかく

林すごすぎる。

2009/5/23(土) 午前 1:49 kachu

稲葉のホームランだけでした。
ただ初回の糸井の肩は素晴らしかったですね。
あれだけでもお金を払って見に行く価値がありますね。

2009/5/23(土) 午前 1:54 mogu

若松、やるな・・・

2009/5/23(土) 午前 2:06 ヒロ

顔アイコン

この敗戦を明日に生かせればよしとしましょう。

2009/5/23(土) 午前 2:20 [ fightersletsgo ]

顔アイコン

ランキングから来ました。

2009/5/23(土) 午前 3:17 [ もも ]

ヤクルトにとってのナイスゲームでした。

2009/5/23(土) 午前 3:31 たか

江尻の帰還に万歳です。

2009/5/23(土) 午前 4:17 たのさん

顔アイコン

完敗とは言いませんが、稲葉の一発がなければ完敗でしたね。

2009/5/23(土) 午前 5:18 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

やったー

2009/5/23(土) 午前 10:08 [ すみだ ]

江尻さんが戻ってきただけでいいです。

2009/5/23(土) 午前 10:12 りっこ

しばらくぶりに打てなかったです。

2009/5/23(土) 午前 10:23 [ fighters_second_wisdom ]

<`ヘ´><負けたぁ。

2009/5/23(土) 午前 10:38 おかお

顔アイコン

初回に魅せた糸井中堅手の遠投刺殺、その快感に尽きましたね。やや山なりの送球でしたが、いつかまた彼の"レザービーム"を見たいな。
それと久々の江尻慎一郎投手の快投。あのニヤけた顔が逞しく感じられました。
試合に負けても、これからの好材料につながると信じましょう。

2009/5/23(土) 午前 10:53 [ eiji ]

江尻が戻ってきてくれただけで十分に収穫のある試合でした。

2009/5/23(土) 午前 11:09 [ きいろ ]

江尻君おかえりー

2009/5/23(土) 午前 11:47 あい

顔アイコン

ランキングを見てお邪魔させていただきました。
私のブログにも遊びに来てくださいね。

2009/5/23(土) 午後 0:13 [ xfpbq351 ]

負けちゃいましたけど、けがしてた人が戻ってくるって嬉しいですね。

2009/5/23(土) 午後 2:29 [ 昼下がりのみかん星人 ]

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事