やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

2009年のレギュラーシーズンもついに今日が最終ゲーム。
そして今日の試合は先日引退を表明した小田選手、伊藤投手の引退試合ともなった。
この試合の先発は、日本ハムが武田勝投手。東北楽天が青山投手。

【1回表】
まず武田勝投手の立ち上がりは、先頭の中島選手にライト線に二塁打を打たれると、次の小坂選手には送りバントを決められ、これでいきなり一死三塁のピンチを迎えてしまうも、ここは鉄平選手をサードフライ、山武選手をキャッチャーファールフライと、後続をしっかりと切って取った。

【1回裏】
初回の攻撃は、田中賢選手、森本選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、糸井選手もショートゴロで倒れての三者凡退。

【2回表】
ここはまず草野選手にレフト前にヒットされると、宮出選手のセカンドゴロの間に進塁を許し、更に続く中村真選手を四球で歩かせて一死一二塁。
しかしこの場面は、次の中谷選手を空振り三振で二死とすると、更に内村選手もショートへのゴロで打ち取り、これでこの回もピンチこそ迎えながらも無失点でしのいだ。

【2回裏】
この回はまずスレッジ選手がライトフライで一死となってしまうも、次の小谷野選手がレフトスタンドにソロホームランを叩き込み、これでまずは日本ハムが1点先制。
この後はボッツ選手が四球を選んで一死一二塁と塁に出ながらも、紺田選手がファーストゴロ、大野選手がレフトフライで三死となってしまったが、この回は小谷野選手のバースデーアーチによる得点で、まずは日本ハムが1点を先制した。

【3回表】
中島選手をセンターフライ、小坂選手をピッチャーゴロで二死とすると、次の鉄平選手サードへのゴロは小谷野選手が弾いて走者を出してしまったが、ここは続く山武選手をセカンドゴロで打ち取って三死とした。

【3回裏】
ここはまず金子誠選手がショートへの内野安打で出塁すると、ここから田中賢選手がセカンドゴロ、森本選手がライトフイラで二死となってしまうも、次の糸井選手が四球を選んで二死ながらも一二塁とすると、ここでスレッジ選手がセンターフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、これで2点を追加して3−0。
この後なおも二死二塁からは小谷野選手がサードゴロで三死となってしまったが、この回はスレッジ選手に2点タイムリーが飛び出し、これで3−0とリードを広げた。

【4回表】
草野選手をセンターフライ、宮出選手を空振り三振、中村真選手をショートゴロで三者凡退。

【4回裏】
ボッツ選手が見逃し三振、紺田選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の大野選手はレフト線に二塁打を放って出塁も、ここは飯山選手が空振り三振で続けず。

【5回表】
ここはまず中谷選手をショートゴロで一死とするも、次の内村選手にライト線に二塁打を打たれてしまうと、続く中島選手の打席では、まず内村選手に盗塁で三塁へと進まれてしまうと、更に中島選手のショートゴロの間に生還され、これで1点を返されて3−1。
しかしこのあと走者がいなくなってからは次の小坂選手をセカンドゴロで三死とし、これでこの回を終わらせた。

【5回裏】
先頭の田中賢選手がレフトフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、次の森本選手はしっかりと送りバントを決めて一死三塁としたところで、続く糸井選手のセカンドへのゴロは内村選手がファンブルし、この間に三塁から田中賢選手が生還して4−1。
そしてなおも一死一塁のこの場面、代打にこの試合で引退となる小田選手が起用されると、その小田選手はカウント1-1からの外角へのシュートを弾き返すと、打球は一二塁間を破るライト前ヒットとなり、これで一死一二塁。
しかしこの後は、有終の美を飾った小田選手に対して代走で坪井選手が起用されるも、小谷野選手がサードゴロ、稲田選手が空振り三振と倒れて三死となってしまった。

【6回表】
鉄平選手をファーストゴロ、山武選手をセカンドフライ、草野選手を空振り三振で三者凡退。

【6回裏】
東北楽天のピッチャーが2番手の川岸投手へと交代したこの回は、まず紺田選手がレフト前ヒットで出塁すると、これに代打の高橋選手がピッチャー強襲の内野安打で続き、これで無死一二塁としたところで、ピッチャーは3番手の長谷部投手へと交代。
するとこの場面、次の飯山選手が送りバントを決めて一死二三塁とすると、田中賢選手はライトフライで二死となってしまうも、森本選手は四球を選び、これで二死ながらも万いるとチャンスが広がったが、ここは代打の村田選手がサードゴロで続けず。

【7回表】
ここは宮出選手を空振り三振、中村真選手をショートゴロ、中谷選手を空振り三振で三者凡退。

【7回裏】
この回はまず坪井選手がサードにゴロを打ってしまうも、これが草野選手の悪送球を誘って塁に出ると、代打の二岡選手はセンター前にヒットを放って一二塁とし、更に稲田選手のショートゴロの間に走者がそれぞれ進塁して一死二三塁。
するとこの場面、次の紺田選手が四球を選んで満塁となったところで、続く鶴岡選手の打席では長谷部投手がワイルドピッチを犯し、この間に三塁から坪井選手が生還して5−1とすると、更に打席の鶴岡選手は左中間に2点タイムリーとなる二塁打を放ち、これで7−1。
この後は飯山選手がライトフライ、田中賢選手がセンターフライで三死となってしまったが、この回は相手の守備の乱れから始まったチャンスから、鶴岡選手の2点タイムリーなどで計3点を追加し、これで7−1とリードが更に広がった。

【8回表】
ここはまず内村選手にサードに内野安打されてしまうも、中島選手をサードゴロとして5-4-3ダプルプレー。
これで二死走者無しとなったところでマウンドには2番手として伊藤投手が登板すると、その伊藤投手は小坂選手に対してカウント2-2と追い込むと、最後は5球目の外角高めへのストレートを小坂選手が空振りし、見事三振で伊藤投手の有終の美を飾った。

【8回裏】
森本選手がライトフライ、村田選手がピッチャーゴロで二死となってしまうと、次の坪井選手はショートへの内野安打で出塁も、ここは二岡選手がライトフライで続けず。

【9回表】
6点のリードを持って迎えた最終回は、日本ハム3番手の金森投手が、鉄平選手を、山武選手を共にセンターフライで二死とすると、次の草野選手には左中間に二塁打を打たれてしまうも、最後は代打のリンデン選手をファーストゴロで打ち取り、これで試合終了とした。


レギュラーシーズンの最終戦と同時に、小田選手、伊藤投手の引退試合となったこの試合は、快勝で2人に惜別の白星を送ることが出来た。

先発のマウンドに立った武田勝投手は、序盤の1、2回こそ得点圏に走者を抱える立ち上がりを見せながらもこれをいずれも無失点で終わらせると、それ以降は立ち直り、5回には内野ゴロの間に1点こそ奪われるも、7回2/3を投げ、打者28人に対して96球、被安打4、与四死球1、奪三振5、失点1と、続くクライマックスシリーズに向けて明るい材料となるナイスピッチングを見せてくれた。

打撃陣も、まず2回に小谷野選手のバースデーアーチで1点を先制すると、その後は3回にはスレッジ選手が2点タイムリーを放ち、更に7回には鶴岡選手のバットからも2点タイムリーが飛び出し、終わってみれば11安打7得点と、つなぐ野球で快勝。

また、今日の試合が引退試合となった小田選手は5回に代打で起用されると、この打席で青山投手から見事一二塁間を破るライト前ヒットを放ってプロ通算221本目のヒットを記録すると、同じくこの試合が引退試合となった伊藤投手も8回表二死の場面でマウンドに上がると、見事小坂選手をカウント2-2から空振り三振に切って取り、これでプロ通算の奪三振数を69とした。

更に試合終了後には小田選手、伊藤投手に対して、それぞれの家族からの花束が贈呈されるなどの引退セレモニーも行われ、最後にはチームメイトから胴上げを受け、静かにグラウンドを去って行った。


小谷野選手のコメント
 (2回裏、レフト・ソロホームラン)
打ったのはスライダー。完璧に捉えられました。

スレッジ選手のコメント
 (3回裏、センターオーバー・2点タイムリー二塁打)
ヤマ張ったら大当たりでした。

小田選手のコメント
 (5回裏、ライト前ヒット)
打ったのは恐らく変化球だと思います。2球目が変化球だったので真剣勝負に来てくれていると思い、その中で最後にヒット打つことができ、一生懸命やってきて良かったと思います。ただ、しばらく打席に立っていなかったので実際どんなバッティングができるのか、正直イメージできていませんでした。スタンドの歓声といい、ベンチに戻った時のみんなの出迎えといい、ファイターズの12年間は最高でした。

武田勝投手のコメント
 (7回2/3、打者28、96球、被安打4、与四死球1、奪三振5、失点1)
ストレートを中心に押せてテンポよく、最後に来て自分らしいピッチングができました。いい場面で伊藤さんにバトンタッチすることができて良かったです。これからも厳しい戦いが続くので、これに満足せずしっかり調整していきたいと思います。

金子誠選手のコメント
 (プロ16年目で初の3割達成)
いい思い出になった。よく体が耐えてくれたと思う。

糸井選手のコメント
 (初の規定打席到達。3割達成)
それより優勝したことが嬉しい。クライマックスシリーズに勝って日本一になりたい。

田中賢選手のコメント
 (3年連続全試合出場達成)
怪我なく出られたのが良かった。来年も目標にしているし、その為の体づくりをしないといけない。

梨田監督のコメント
野手も全員使ったし、小田にもヒットが出て、伊藤も投げて、勝も規定投球回数に達して、本当に良かったです。シーズンの観客数が200万人に届かなかったって? 来年の目標ですね。こういう形でシーズンを終えることが出来て良かった。クライマックスシリーズに向けてしっかりと準備します。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/1010b.jpg

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/03/yasu08262005/folder/903560/img_903560_13116877_5?1161741848
2005年4月20日、東区・ファイターズ練習場前にて小田選手と

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/07/03/yasu08262005/folder/1427085/img_1427085_28758821_14?1165256493
2006年3月15日、ファイターズタウン鎌ヶ谷にて伊藤投手と

閉じる コメント(16)

顔アイコン

あのぉーープロ野球すきですよね?

よろしければ僕のブロぐに入団していただけないでしょうか?

詳しくはTOPのきじまで

2009/10/10(土) 午前 9:48 [ tanaryu ] 返信する

小田と伊藤の最後の雄志に感動しました。

2009/10/10(土) 午後 9:46 [ - ] 返信する

最後はしっかり勝ちましたね。
小田選手、伊藤投手お疲れ様でした。

2009/10/10(土) 午後 10:38 [ 徳川くん ] 返信する

小田のヒットと、伊藤の奪三振には感動しました。

2009/10/11(日) 午前 0:15 kachu 返信する

やはり引退試合というのは悲しくもあり、淋しくもあり、涙なしでは見ることができませんでした。

2009/10/11(日) 午前 0:33 かおしかく 返信する

小田選手、伊藤投手、あらためてお疲れ様でした。

2009/10/11(日) 午前 0:55 どんぐり 返信する

顔アイコン

最後にいい試合で2人を送り出してあげられましたね。

2009/10/11(日) 午前 1:08 りんご 返信する

顔アイコン

この引退試合をいい意味で盛り上げてくれた楽天にも感謝したいですね。

2009/10/11(日) 午前 1:49 [ golfer13131313 ] 返信する

顔アイコン

小田選手、伊藤投手、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

2009/10/11(日) 午前 1:49 [ golfer13131313 ] 返信する

最後は白星でしっかり締めて、いい引退試合をしてあげることが出来たと思います。

2009/10/11(日) 午前 7:37 たのさん 返信する

次はクライマックスシリーズですね。
期待してます。

2009/10/11(日) 午前 8:02 りっこ 返信する

顔アイコン

2人ともおつかれさまでした。

2009/10/11(日) 午前 8:44 [ fightersletsgo ] 返信する

顔アイコン

本日の「やっさん日記」も、大傑作でしたね。
小田、伊藤両選手の引退試合、今季最終戦、加えて武田勝投手と田中賢介選手の記録達成など、いいことずくめ。
加えて「やっさん」らしい人と上記両選手との思い出のショットなんかがあったたりして。
これからもよろしくお願いいたしますね。

2009/10/11(日) 午前 11:17 [ eiji ] 返信する

顔アイコン

ご丁寧にトラックバックつけていただき、ありがとうございます。

劇団ファイターズ、実に美しいフィナーレ、千秋楽でしたね。

これより、次のステージに備えて、こちらもコンディション万全にしときます。

2009/10/11(日) 午後 5:21 [ zappland ] 返信する

顔アイコン

久々にやっさんを見ました。

両選手には本当にお疲れさまでしたといいたいです。

2009/10/11(日) 午後 7:59 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

小田さん、伊藤さん、本当に長い間ファイターズでの活躍、ありがとうございました。特に小田さんは、昨シーズンのさよならホームランと涙のお立ち台が印象に残っています。最後の打席も職人らしい、すばらしいヒットでした。ファイターズファンとして誇りに思います。

2009/10/13(火) 午前 0:50 [ pap*mas*441 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事