やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

日本シリーズへの進出をかけ、今日からクライマックスシリーズ第2ステージが始まる。
第1ステージを2連勝で勝ち上がり、札幌ドームに辿り着いたのは今年が契約最終年となる野村監督率いる東北楽天。
そしてこの大事な今日の試合の先発は、日本ハムは欠場のエース・ダルビッシュ投手に代わってその重責を任された武田勝投手。対する東北楽天は先発3本柱の1人の永井投手。


【6回表】
セギノール選手をショートゴロ、中島選手をセカンドゴロ、草野選手をファーストゴロで三者凡退。

【6回裏】
ここは森本選手がピッチャーゴロで一死となってしまうも、次の稲葉選手が右中間に二塁打を放って出塁すると、高橋選手は四球を選んで一死一二塁。
しかしこの場面は続くスレッジ選手が空振り三振で二死となってしまうと、更に小谷野選手もサードへのゴロで倒れてしまい、ここも得点を挙げることは出来なかった。

【7回表】
この回の武田勝投手は、まずリンデン選手をライトフライで一死としたものの、ここからまず中谷選手にセンター前にヒットを打たれると、更に高須選手に左中間に二塁打を打たれ。これで一死二三塁としてしまったところで日本ハムはピッチャーを2番手の江尻投手へと交代。
するとこの場面、江尻投手は次の渡辺直選手はサードゴロで打ち取って二死としたが、ここから鉄平選手を敬遠で歩かせて満塁としたものの、続く山武選手にはレフトフェンス直撃の走者一掃となるタイムリー二塁打を打たれてしまい、これで一挙3点を失って1−6。
この後なおも二死二塁からはセギノール選手をショートゴロで打ち取って三死としたが、この回は敬遠策も実らず山武選手にタイムリーを打たれ、これで3点を失って1−6と得点差を5点へと大きく広げられてしまった。

【7回裏】
得点差を広げられてしまった直後の攻撃は、糸井選手が見逃し三振、代打の坪井選手がセカンドゴロ、金子誠選手がピッチャーゴロと、全く反撃ならずに三者凡退。

【8回表】
日本ハムバッテリーが坂元投手と大野選手へと交代たこの回は、代打の憲史選手をレフトフライ、草野選手をセカンドライナー、リンデン選手を空振り三振で三者凡退。

【8回裏】
この回は先頭の田中賢選手は空振り三振で倒れてしまうも、ここからまず森本選手のセンター前ヒットと稲葉選手のセンターオーバーの二塁打で一死二三塁とチャンスを広げると、ここで次の高橋選手がセンター前にタイムリーを弾き返し、これで1点を返して2−6としたところで東北楽天はピッチャーを永井投手から2番手の藤原投手へと交代。
しかしこの投手交代も日本ハム打線の流れを止めることは出来ず、なおも一死一三塁から次のスレッジ選手がライト前にタイムリーを放って3−6とすると、ここで更にピッチャーが小山投手へと交代も、直後の小谷野選手の打席で小山投手がワイルドピッチを犯し、これで一死二三塁。
するとこの場面、打席の小谷野選手は空振り三振で二死となってしまったものの、続く代打の二岡選手の打席では、今度はここで更に交代の有銘投手がワイルドピッチを犯し、これで三塁から高橋選手が生還して4−6。
この後は二岡選手が四球を選んで二死一三塁としながらも、次の代打の稲田選手がここで交代の川岸投手に対してレフトフライで三死となってしまったが、この回は実に4人のピッチャーを費やした東北楽天に対して日本ハムが3点を返し、これで4−6と得点差を一気に2点へと縮めた。

【9回表】
ここは続投の坂元投手が先頭の中谷選手にライトにヒットを打たれると、ここでピッチャーが林投手へと交代も、次の小坂選手には送りバントを決められて一死二塁とされると、続く鉄平選手にはライトスタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これで2点を追加されて4−8。
この後二死走者無しからは山武選手を見逃し三振で三死としたが、この回は鉄平選手の2ランホームランによって痛恨の失点を喫してしまい、またも得点差を4点へと広げられてしまった。

【9回裏】
4点のビハインドで迎えた最終回の攻撃は、東北楽天6番手の福盛投手に対して、先頭の金子誠選手はセカンドフライで一死となってしまうも、ここから田中賢選手のライト前ヒットと、森本選手のセンター前ヒットで一死一二塁とすると、次の稲葉選手はセンター前にタイムリーを放ち、これでまずは1点を返して5−8。
そしてこの後なおも一死一二塁から、続く高橋選手はカウント2-1と追い込まれながらも、ここから粘って四球を選び、これで満塁とすると、続くスレッジ選手がカウント1-0からの2球目の高めに来たストレートをレフトスタンドへと運び、これが3点差からのサヨナラ逆転満塁ホームランとなって、日本ハムが劇的な勝利をものにした。


3点ピハインドからのサヨナラ逆転満塁ホームランという奇跡的な展開で日本ハムが勝利。
これでアドバンテージと合わせて対戦成績を2勝0敗とした。

先発の武田勝投手は初回こそ三者凡退の立ち上がりを見せると、打撃陣はその裏に高橋選手の犠牲フライで1点を先制したものの、直後の2回表に早々には早々同点に追いつかれてしまうと、4回にも2点を失い、これで中盤までは1−3のまま試合が進んだ。
そしてこのまま7回に入ると、武田勝投手がピンチを残したままに降板したところで、江尻投手が敬遠で満塁策をとり、ここで山武選手との勝負を選択したものの、この対戦はレフトにあわやグランドスラムという大きな当たりを打たれてしまうと、これが走者一掃のタイムリー二塁打となってしまい、これで1−6。
しかし打線もこのまま黙ってはおらず、8回裏に東北楽天の継投策をついて、森本選手、稲葉選手、高橋選手、スレッジ選手の4連打で3点を返して4−6としたものの、直後の9回表には林投手が江尻投手に2ランホームランを打たれてしまい、これで4点差となって勝負がついたかと思われた。
しかし更に直後の9回裏、日本ハム打線は東北楽天のクローザー福盛投手に対して、まず田中賢選手、森本選手の連打でチャンスを作ると、稲葉選手のタイムリーで1点を返し、更に高橋選手が四球を選んで満塁としたところで、最後はスレッジ選手が起死回生のサヨナラ逆転満塁ホームランを放ち、この興奮、喜びを噛みしめ、そして心に刻みつけるかのように、スタンド、ベンチ、そして選手に対して何度も何度もアピールし、そしてゆっくりとベースを一周してサヨナラのホームを踏んだ。

打撃陣の個々を見ると、サヨナラ弾のスレッジ選手の3安打5打点を皮切りに、田中賢選手、稲葉選手も揃って3安打で猛打賞。
また、森本選手も2安打でマルチ安打を記録してチャンスメイクに貢献するなどし、5番以降はわずかにヒット1本に終わったものの、上位打線がしっかりとその役割を果たしてくれた。


高橋選手のコメント
 (1回裏、レフト犠飛)
まあ、最低限の仕事は出来たかなと思います。
 (8回裏、センター前タイムリー)
それまで空振りばっかりしてたボールを最後に何とか捉えることが出来ました。
 (試合後)
最後は鳥肌が立った。つなぎの野球ができたのが良かった。やるべきことをやった結果。

武田勝投手のコメント
 (6回1/3、打者28、80球、被安打9、与四死球1、奪三振1、失点5)
初戦ということで何とか良い流れを持ってきたかったのですが、いい投球が出来なくて残念です。次回チャンスがあれば勝てるように頑張りたいです。

江尻投手のコメント
 (2/3回、打者4、15球、被安打1、与四死球1、奪三振0、失点1)
打たれた瞬間、入ると思った。祈るだけだった。右の強打者を抑えるのが僕の仕事なのに。

林投手のコメント
 (1回、打者4、13球、被安打1、与四死球0、奪三振1、失点1)
スレッジは神様です。自分の不注意。左をしっかり抑えないといけないところだったけど、自分のミス。明日やり返します。

スレッジ選手のコメント
 (8回裏、ライト前タイムリー)
打ったのはまっすぐ。見た目以上に速さを感じるまっすぐを持っているのは知っていたので、しっかりとタイミングを取ることが出来ました。
 (9回裏、サヨナラ逆転満塁ホームラン)
捕手のリードを見るとフォークボールとチェンジアップが主体だった。それを空振りした後なので、(逆に)真っすぐが来ると思った。

稲葉選手のコメント
ナイスゲーム。三塁ベースコーチの真喜志さんが、ものすごい顔ではしゃいでいて実感したよ。興奮している。8回ぐらいから(逆転が)あるのではという雰囲気があった。
(永井投手が)疲れて球が浮いてきたところを、みんなしっかり捕らえていた。監督が自分に調整を任せてくれたので、何とかしたかった。

田中賢選手のコメント
楽天には勢いを感じた。それを上回れたのはすごい。9回は四球でもいいから塁に出ようと思った。

梨田監督のコメント
1勝のアドバンテージと共に札幌ドームでできることがやはり大きかったですね。諦めちゃいけないというファンの人たちの後押しが9回裏、4点を追う展開でも本当に効きました。スレッジはシーズン終盤からずっと状態が良かったんですが、レフトへライナーで運ぶとは。明日から岩隈、マー君を相手に中々点を取れないと思いますが、向こうに今日のような野球をやられたら嫌だというのを植えつけることができただけでも価値があります。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/1021b.jpg

閉じる コメント(23)

スレッジ最高っ!

2009/10/21(水) 午後 10:22 kachu

すごい試合でした。最後の最後までわかりませんでしたね!

2009/10/21(水) 午後 10:35 -

本当に驚きの展開でした。

2009/10/21(水) 午後 11:01 [ 徳川くん ]

だから野球って面白いですよね。

2009/10/21(水) 午後 11:04 こーじ

顔アイコン

なんちゅう試合をしてくれたんでしょうか。

2009/10/22(木) 午前 0:10 [ のり ]

顔アイコン

最後の最後まで分からないですね、野球って。
絶対負けると思ってましたけど勝てて良かったです。

2009/10/22(木) 午前 0:30 りんご

ナイスゲームと言っていいかどうか分からないですが、とにかく勝つことが大事です。

2009/10/22(木) 午前 0:40 mogu

すごすぎて鳥肌立ちました。

2009/10/22(木) 午前 1:08 こーじ

顔アイコン

こんな展開あり得ないです。

2009/10/22(木) 午前 1:42 [ - ]

顔アイコン

こんなことってあるんですね。
ぶっちゃけ9回表に2点取られたところで終わったと思ってました。

2009/10/22(木) 午前 2:07 [ fightersletsgo ]

「なまら」すごい展開でした。

2009/10/22(木) 午前 2:34 たか

マジしびれたッス

2009/10/22(木) 午前 4:22 ヒロ

歴史に残るようなすごい展開のゲームでした。

2009/10/22(木) 午前 5:01 たのさん

これが有るから、野球が好きです

2009/10/22(木) 午前 6:37 [ ぺんぎん ]

顔アイコン

テレビの前でブーたれてふて寝していたのが、あの一振りで『歓喜の雄叫び』を!
それにしても.......『まさかァ!』と思えた試合でした。

2009/10/22(木) 午前 8:05 [ - ]

顔アイコン

こういう展開も有りなんですね〜。(*^_^*)

2009/10/22(木) 午前 11:03 pinko0404

驚きました。
9回表終わったところで帰っちゃったりした人もいたでしょうね。

2009/10/22(木) 午前 11:44 りっこ

顔アイコン

涙でるほどすごいサヨナラ勝ちでした。これで勢いに完全にのった気がします。

2009/10/22(木) 午後 0:17 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

この勢いで連勝していきたいですね。

2009/10/22(木) 午後 0:56 アロハ

これだけの展開を見せてくれたのですから、ダルビッシュなしでも日本シリーズ゙にいけそうな気がしてきました。

2009/10/22(木) 午後 2:35 [ きいろ ]

開く トラックバック(24)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事