やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今日からは神宮球場での東京ヤクルトとの2連戦。
この試合の先発は、日本ハムが武田勝投手。東京ヤクルトが川島亮投手。
そして今日の日本ハムは坪井選手を2番レフトでスタメン起用した。

【1回表】
まず初回の攻撃は、田中賢選手が空振り三振で倒れてしまうと、坪井選手、稲葉選手は共にセカンドゴロで三者凡退。

【1回裏】
武田勝投手の立ち上がりは、川島慶選手、福地選手を共にライトフライで二死とすると、青木選手はショートフライで三者凡退と、まずは両投手共に上々の立ち上がりとなった。

【2回表】
ここは高橋選手がセカンドゴロ、糸井選手がセンターフライ、小谷野選手がファーストフライで初回に続いての三者凡退。

【2回裏】
この回は畠山選手をショートゴロ、ガイエル選手を空振り三振、宮本選手をライトフライで、これで武田勝投手も川島亮投手と同じく、初回に続いての三者凡退を奪った。

【3回表】
金子誠選手、大野選手が共にがセンターフライで倒れてしまうと、武田勝投手は見逃し三振で、これで川島亮投手の前に3イニング連続での三者凡退となってしまった。

【3回裏】
ここは田中浩選手、相川選手を連続で見逃し三振とすると、川島亮投手はファーストゴロとし、これで武田勝投手も3イニング続けての三者凡退と、両投手共に序盤を走者を1人も許さない完璧な内容となった。

【4回表】
先頭の田中賢選手がセカンドゴロで倒れてしまうも、次の坪井選手は一二塁間を破ってライト前にヒットし、両チームを通じて初めの出塁。
しかしこの後は、稲葉選手が見逃し三振で二死となってしまうと、高橋選手もレフトフライで倒れてしまい、これでこの回も無得点のまま終わってしまった。

【4回裏】
この回の武田勝投手は、まず川島慶選手をショートライナーで打ち取ると、福地選手はショートゴロ、青木選手はセカンドゴロとし、これで4イニング連続の三者凡退。

【5回表】
糸井選手が空振り三振で倒れてしまうと、小谷野選手、金子誠選手は共にセカンドフライで、この回も三者凡退。

【5回裏】
ここは先頭の畠山選手にライト前へとこの試合初めてのヒットを打たれてしまうと、次のガイエル選手はライトフライで一死としたものの、宮本選手にはレフト前にヒットされて一死一二塁。
しかしこの場面、続く田中浩選手をサードへのゴロとすると、これを5-5-3のダブルプレーとし、これでこの回も無失点のままで終わらせた。

【6回表】
この回は先頭の大野選手が死球を受けて塁に出ると、武田勝投手は確実に送りバントを決めて一死二塁。
するとこの後、田中賢選手がストレートの四球を選んで一死一二塁とすると、続く坪井選手は空振り三振で倒れてしまうも、ここで次の稲葉選手は二遊間をセンター前にヒットを運び、この当たりで二塁から大野選手が生還して、まずは日本ハムが1点を先制。
そしてなおも二死一三塁からは高橋選手が三遊間をレフト前にタイムリーを運び、これで更に1点追加で2−0。
この後は糸井選手がセカンドゴロで三死となってしまったが、この回はノーヒットで作ったチャンスから稲葉選手、高橋選手の連続タイムリーで、まずは日本ハムが2点の先制点を上げることに成功した。

【6回裏】
ようやく援護点をもらった直後の武田勝投手のピッチングは、まず相川選手をライトフライで一死とすると、代打のデントナ選手はレフトフライ、川島慶選手はショートゴロで打ち取り、これでこの試合早くも5度目となる三者凡退とした。

【7回表】
東京ヤクルトのピッチャーが2番手の萩原投手へと交代したこの回は、まず先頭の小谷野選手が死球を受けて出塁すると、次の金子誠選手はカウント1-3から四球を選んで続き、これで無死一二塁としたものの、続く大野選手の送りバントがピッチャー前への小フライとなってしまうと、萩原投手にワンバウンドで処理され、これが1-5-3と渡るダブルプレーとなって場面は二死二塁。
するとこの後は武田勝投手がショートゴロで倒れてしまい、これで三死となってこの回のチャンスを得点へとつなげることは出来ずに終わってしまった。

【7回裏】
ここは福地選手をライトフライ、青木選手を空振り三振、畠山選手をショートゴロで三者凡退。

【8回表】
この回は東京ヤクルト3番手の木田投手に対し、田中賢選手がライト線に二塁打を放って出塁すると、次の坪井選手がショートゴロに倒れる間に田中賢選手は三塁へと進塁。
するとこの場面、稲葉選手はフルカウントから四球を選んで一死一三塁となると、ここで続く高橋選手は初球をセンターへと確実に犠牲フライを上げ、これで三塁走者の田中賢選手がゆっくリと生還して3−0。
この後なおも二死一塁からは糸井選手が見逃し三振で三死となってしまったが、この回は高橋選手の犠牲フライで貴重な1点を追加し、これで3−0とリードを広げた。

【8回裏】
この回は先頭のガイエル選手をショートゴロとしたところで、ここまで好投の武田勝投手に代えて、2番手で建山投手が登板。
するとここは、建山投手がまず宮本選手をセカンドゴロで打ち取ると、代打のユウイチ選手にはライトフェンス直撃の二塁打を打たれてしまうも、続く川端選手のライトへ線への当たりを稲葉選手が見事なダイビングキャッチでこれを抑え、これでこの回を無失点のまま終わらせた。

【9回表】
ここは東京ヤクルト4番手の橋本投手に対し、小谷野選手が空振り三振、金子誠選手がライトフライ、大野選手がサードゴロで三者凡退。

【9回裏】
3点のリードで迎えた最終回は、日本ハム3番手の武田久投手が、まず代打の武内選手をセンターフライで一死とすると、川島慶選手をショートゴロ、福地選手をレフトフライとしっかりと三者凡退で切って取って試合終了とした。


武田勝投手の快投で勝利し、これでパ・リーグ30勝1番乗りとなり、同時に交流戦での勝敗も7勝7敗1分と5割に戻した。

先発の武田勝投手は、序盤からしっかりとボールが低めに集目、いきなり4イニング連続で三者凡退の素晴らしい立ち上がりを見せると、5回裏にはヒット2本を打たれるも、その後も無失点ピッチングを続けて、結局は7回1/3を投げ、打者23人に対して85球、被安打2、与四死球0、奪三振4で無失点と、実に6度の三者凡退を数える完璧な内容。
しかしそんな中で、武田勝投手は8回裏の先頭打者を打ち取った時点で交代を告げられ、これでピッチャー建山投手へと交代となると、二死二塁の場面を迎えてしまうも、ここはライト稲葉選手の好守によって無失点とし、最終回も武田久投手がしっかりと三者凡退で締めての完封リレー。
だがやはり武田勝投手は降板時点で、球数からいっても明らかに余力を残しており、プロ初の完封も望めただけに少し残念な気持ちも残る交代だった。

打撃陣は、東京ヤクルト先発の川島亮投手の前に序盤は3イニング連続での三者凡退と倒れると、なかなかチャンスを作れないでいたが、そんな中で6回表には四死球で作った無死一二塁から、武田勝投手がしっかりと送りバントを決めると、3番稲葉選手、4番高橋選手の連続タイムリーで2得点。
そして8回表にも高橋選手の犠牲フライで3−0とした。
ヒットの数はわずかに4本と少なかったものの、その少ないチャンスをしっかりと生かした内容でだった。

また、8回裏には2番手の建山投手が二死二塁から、代打の川端選手にライト線への当たりを打たれるも、これを稲葉選手が全力疾走の上でのダイビングキャッチの超ファインプレーでこのピンチを守り抜き、また、マスクをかぶった大野選手も終始素晴らしいリードを見せて、バックもこの完封リレーをしっかりとアシストした。


稲葉選手のコメント
 (6回表、センター前タイムリー)
勝がリズムよくいい投球をしてくれていましたし、彼がきっちりバントを決めてチャンスメイクしてくれましたので、何とか援護したという気持ちで打席に入りました。カウント2−3からのフォークは頭にあったので、うまく反応出来たと思います。
 (8回裏、ダイビングキャッチで好守)
よくグラブに入ったねえ。勝ちたい一心で飛び込みました。

高橋選手のコメント
 (6回表、レフト前タイムリー)
打ったのはフォークだと思います。当たりは悪かったですが、いいところに飛んでくれました。積極的に初球から打ちに行ったのが結果に繋がったのかと思います。
 (8回表、センター犠飛)
打てる球はとにかく打ってやろうという気持ちでいました。足の速いランナーが三塁にいたので、バットに当てれば何とかなると思って行ったのがよかったんじゃないでしょか。

武田勝投手のコメント
今日はボールを低めに集めることが出来てうまく打ち取らせることができました。とりあえずほっとしました。

梨田監督のコメント
今日の勝はほぼ完璧な投球だったね。すいすいとテンポ良くバッターのタイミングをずらす素晴らしい形でした。完投も考えたんやけどね、建山も久も間隔があいていたからね。一番良い形で繋げられました。昨日ダルで負けているから今日の勝ちは大きい。稲葉のナイスプレーも光っていたね。ハムらしい勝ち方でした。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0607b.jpg
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

閉じる コメント(24)

またまた強いですね。

2009/6/7(日) 午後 10:02 DAIGO_HAPPYDAYS

顔アイコン

面白い試合でした。

2009/6/7(日) 午後 10:43 [ てりー ]

梨田の采配にブーイングです。

2009/6/7(日) 午後 10:57 kachu

三者凡退ばっかりですごいですね。

2009/6/7(日) 午後 10:58 みき

おめでとうーーー

2009/6/7(日) 午後 11:16 [ nana tanimura ]

顔アイコン

この武田勝の交代は、100歩譲っても驚きでした。
確かに建山、久も登板間隔が開いていたかもしれないですが、使うの、ここじゃないでしょう!

2009/6/7(日) 午後 11:23 [ fightersletsgo ]

やっぱり皆さんと同じく、自分も武田勝の交代のタイミングに疑問を感じずにはいられませんでした。
爪とかに影響が出たわけでもないというのに、どうしてもう少し投げさせてあげられないのか。
武田勝をこれ以上信頼できないというのか。
監督としての資質の問題だと思います。

2009/6/7(日) 午後 11:39 mogu

顔アイコン

試合に勝ってもモンクを言われる瞑監督なんざそうはいません。
『F'sは戦力あり!上手くやれば.....』を見越して来たヒトですからねェ〜。

2009/6/7(日) 午後 11:40 [ - ]

顔アイコン

ホントそうですね。
勝ってモンクを言われる・・・。
まさに瞑監督です。

ネットニュースで見ましたが、この瞑監督は昨日は夜遅くまでサッカーを見ていたそうです。
見るのはいいですが、報道陣に対してそれで「疲れた」なんて言うのは、まさに瞑監督のなせるわざだと思います。

2009/6/7(日) 午後 11:58 [ - ]

こんなことなら明日からは自分が監督をやります。

2009/6/8(月) 午前 0:09 こーじ

武田勝の好投ももちろんですが、8回の稲葉のファインプレーもチームを救いましたね。
もしあそこで失点していたら、なおも二死二塁というところから同店もあり得ましたからね。

2009/6/8(月) 午前 0:34 ヒロ

監督がタワケでも、いい選手がいればいい成績は出せる。
完全にそうだといいんですが。

2009/6/8(月) 午前 0:56 たか

顔アイコン

梨田、去れ

2009/6/8(月) 午前 1:34 [ さとうゆういちろう ]

ちょっと大げさになるかもしれないですが、日本シリーズで完全試合がかかっているのに9回を投げさせてもらえなかった山井投手と落合監督の関係性と同じに見えました。

2009/6/8(月) 午前 2:42 たのさん

顔アイコン

残念な監督ですね。

2009/6/8(月) 午前 9:39 [ ilo*ene*yor**005010* ]

なんだかスイス〜イって感じで試合が終わりましたね。

2009/6/8(月) 午前 9:48 りっこ

やっぱり稲葉さんはすごいですね。

2009/6/8(月) 午前 10:26 あい

(*^^)v<すごいっ!

2009/6/8(月) 午前 11:19 おかお

顔アイコン

ば、ば、ば〜、ばかなしだ〜

2009/6/8(月) 午前 11:28 アロハ

顔アイコン

梨田の罷免を要求します。

2009/6/8(月) 午後 2:19 [ sapooro_love_story_2005 ]

開く トラックバック(17)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事