やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

オールスターゲーム第2戦は、今年開場したマツダ Zoom-Zoom スタジアム広島で行われる。
この試合の先発は、オールセントラルが大竹投手(広島東洋)。オールパシフィックが涌井投手(埼玉西武)。

【1回表】
まずオールパシフィックの初回の攻撃は、川選手(福岡ソフトバンク)がセンターフライ、井口選手(千葉ロッテ)がセカンドフライで二死となってしまうと、次の稲葉選手(日本ハム)はライト前にヒットを放って出塁も、ここは松中選手(福岡ソフトバンク)がキャッチャーファールフライで続けず。

【1回裏】
涌井投手の立ち上がりは、いきなり先頭の井端選手(中日)にセンターに二塁打を打たれてしまうと、東出選手(広島東洋)はセカンドゴロで一死としたものの、次の青木選手(東京ヤクルト)もセカンドゴロとする間に井端選手は三塁へと進塁。
するとこの二死三塁の場面、続くブランコ選手にはバットを折りながらもセンター前にタイムリーを打たれてしまい、これでまずはオールセントラルが1点を先制。
この後なおも二死一塁からは、金本選手(阪神)をセンターフライで三死としたが、この試合は初回から早々にオールセントラルが先制点を挙げて主導権を握った。

【2回表】
この回は先頭の中村選手(埼玉西武)がレフトスタンドにソロホームランを運び、これで1−1の同点。
この後は、高橋選手(日本ハム)、長谷川選手(福岡ソフトバンク)を共にがショートゴロで二死とすると、サブロー選手(千葉ロッテ)もサードゴロで三死となってしまったが、この回は中村選手の一発により、これで1−1の同点となった。

【2回裏】
ここはまず先頭の栗原選手(広島東洋)のゴロをセカント゚井口選手がダイビングキャッチの好守でさばいて一死とするも、次の宮本選手(東京ヤクルト)にはライトオーバーの二塁打を打たれてしまうと、続く赤松選手(広島東洋)にはレフト前にヒットされて一死一三塁。
するとこの場面、次の石原選手の打席では一塁走者の赤松選手が盗塁を決めて二塁へと進むも、石原選手はピッチャーゴロとし、これで三塁走者の宮本選手を三本間で挟んでタッチアウト。
これで場面を二死一三塁としたが、ここは続く井端選手にライトにタイムリーを打たれてしまい、これでオールセントラルが1点を追加して1−2と勝ち越し。
この後なおも二死二三塁からは東出選手をセカンドゴロで三死としたものの、この回は井端選手のタイムリーにより、またもオールセントラルにリードを奪われてしまった。

【3回表】
オールセントラルのピッチャーが2番手のルイス投手(広島東洋)へと交代したこの回は、田上選手(福岡ソフトバンク)がセカンドゴロ、川選手が見逃し三振、井口選手がセンターフライで三者凡退。

【3回裏】
ここは青木選手、ブランコ選手を共にセンターフライで二死とすると、金本選手はキャッチャーファールフライで三者凡退。

【4回表】
この回は先頭の稲葉選手はセカンドゴロで打ち取られてしまうも、次の松中選手がバックスクリーン左にソロホームランを叩き込み、これで2−2と再び同点。
この後は中村選手が空振り三振で二死となってしまうと、高橋選手はセンターに二塁打を放って出塁も、ここは長谷川選手がレフトフライで続けず。
しかしこの回は松中選手のホームランで1点を返し、これで2−2とまたも試合を振り出しへと戻した。

【4回裏】
オールパシフィックのピッチャーが2番手の杉内投手(福岡ソフトバンク)へと交代したこの回は、まず栗原選手をサードゴロで一死としたものの、次の宮本選手にはレフトスタンドにソロホームランを叩き込まれ、これでまたもオールセントラルが2−3と勝ち越し。
しかしこの後は赤松選手をレフトフライで二死とすると、代打の坂本選手(読売)も空振りの三振と、後続はしっかりと断ち、この回を最少失点のみで終わらせた。

【5回表】
この回はオールセントラル3番手の藤川投手(阪神)に対し、先頭のサブロー選手がその初球をレフトスタンドへと運び、これで3−3とまたも同点。
この後は次の田上選手がセンター前にヒットを放って出塁も、川選手がピッチャーゴロで1-6-3のダブルプレーとなってしまうと、草野選手(東北楽天)はレフトフライで三死となってしまったが、この回はサブロー選手のホームランにより、この試合実に3度目となる同点劇を見せた。

【5回裏】
ここは先頭の井端選手がサードへのボテボテの当たりを内野安打として出塁も、この後は荒木選手が空振り三振で一死となってしまうと、次の青木選手の三塁側へのファールフライはショート中島選手がスタンドに飛び込みながらの好守でアウトとし、更に代打のラミレス選手(読売)もショートゴロで打ち取って三死とした。

【6回表】
オールセントラルのピッチャーが4番手の吉見投手(中日)へと交代したこの回は、まず大村選手(オリックス)がセンターに二塁打を放って出塁すると、次の松中選手はライトスタンドに2打席連続となる特大のホームランを叩き込み、これで2点を挙げて5−3とオールパシフィックが勝ち越し。
この後は中村選手が空振り三振、小久保選手がセカンドフライ、長谷川選手がレフトフライと後続はしっかりと打ち取られてしまったが、この回は松中選手の2ランホームランによる得点で5−3とこの試合初めてオールパシフィックが勝ち越した。

【6回裏】
オールパシフィックのマウンドに3番手で金子投手(オリックス)が登板すると、この回はまず先頭の金本選手にはセンター前にヒットを打たれて出塁されてしまうと、次の栗原選手にはセンターフェンス直撃の二塁打を打たれ、これで無死二三塁と大ピンチを迎えてしまったが、この後は宮本選手をサードゴロ、赤松選手をライトフライ、相川選手(東京ヤクルト)をセカンドゴロと、後続を抑えてこの回を無失点のまま終わらせた。

【7回表】
ここはサブロー選手がショートゴロ、代打の二岡選手(日本ハム)がセカンドゴロ、中島選手がショートゴロで三者凡退。

【7回裏】
この回は井端選手をショートゴロ、荒木選手をセンターフライ、青木選手をレフトフライで三者凡退。

【8回表】
ここはオールセントラル5番手の林投手(東京ヤクルト)に対して、草野選手がセンターフライ、大村選手が空振り三振、松中選手がレフトフライで三者凡退。

【8回裏】
ラミレス選手をライトフライ、内川選手(横浜)をセカンドゴロ、栗原選手をライトフライで三者凡退。

【9回表】
この回はオールセントラル6番手の永川投手(広島東洋)に対し、先頭の中村選手はセカンドフライで一死となってしまうも、ここから小久保選手のレフト前ヒット、長谷川選手のセカンドへの内野安打、サブロー選手のレフト前ヒットと、3連打で満塁とすると、ここで里崎選手(千葉ロッテ)がセンターへと犠牲フライを上げ、これでオールパシフィックが1点を追加。
そして更になおも二死一三塁から、次の中島選手がショートへと内野安打を放つと、これがタイムリーとなり、更に1点追加で7−3。
この後なおも二死一二塁からは草野選手がサードライナーで三死となってしまったが、この回は里崎選手の犠牲フライと、中島選手のタイムリー内野安打で2点を上げ、これで7−3とリードを広げた。

【9回裏】
オールパシフィック4点のリードで迎えた最終回はマウンドにシコースキー投手(千葉ロッテ)が登板。
するとこの回は、まず代打の小笠原選手(読売)を四球で歩かせてしまうと、次の赤松選手はセンターフライで一死としたものの、ここから代打の阿部選手(読売)にライト前にヒットされると、更に井端選手にもライト前にヒットを打たれて一死満塁。
するとこの場面、次の荒木選手にはセンターに犠牲フライを上げられ、これで1点を返されて7−4とされてしまったが、最後は続く青木選手をファーストゴロで打ち取って三死とし、これで試合終了とした。


表彰選手

最優秀選手賞
松中 信彦 (福岡ソフトバンク)

ベストバッター賞
井端 弘和 (中日)

ベストピッチャー賞
金子 千尋 (オリックス)

ベストプレー賞
中島 裕之 (埼玉西武)

マツダアクセラ賞
赤松 真人 (広島東洋)


http://www.geocities.jp/yasu08262009/0725b.jpg

閉じる コメント(27)

栗原の打球はお客さんがグラウンドへと押し戻しましたね。
あんなことは絶対にやめてほしいと思います。
試合自体は中島選手の超ファインプレーなどで非常に面白いものでした。

2009/7/26(日) 午前 0:43 たのさん 返信する

顔アイコン

ホームランがいっぱい出る試合でしたね。
やっぱり見ていてあんな試合は面白いです。

2009/7/26(日) 午前 0:54 りんご 返信する

顔アイコン

中島選手のファインプレーには本当に驚きましたが、その影で、スタンド内へと落ちそうになった中島選手をしたから必死に支えていたファンの姿がカメラにとらえられていました。
中島選手も中に完全に落ちないように必死にフェンスにしがみついていましたが、もしあそこで誰も手を差し伸べなければ、ひょっとすると中島選手はけがをしていたかもしれません。
それを防いでくれたファンの気持ち、そして力には心からの拍手を送りたいと思います。

2009/7/26(日) 午前 1:13 [ - ] 返信する

オールスターってやっぱり素晴らしいです。

2009/7/26(日) 午前 1:33 こーじ 返信する

loveoverさんのおっしゃるように、自分も中島を抑えるファンの姿が心に残りました。
何の足しにもなりませんが自分からその方々にお礼を言いたいと思います。

2009/7/26(日) 午前 1:49 たか 返信する

ホームランのたくさん出た試合でしたが、本当にみ応えのある試合でした。

2009/7/26(日) 午前 2:07 [ 徳川くん ] 返信する

お世辞ぬきにいい試合でしたね。

2009/7/26(日) 午前 2:23 mogu 返信する

顔アイコン

いいプレーが続出するいい試合でした。
さすがオールスターゲームです。

2009/7/26(日) 午前 2:44 [ golfer13131313 ] 返信する

顔アイコン

好ゲームでした。
すばらしいホームラン、素晴らしい守備、素晴らしいピッチング・・・
やっぱりオールスターだなぁと感じました。

2009/7/26(日) 午前 3:53 [ fightersletsgo ] 返信する

顔アイコン

今日も楽しい試合でした。

2009/7/26(日) 午前 4:02 [ fighters_second_wisdom ] 返信する

オールスターってもとお祭り的なものだと思ってましたが、今年はなんだか真剣勝負でしたね。

2009/7/26(日) 午前 9:06 りっこ 返信する

顔アイコン

赤松に車がいったことが嬉しいというか、いい評価をしてもらったなと思います。
得てして出な活躍をした選手にいきそうなものですが、なかなかの判定だなと。

2009/7/26(日) 午前 9:22 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

やっぱりテレビ中継も最後までやってくれるから嬉しいです、
普段もそうだったらいいのにと思います。

2009/7/26(日) 午前 9:42 あい 返信する

すごく面白いオールスターでした。

2009/7/26(日) 午前 10:03 kachu 返信する

顔アイコン

やっぱりオールスターはこうじゃなくちゃという試合が2試合見れたと思います。

2009/7/26(日) 午前 10:17 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

なんだかもうオールスターが終わっちゃうのが残念です。

2009/7/26(日) 午後 4:19 [ 昼下がりのみかん星人 ] 返信する

稀哲のようなパフォーマンスをするような選手はいませんでしたが、本当に野球を楽しめる2試合だったと思います。

2009/7/26(日) 午後 4:25 工場長 返信する

顔アイコン

とにかく面白いいい試合だったと思います。
色々と楽しい部分はありましたし、中島選手の守備はものすごかったと思います。

2009/7/26(日) 午後 4:50 アロハ 返信する

顔アイコン

ランキングから来ました。
ここほどトラックバックの多いブログは見たことがありませんね。 削除

2009/7/27(月) 午前 11:08 [ terrace_mansion_story ] 返信する

顔アイコン

トラックバッグ覆い そりゃね
面白いよね 阪神の39番
オールスター終わりなのが残念

2009/7/30(木) 午前 11:55 [ ユウヒコ@表 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(28)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事