やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今日の試合で交流戦もちょうど半分。
ここを日本ハムが勝利していい形で後半戦に突入するか、それとも広島東洋が連勝を「8」へと伸ばすか。
この試合の先発は、日本ハムがスウィーニー投手。広島東洋がルイス投手。

【1回表】
スウィーニー投手の立ち上がりは、梵選手をライトライナー、東出選手をショートゴロ、赤松選手をレフトフライと、まずは三者凡退。

【1回裏】
初回の攻撃は、田中賢選手が空振り三振、森本選手がサードゴロ、稲葉選手が空振り三振と、初回は両投手共に三者凡退の立ち上がりとなった。

【2回表】
栗原選手をショートゴロ、嶋選手をレフトフライで二死とすると、次のマクレーン選手にはサードに内野安打されてしまうも、ここは続く岩本選手を空振り三振でこの回を終わらせた。

【2回裏】
先頭の高橋選手がサードへの内野安打で出塁すると、これを糸井選手がしっかりと送って一死二塁としたものの、ここは小谷野選手が空振り三振、ヒメネス選手がピッチャーゴロで続けず。

【3回表】
この回はまず石原選手をセカンドゴロで一死とすると、小窪選手にはセンター前にヒットを打たれてしまうも、次の梵選手はショートゴロとして二死一塁。
しかしここから続く東出選手の打席ではスウィーニー投手のワイルドピッチで走者に二塁へと進まれてしまうと、ここで東出選手にはレフト前にタイムリーヒットを打たれてしまい、これでまずは広島東洋に先制点。
この後なおも二死一塁からは赤松選手をショートフライで三死としたものの、この回は東出選手のタイムリーで、0−1とまずは広島東洋にリードを与えてしまった。

【3回裏】
ここはまず鶴岡選手が空振り三振に倒れてしまうと、金子誠選手はライト前にヒットを放って出塁も、続く田中賢選手、森本選手いずれも空振り三振で三死となってしまった。

【4回表】
栗原選手をセカンドフライ、嶋選手をセカンドゴロ、マクレーン選手をキャッチャーファールフライで三者凡退。

【4回裏】
この回は稲葉選手が空振り三振で倒れてしまうも、ここからまず高橋選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、糸井選手が右中間への二塁打で続いて一死二三塁。
するとこの場面、次の小谷野選手がセンターに確実に犠牲フライを上げ、これで1点を返して1−1。
この後なおも二死二塁からはヒメネス選手がショートへのライナーで三死となってしまっちたが、この回は小谷野選手の犠牲フライによる1点で、1−1の同点へと追いついた。

【5回表】
先頭の岩本選手にセンター前にヒットを打たれてしまうも、次の石原選手をショートゴロで6-6-3のダブルプレーとすると、続く小窪選手は空振り三振としてこの回を終わらせた。

【5回裏】
鶴岡選手が空振り三振、金子誠選手がライトフライで二死となってしまうと、ここから次の田中賢選手は振り逃げで塁に出ると、更に盗塁を決めて二塁へと進塁するも、ここは続く森本選手がサードゴロで三死となってしまった。

【6回表】
この回はまず梵選手をセンターフライで一死としたものの、次の東出選手にセンター前にヒットを打たれてしまうと、赤松選手にはサードの前にセーフティーバントを決められてしまい、これで一死一二塁。
するとこの場面、スウィーニー投手は次の栗原選手をフルカウントから四球で歩かせ、これで一死満塁としてしまうと、続く嶋選手にはレフトに犠牲フライを上げられ、これで1点を奪われて1−2。
この後なお二死一二塁からは、マクレーン選手に対しても四球を与えてしまい、これで再び満塁のピンチを迎えてしまったが、ここは続く岩本選手を空振り三振としてようやくこの回を終わらせた。
しかしこの回は嶋選手の犠牲フライで1点を奪われ、これで1−2と再び広島東洋にリードを許してしまった。

【6回裏】
再び勝ち越されてしまった直後の攻撃は、まず先頭の稲葉選手が死球を受けて塁に出ると、高橋選手のショートゴロの間に進塁して一死二塁。
するとこの場面、次の糸井選手がセンター前にヒットを運ぶと、この当たりで二塁から稲葉選手が一気に生還し、これで2−2の同点。
この後なおも一死一塁からは、次の小谷野選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに倒れてしまったが、この回は糸井選手のタイムリーで1点を返し、これで2−2と再び同点へと追いついた。

【7回表】
日本ハムのピッチャーが2番手の菊地投手へと交代したこの回は、まず石原選手、小窪選手から連続で空振り三振を奪うと、次の梵選手にはライト前にヒットされてしまうも、ここは続く東出選手をセンターフライとして、好リリーフでこの回を終わらせた。

【7回裏】
ここはヒメネス選手が空振り三振、鶴岡選手がライトフライ、金子誠選手がサードゴロで三者凡退。

【8回表】
この回は日本ハム3番手の建山投手が、赤松選手をショートゴロ、栗原選手を空振り三振、嶋選手をセカンドゴロで三者凡退。

【8回裏】
広島東洋のピッチャーがルイス投手から2番手の横山投手へと交代したこの回は、まず先頭の田中賢選手がストレートの四球を選んで塁に出ると、森本選手の打席での一塁への牽制球が悪送球となる間に田中賢選手は一気に三塁へと進塁。
するとここで森本選手は痛烈な当たりで三塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、これで3−2とこの試合初めて日本ハムが勝ち越し。
ここから稲葉選手がライト前にヒットを放って一死一三塁としたところで、ピッチャーは3番手の梅津投手へと交代も、これに対して高橋選手がバットにチョコンと当てた打球が一二塁間に跳ねてセカンドへのタイムリー内野安打となって4−2。
そして更に続く糸井選手の打席では一塁走者の高橋選手が盗塁で二塁へと進むと、ここで糸井選手はの真ん中に入ってきたストレートを右中間スタンドへと運び、これで一挙3点を追加して7−2。
この後走者がいなくなってからは、小谷野選手がショートゴロ、代打の坪井選手がショートフライで二死となってしまうと、続く鶴岡選手もここで交代の林投手の前にセンターフライで三死となってしまったが、この回は森本選手、高橋選手のタイムリーと糸井選手の3ランホームランで計5点を挙げ、これで7−2と一気に広島東洋を突き放した。

【9回表】
5点のリードで迎えた最終回は、4番手の江尻投手が、マクレーン投手をショートゴロ、岩本選手をレフトフライ、石原選手を空振り三振と、見事三者凡退で終わらせて試合終了とした。


終盤8回裏の打線の爆発により、1点を争う試合を決すると共に、広島東洋の連勝を「7」でストップさせた。

先発のスウィーニー投手は、6回を投げて、打者25人に対して115球、被安打6、与四死球2、奪三振3、失点2。
今日は無難な立ち上がりを見せると、3回には1点こそ失ったものの、その後も要所を締めるピッチングだった。
そんな中で6回にはヒットや四球などで大きく乱れてしまったものの、ここも何とか粘りを見せ、最少失点のみで終わらせ、先発としての役割はしっかりと果たした。
また、これを継いだ菊地投手、建山投手、江尻投手もそれぞれ1イニングをしっかりと無失点でつなぎ、素晴らしい投手リレーとなった。

打撃陣は、ルイス投手の前に7回までで10三振を喫する中、まず1点のビハインドで迎えた4回裏には高橋選手、糸井選手の連打で作ったチャンスから小谷野選手の犠牲フライで同点。
再び1点のビハインドで迎えた6回裏にはルイス投手の牽制悪送球などもあり、糸井選手のタイムリー再び同点。
そして8回裏には田中賢選手の四球に始まり、森本選手、稲葉選手、高橋選手と連打で続くと、とどめに糸井選手の3ランホームランが出た。
個々を見ると、まずは高橋選手が3安打で1打点を挙げると、糸井選手もホームランを含む3安打で4打点と、共に猛打賞。
全体を見ても、少ないチャンスを確実にものにして追い上げると、最後は打線の集中打で試合を決し、投打が噛み合う素晴らしい展開での勝利となった。


小谷野選手のコメント
 (4回裏、センター犠飛)
みんなが作ってくれたチャンスだったので、何とかしたいなと思っていました。最低限でも外野フライという状況で、最低限の仕事は出来たと思います。みんなに感謝です。

糸井選手のコメント
 (6回裏、センター前タイムリー)
打ったのは内寄りのストレート。数少ないチャンスをものにしようと積極的に行きました。次の打席もその姿勢を崩さず臨みたいと思います。
 (8回裏、右中間3ランホームラン)
ちょっとバットの先でしたが当たりは会心でした。稀哲さんが流れを作ってくれて楽に打席に入れました。気持ち、短くバットを持ったのが良かった。一応、自分で考えました。

スウィーニー投手のコメント
いい感じでマウンドに上がることができました。5回まではいいリズムで投球することができましたが、6回にはそのリズムが崩れてしまいました。今日のテンポを次の登板に持ち込めたらいいと思います。
(嶋選手の犠飛については)あそこはコーナーを狙いすぎず、投球をコントロールすることだけ考えて切り抜けるべきだった。ワタシハバカデス。

森本選手のコメント
 (8回裏、レフト線タイムリー二塁打)
結果オーライですね。初球をファールしてうまく調整できました。最近練習では調子がいいのですが、試合で結果が出ないということが続いていて、あのファールで最近ちょっと小さくなりすぎていたかなと思い外野フライとか気にしないで思いっきり振ろうと思いました。ノーアウト三塁だったので、思いっきり振って飛んだところが悪くて点が入らなくても次の稲葉さんがどうにかしてくれるだろうと思っていたので。強い当たりのボールは久々でした。先が続いていきそうなヒットでした。
野球っておもしろいな。信二さんみたいにヒットを打っても、1本打っただけでお立ち台ですから。

梨田監督のコメント
スウィーニーの状態は悪くなかったとは思うんだけど6回にいきなりピンチを作って、変えようか迷ったんだけれども、2失点に抑えてくれました。7回まで好投していたルイスが降板して、糸口が見えていなかっただけにきっかけになるかなと思っていましたが、まさかあそこで5点入るとは思いませんでしたね。糸井は賢介や稲葉がてこずっていたボールをいとも簡単に打ち返していたね。交流戦も折り返しですが、1試合ずつ乗り切っていくしかありません。明日からも新しい気持ちで試合に臨みたいと思います。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0603b.jpg
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(21)

顔アイコン

糸井がすばらしい!

2009/6/3(水) 午後 11:23 [ - ]

顔アイコン

大きな連敗をしないのが今年の強さですよね

2009/6/3(水) 午後 11:44 [ NIKE ]

やっぱり強い

2009/6/3(水) 午後 11:54 みく

顔アイコン

8回裏が気持よかったです。

2009/6/4(木) 午前 0:14 りんご

やっぱり糸井はいい選手になりましたね。

2009/6/4(木) 午前 0:26 かおしかく

糸井が素晴らしい活躍でしたね。

2009/6/4(木) 午前 0:58 mogu

1時間の中継しかなかったですけど、いいところ全部見れました。

2009/6/4(木) 午前 1:05 [ ぶた ]

顔アイコン

やっぱり今日は糸井ですね。

2009/6/4(木) 午前 1:13 [ golfer13131313 ]

糸井には本当にしびれました。

2009/6/4(木) 午前 1:33 たか

糸井は野球もうまいし、かっこいいし、結婚してほしいです。

2009/6/4(木) 午前 2:04 どんぐり

中継が8時から9時ってありえない。
と、自分も思ってましたが、今日はうまいことハマリましたね。

2009/6/4(木) 午前 2:27 ヒロ

顔アイコン

糸井がすごすぎました。

2009/6/4(木) 午前 2:49 [ fighters_second_wisdom ]

稀哲もこれで復調してほしいですね。
糸井といいポジション争いをしてほしいです。

2009/6/4(木) 午前 5:01 たのさん

気持のいい試合でした。

2009/6/4(木) 午前 7:42 りっこ

顔アイコン

HBCウケる・・・・・・

2009/6/4(木) 午前 8:54 アロハ

\(゜ロ\)(/ロ゜)/<祝・規則正しい生活

2009/6/4(木) 午前 9:49 おかお

顔アイコン

このお立ち台に立った森本と糸井はこれからもいいライバルになりそうですね。

2009/6/4(木) 午前 10:24 [ ilo*ene*yor**005010* ]

勝ってよかったです。

2009/6/4(木) 午前 11:20 あい

最後にきて盛り上がりましたね。
中継短かったですけど楽しめました。

2009/6/4(木) 午後 3:24 [ 昼下がりのみかん星人 ]

顔アイコン

ナイスゲーム

2009/6/4(木) 午後 3:48 [ sapooro_love_story_2005 ]

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事