やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

福岡ソフトバンクとの首位決戦3連戦の初戦を落とし、もうこれ以上負けることはできない。
今日の試合の先発は、日本ハムがダルビッシュ投手。福岡ソフトバンクが藤岡投手。

【1回表】
初回の攻撃は、田中賢選手が空振り三振で倒れてしまうも、次の糸井選手はショートへの内野安打で出塁。
しかしここからは続く稲葉選手の打席で糸井選手が盗塁に失敗して二死となってしまうと、稲葉選手もレフトテフライで倒れ、これでこの回の攻撃を終えてしまった。

【1回裏】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、まず本多選手を空振り三振で一死とすると、川選手はショートフライ、オーティズ選手は空振り三振として、三者凡退と上々の立ち上がりとなった。

【2回表】
ここは先頭の高橋選手は死球を受けて塁に出ると、次のスレッジ選手の右中間への二塁打で一塁から長駆生還し、これでまずは日本ハムが1点を先制。
そして更にスレッジ選手が続く小谷野選手のファーストゴロの間に三塁へと進むと、ここで坪井選手がセンター前へとタイムリーを弾き返し、これで更に1点を挙げて2−0。
この後は鶴岡選手が送りバント失敗のキャッチャーゴロで二死となってしまうと、金子誠選手もセカンドライナーで続けずに三死となってしまったが、この回はスレッジ選手、坪井選手のタイムリーで、まずは日本ハムが2点の先制点を挙げた。

【2回裏】
援護点をもらった直後のダルビッシュ投手だったが、この回は先頭の松中選手に右中間スタンドにソロホームランを運ばれてしまい2−1。
しかしこの後はまず小久保選手をキャッチャーファールフライで一死とすると、次の多村選手にはレフト前にヒットを打たれるも、この後は長谷川選手のファールゾーンへのフライをレフト坪井選手がフェンスぎりぎりでのスライディングキャッチの好守で抑えると、次の松田選手もセンターフライで切って取り、これでこの回を松中選手のホームランによる最少失点のみで終わらせた。

【3回表】
この回はまず田中賢選手がストレートの四球を選んで出塁すると、これに糸井選手がセンター前ヒットで続き、いきなり無死一三塁と追加点のチャンスを作ると、次の稲葉選手はレフトフライで一死となってしまうも、続く高橋選手のショートゴロの間に三塁走者の田中賢選手が生還し、これで1点を追加して3−1。
この後なおも二死二塁からはスレッジ選手がピッチャーゴロで三死となってしまったが、この回は内野ゴロの間の1得点で、再びリードを2点へと広げた。

【3回裏】
先頭の田上選手にセンター前にヒットを打たれると、本多選手には送りバントを決められて一死二塁とされてしまったが、この後は川選手をセカンドフライ、オーティズ選手をレフトフライと後続をしっかりと断った。

【4回表】
ここはまず小谷野選手が空振り三振で一死となってしまうと、次の坪井選手はレフト前ヒットで出塁も、続く鶴岡選手の送りバントがピッチャーゴロとなってしまい、1-6-3と渡るダブルプレーとなってしまった。

【4回裏】
松中選手をセンターフライ、小久保選手を空振り三振で二死とすると、次の多村選手は四球で歩かせてしまうも、ここは続く長谷川選手を空振り三振で三死とした。

【5回表】
この回は先頭の金子誠選手がセンター前ヒットで出塁すると、田中賢選手の送りバントはピッチャー使用面へのゴロとなってしまうも、これを藤岡投手が二塁へと悪送球し、ダブルプレー一転無死一二塁のチャンス。
するとここは、次の糸井選手のショートゴロで二塁フォースアウトとなり、一死一三塁へと場面が変わると、続く稲葉選手は三遊間をレフト前へとタイムリーを運び、これで1点を追加して4−1。
そして更になおも一死一二塁からは、次の高橋選手がレフト前にヒットを放つと、この当たりで二塁走者の糸井選手が一気に本塁を狙うも、これは惜しくもタッチアウトとなってしまうと、更に続くスレッジ選手もここで交代の三瀬投手の前に空振り三振に倒れてしまい、更なる追加点とはならなかった。
しかしこの回は稲葉選手のタイムリーで1点を追加し、これで4−1とリードを3点へと広げた。

【5回裏】
ここは松田選手、田上選手、本多選手を3者連続の空振り三振。

【6回表】
小谷野選手が空振り三振、代打の森本選手が見逃し三振、鶴岡選手がショートゴロで三者凡退。

【6回裏】
この回は川選手をピッチャーゴロ、オーティズ選手を空振り三振、松中選手をセンターフライで、前の回に続いて三者凡退とした。

【7回表】
金子誠選手がレフトフライ、田中賢選手がセカンドゴロ、糸井選手が見逃し三振で三者凡退。

【7回裏】
ここはまず小久保選手にレフト前にヒットを打たれると、この打球の処理をレフト森本選手がもたつく間に小久保選手は二塁へと進塁(記録はレフト前ヒットとレフトのエラー)。
するとこの場面、更に次の多村選手のファーストゴロの間に小久保選手には三塁へと進まれてしまったが、この後は長谷川選手をサードゴロ、松田選手をショートゴロと後続をしっかりと断ってこの回を無失点で終わらせた。

【8回表】
この回は福岡ソフトバンク3番手の佐藤投手に対し、まず稲葉選手がライト線に二塁打を放って出塁すると、高橋選手のセカンドゴロの間に三塁へと進塁。
するとこの後、次のスレッジ選手はファーストゴロで二死となってしまうも、続く小谷野選手はレフト前へとタイムリーを弾き返し、これで1点を追加して5−1。
この後なおも二死一塁からは、森本選手がレフト前にヒットを放って二死一二塁とチャンスを広げたが、ここは鶴岡選手がセカンドゴロで三死となってしまった。

【8回裏】
ここは田上選手をピッチャーゴロ、本多選手をファーストゴロ、川選手をレフトフライで三者凡退。

【9回表】
先頭の金子誠選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、田中賢選手が四球を選んで無死一二塁としたところで、次の糸井選手がレフト前にタイムリーを弾き返し、これで二塁から代走の村田選手が生還して6−1。
そして更になおも無死一二塁から、続く稲葉選手がライトスタンドに3ランホームランを叩き込み、これで更に3点を追加して9−1。
この後は、まず飯山選手が四球を選んで塁に出るも、スレッジ選手がセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー。
更にここから小谷野選手がセンター前ヒットで出塁も、森本選手がサードゴロで三死となってしまったが、この回は糸井選手のタイムリーや稲葉選手のホームランなどで一挙4点を追加し、これで9−1と得点差を大きく8点とした。

【9回裏】
大量リードの展開ながらもそのまま最終回のマウンドへと上がったダルビッシュ投手は、オーティズ選手をショートゴロ、松中選手をライトフライで二死とすると、最後は小斉選手を見逃し三振で三死とし、これで試合終了とした。


エースの好投と打線の爆発で、首位の福岡ソフトバンクを破った。

先発のダルビッシュ投手は、初回を三者凡退で無難に終わらせると、2回には松中選手にホームランを打たれて1点こそ失うも、その後はしり上がりに調子を挙げ、4者連続の空振り三振も奪うなどし、9回を投げ切って、打者32人に対して130球、被安打4、与四死球1、奪三振9、失点1と、今回登板から中6日に戻した成果を早速発揮。
また、試合後のヒーローインタビューでは、「子供、2人目ができました」と、紗栄子夫人の妊娠を発表した。

打撃陣は、まず2回にスレッジ選手、坪井選手のタイムリーで2点を先制すると、続く3回にも内野ゴロの間に1得点。
そして5回には稲葉選手のタイムリーで1点を追加すると、終盤8回には小谷野選手がタイムリーを放ち、更に9回には糸井選手のタイムリーに続いて稲葉選手が3ランホームランを放ち、9得点で快勝。
また、全体で15安打を放つ中で、糸井選手がタイムリーを含む3安打で1打点を挙げれば、稲葉選手はタイムリーとホームランを含む3安打で4打点と共に猛打賞を達成。
更には小谷野選手、坪井選手、金子誠選手も揃って2安打でマルチ安打を記録した。

しかしそんな中で鶴岡選手は第1打席、第2打席と立て続けに送りバントを失敗。
また、田中賢選手も結果的に相手のエラーで出塁こそしたものの、第3打席で送りバントを失敗と、日本ハムらしくないミスも続出。
他にも森本選手が6回表に代打で登場もストライクを3つ見逃しての三振に倒れてしまうと、7回裏には守備でもエラーを記録するなどし、ヒットも1本放ちはしたものの、またレギュラーの座が遠のくような結果となってしまった。


スレッジ選手のコメント
 (2回表、右中間タイムリー二塁打)
まっすぐ以外の球を狙って、少し甘めに入ったスライダーを捉えられました。前回対戦した時の事を覚えていたので、ボールの軌道を見極められていたと思います。

坪井選手のコメント
 (2回表、センター前タイムリー)
久しぶりのスタメンで、球種とかコースを見極める余裕もなかったのですが、栄一が進塁打を打ってくれたので、最低でも犠牲フライでという気持ちでした。

稲葉選手のコメント
 (5回表、レフト前タイムリー)
前の打席のチャンスで打てなかったのですが、同じようなチャンスを作ってくれたので何とかしようと思っていました。ダルも頑張っていたので、援護出来て良かったです。
 (9回表、ライト・3ランホームラン)
打ったのはカットボール。集中力を持って打席に入れました。リードは何点あってもいいものなので。

小谷野選手のコメント
 (8回表、レフト前タイムリー)
カットボールでした。当たって良かったです。

ダルビッシュ投手のコメント
いつもどおりのピッチングを心がけた。今日発表すると決めてたので、家族の為にも絶対に完投したかった。嫁さんも2人目が欲しいと言っていた。でも僕のほうがもっと嬉しい。次は女の子がいいかな。でも、それで男の子だとかわいそうなので、どっちでも嬉しいです。第2子が励みになる? ますます頑張らないといけないと思います。

梨田監督のコメント
大きな1勝。ダルビッシュの投球は素晴らしかったね。先取点を取ったのが大きかったし、点のとり方も良かった。ダル先発の時の1点は、重みが違うからね。中6日ということもあってダルビッシュは完投しにいったが、それも予測できたからこそ昨日も思い切ってブルペンを稼動させることが出来た。8回に一度本人の状態を確認しにいったが、最後まで投げきることを希望したのでいかせた。ダルが2人目の子供を授かった? やっぱり彼に似て恰好いいんだろうな。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0715b.jpg

閉じる コメント(19)

顔アイコン

やっぱりダルはすごいです。
2人目、おめでとうございます。

2009/7/15(水) 午後 11:46 [ - ]

11勝目と2人目と、おめでとうございまーす!

2009/7/15(水) 午後 11:49 みく

顔アイコン

ナイスゲームだったんじゃないですか。
ダルビッシュはさすがだと思いました。

2009/7/16(木) 午前 0:03 りんご

ダルビッシュ、いろんな意味でおめでとーー

2009/7/16(木) 午前 0:12 どんぐり

打つは打ったけどミスもおおかったし、ちょっと微妙な展開ではありました。

2009/7/16(木) 午前 0:38 かおしかく

とにかく連敗しなくてよかったです。

2009/7/16(木) 午前 0:53 たか

顔アイコン

ダルビッシュは福岡ドームには相性がいいんでしょうか。

2009/7/16(木) 午前 0:56 [ golfer13131313 ]

このまま明日も勝ちましょう。

2009/7/16(木) 午前 1:11 kachu

顔アイコン

またダルに助けられましたね。

2009/7/16(木) 午前 9:45 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

ヤフーめ、どれだけメンテナンス延長してんだ・・

2009/7/16(木) 午前 9:46 [ ilo*ene*yor**005010* ]

ダルビッシュ、サエコちゃんおめてとう

2009/7/16(木) 午前 10:01 りっこ

おめでとうございます。
チビタルの次はなんて呼ばれるんでしょ。

2009/7/16(木) 午前 10:14 おかお

おめでとーーーーーーーーーーー

2009/7/16(木) 午前 10:52 工場長

喜びの伝わってくるニヤニヤお立ち台でしたね。
いいことです。おめでとうございます、

2009/7/16(木) 午前 11:36 たのさん

顔アイコン

夜中のメンテナンスが朝まで続いてちょっとウンザリでした。

ダルビッシュの完投にはそういう意味があったんですね。
まぁどちらにしても中5日ではなく、中6日がいいってことですよ。
2人目。おめでとうございます。

2009/7/16(木) 午後 0:22 [ sapooro_love_story_2005 ]

ダルの照れ顔がかわいかったです。

2009/7/16(木) 午後 3:47 [ 昼下がりのみかん星人 ]

顔アイコン

ダル&さえこさんおめでとう!!

2009/7/16(木) 午後 9:47 アニジャ

顔アイコン

ダルビッシュ、サエコさん、おめでとうございます。

2009/7/17(金) 午前 2:23 [ fighters_second_wisdom ]

顔アイコン

中田翔20HRおめでとう

2009/7/17(金) 午後 8:43 アニジャ

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事