やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

昨日の試合をエースの好投などで一方的なワンサイドゲームとし、迎えた今日の第2戦。
この試合の先発は、日本ハムが武田勝投手。阪神が能見投手、


【6回表】
この回の武田勝投手は、先頭の新井選手にセンター前にヒットを打たれるも、桧山せしんゅ、今岡選手から連続で空振り三振を奪って二死とすると、ここでピッチャーが2番手の菊地投手へと交代。
するとこの場面、菊地投手は次の狩野選手にライト前にヒットされてしまうも、続く平野選手をファーストゴロで打ち取り、これでこの回を無失点のままで終わらせた。

【6回裏】
阪神のピッチャーが2番手のアッチソン投手へと交代したこの回は、まず代打のヒメネス選手が左中間への二塁打を放って出塁すると、次の糸井選手は送りバントを試みるも、これをアッチソン投手が三塁へと送球するがセーフとなり、結果的にアッチソン投手のフィルダースチョイスで無死一三塁。
するとこの場面、次の鶴岡選手はライトへと確実に犠牲フライを上げ、これでヒメネス選手が生還して4−3と勝ち越し。
この後なおも一死一塁からは、一塁走者の糸井選手が盗塁に失敗してしまうと、更に続く金子誠選手も空振り三振で三死となってしまったが、この回は鶴岡選手の犠牲フライで1点を挙げ、これで4−3とついにこの試合初めて日本ハムがリードを奪った。

【7回表】
ここは続投の菊地投手が、桜井選手をサードフライ、関本選手をセカンドフライで二死とすると、続く鳥谷選手もここで交代の3番手の林投手が空振り三振として三者凡退。

【7回裏】
田中賢選手が空振り三振、森本選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、次の稲葉選手はライト前へとヒットを放ち、更にこの打球を桜井選手が後ろへと逸らす間に稲葉選手は一気に三塁まで進むも、ここは続く高橋選手がセカンドゴロで三死となってしまった。

【8回表】
この回は先頭の金本選手に、初球の外角へのスライダーをライトスタンドへと運ばれてしまい、これで4−4の同点。
この後は林投手が、新井選手をショートゴロ、桧山選手を空振り三振、藤本選手をレフトフライで三死としたが、この回は金本選手の一発で4−4の同点と、試合を振り出しに戻されてしまった。

【8回裏】
ここは阪神3番手のウィリアムス投手に対して、小谷野選手が見逃し三振、ヒメネス選手がショートゴロ、糸井選手が空振り三振で三者凡退。

【9回表】
この回は日本ハム4番手の武田久投手が、まず狩野選手のバットをへし折ってピッチャーゴロで一死とするも、次の平野選手にセカンドへの内野安打で出塁されてしまうと、代打の林選手にはファーストへの内野安打で続かれて一死一二塁。
しかしここは武田久投手が粘りを見せ、まず関本選手を空振り三振で二死とすると、続く鳥谷選手はファーストゴロで切って取り、これでこの回を無失点のままで終わらせた。

【9回裏】
鶴岡選手がショートゴロで倒れてしまうと、次の金子誠選手は四球を選んで出塁も、田中賢選手は空振り三振で二死一塁。
するとここから続く森本選手の打席では金子誠選手がディレードスチールを試みるも、これに失敗し、これで試合は4−4のまま延長戦に突入することとなった。

【10回表】
この回は日本ハム5番手の宮西投手が、まず先頭の金本選手にセンター前にヒットを打たれてしまうも、ここからは新井選手をライトフライとすると、桧山選手はセンターフライで二死一塁。
するとこの後、続く代打の清水選手の打席では金本選手に盗塁で二塁へと進まれてしまうも、ここは打席の清水選手を空振り三振としてこの回を終わらせた。

【10回裏】
阪神のマウンドに4番手で藤川投手が登板したこの回は、森本選手、稲葉選手、高橋選手が3者連続での空振り三振で三者凡退。

【11回表】
ここは日本ハム6番手の建山投手が、いきなり先頭の狩野選手にセンター前にヒットされてしまうと、次の平野選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面、まず赤星選手をレフトフライで二死とすると、続く代打の葛城選手にはレフト前にヒットされ、これで二塁走者の狩野選手に本塁に突入されてしまうも、ここはレフト森本選手からのレーザービームがその足を上回り、見事本塁でタッチアウトとしてこの回のピンチを堅い守りで無失点とした。

【11回裏】
この回は続投の藤川投手に対し、先頭の小谷野選手が右中間に二塁打を放って出塁すると、次のヒメネス選手は空振り三振に倒れてしまうも、糸井選手は敬遠されて一死一二塁。
しかしここは続く代打坪井選手がセカンドにゴロを放ってしまうと、これが4-6-3のダブルプレーとなってしまってこの回を終えてしまった。

【12回表】
日本ハムのバッテリーが宮本投手と大野選手へと交代したこの回は、まず鳥谷選手をファーストゴロで一死とするも、金本選手には左中間に二塁打を打たれて一死二塁とされ、ここで日本ハムは更にピッチャーを江尻投手とへ交代。
するとこの場面、江尻投手はまず新井選手をピッチャーゴロで二死とすると、次の桧山選手は敬遠で歩かせるが、ここは続く大和選手を空振り三振で切って取り、これでまずは日本ハムのこの試合での負けを無くした。

【12回裏】
泣いても笑っても本当に最後の回となるこの回の攻撃は、阪神5番手の渡辺投手に対し、まず金子誠選手が空振り三振で倒れてしまうも、次の金子誠選手がセカンド大和選手のエラーで出塁すると、これを森本選手が確実に送って二死二塁。
するとここから、まず次の稲葉選手が敬遠されて二死一二塁となると、続く高橋選手に対しても渡辺投手はストライクが1球も入らず、ストレートの四球で二死満塁。
しかしこの場面、次の小谷野選手はカウント2-1からの4球目をセカンドフライとしてしまい、これで勝敗を決することなく試合終了となった。


延長12回の激闘は、5時間6分のロングゲームの末に引き分けとなった。

先発の武田勝投手は、初回からいきなり3本のヒットを集中されるなどして2点を先制されてしまうも、2回以降は粘りのピッチングを見せた。
しかし5回に入って鳥谷選手にタイムリーを打たれ、これで3点目を失うと、その回のみで降板となり、今日は5回を投げて、打者23人に対して113球、被安打6、与四死球3、奪三振6、失点3の内容。
そして打線が逆転し、4−3で迎えた8回には3番手の林投手が金本選手に一発を浴び、これで同点とされてしまった。
しかしその後の9回からは12回まで武田久投手、宮西投手、建山投手、宮本投手、江尻投手とリレーすると、それぞれが走者を出してしまうピッチングながらも要所を締めての無失点でつなぎ、何とか阪神に勝ち越しは許さなかった。

また、守備の面でも11回表二死二塁の場面から、葛城選手にレフト前にヒットされると、これで二塁走者に三塁を回られてしまうも、これをレフト森本選手がレーザービームで本塁でタッチアウトとするなど、日本ハムらしい堅守も光った。

打撃陣は、いきなり先制点を奪われた直後の1回裏に高橋選手のタイムリーで1点を返すと、その後は5回には稲葉選手、高橋選手の連続タイムリー。そして6回には鶴岡選手の犠牲フライで計4点を挙げるも、その後はあと1本が出ない苦しい展開となってしまった。
特に同点に追いつかれてしまった8回以降は、9回からの4イニングでヒットはわずかに1本のみと、終盤のひと押しがなかった。
また、最後の12回裏にも、ノーヒットながらもエラーや四球なとで二死ながらも満塁と最後にして最大の盛り上がりの場面を迎えたが、ここもあと1本が出ずに試合を勝利で終わらせることが出来なかった。

しかしそんな中でも、4番の高橋選手はタイムリー2本で2打点のマチル安打を記録。
また、3番の稲葉選手も2安打と2四球で4度の出塁を果たしたものの、この後続がなかなか続くことが出来ず、結局
最後まで決定打が出ることはなかった。


高橋選手のコメント
 (1回裏、レフト前タイムリー)
稀哲の盗塁のおかげです。結果は気にせずに積極的に打ちにいったのが良かったと思います。
 (5回裏、センター前タイムリー)
甘い球が来たら積極的にいくつもりでした。まだ同点ですし、この後もしっかり集中していきます。

稲葉選手のコメント (5回裏、レフト線タイムリー二塁打)
賢介も走って得点圏に行ってくれたし、阪神の応援がすごいので、それで燃えていました。

武田勝投手のコメント
毎回走者を出してしまったことに表れるようにリズムが悪く、チームに迷惑をかけてしまいました。調子自体は悪くなかったので、次回の登板は初めからしっかり腕を振って行きたいと思います。

鶴岡選手のコメント (6回裏、ライト犠飛)
おいしい場面で廻ってきたので初球から思い切っていこうと思っていました。でも追い込まれてしまったので、外野フライ狙いに切り替えました。最低限の仕事は出来たので良かったです。

林投手のコメント (1回1/3、打者5、19球、被安打1、与四死球0、奪三振2、失点1)
スライダーが甘く入った。残念。あそこで甘く入ってしまったのは僕のミス。僕1人のせいで勝てなかったと思っています。申し訳ないです。

森本選手のコメント (11回表、レフトから本塁へ好返球)
三塁を回ってくれたらラッキーと思っていた。

江尻投手のコメント (2/3回、打者3、16球、被安打0、与四死球1、奪三振1、失点0)
ああいう場面で使ってもらってうれしい。梨田監督が2度もグータッチしてくれた。

梨田監督のコメント
リードされて追いついて、そして追いつかれて。5時間以上戦って引き分けというのは良くやったといったらいいのか、勝つべきだったのか。。。試合を見ていてくれた人に判断はお任せします。勝はなんだかつかみどころのないピッチングでしたね。相手は17安打で4点。相手のミスにも助けられてこっちは9安打7四球で4点。お互い様だね。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0531b.jpg
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(28)

顔アイコン

セットアッパー陣の活躍があっての引き分けですかね。良く投げきってくれました。あまァ。これでもかァ!という感じで投手を使えるチームの凄さですかね。
引き分けでしたが、見ていても充分な試合だったと思います。

2009/5/31(日) 午後 11:03 [ - ]

顔アイコン

2時ちょっとすぎに途中経過を見たら早くも0−2。
で、7時ちょっと前に結果を見ようと思ったらまだ試合が終わっていない。
テレビでは見れませんでしたが、すごい試合だったようですね。

2009/5/31(日) 午後 11:06 [ - ]

長い試合でしたね。

2009/5/31(日) 午後 11:15 kachu

厳しい試合でしたね。

2009/5/31(日) 午後 11:54 ヒロ

お互いに点が入らなかったですね。
阪神の17安打4点はひどいですね。

2009/6/1(月) 午前 0:00 かおしかく

顔アイコン

お互いに痛み分けですね。

2009/6/1(月) 午前 0:08 [ golfer13131313 ]

結果論ですが、よりよってなんでこんな長い試合を13時からじゃなく、14時からやったんですかね。

2009/6/1(月) 午前 0:17 たか

まぁ負けなかっただけ良かったかなと。

2009/6/1(月) 午前 0:42 こーじ

顔アイコン

スタンドで見ていた人、お疲れ様でした。

2009/6/1(月) 午前 1:10 [ fightersletsgo ]

金本とか藤川とか、いいとろこでいい仕事をされてしまいましたが、やっぱり両チームともに決め手がなかったですね。

2009/6/1(月) 午前 2:05 たのさん

顔アイコン

長かったぁ

2009/6/1(月) 午前 2:46 [ fighters_second_wisdom ]

またサヨナラホームランってことにはならなかったですね。

2009/6/1(月) 午前 7:38 りっこ

顔アイコン

最後に1本欲しかったですね。

2009/6/1(月) 午前 10:05 アロハ

(-_-)zzz<疲れた

2009/6/1(月) 午前 10:14 おかお

引き分けでしたか。

2009/6/1(月) 午後 0:27 あい

顔アイコン

激闘だったんですね。

2009/6/1(月) 午後 2:52 [ 昼下がりのみかん星人 ]

顔アイコン

でも、勝てた試合でしたね。

2009/6/1(月) 午後 3:02 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

1アウト1,2塁でテレビ放送が終わり、夜のニュースで4−4の引き分けという結果をしりました。その間の経過が知りたかったのですが、あなたのブログで詳しく知ることができました。初めてのアプローチでしたが感謝しています。有難うございました。昨日6月1日に長野に帰りました。今後もお世話になります。よろしくお願いします。
なお、前の晩の試合はドームで観戦しましたが、阪神にエラーが多く緊張感がイマイチでした。

2009/6/2(火) 午後 9:05 [ chi*e*ke*zo ]

顔アイコン

6/6付けのヤフーのトップに、金本に代走というニュースが出てますね。
放送局は伏せてますが、実況アンウンサーが金本に代走を出さないか聞いたと・・・
アナウンサー失格ですね。そういう風に知識もなく実況をやる人には二度と出てほしくないです。

2009/6/6(土) 午後 3:14 [ sapooro_love_story_2005 ]


金本に代走・・・
あり得ないですね。
どこの局か知らないですが、そんな程度のアナウンサーであれば干すべきでしょう。

2009/6/7(日) 午後 11:40 mogu

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事