やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

今日からは福岡で、3.5ゲーム差で迎える2位福岡ソフトバンクとの3連戦。
まずその初戦の先発は、日本ハムが藤井投手。福岡ソフトバンクがホールトン投手。


【3回表】
金子誠選手が空振り三振で倒れてしまうと、次の田中賢選手は四球を選んで塁に出たものの、続く森本選手の打席で盗塁を試みながらもバッテリーに外されてしまうと、二塁でタッチアウトとなってしまい二死走者無し。
するとここから、打席の森本選手はセンター前にヒットを放って出塁したが、この場面は続く稲葉選手が空振り三振で倒れて三死となってしまった。

【3回裏】
先頭の長谷川選手にセンター前にヒットを打たれてしまうと、田上選手には確実に送りバントを決められて一死二塁。
するとこの後、本多選手をセンターフライで二死とすると、続く川選手は四球で歩かせてしまい、これで二死ながらも一二塁としてしまったが、ここは次のオーティズ選手をショートゴロで切って取り、これでこの回のピンチも無失点で乗り切った。

【4回表】
この回は高橋選手がセンターオーバーの二塁打を放ち、いきなり無死二塁と自らのバットで得点圏へと進んだが、この後はスレッジ選手が見逃し三振、稲田選手がセカンドゴロ、糸井選手がピッチャーゴロといずれも続けず。

【4回裏】
小久保選手を空振り三振、松中選手をレフトフライ、多村選手をセンターフライで三者凡退。

【5回表】
この回は大野選手がショートゴロで倒れてしまうも、次の金子誠選手が左中間に二塁打を放って出塁すると、田中賢選手のファーストゴロの間に進塁して二死三塁。
しかしここは続く森本選手がセンターフライで倒れてしまい、このチャンスも得点へとつなげることは出来なかった。

【5回裏】
先頭の松田選手にセンター前にヒットを打たれてしまうと、次の長谷川選手には送りバントを決められて一死二塁。
しかしこの後はまず田上選手をショートゴロで二死とすると、本多選手もショートへのフライで打ち取り、これでこの回を終わらせた。

【6回表】
稲葉選手が空振り三振で一死となってしまうと、次の高橋選手はレフト前にヒットを放って出塁も、この後はスレッジ選手がショートゴロ、稲田選手がピッチャーゴロと共に続けず。

【6回裏】
この回は先頭の川選手をフルカウントから四球で歩かせてしまうと、オーティズ選手はセンターフライで一死とするも、次の小久保選手にはストレートの四球を与えてしまい、これで一死一二塁。
しかしこの場面は次の松中選手をピッチャーゴロとすると、1-6-3のダブルプレーで仕留め、これでこの回のピンチも無失点のままに終わらせた。

【7回表】
糸井選手がショートフライ、大野選手がショートゴロ、金子誠選手が見逃し三振で三者凡退。

【7回裏】
日本ハムのマウンドに2番手で江尻投手が登板したこの回は、いきなり先頭の多村選手をカウント1-3から四球で歩かせてしまうと、松田選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの後、続く長谷川選手の打席では江尻投手がワイルドピッチを犯し、これで一死三塁と自らピンチを広げてしまったが、ここからはまず打席の長谷川選手をセカンドゴロで二死とすると、次の田上選手も空振りの三振で切って取り、これでこのピンチも無失点で切り抜けた。

【8回表】
ここは福岡ソフトバンク2番手の攝津投手に対し、田中賢選手が空振り三振、森本選手が見逃し三振、稲葉選手がセンターフライで、前の回に続いての三者凡退。

【8回裏】
この回は日本ハム3番手の宮西投手が、まず本多選手をピッチャーゴロで打ち取ったものの、次の川選手をフルカウントから四球で歩かせてしまうと、ここでピッチャーが菊地投手へと交代も、菊地投手は続くオーティズ選手に右中間に二塁打を運ばれ、これで一死二三塁としてしまうと、次の小久保選手を敬遠で歩かせ、これで満塁としたところで続いてマウンドには林投手が登板。
するとこの場面、林投手は次の松中選手をショートフライで打ち取って二死とすると、更に次の多村選手もここで交代の坂元投手がファーストフライで切って取り、これでこの回の大ピンチを無失点のままで終わらせた。

【9回表】
高橋選手、スレッジ選手が共に見逃し三振で倒れてしまうと、次の稲田選手はサードへのゴロが松田選手の悪送球を誘って塁に出るも、ここは糸井選手がセンターフライで続けず。

【9回裏】
ここは続投の坂元投手が、先頭の松田選手にセンター前にヒットを打たれてしまうと、長谷川選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの後、次の田上選手には死球をぶつけてしまい、これで一死一二塁とピンチを広げてしまったが、ここは続く本多選手をピッチャーゴロで1-6-3のダブルプレーとし、これでこの試合は0−0のまま延長戦へと突入することとなった。

【10回表】
福岡ソフトバンクのピッチャーが3番手の馬原投手へと交代したこの回は、代打の坪井選手がショートゴロ、金子誠選手がサードゴロで二死となってしまうと、次の田中賢選手はセンターオーバーの二塁打を放って出塁も、ここは森本選手がショートゴロで続けず。

【10回裏】
日本ハムのバッテリーが武田久投手と鶴岡選手へと交代したこの回は、まず川選手をショートゴロで一死とすると、オーティズ選手にはセンター前にヒットを打たれるも、この後は小久保選手をショートゴロ、松中選手をファーストゴロと、後続をしっかりと打ち取って三死とした。

【11回表】
稲葉選手が空振り三振で一死となってしまうも、次の高橋選手が位置にいる間をライト前にヒットを放って出塁すると、直後に代走の紺田選手が盗塁を決めて一死二塁。
しかしこの後はまずスレッジ選手が空振り三振で二死となってしまうと、稲田選手もサードライナーで倒れて続けず。

【11回裏】
ここは続投の武田久投手が、多村選手をライトフライ、松田選手をレフトフライ、長谷川選手を見逃し三振で三者凡退とした。

【12回表】
この回は福岡ソフトバンク4番手の水田投手に対して、まず糸井選手が三遊間を破るレフト前ヒットで出塁すると、これを鶴岡選手がしっかりと送って一死二塁。
しかしこの後は、次の金子誠選手がキャッチャーファールフライで二死となってしまうと、続く田中賢選手は敬遠で歩いて一二塁となるも、ここは森本選手がショートゴロで打ち取られて三死となってしまい、これでまずはこの試合での日本ハムの勝ちはなくなってしまった。

【12回裏】
ここは日本ハムのマウンドに8番目のピッチャーとして登板の金森投手が、いきなり先頭の田上選手にセンター前にヒットを打たれると、本多選手には送りバントを決められ、これで代走の森本選手が二塁へと進塁。
するとここから次の川選手のセカンドゴロの間に更に進塁されて二死三塁となってしまうと、代打の小斉選手は四球で歩かせ、これで二死一三塁としてしまったが、最後は小久保選手を空振り三振で切って取り、これで何とか最後の回も無失点のまま終わらせ、この試合を引き分けへと持ち込んで試合終了とした。


4時間40分、延長12回の熱戦は、0−0の引き分けで終わったものの、マジック対象チームの東北楽天が敗れた為、日本ハムのリーグ優勝へのマジックは一気に2つ減って「8」となった。

先発の藤井投手は、6回を投げて、打者23人に対して101球、被安打3、与四死球3、奪三振2、失点0と、失点こそなかったものの、回の先頭打者をヒットや四球で簡単に出塁させてしまったり、カウントを悪くして苦しいピッチングを繰り返すなど及第点。
するとこれを7回から継いだ江尻投手はこの回を無失点とするも、続く8回には宮西投手が走者を残して降板すると、更に菊地投手もこの回を終了させられず、結局は林投手、坂元投手まで投入し、1イニングを終わらせるのに4投手を擁する現状ながらもここも無失点。
するとこの後は武田久投手が10回、11回を無失点でしのぐと、最終12回は金森投手が大ピンチを迎えながらもここも何とかしのいで12イニングをベンチ入り8投手全員を投入して無失点でつないだ。

ベンチ入りのピッチャーを全て使ってしまった為、12回には控え野手の中田選手をブルペンで待機させるほどの総力戦だった。

打撃陣は、序盤から毎回のように走者を出し、得点圏にも幾度となく進んだものの、ここというところでのあと1本が出ず、スコアボードに「0」を並べてしまった。
特に2回表の一死二三塁のチャンスをものに出来なかったことがその後の試合の流れにも左右したか、結局最後まで得点を挙げることが出来ずに終わってしまった。
個々を見ると、4番の高橋選手が2本の二塁打を含む4安打を放ち、しっかりとチャンスを作ってくれたが、今日は後続がことごとくこれに続くことが出来なかった。

また、2回表の打席で送りバントを決めた二岡選手が古傷でもある右ふくらはぎを痛めて途中交代と、先日の小谷野選手続き、また故障者を出してしまった。


藤井投手のコメント
 (6回、打者23、101球、被安打3、与四死球3、奪三振2、失点0)
バックの良い守備に助けられ、テンポ良く投球できたと思います。とにかく相手より先に点を取られたくなかったので、何とか粘ることができました。

田中賢選手のコメント
 (10回表、センターオーバー二塁打)
久しぶりにいい当たりが出た。明日につながる。

金森投手のコメント
 (1回、打者5、23球、被安打1、与四死球1、奪三振1、失点0)
得意の開き直り。僕で負けるわけにはいかない。

稲葉選手のコメント
 (3三振)
こういう日もあるよ。

高橋選手のコメント
 (4安打)
結果はたまたまです。負けなくて良かった。今はどこが痛いとか言ってられない。

梨田監督のコメント
延長0−0の引き分けは初めてじゃないかな。記憶にないな。投手陣が本当によく頑張って0点に抑えてくれた。8回は1点取られても3点取られてもあまり変わらない場面だから、確立を考えてほとんど迷わず4人の投手をつぎ込みました。攝津、馬原にも2回ずつ放おらしたのは大きいね。マジックが2つ減った? 本当に。そこは気にしてなかったな。近鉄の時には投手10人使ったこともあったからね。それよりは2人少ない。両チームとも0点で終わったって言うのは不思議だね。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0925b.jpg

閉じる コメント(17)

顔アイコン

内容はどうあれ、勝ちに等しい引き分けでした。

2009/9/26(土) 午前 0:04 [ - ]

マジックが2減ったのでよしとします。

2009/9/26(土) 午前 0:09 かおしかく

長ーーーい試合でしたね。

2009/9/26(土) 午前 0:32 みく

日本ハムにとっては勝ったも同然ですね。

2009/9/26(土) 午前 0:39 こーじ

顔アイコン

マジックがへってよかったです。

2009/9/26(土) 午前 1:17 りんご

ピッチャー中田が見たかったですね。

2009/9/26(土) 午前 1:30 kachu

顔アイコン

マジックが減ったんですから勝ちも同然。
でも内容は負けてもおかしくない試合でした。

2009/9/26(土) 午前 1:42 [ golfer13131313 ]

お互いに勝てる試合を勝ち切れなかった感じでしたね。

2009/9/26(土) 午前 1:54 たか

負けてたら完全に継投ミスでしたね。

2009/9/26(土) 午前 2:17 mogu

なかなか勝てないですね。

2009/9/26(土) 午前 2:38 どんぐり

マジック減ったから最低げの仕事だけはしたって感じでしょうか。

2009/9/26(土) 午前 4:20 [ 徳川くん ]

ピッチャー
全部使っちゃって、すごい試合でしたね。

2009/9/26(土) 午前 9:02 りっこ

顔アイコン

0−0の延長戦は最後の最後までハラハラ緊張しますね。とにかく負けなくてよかったてす。

2009/9/26(土) 午前 9:13 アロハ

両チームともに残塁も多いし、拙攻も多いし、とにかく互角でしたね。

2009/9/26(土) 午前 10:44 たのさん

顔アイコン

最後の1球まで緊張する面白い試合でした。

2009/9/26(土) 午前 11:01 [ ilo*ene*yor**005010* ]

点は入らないし長いしな試合でした。

2009/9/26(土) 午後 0:58 工場長

顔アイコン

負けなくて良かったです。

2009/9/26(土) 午後 2:24 [ さとうゆういちろう ]

開く トラックバック(18)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事