やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

昨日は土壇場からの大逆転での勝利。
今日はぜひともこのまま連勝を伸ばし、オールスター前のカードから引き続いて千葉ロッテを6タテといきたい。
この試合の先発は、日本ハムがスウィーニー投手。千葉ロッテが成瀬投手。

【1回表】
初回の攻撃は、田中賢選手がショートゴロ、森本選手がライトフライ、稲葉選手がレフトフライで三者凡退。

【1回裏】
スウィーニー投手の立ち上がりは、まず西岡選手をセカンドゴロで一死とすると、次の井口選手にはレフト線に二塁打を打たれてしまうも、サブロー選手はライトフライで二死二塁。
しかしこの後、スウィーニー投手は制球が定まらず、大松選手、竹原選手を共にフルカウントからの四球で歩かせて、二死ながらも満塁とピンチを広げてしまったが、ここは続く橋本将選手をセカンドゴロで切って取り、これで何とか初回からの大ピンチを無失点のまま切り抜けた。

【2回表】
ここは高橋選手が空振り三振、スレッジ選手がショートゴロ、小谷野選手が空振り三振で三者凡退。

【2回裏】
ベニー選手をサードゴロ、福浦選手をショートゴロ、ランビン選手をセカンドゴロで三者凡退。

【3回表】
二岡選手がキャッチャーゴロで一死となってしまうと、鶴岡選手、金子誠選手は共に空振り三振で、これで初回から3イニング連続で三者凡退となってしまった。

【3回裏】
この回はまず西岡選手に左中間に三塁打を打たれてしまうと、次の井口選手には右中間にタイムリー二塁打を運ばれ、これでまずは千葉ロッテが1点を先制。
すると更に次のサブロー選手を四球で歩かせてしまうと、ここで続く大松選手のライト前ヒットで二塁走者の井口選手に生還されて0−2。
そしてなおも一死一三塁から、今度は竹原選手のサードゴロの間に三塁走者のサブロー選手に生還され、これで0−3。
この後なおも一死一塁からは、橋本将選手をレフトフライ、ベニー選手をショートゴロで打ち取ってようやく三死としたものの、この回は井口選手、大松選手のタイムリーなどで3点の先制点を奪われてしまった。

【4回表】
ここは先頭の田中賢選手が左中間に二塁打を放って出塁すると、次の森本選手のピッチャー返しの打球は成瀬投手のグラブをかすめてセカンド前へと転がる内野安打となって無死一三塁と反撃の大チャンス。
しかしこの場面は、まず稲葉選手がファーストへのファールフライで一死となってしまうと、高橋選手は空振り三振、スレッジ選手はセンターフライと後続がいずれも期待に応えることが出来ず、結局このチャンスを得点へとつなげることは出来ずに終わってしまった。

【4回裏】
この回はまず福浦選手をセカンドゴロで一死したものの、ここからランビン選手にレフトオーバーの二塁打を打たれると、続く西岡選手にはレフト前にタイムリーを打たれ、これで1点を追加されて0−4。
そして更になおも一死一塁から、今度は次の井口選手にライトスタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これで更に2失点で0−6。
この後はサブロー選手を空振り三振で二死とすると、大松選手は四球で歩かせるも、竹原選手をセンターフライで三死としたが、この回は西岡選手のタイムリーと井口選手のホームランで計3点を失い、これで0−6とリードを大きく広げられてしまった。

【5回表】
小谷野選手がレフトフライ、二岡選手がショートゴロで二死となってしまうと、ここから鶴岡選手、金子誠選手がいずれもレフト前にヒットを放って二死ながらも一二塁とするも、ここは田中賢選手が空振り三振で続けず。

【5回裏】
ここは先頭の橋本将選手にはライト線にヒットを打たれるも、ここからはまずベニー選手を空振り三振、福浦選手をレフトフライで二死とすると、次のランビン選手のファールフライも、レフトのスレッジ選手がフェンス際でのランニングキャッチの好守でさばき、これでこの回を終わらせた。

【6回表】
森本選手がショートゴロ、稲葉選手が空振り三振、高橋選手がライトフライで三者凡退。

【6回裏】
西岡選手をレフトフライ、井口選手をピッチャーゴロ、サブロー選手をショートゴロで三者凡退。

【7回表】
この回はまず途中出場の糸井選手がライトスタンドにソロホームランを叩き込み、これでようやく1点を返して1−6。
しかしこの後は小谷野選手がレフト前ヒットで出塁知るも、次の二岡選手が空振り三振で一死となってしまうと、続く鶴岡選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレーで三死と、更なる反撃とはならなかった。

【7回裏】
日本ハムのマウンドに2番手の宮西投手が登板したこの回は、大松選手をファーストゴロ、竹原選手をセカンドゴロ、橋本将選手を見逃し三振で三者凡退。

【8回表】
この回はまず金子誠選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、田中賢選手はレフトフライで倒れてしまうも、森本選手がライト前ヒットで続いて一死一二塁。
するとこの後、稲葉選手は空振り三振で倒れて二死となってしまうも、続く高橋選手はライト前にタイムリーを放ち、これで1点を返して2−6。
そして更に糸井選手が四球を選んで満塁とすると、ここで千葉ロッテのピッチャーが成瀬投手から荻野投手へと交代も、これに対して続く小谷野選手がレフト線に2点タイムリーとなる二塁打を弾き返し、これで4−6。
そしてなおも二死二三塁という場面、次の二岡選手が放ったサードへのゴロをランビン選手が処理にもたつくと、更にこれを一塁へと悪送球し、この間に三塁走者の糸井選手に続いて二塁から小谷野選手も一気に生還して、これでついに6−6の同点。
そしてそしてなおも二死二塁から、今度は鶴岡選手がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、これで更に1点を挙げて7−6と逆転。
この後は金子誠選手がここで交代の内投手にピッチャーゴロに打ち取られてしまったが、この回は打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げ、これで7−6と大逆転に成功した。

【8回裏】
この回は日本ハム3番手の建山投手が、まず代打のバーナムJr選手にライト前にヒットを打たれると、福浦選手には送りバントを決められて一死二塁とされてしまうも、この後はランビン選手をセカンドゴロ、西岡選手をファーストゴロで打ち取ってこの回を無失点で終わらせた。

【9回表】
ここは田中賢選手が空振り三振、森本選手がファーストゴロ、稲葉選手が空振り三振で三者凡退。

【9回裏】
わずかに1点のリードで迎えた最終回は、日本ハム4番手の武田久投手が、まず先頭の井口選手を空振り三振で一死とすると、次のサブロー選手にはセンター前にヒットを打たれてしまうも。この後は大松選手をセカンドゴロで二死とすると、最後は竹原選手をショートライナーで打ち取り、これで試合終了とした。


6点のビハインドから連夜の終盤の大逆転で勝利し、これでチームの連勝を「8」へと伸ばすと共に、これで千葉ロッテに対しての連勝も「9」とした。

先発のスウィーニー投手は、立ち上がりから制球の定まらないピッチングを見せると、3回、4回にはそれぞれ3点ずつを失ってしまう。
しかしその後は6イニングを投げるも、更なる失点だけはしの位だが、内容的には6回で打者30人に対して127球、被安打8、与四死球4、奪三振2、失点6と、先発としては全くその役割を果たすことが出来なかったものの、最終的な試合の展開を考えると、5回以降を無失点に抑えたスウィーニー投手のピッチングもまた勝利への1つの糧となった。
しかしこの後は宮西投手が7回裏を三者凡退で終わらせると、続く8回表に味方打線が大逆転し、その後も建山投手、武田久投手がそれぞれ1イニングを無失点で抑えた。

打撃陣は、序盤からいきなり3イニング連続で三者凡退に倒れるなど千葉ロッテ先発の成瀬投手を打ちあぐねると、中盤6回を終わっても無得点。
しかし7回にようやく糸井選手のホームランで1点を返すと、続く8回には昨日の試合の大逆転を上回る1イニング6得点の大爆発。
この8回には金子誠選手、森本選手のヒットでチャンスを作ると、まず高橋選手のタイムリーで1点を返し、更に満塁から小谷野選手が2点タイムリー。そして更にエラーから2点を返して6−6の同点とすると、最後は鶴岡選手のタイムリーで逆転と、怒涛の攻撃を見せてくれた。

個々を見ると、稲葉選手は5打数ノーヒット3三振でブレーキとなってしまったが、森本選手、小谷野選手、鶴岡選手、金子誠選手はいずれもヒット2本でマルチ安打を記録するなどした。


スウィーニー投手のコメント
良いピッチングが出来ず、非常に残念です。いいかげんもっといい結果を出していかないと。

糸井選手のコメント
 (7回表、ライト・ソロホームラン)
このところ積極性がなくなっていたので、早いカウントでも思い切って行こうという気持ちを持って打席に入り、その気持ちだけで打ちました。

高橋選手のコメント
 (8回表、ライト前タイムリー)
苦しまぎれのヒットです。何とか次に繋ごうと思う気持ちだけで打ちました。

小谷野選手のコメント
 (8回表、レフト線2点タイムリー二塁打)
打ったのはシュートか、カットかちょっと分かりませんが、まっすぐ系だったと思います。狙っていた球が来なくて追い込まれてしまいましたが、何とか繋げることが出来ました。
死球でも点が入るから、それでもいいと思った。プレッシャーを与える形で次につなぎたかった。

鶴岡選手のコメント
 (8回表、レフトオーバー・タイムリー二塁打)
先輩達がつないでくれたチャンス。何とかしたい、という思いで打ちました。
点差が離されていても、ちょっと走者がたまれば、何か起こりそうな雰囲気がある。

宮西投手のコメント
 (1回、打者3、打者3、11球、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0)
点差が離れててもこうして逆転してくれますから。いつも最大限のモチベーションで投げられています。

建山投手のコメント
 (1回、打者4、14球、被安打1、与四死球0、奪三振0、失点0)
どんな展開でもみんな必死でやっています。こういう試合を取れると、中継ぎ冥利に尽きますね。

武田久投手のコメント
 (1回、打者4、16球、被安打1、与四死球0、奪三振1、失点0)
まさかこんな展開になることは予想できなかった。野手のみなさんの最後まで諦めない姿勢が勝利につながりましたね。

梨田監督のコメント
最初は流れが悪かったんだけど。結果として、スウィーニーが何とか6回まで投げてくれたことが、その後の展開を変えた。スレッジのあのプレーから、流れが変わった気がするね。スウィーニーのあとを受けた宮西もよく投げた。振り返ると、どの場面でも傷口を最小限に出来たのが勝利を呼び込んだ要因でしょう。ロッテに3カード連続の3タテ? 全てどちらが勝ってもおかしくない内容だったし、あまりその辺の意識はないですね。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0730b.jpg

閉じる コメント(29)

2試合続けてこんな逆転劇ってあるんですね。
本当に逆の立場だったら辛すぎます。

2009/7/31(金) 午前 1:05 kachu

顔アイコン

この強さって何なんでしょう。
これでもしソフトバンクにも連勝するようであればかなり本物ですよ。

2009/7/31(金) 午前 1:22 [ golfer13131313 ]

結果的にはスウィーニーを引っ張ったことも悪くはなかったですね。
STVだから負けると思っていましたが、こんな展開でびっくりです。

2009/7/31(金) 午前 1:24 mogu

シーズンが終わった時、「あの2試合の逆転は大きかった」と言われるような試合になる気がします。
それほど大きい2試合でした。
一歩間違っていたらこのカードは1勝2敗でもおかしくなかったのですから本当に大きいと思います。

2009/7/31(金) 午前 1:43 たのさん

顔アイコン

どんだけ強いんだよぉー

2009/7/31(金) 午前 1:52 [ fighters_second_wisdom ]

今月だけでロッテに9勝ですか。
すごいですね。

昨日の試合で最後まで諦めないという気持ちを教わったのに、今日は絶対に負けると思いこんでました。
皆さんごめんなさい。

2009/7/31(金) 午前 2:11 こーじ

野球はこれがあるから好きです!

2009/7/31(金) 午前 2:15 [ ぺんぎん ]

もう負ける気がしません。

2009/7/31(金) 午前 2:48 [ ぶた ]

確かに野球だからこそこんな逆転があり得ますね。
サッカーとかだとこんなことはあり得ません。
しかし0−6になった時には諦めかけてましたが、本当に逆転してくれるとは信じられない気持ちです。

2009/7/31(金) 午前 2:52 ヒロ

またまた二死からの猛攻でしたね。
日本ハムとしてはここまでロッテに勝ち続けて気持ちいいですが、ロッテファンとしては厳しいですね。

2009/7/31(金) 午前 3:23 たか

顔アイコン

2試合連続ですごい逆転劇を見せてくれましたね。
ヒーローインタビューは武田久でしたが、今日もみんながヒーローですよ。

2009/7/31(金) 午前 3:57 [ fightersletsgo ]

すごい逆転でしたね。ニュースで見るまで負けたと思い込んでいたので余計にびっくりしました。

2009/7/31(金) 午前 9:25 りっこ

ヽ(^。^)ノ<なまらすごい!!!!!!!!

2009/7/31(金) 午前 9:36 おかお

顔アイコン

やっぱり千葉マリンってピッチャーにとっては投げづらいんでしょうか。
あの風は絶対に投げる体に作用しますよね。
でもそれをしっかりと打線が援護しての大逆転は素晴らしいですね。

2009/7/31(金) 午前 9:49 [ ilo*ene*yor**005010* ]

立て続けに本当にすごい試合を見ました。

2009/7/31(金) 午前 11:31 工場長

気持ちのいい大逆転でした。

2009/7/31(金) 午前 11:50 あい

顔アイコン

6点取られたものの6回まで投げたスウィーニーは結果的には良かったのではないでしょうか。
ただそれは采配が良かったというのではなく、運が良かっただけ。
普通であればあそこまで投げさせないですよ。
まぁ勝ったからいいですけど。

2009/7/31(金) 午後 0:22 [ sapooro_love_story_2005 ]

顔アイコン

信じられない試合が続いてます・・・(+д+)。

2009/7/31(金) 午後 2:28 マ リ ン

日本ハムとロッテ、お互いにとって信じられないような試合が続きますね。

2009/7/31(金) 午後 3:12 [ 昼下がりのみかん星人 ]

顔アイコン

2試合続けての終盤にきてのこの大逆転は本当に力をつけたチームの証明ですよ。
しかもこの試合は中心選手である図の稲葉がノーヒットであるにもかかわらず、他の選手がそれをしっかりカバーする。
そして途中出場の糸井もしっかりとホームランを放って自らをアピールしました。
監督としては選手起用でいい意味での悩みが増えますね。

2009/7/31(金) 午後 3:23 [ N・高橋 ]

開く トラックバック(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事