やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今日からはオリックスを迎え、東京ドームでのホームゲーム3連戦。
まずその初戦の先発は、日本ハムが八木投手。オリックスが岸田投手。


【7回表】
ローズ選手をセカンドゴロ、フェルナンデス選手をピッチャーゴロ、濱中選手をサードライナーで打ち取り、これで八木投手は5〜7回まで、3イニング連続での三者凡退とした。

【7回裏】
スレッジ選手が見逃し三振、小谷野選手がライトフライで二死となってしまうと、次の糸井選手はショートへの内野安打で出塁も、ここは鶴岡選手がセカンドフライで続けず。

【8回表】
この回は先頭の一輝選手に左中間スタンドにソロホームランを運ばれて2−1とされてしまうと、ここで日本ハムはピッチャーを八木投手から2番手の宮西投手へと交代。
するとこの場面は宮西投手が、坂口選手にセンターオーバーかという打球を打たれるも、これを糸井選手がジャンピングキャッチの好守で一死とすると、鈴木選手は空振り三振、大村選手はレフトファールフライと、後続をしっかりと断ち、攻守と好リリーフでこの回を終わらせた。
しかしこの回は八木投手が一輝選手に一発を浴び、これで1点を返されて2−1と得点差を1点とされてしまった。

【8回裏】
金子誠選手、田中賢選手が共にセカンドゴロで二死となってしまうと、次の紺田選手はレフト前にヒットを放って出塁も、ここは稲葉選手が空振り三振で続けず。

【9回表】
1点のリードで迎えた最終回は、マウンドに3番手で武田久投手が登板も、ここはまず代打の小瀬選手にレフト前ヒットで出塁されてしまうと、次のカブレラ選手はライトフライで一死とするも、続くローズ選手にはフォークボールをバックスクリーン左に運ばれてしまい、これで2−3と逆転を喫し、そのまま武田久投手も降板。
するとこの後は、4番手で登板の菊地投手がフェルナンデス選手にはレフト前にヒットを打たれてしまったが、この後は濱中選手をセンターフライ、一輝選手を空振り三振で切って取って三死とした。
しかしこの回は、守護神が土壇場でローズ選手に痛恨の2ランホームランを打たれてしまい、これでここにきて2−3と逆転を喫してしまった。

【9回裏】
逆に1点を追う形で迎えることになったこの回は、高橋選手、代打の坪井選手がいずれもショートゴロで倒れてアッと言う間に二死となってしまったが、次の小谷野選手はカウント1-0からの2球目のストレートをライトスタンドへと運び、起死回生の一発で3−3の同点。
この後は糸井選手が空振り三振で倒れて三死となってしまったが、この回は二死からの小谷野選手の土壇場での一発で3−3の同点へと追いつき、これで試合は延長戦に突入することとなった。

【10回表】
ここは続投の菊地投手が、まず坂口選手を空振り三振で一死とすると、次の鈴木選手は四球で歩かせるも、ここからは阿部選手をライトフライ、小瀬選手を空振り三振と後続を断ってこの回を終わらせた。

【10回裏】
オリックスのピッチャーが2番手の加藤投手へと交代したこの回は、鶴岡選手、飯山選手がいずれも空振り三振で二死となってしまうも、ここからまず田中賢選手が右中間に二塁打を放って出塁すると、これに紺田選手がライト前ヒットで続いて二死一三塁と一打サヨナラの大チャンス。
するとこの後、次の稲葉選手は敬遠で歩かされ、これで二死満塁となって二岡選手が打席に入るも、ここは空振り三振に倒れてしまい、この回で試合を終わらすことは出来なかった。

【11回表】
日本ハムのマウンドに5番手で江尻投手が登板したこの回は、カブレラ選手、ローズ選手を共に空振り三振として二死とするも、ここからまず山崎浩選手にレフト線に二塁打を打たれてしまうと、次の濱中選手は敬遠で歩かせて二死一二塁。
しかしこの場面は、続く塩崎選手の三塁ファールゾーンへのライナーをサード二岡選手が好守でダイレクトキャッチし、サードファールライナーでこの回を無失点ままに終わらせた。

【11回裏】
ここはまず先頭の坪井選手がオリックス3番手の清水投手にショートゴロで打ち取られてしまうと、この後は更に交代の大久保投手の前に小谷野選手がサードゴロ、糸井選手が見逃し三振と、結局三者凡退でこの回の攻撃を終えてしまった。

【12回表】
この回は日本ハム6番手の林投手が、まず先頭の坂口選手を見逃し三振で一死としたものの、次の鈴木選手にセンターオーバーの二塁打を打たれてしまうと、続く阿部選手の打席で盗塁を決められて一死三塁の大ピンチ。
しかしこの場面、林投手は後続の阿部選手、小瀬選手を共に空振りの三振で切って取り、これで三死としてまずはこの試合での日本ハムの敗戦を無くした。

【12回裏】
この回は続投の大久保投手に対し、まず代打の稲田選手はセカンドゴロで一死となってしまうも、続いて代打で登場の佐藤選手の打球をファーストのカブレラ選手が後逸し、この間に佐藤選手は一気に二塁へと進塁。
するとこの場面、続く田中賢選手はカウント0-2からの3球目をライト線に運ぶと、この打球に対してライト濱中選手がダイビングキャッチを試みるも及ばず、結局これがサヨナラタイムリーとなって日本ハムが劇的サヨナラ勝利を飾った。


9回に大きなドラマが生まれ、延長に入ってからも一進一退の攻防が繰り広げられた試合も、最後は延長12回で日本ハムがサヨナラ勝ち。
同時に2位の福岡ソフトバンクが敗れた為、これでゲーム差も5へと広がった。

先発の八木投手は、序盤は走者を抱えながらも無失点の立ち上がりを見せると、中盤の5〜7回は3イニング連続の三者凡退。
8回に入ると、一輝選手に一発を浴びてそのまま降板してしまったが、今日は7回0/3を投げ、打者25人に対して104球、被安打5、与四死球1、奪三振2、失点1と、安定感抜群のピッチングを見せてくれ、これを継いだ2番手の宮西投手も1イニングをしっかりと3人で抑えた。

これに対して打撃陣は、まず5回に鶴岡選手のスクイズで1点を先制すると、続く6回には高橋選手のタイムリーで1点を追加して2得点。
そして2−1と1点のリードで9回を迎えた。

しかし試合が動いたのはここから。
まず9回表に武田久投手がローズ選手に2ランを浴びて2−3と逆転を喫してしまったが、これに対し日本ハムもその裏に二死から小谷野選手が起死回生の同点ホームランを放ち、これで3−3のまま延長線に突入。
するとこの後、10回、11回は両チーム共に走者を幾度となく出塁させて得点のチャンスを作るも決定打が出ずに最終12回を迎えると、最後はオリックスの守備の乱れからつかんだ一死二塁の場面で田中賢選手がライト線にサヨナラタイムリーを放ち、これで劇的に試合が終了。

打撃陣の個々を見ると、そのサヨナラタイムリーを放った田中賢選手が3安打を放っての猛打賞。
そして土壇場での同点ホームランを放った小谷野選手に合わせ、紺田選手、糸井選手が共に2安打でマルチ安打を記録。
また、守備の面でも11回表の二死一二塁の場面で二岡選手がファールゾーンへのライナーをダイレクトキャッチする好守を見せてチームを救ってくれた。

しかその中で負傷をおして戦線に復帰の稲葉選手は4打数ノーヒットで2三振と、今日のところは数字では結果を残すことは出来なかった。

投手陣も武田久投手はローズ選手に逆転ホームランを浴びてしまったことでリリーフ失敗となると共に八木投手の白星を消してしまったが、この後は菊地投手、江尻投手、林投手が3人で3回2/3を何とか無失点でしのぎ、結果的に12回のサヨナラの場面につながった。


鶴岡選手のコメント
 (5回裏、スクイズ)
1打席目ぜんぜんタイミング合っていなかったので、どこかでスクイズありそうだなとは思っていました。初球からスクイズのサインが出たのでなんとか意地でころがせました。

高橋選手のコメント
 (6回裏、ライト前タイムリー)
初球よりは若干真ん中よりに来た真っ直ぐをうまく打ち返すことができました。こういういいピッチャーにはいかに食らいついていけるかどうか。何とか食らいついて、食らいつくことができました。

八木投手のコメント
狭い球場なのでとにかく意識を低めに持って投げましたが、相手打線はホームランバッターが多いので、高めをどこで使うかにも頭を使いました。ホームランを打たれたのは高めに抜けたスライダーで、完全に僕の失投です。あそこは2-3にしたのが失敗でしたね。もっと長いイニングを投げる為にもあそこはもう少し早く勝負にいけるようにしたいです。

宮西投手のコメント
 (1回、打者3、9球、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0)
言われたところを投げるのは変わらない。

小谷野選手のコメント
 (9回裏、ライト・ソロホームラン)
とにかく塁に出ることだけを考えていましたが、まっすぐが甘く入って来たので思い切って振り切りました。いや〜入ってくれて良かったです。

林投手のコメント
 (1回、打者4、23球、被安打1、与四死球0、奪三振3、失点0)
今日は攻めていけた。いい仕事ができた。

田中賢選手のコメント
 (12回裏、ライト線サヨナラタイムリー)
チームのみんながとにかく次に繋げようとして、繋いだら他の誰かが打ってくれると思っているのがいい結果に繋がっているのではないでしょうか。でもこうやってサヨナラヒットを打てるのはめったにないことなので嬉しいですね。
こういう試合はなかなかない。最後まで諦めない姿勢がこういう結果になった。それにしても神懸かってる。乗ってますね。

稲葉選手のコメント
バットを振る方は大丈。

梨田監督のコメント
長かったね、2試合やった気分だよ。狭い球場だから一発はあるし、勝敗関係なく最後まで諦めずにみんな頑張ってくれました。小谷野が本当にいい所で一発打ってくれたんだけど、他の3点は1点ずつみんなでよく繋いでくれたね。八木もよく投げた。久が打たれたのも想定内。このチームだから一発はあるし、シーズン通して完全に抑えるのは無理だからね。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0811b.jpg

閉じる コメント(22)

顔アイコン

ありがとう小谷野。ありがとう賢介!

2009/8/12(水) 午前 0:12 [ - ]

武田久が打たれて負けちゃったかと思いましたけど、よくそこからサヨナラで勝てました。

2009/8/12(水) 午前 0:18 みく

結果的にはサヨナラで勝ちましたが、ずいぶんとオリックスの細かいミスに助けられた気もします。

2009/8/12(水) 午前 0:28 kachu

9回に逆転されてしまいましたが、チーム力でサヨナラに持っていけたと思います。
これでソフトバンクとも5ゲーム差です。

2009/8/12(水) 午前 0:40 かおしかく

ローズにホームランを打たれたと聞いてガッカリしましたが、その後で同点に追い付いて、更にサヨナラで勝つなんてすごすぎます。

2009/8/12(水) 午前 0:50 どんぐり

ナイスサヨナラ!!!!!!!!!!!!!!!
しびれました。

2009/8/12(水) 午前 1:02 [ ぶた ]

顔アイコン

サヨナラは気持ちいいですね。

2009/8/12(水) 午前 1:19 [ のり ]

顔アイコン

すごい試合でしたね。
ラジオで聞いてても毎回ハラハラしてました。

2009/8/12(水) 午前 1:31 りんご

展開としては非常に面白い試合でしたね。
筋書きのないドラマってこういうのを言うんでしょうか。

2009/8/12(水) 午前 1:50 たか

可愛いブログですね。

参考になります。 今後も期待してますね。

From LA with Love !^

2009/8/12(水) 午前 2:01 J1visa_internship

最後に賢介が打ってくれて良かったです。

2009/8/12(水) 午前 2:10 ヒロ

顔アイコン

糸井のファインプレーがすごかったです。

2009/8/12(水) 午前 2:24 [ golfer13131313 ]

久が打たれた時には負けも覚悟しましたが小谷野がよく打ってくれました。
延長に入ってからはハラハラもののイニングばかりでしたがよく無失点にしのいだと思います。

2009/8/12(水) 午前 2:34 たのさん

岸田もあとアウト1つというところで油断したわけじゃないでしょうが、小谷野がよく打ちました、

2009/8/12(水) 午前 3:15 こーじ

気持ちのいい試合でした。

2009/8/12(水) 午前 6:14 [ きいろ ]

誰がが必ずカバーしてくれるチームですね。

2009/8/12(水) 午前 8:32 りっこ

\(゜ロ\)(/ロ゜)/<すごすぎてこっちがおかしくなりそー!

2009/8/12(水) 午前 10:05 おかお

顔アイコン

小谷野の同点弾も、賢介のサヨナラタイムリーも、すべてこのチーム力があってのことだと思います。

2009/8/12(水) 午前 10:19 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

ハムの底力を感じました。
この強さは本物ですよ。

2009/8/12(水) 午前 10:53 [ junichi ]

顔アイコン

まさに「神がかっている」という言葉がぴったりくるような試合でした。
しかしそんな中でも1つ1つのプレーを見ると、勝利に向かった邁進するファイターズナインの意地が見えました。

2009/8/12(水) 午後 3:02 [ sapooro_love_story_2005 ]

開く トラックバック(15)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事