やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今日からは移動日なしで2カードぶりに札幌ドームに戻っての阪神との2連戦。
まず今日の試合の先発は、日本ハムがダルビッシュ投手。阪神が福原投手。

【1回表】
まずダルビッシュ投手の立ち上がりは、先頭の赤星選手を見逃し三振で一死とすると、次の関本選手は四球で歩かせ、更に盗塁で二塁へと進まれてしまうも、この後は鳥谷選手をサードファールフライ、金本選手をレフトフライと後続をしっかりと断った。

【1回裏】
初回の攻撃は、先頭の田中賢選手がピッチャーゴロで倒れてしまうも、次の糸井選手が四球を選んで出塁すると、次の稲葉選手の打席で盗塁を決めて一死二塁。
するとこの後、稲葉選手はセカンドライナーで二死となってしまうも、ここから次の高橋選手がセカンド関本選手のエラーで塁に出て、二死ながらも一三塁とすると、続く小谷野選手が一二塁間をライト前にタイムリーを弾き返してまずは1点。
そして更にこれに坪井選手も三遊間をレフト前へうまく流し打ってのタイムリーで続き、これで更に1点追加で2−0。
この後はヒメネス選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は小谷野選手、坪井選手の連続タイムリーで初回から早々に2点の先制点を挙げることに成功した。

【2回表】
ここは新井選手を見逃し三振、桧山選手を空振り三振、葛城選手を見逃し三振と3者三振の快投。

【2回裏】
この回は先頭の鶴岡選手がレフトフライで倒れてしまうも、次の金子誠選手が左中間への二塁打で出塁すると、続く田中賢選手の一二塁間への当たりに対してはセカンド関本選手が追いつくも、これを弾き、結果的にエラーとなって一死一三塁。
するとこの場面、次の糸井選手の打席で、まず田中賢選手が盗塁を決めて二塁へと進むと、糸井選手は四球を選んで満塁とし、ここで続く稲葉選手がセンターへと犠牲フライを上げ、これで1点を追加して3−0。
そしてここから更に福原投手が制球を乱し、次の高橋選手の打席では自らのワイルドピッチで走者をに三塁へとそれぞれ進めてしまうと、高橋選手は四球で歩いて再び満塁。
すると続く小谷野選手は初球から死球を受けると、これで押し出しとなり、更に1点追加で4−0。
この後は坪井選手がファーストゴロで三死となってしまったが、この回は稲葉選手の犠牲フライと、福原投手の制球の乱れに乗じ、2点を追加して4−0とリードを広げた。

【3回表】
狩野選手をサードゴロ、平野選手を空振り三振で二死とすると、次の赤星選手は四球で歩かせてしまうも、ここは続く関本選手をセンターフライでこの回を終わらせた。

【3回裏】
ヒメネス選手がショートゴロ、鶴岡選手がショートフライで二死となってしまうと、次の金子誠選手はレフト線に二塁打を放って出塁も、ここは田中賢選手がライトフライで続けず。

【4回表】
まず鳥谷選手をライトフライで一死とすると、金本選手、新井選手は共に空振り三振としての三者凡退。

【4回裏】
この回は先頭の糸井選手がレフトスタンドにソロホームランを叩き込み、これで1点を追加して5−0。
この後は、稲葉選手がレフトフライ、高橋選手がライトフライで倒れてしまうも、次の小谷野李選手はセンター前にヒットを放って出塁も、ここは坪井選手がレフトフライで続けず。

【5回表】
ここは桧山選手のライト前ヒットと、葛城選手のライトフェンス直撃のヒットでいきなり無死一三塁とされてしまうと、ここで次の狩野選手は空振り三振で一死としたものの、続く平野選手のセカンドへのゴロを田中賢選手がエラーしてしまい、この間に三塁から桧山選手に生還されて5−1。
しかしなおもこの後一死一二塁からは、まず次の赤星選手をピッチャーゴロで二死とすると、続く関本選手も空振り三振で切って取り、これで何とかこの回のピンチを最少失点のみで乗り切った。

【5回裏】
ヒメネス選手がサードゴロで一死となってしまうも、次の鶴岡選手がカウント1-3から四球を選んで塁に出ると、直後に福原投手のボークで二塁へと進塁。
するとこの場面、次の金子誠選手がこの試合3本目となるヒットをライト前へと放つと、この当たりで二塁から鶴岡選手が生還し、これで1点を追加して6−1。
この後は、ここで阪神のピッチャーが江草投手へと交代すると、まず田中賢選手はセンターフライで二死一塁。
するとここから、まず次の糸井選手の打席で金子誠選手が盗塁で二塁へと進むと、更に糸井選手も四球を選んで塁に出たが、ここは稲葉選手がファーストライナーで三死となってしまった。
しかしこの回は金子誠選手のタイムリーで更に1点を追加し、これで6−1とリードを5点とした。

【6回表】
ここはまず鳥谷選手をセンターフライで打ち取るも、金本選手に右中間に二塁打を打たれると、新井選手にはセンター前にヒットされて一死一三塁のピンチ。
しかしここは次の桧山選手のライトへの打球を稲葉選手が掬い上げるようにキャッチすると、そのまま一塁へと素早く送球し、これで一塁走者も戻り切れずにダブルプレーとした。

【6回裏】
この回は阪神3番手の渡辺投手に対し、高橋選手がレフトフライ、小谷野選手が空振り三振、坪井選手がショートフライで三者凡退。

【7回表】
この回のダルビッシュ投手は、葛城選手をセンターフライ、代打の藤本選手をセカンドゴロ、平野選手を空振り三振で、この試合3度目となる三者凡退とした。

【7回裏】
ここは阪神4番手の筒井投手と清水選手のバッテリーに対し、代打の中田選手が空振り三振、鶴岡選手がサードゴロ、金子誠選手がセカンドフライで三者凡退。

【8回表】
日本ハムのマウンドに、ここまで好投のダルビッシュ投手に代わって宮西投手が上がると、ここは代打の桜井選手に右中間に二塁打を打たれてしまうと、次の関本選手はレフトフライで一死とするも、続く鳥谷選手にはセンター前にタイムリーヒットを弾き返され、これで1点を返されて6−2。
しかしこの後は、金本選手を空振り三振として二死とすると、次の新井選手はここで交代の建山投手がサードゴロで仕留め、これでこの回を鳥谷選手のタイムリーでの1点のみで終わらせた。

【8回裏】
この回はまず田中賢選手がレフト前ヒットで出塁すると、次の糸井選手の送りバントは筒井投手が一塁へと悪送球し、このボールが点々とする間に田中賢選手は一気に生還で7−2。
そしてこのプレーの間に糸井選手も二塁へと到達すると、続く稲葉選手はレフト前へタイムリーを放ち、これで更に1点を追加して8−2。
この後なおも無死二塁からは、高橋選手がショートフライ、小谷野選手がショートゴロ、代打の二岡選手がセンターフライで三死となってしまったが、この回は相手の守備のミスにも乗じ、稲葉選手にもタイムリーが出で2点を追加した。

【9回表】
ここは続投の建山投手か、桧山選手をライトフライ、葛城選手をセンターフライで二死とすると、代打の林選手は四球で歩かせてしまうも、最後は平野選手をセカンドゴロで切って取り、これで試合終了とした。


エースの好投と、打線の援護。そして足もしっかりと活かした日本ハム野球で阪神を下した。

先発のダルビッシュ投手は、立ち上がりは走者を出しながらも無失点で初回を終わらせると、続く2回には3者連続三振の快投。
その後はエラーも絡んで1点こそ失ってしまうも、今日は7回を投げ、打者27人に対して121球、被安打4、与四死球2、奪三振10、失点1と、エースの貫録十分のナイスピッチングで自身7連勝。

打撃陣は、初回から四球やエラーなどで出来たチャンスから小谷野選手、坪井選手か連続タイムリーを放つと、続く2回にもヒットは1本ながらも稲葉選手の犠牲フライと、押し出しによる1点で、ここまでで4得点。
するとこの後も、4回に糸井選手のホームランで追加点を挙げると、5回にも金子誠選手のタイムリーで1得点。
そして終盤8回にも相手のエラーをしっかりと活かし、更に2点を挙げて、まさに、「先制」「中押し」「ダメ押し」の理想的な展開での得点となった。

個々を見ると、まずは金子誠選手がタイムリーと2本の二塁打で3安打猛打賞を達成すると、小谷野選手もタイムリーを含む2安打でマルチ安打を記録。
また、稲葉選手は犠牲フライとタイムリーで2打点を挙げると、糸井選手はホームランに合わせ、3四球と1犠打で3度の生還を果たし、チームの勝利にしっかりと貢献した。

他にも随所随所で相手のミスを見逃さない卒のない攻撃を見せ、終始圧倒する形での勝利となった。


小谷野選手のコメント (1回裏、ライト前タイムリー)
打ったのはカットボール。相手のミスでもらったチャンスだったのでいい意味で開き直れました。次の坪井さんにつなぐことだけを考えていったのが良かったと思います。

坪井選手のコメント (1回裏、レフト前タイムリー)
シュートだったと思います。形はどうであれ、何とかくらいついていこうという気持ちだけだったので、良い所に飛んでくれて良かったです。

糸井選手のコメント (4回裏、レフト・ソロホームラン)
とにかく強く叩こうと思っていました。外よりのまっすぐがしっかりと見えたので思いっきり行きました。

ダルビッシュ投手のコメント
まっすぐにも結構力がありましたが、カーブが決まらず、苦しかったかなという感じでした。でも投げていて気持ちが良かったし、次に繋がる登板になると思います。
ブルペンではそこまで良くなかったけど、まっすぐが走ってました。投球のメカニズムが良くなっているからだと思います。右打者へ外のまっすぐが特に良かったです。あまり期待していない球種だけど、チェンジアップを何球か投げました。スローカーブも含めて、投げる中の面白みを出すために時々使ってみています。去年と比べて数字に関してはほとんど気にしないですね。何よりチームが勝つことが一番です。

梨田監督のコメント
お客さんも多く、選手達も力をもらっていいプレーが出来たんじゃないですかね。指名打者がいて、ピッチャーが打席に立たないので当然とは思うけど、打線が繋がっていい形で点が取れたと思います。ダルは以前と比べたら状態は良くなっているけど今日は球数が多かったね。これから暑くなるし、球数多いとばてちゃうからね。ファイターズはやっぱり守りからのチーム。小谷野、稲葉もファインプレーを見せてくれたけど、5回に併殺崩れになってしまったけど、ダルからの送球を金子がうまくさばいてくれたね。記録には出ないけど、そういうところを見てほしいね。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0530b.jpg
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(23)

顔アイコン

他のリーグってこんな雑な試合をしているの?というぐらいの相手チームのゲームプランが雑で粗さが目立ってしまった.......。

2009/5/31(日) 午前 1:05 [ - ]

確かに勝たせてもらった感じがしました。

2009/5/31(日) 午前 1:07 りんご

顔アイコン

阪神はミスが多すぎますね。
まずはダルビッシュで予定通りかったんで、明日も勝って連勝といきましょう。

2009/5/31(日) 午前 1:28 [ golfer13131313 ]

ダルビッシュですから勝って当然です。

2009/5/31(日) 午前 1:45 かおしかく

顔アイコン

やるきのない虎は去れ

2009/5/31(日) 午前 1:49 [ 虎ファン ]

いい展開でしたね。

2009/5/31(日) 午前 1:58 kachu

なんだか明日も勝てそうな気がするぅ〜 あると思います。

2009/5/31(日) 午前 2:15 [ 徳川くん ]

ダルビッシュじゃなくても勝てました。

2009/5/31(日) 午前 2:23 DAIGO_HAPPYDAYS

これだけ阪神にミスが多いと、確かに今日はダルビッシュじゃなくても・・・と思いますね。

2009/5/31(日) 午前 2:35 こーじ

顔アイコン

ダルがもったいなかった。

2009/5/31(日) 午前 2:56 [ fightersletsgo ]

顔アイコン

完勝

2009/5/31(日) 午前 3:07 [ fighters_second_wisdom ]

あれだけエラーが出るようでは阪神も厳しいですね。
そこにしっかりと漬け込んだ日本ハムは良かったです。

2009/5/31(日) 午前 3:12 たか

やっぱり足のあるチーム、全力で走塁するチームはそれだけで相手にプレッシャーを与えますね。

2009/5/31(日) 午前 3:24 mogu

まずは満員の中で先勝ですね。

2009/5/31(日) 午前 8:37 たのさん

ダルビッシュですから、やっぱりここは勝たなきゃです。

2009/5/31(日) 午前 8:52 りっこ

顔アイコン

阪神ファンにとってはかわいそうな試合でしたね。

2009/5/31(日) 午前 9:16 [ ilo*ene*yor**005010* ]

ダルビッシュはやっぱりすごいですねー。

2009/5/31(日) 午前 9:25 あい

(*^^)v<ダルビッシュですから

2009/5/31(日) 午前 9:51 おかお

顔アイコン

ダルで勝たなくては計算が狂いますかね。

2009/5/31(日) 午前 10:23 [ sapooro_love_story_2005 ]

顔アイコン

ダルビッシュ流石ですね。
まさに日本のエースです。

2009/6/1(月) 午後 4:21 ハシモト

開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事