やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

ついに今季の交流戦もこの試合が最終試合となった。
リーグ戦再開に向けて勢いをつけていく為にもここは絶対にここは勝利で終わりたい。
そんなこの試合の先発は、日本ハムが糸数投手。広島東洋が前田健投手。

【1回表】
まず初回の攻撃は、田中賢選手がライトフライ、糸井選手が見逃し三振、稲葉選手がショートゴロで三者凡退。

【1回裏】
糸数投手の立ち上がりは、まず梵選手はサードゴロで打ち取るも、東出選手を四球で歩かせると、赤松選手のセカンドゴロの間に進塁されて二死二塁。
するとこの後、次の栗原選手に対しても四球を与え、これで二死ながらも一二塁とピンチを広げてしまったが、ここは続く喜田剛選手を見逃し三振で三死とし、これで何とか初回のピンチを無失点で乗り切った。

【2回表】
先頭の高橋選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、次のスレッジ選手はファーストにゴロを放ってしまうも、これは栗原選手が一塁ベースを踏んでから二塁へと送球するも、これが悪送球となり、このボールが外野へと転がる間に一塁走者の高橋選手が一気に三塁へと進塁。
するとこの場面、次の小谷野選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、これでまずは日本ハムが1点を先制。
この後なおも一死一塁からは、金子誠選手が見逃し三振、大野選手がレフトフライで三死となってしまったが、この回は相手の守備の乱れから広がったチャンスで小谷野選手がタイムリーを放ち、まずは1−0と日本ハムが先制点を挙げた。

【2回裏】
この回はまずマクレーン選手を死球で歩かせてしまうと、末永選手にはセンター前にヒットされて無死一二塁。
しかしこの場面はまず石原選手をショートフライで一死とすると、前田健投手の送りバントもキャッチャーへのゴロとなって二死一二塁とし、更に続く梵選手もセカンドゴロで打ち取ってこのピンチも無失点のまま切り抜けた。

【3回表】
ここは糸数投手が見逃し三振で一死となるも、次の田中賢選手がセンター前ヒットで出塁すると、これに糸井選手がライト前ヒットで続いて一死一二塁。
するとこの後、次の稲葉選手は空振り三振で二死となってしまったものの、ここで続く高橋選手がセンター前にタイムリーを放ち、これで1点追加で2−0。
この後なおも二死一二塁からはスレッジ選手がショートゴロで三死となってしまったが、この回は高橋選手の8試合連続打点となるタイムリーで1点を挙げ、これで2−0とリードを広げた。

【3回裏】
この回はまず先頭の東出選手にライト前にヒットを打たれてしまうと、ここから赤松選手をサードフライ、栗原選手をショートライナーで二死としたものの、続く喜田剛選手にはライトスタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これで2−2の同点。
この後二死走者無しからはマクレーン選手をセカンドフライで三死としたが、この回は喜田剛選手のホームランより、2−2と試合を振り出しへと戻されてしまった。

【4回表】
先頭の小谷野選手がレフト前ヒットで出塁すると、これを金子誠選手が送って一死二塁。
するとこの場面、次の大野選手のファーストゴロの間に小谷野選手が更に三塁へと進塁も、ここは代打の坪井選手がセカンドゴロで倒れ、得点へとつなげることは出来なかった。

【4回裏】
日本ハムのマウンドに2番手で林投手が登板のこの回は、まず末永選手をショートフライで一死とするも、次の石原選手にセンター前にヒットを打たれると、前田健投手には送りバントを決められて二死二塁。
するとこの後、林投手はまず梵選手を四球で歩かせて二死一二塁としてしまうと、東出選手のライト前へのヒットで二塁走者の石原選手に生還されて2−3。
そして更にこの送球の間に走者にそれぞれ進塁されて二死二三塁とされてしまうと、ここで続く赤松選手にはライト前に2点タイムリーとなるヒットを打たれてしまい、これで更に2点を失って2−5。
この後なおも二死一塁からは、次の栗原選手の打席で一塁走者の赤松選手の盗塁を刺してようやく三死としたが、この回は二死からの東出選手と赤松選手のタイムリーによって3点を奪われ、これで2−5と勝ち越しを許してしまった。

【5回表】
ここは田中賢選手根糸井選手が共に空振り三振で倒れてしまうと、稲葉選手は見逃し三振で三者凡退。

【5回裏】
栗原選手をライトフライで一死とすると、喜田剛選手、マクレーン選手は共に空振り三振としての三者凡退。

【6回表】
この回はまず高橋選手がレフト線に二塁打を放って塁に出ると、次のスレッジ選手が左中間にタイムリー二塁打を放ち、これでまず1点を返して3−5。
そしてこのあと無死二塁からは、まず小谷野選手のセカンドゴロの間にスレッジ選手が二塁から三塁へと進塁すると、次の金子誠選手はセカンドライナーで二死となってしまうも、続く代打の二岡選手のサードへの内野安打がタイムリーとなって4−5。
そして更になおも二死一塁から、代打のボッツ選手がライト線に二塁打を放つと、この当たりで一塁走者の二岡選手が長駆生還し、これで5−5の同点。
この後二死二塁からは田中賢選手がショートフライで三死となってしまったが、この回はスレッジ選手、二岡選手、ボッツ選手の3本のタイムリーで3点を返し、これで5−5の同点へと追いついた。

【6回裏】
日本ハムのバッテリーが武田勝投手と鶴岡選手へと交代したこの回だったが、いきなり先頭の末永選手にレフト前にヒットを打たれると、石原選手の送りバントで一死二塁。
この後、代打の緒方選手はセンターフライで二死としたものの、次の梵選手にはレフトスタンドに2ランホームランを叩き込まれ、これで5−7と再び広島東洋が勝ち越し。
この後走者がいなくなってからも、次の東出選手にセンター前にヒットを打たれると、ここでピッチャーが江尻投手へと交代も、次の赤松選手にもセカンドに内野安打されて二死一二塁。
しかしここは続く栗原選手をサードへのライナーで打ち取り、これで何とかこの回を終わらせたものの、この回は梵選手のホームランによってまたも広島東洋にリードを許してしまった。

【7回表】
この回は広島東洋2番手のシュルツ投手に対し、まず糸井選手がショートゴロで倒れてしまうも、次の稲葉選手はライト前ヒットで出塁すると、高橋選手のショートゴロの間に進塁して二死二塁。
するとここから続くスレッジ選手が四球を選び、これで二死ながらも一二塁とチャンスを広げたが、ここは小谷野選手がサードライナーで倒れて三死となってしまった。

【7回裏】
ここは続投の江尻投手が、喜田剛選手を空振り三振、マクレーン選手を見逃し三振、末永選手を見逃し三振と、3者三振で三者凡退。

【8回表】
金子誠選手がレフトフライ、鶴岡選手がピッチャーゴロで二死となってしまうと、ここで代打の稲田選手はセンター前にヒットを放って出塁も、次の田中賢選手が見逃し三振で続けず。

【8回裏】
この回は日本ハム4番手の宮西投手が、まず石原選手をショートゴロで一死とすると、代打の小窪選手は四球で歩かせてしまうも、次の梵選手をキャッチャーファールフライで二死とすると、更に続く東出選手の打席で代走の木村選手の盗塁を刺してこの回を終わらせた。

【9回表】
2点を追っての最終回の攻撃は、広島東洋3番手の永川投手に対し、まず糸井選手が四球選んで塁に出るも、稲葉選手はショートゴロで二塁フォースアウト。
するとここで一塁走者の代走に村田選手が起用されると、次の高橋選手が空振り三振に倒れる間に盗塁を決めて二塁へと進んだが、最後は続くスレッジ選手がセカンドへのゴロに倒れて試合終了となってしまった。


交流戦最終ゲームはシーソーゲームを落とし、有終の美とはならなかった。

先発の糸数投手は、初回、2回といずれもピンチを招きながらも、ここは無失点で乗り切ったが、続く3回には喜田剛選手に2ランを浴びてしまって同点とされると、次の回に代打を出されてそのまま交代。
更に2番手の林投手も登板直後の4回裏にいきなり3点を失ってリードを許してしまった。
その後は一度は味方打線が同点へと追いついたものの、3番手の武田勝投手が梵選手に決勝点となる2ランホームランを打たれてしまうなど、ここまではマウンドに上がるピッチャーがいずれも期待に応えられず。
この後は江尻投手、宮西投手がいずれも無失点でつなぎ、味方打線の援護を待ったものの、それを得ることは出来ずに試合が終わってしまった。

打撃陣は、2回の小谷野選手のタイムリーと、3回の高橋選手のタイムリーで2点を先制すると一度は逆転を許しながらも、6回表には3点のビハインドから、スレッジ選手、二岡選手、ボッツ選手と3本のタイムリーで同点。
しかしその後、投手陣が再び勝ち越しを許してしまうと、これを追いつくことは出来なかった。
個々を見ると、4番の高橋選手がタイムリーを含む3安打で猛打賞を達成し、これで3試合連続での猛打賞で打率を.351まで上昇させると共に、打点も8試合連続と記録を伸ばした。
また他にも小谷野選手が2安打でマルチ安打を記録した他、広島東洋を上回る12安打を放ったものの、ここというところでの後1本が出ない場面が再三あり、チャンスを生かしきれない形で競り負けてしまった。

この交流戦、スタートは読売に2連勝していいスタートを切ったが、終わってみれば12勝11敗1分。
他球場では福岡ソフトバンクが勝利し、リーグ戦再開を前に、同率首位へと再び並ばれてしまう結果となってしまった。


小谷野選手のコメント
 (2回表、センター前タイムリー)
打ったのはスライダー。最低でも犠牲フライと思っていましたが、内野が前進守備ということもあり、いいところに飛んでくれました。

糸数投手のコメント
 (3回、打者15、54杞憂、被安打3、与四死球3、奪三振1、失点2)
自分の中ではここからだという気持ちがあったのですが、ベンチからだと安心して見ていられなかったから変えられたのだと思います。雰囲気を見せながら抑えられなければいけないなと感じました。

スレッジ選手のコメント
 (6回表、左中間タイムリー二塁打)
まっすぐでした。とにかく走者を還すことだけを考えて、初球から思い切って行きました。

二岡選手のコメント
 (6回表、サード・タイムリー内野安打)
2アウトでしたが、走者三塁だったので何でもいいから還したいなと。良い所に飛んでくれました。

ボッツ選手のコメント
 (6回表、ライト線タイムリー二塁打)
チェンジアップでした。幸運もありましたが、代打で同点の二塁打を打つことが出来て嬉しいです。

梨田監督のコメント
4回に声が出なかったのか、外野手同士でお見合いして走者を出し、そこから3点取られる一番悪い形で失点してしまった。勝はこの間の登板も短かったし、この先も4日空くので中継ぎで使いました。交流戦は最低でも勝率5割と考えていたんだけども、まあ最低ラインはクリアしたかな。なぜか分からないけど、ビジターだと勝てなかったね。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0621b.jpg

閉じる コメント(20)

顔アイコン

シュルツをもう少し打てれば。

2009/6/21(日) 午後 8:51 [ のりさん ]

逆転までは良かったですが。

2009/6/21(日) 午後 8:55 かおしかく

最後は勝ちたかったですね。

2009/6/21(日) 午後 9:16 [ ぶた ]

せっかく先発陣の武田勝を中継ぎで出したのにダメでしたね。

2009/6/21(日) 午後 9:37 ヒロ

梨田のアホ。
武田勝は間隔が開いていたからって、この後は休みが何日もあるんだから間隔あくのは全員じゃん。
なのにその言い訳はないだろ!

2009/6/21(日) 午後 10:10 mogu

顔アイコン

交流戦の最初はいいスタートを切りましたが、結局は貯金1でしたね。

2009/6/21(日) 午後 10:22 [ - ]

誰が悪いって言うわけでもないけれど負けは悔しいですね。

2009/6/21(日) 午後 11:47 どんぐり

信二選手がすごいですね。

2009/6/22(月) 午前 0:05 みく

顔アイコン

MOGUさんと同意見なんですけど........。勝率五割でOKとか言っているのもなんか....他のチームならいざ知れず.......。言い訳するならもう少しねェ〜理屈をちゃんとしないと.........。だから『ダジャレの』とダケ言われるのに.......。
レギュラーシリーズを最初から飛ばさないと.........。

2009/6/22(月) 午前 0:21 [ - ]

監督交代を再度要請します。

2009/6/22(月) 午前 0:33 [ 徳川くん ]

顔アイコン

まぁ1こ勝ち越したからいいです

2009/6/22(月) 午前 1:27 りんご

またリーグ戦が始まりますね。

2009/6/22(月) 午前 1:29 たか

顔アイコン

最後は勝てなかったですね。

2009/6/22(月) 午前 1:40 [ fighters_second_wisdom ]

顔アイコン

最後は勝ちたかったです。

2009/6/22(月) 午前 2:02 [ golfer13131313 ]

これから何日が野球がないから淋しいですね。

2009/6/22(月) 午前 2:15 たのさん

最後は何でもいいから勝って締めてほしかったです。
でもまぁ収穫のあった交流戦だったと思います。

2009/6/22(月) 午前 3:46 ヒロ

なんだか監督以外は頑張ってるって評価みたいですね。

2009/6/22(月) 午前 9:24 りっこ

((+_+))<負けたぁ

2009/6/22(月) 午前 9:38 おかお

顔アイコン

3連続タイムリーは良かったです。

2009/6/22(月) 午後 0:48 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

広島の球場はきれいでしたね。

2009/6/22(月) 午後 2:37 [ 昼下がりのみかん星人 ]

開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事