やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

2勝3敗と日本一に王手をかけられて戻った札幌ドーム。
日本ハムとしては残り2試合を連勝するしか道はなくなった。
そんな背水の陣で迎える今日の試合、先発のマウンドに上がるのは日本ハムが武田勝投手。対する読売は東野投手。

【1回表】
まず武田勝投手の初回のピッチングは、坂本選手をセカンドフライ、松本選手をセカンドゴロ、小笠原選手をライトフライと、三者凡退の素晴らしい立ち上がりとなった。

【1回裏】
初回の攻撃は、先頭の田中賢選手がファールで粘ってからの7球目をライト前にヒットして塁に出るも、次の森本選手は送りバントがキャッチャーファールフライとなってしまって一死一塁。
するとこの後は、稲葉選手が見逃し三振で二死となってしまったものの、次の高橋選手は東野投手の右手の甲を直撃する強襲ヒットで出塁し、同時に東野投手はそのまま交代となってしまった。
これでなおも二死一二塁という場面では読売のマウンドには内海投手が緊急登板の形で上がったが、ここはスレッジ選手が初球に手を出してのファーストゴロで倒れてしまい、これで初回からのいきなりの得点のチャンスを生かすことは出来ずに終わってしまった。

【2回表】
ここはまずラミレス選手をセカンドゴロで一死とするも、次の亀井選手には左中間に二塁打を打たれてしまうと、谷選手のピッチャーゴロの間に進塁されて二死三塁。
するとこの場面、続く阿部選手にはセンターにあわやホームランというフェンス直撃の大きな当たりを打たけてしまうと、これがタイムリー二塁打となってしまい、これでまずは読売が1点を先制。
この後なおも二死二塁からは李選手を空振り三振として三死としたが、この回は阿部選手のタイムリーにより、まずは0−1と先制点を奪われてしまった。

【2回裏】
小谷野選手がライトフライで一死となってしまうも、次の糸井選手はレフト前にヒットを放って一死一塁。
しかしここはまず鶴岡選手が見逃し三振で二死となってしまうと、続く二岡選手はセンター前に良い当たりを放つも、これは松本選手のダイビングキャッチによる好守に阻まれ、これでこの回を終えてしまった。

【3回表】
古城選手をショートライナー、坂本選手をライトフライ、松本選手をセカンドゴロで三者凡退。

【3回裏】
田中賢選手がレフトフライ、森本選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、次の稲葉選手はライト前にヒットを放って出塁も、ここは高橋選手がショートゴロで倒れて三死となってしまった。

【4回表】
ここは小笠原選手をライトフライ、ラミレス選手をセンターフライ、亀井選手をショートライナーで三者凡退。

【4回裏】
先頭のスレッジ選手が空振り三振で倒れてしまうも、ここからまず小谷野選手が四球を選んで塁に出ると、これに糸井選手がレフト前ヒットで続いて一死一二塁。
するとここで続く鶴岡選手がしっかりと送りバントを決め、二死ながらも二三塁と走者をひれ美れ進めたが、ここは次の二岡選手がセカンドゴロで倒れてこの回を終えてしまった。

【5回表】
谷選手をサードゴロ、阿部選手をファーストゴロで二死とすると、次の李選手もレフトフライで切って取り、これで3回から3イニング連続での三者凡退とした。

【5回裏】
先頭の田中賢選手がライト前にヒットを放って出塁すると、ここは森本選手がしっかりと送って一死二塁とするも、この後は稲葉選手、高橋選手が共に見逃し三振で倒れてしまった。

【6回表】
この回は古城選手をファーストゴロ、坂本選手をセカンドフライで二死とするも、ここからまず松本選手にレフト前ヒットで出塁されてしまうと、次の小笠原選手にはライト前にヒットを打たれ、更にこの打球の処理を稲葉選手がもたつく間に松本選手には一塁から一気に生還されてしまい、これで1点を追加されて0−2。
この後なおも二死二塁からはラミレス選手をファーストファールフライで切って取って三死としたものの、この回は二死から守備のミスもあって1点を奪われてしまい、これで0−2とリードを広げられてしまった。

【6回裏】
まずスレッジ選手がファーストゴロで打ち取られてしまうと、ここで読売はピッチャーを内海投手から豊田投手へと交代。
するとこの場面、まず次の小谷野選手がセンター前にヒットを放って塁に出ると、糸井選手はライトフライで倒れるも、鶴岡選手がライト前ヒットで続いて二死一二塁。
しかしここは続く二岡選手がセカンドへのゴロで倒れてしまい、これでこの回も得点を挙げることは出来ずに終わってしまった。

【7回表】
ここは先頭の亀井選手にライト前にヒットされると、谷選手にはきっちりと送りバントを決められ、更に阿部選手のファーストゴの之間にも亀井選手に進塁され、これで二死三塁。
しかしここは続く李選手をセカンドへのゴロで切って取り、これでこの回を終わらせた。

【7回裏】
この回は読売4番手の山口投手に対して、まず先頭の田中賢選手がライト前にこの試合3本目となるヒットを放って出塁も、次の森本選手の右打ちの打球がファーストゴロとなり、3-6-3之ダプルプレーとなってしまうと、更に続く稲葉選手もピッチャーゴロと倒れ、これで結局この回の攻撃を3人で終えてしまった。

【8回表】
この回の武田勝投手は、まず古城選手をレフトフライで一死としたものの、ここから坂本選手にセンター前にヒットを打たれると、続く松本選手には一死から送りバントを決められて二死二塁。
するとこの場面、日本ハムベンチは次の小笠原選手に対しては敬遠策をとり、二死一二塁としたところでラミレス選手との勝負を選択し、これに対してここで交代の江尻投手がラミレス選手を見事に空振り三振で切って取ってこの回を無失点のままに終わらせた。

【8回裏】
読売のマウンドに5番手として越智投手が登板すると、ここはまず高橋選手が二遊間をセンター前にヒットを放って出塁も、スレッジ選手、小谷野選手は共に空振り三振で二死一塁。
するとこの後、次の糸井選手が四球を選美、これで二死ながらも一二塁としたところで、代打で坪井選手が登場となったが、この場面はここで交代のクルーン投手の前にセカンドゴロで倒れて得点へとつなげることは出来ずに終わってしまった。

【9回表】
日本ハムバッテリーが林投手と大野選手へと交代すると、ここは亀井選手をファーストフライ、谷選手、阿部選手は共に空振り三振で三者凡退とした。

【9回裏】
2点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、まず先頭の二岡選手がレフト線に二塁打を放って出塁すると、田中賢選手のファーストゴロの間に代走の村田選手が三塁へと進塁。
すとるここから続いて代打で起用された稲田選手が四球を選び、これで一死一三塁としたものの、稲葉選手は見逃し三振で二死となってしまい、同時にスタートを切った一塁走者の代走の紺田選手は二塁に盗塁を決めて一打同点のチャンスを御膳立てするも、最後は高橋選手が空振り三振で倒れてしまい、これで試合終了となってしまった。


2009年の日本シリーズは2勝4敗で読売に敗れ、2006年以来の日本一奪取とはならなかった。

試合は初回から読売先発の東野投手がアクシデントから降板し、これに代わって内海投手が緊急登板する波乱の幕開けとなったが、初回はそのチャンスを生かすことが出来ず。
するとそんな中で日本ハム先発の武田勝投手は2回表に阿部選手のタイムリーで1点を失ってしまったものの、その後は立ち直りを見せ、3回から5回にわたって3イニング連続で三者凡退とするなど、気迫のこもったピッチングを見せてくれた。
しかしそれでも6回表には二死からヒットと守備の乱れで2点目を失ってしまった。
これに対して打撃陣は2回以降も毎回のように走者こそ出しながらもなかなかあと1本が出ない苦しい展開で、結局最後まで読売投手陣を攻略出来ず、終わってみれば2桁の11安打を放ちながらもそれを上回る13残塁と、「つなぐ野球」が全く出来ないままに終戦を迎えてしまった。


武田勝投手のコメント
 (7回2/3、打者30、88球、被安打6、与四死球1、奪三振1、失点2(自責点1))
自分の出せる力を全て出せたと思います。点は取られましたけど、悔いなく投げられました。

田中賢選手のコメント
今シーズンを通じてチャンスが作れてもあと1本が出ない、象徴のような日本シリーズでした。接戦が続きましたが、最後はジャイアンツが上回ったということ。向こうの胴上げを見せられファンの人達には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

高橋選手のコメント
最後は悔しい思いをしましたが、緊迫したゲームが続き、チャンピオン同士の好勝負を繰り広げられたと思います。自分自身は最低限、仕事が出来たという思いがあります。
巨人はMVPを取る選手が7番にいる。うちはつながらなきゃいけないのに、それが出来なかった。

稲葉選手のコメント
松本君の足は速いし、右中間寄りに守っていたから早く投げなきゃと思って、ボールから目を切るのが早かった。チャンスで打てなかったし、失点に絡むエラーをした。今日は僕で負けた。すごく責任を感じています。
今日は短期決戦の流れを切ってしまいました。見逃し三振が3つと今年の自分を物語る結果になり残念。下を向いても仕方ないですし、もっとチャンスで精神的に強くなれるようやっていきたいと思います。

ダルビッシュ投手のコメント
結果については仕方ないです。僕が今日投げたからといって勝てたかは分からないことなので。ファンの皆さんの温かい声援があったからこそここまで頑張れました。今は来年のことを考えられないですし、とりあえず体を休めてゆっくりしたいと思います。

金子誠選手のコメント
終わったな、と。個人的には3戦目以降、画面を通じてしか応援できなかった悔しさが残ります。心と体と頭を整えて、明日から来年に向けて取り組んでいきます。

梨田監督のコメント
残念です。せめて第7戦まで行きたかった。試合後チームみんなに『ご苦労さん』と声をかけました。みんな悔しい気持ちでいっぱいだろうけど、終わってしまったら仕方がないからね。今日の試合に限って言えば11安打で0点というのは日本シリーズでも初めてなんじゃないかなとも思っていましたけどね。随所にファイターズらしいプレーが出たけど、ちょっと及ばなかった。今日は巨人が上だった。最後もう少し盛り上がってほしかったね。でも我々も感動したし、内容的にはいい日本シリーズだった。悔しいけどそう理解しています。0点に終わってしまったけど、ファンの方々には本当に感謝しています。1年間ありがとうございました。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/1107b.jpg

この記事に

閉じる コメント(21)

くやしー

2009/11/7(土) 午後 10:56 どんぐり 返信する

巨人ファンの人へ。
おめでとうございました。来年は絶対リベンジします。

2009/11/7(土) 午後 11:00 こーじ 返信する

なかなかうまくいかないことも多かったですね…

2009/11/7(土) 午後 11:03 kachu 返信する

顔アイコン

また来年ですね。

2009/11/8(日) 午前 0:05 [ - ] 返信する

顔アイコン

今年も終わってしまいましたね。
最後は悔しい残念な試合でした。

2009/11/8(日) 午前 0:32 りんご 返信する

残念ウィッシュ

2009/11/8(日) 午前 0:37 DAIGO_HAPPYDAYS 返信する

最後に来て一番日本ハムらしい野球のできない試合だったと思います。
この悔しさを来年に!

2009/11/8(日) 午前 1:09 [ 徳川くん ] 返信する

顔アイコン

悔しい思いがあるからこそまた成長できます、
来年こそ絶対に日本一に、みんなでなりましょう。

2009/11/8(日) 午前 1:16 [ golfer13131313 ] 返信する

顔アイコン

1年間お疲れさまでした。

2009/11/8(日) 午前 1:41 [ fighters_second_wisdom ] 返信する

最後の最後で敗れてしまいましたが、他の10球団はすでにシーズンを終了している中、ここまで楽しませてくれたことに感謝です。
監督、コーチ、選手、裏方さん、球団スタッフ全ての方に感謝すると共に、お疲れさまでしたといいたいです。

2009/11/8(日) 午前 1:46 たのさん 返信する

最終回まで見応えのある試合ありがとうございました。
松本選手のダイビングキャッチにやられました。
稲葉選手のもたついたのは、ホームベースでさすためにやったんだと思いたい。

2009/11/8(日) 午前 1:48 [ ぺんぎん ] 返信する

もうここまできたら誰がブレーキだったとか誰が・・・とか言わないで、ただ「お疲れさまでした」と伝えたいと思います。

2009/11/8(日) 午前 1:57 みく 返信する

顔アイコン

巨人にだけは負けたくなかった。

2009/11/8(日) 午前 2:17 [ さとうゆういちろう ] 返信する

ついに終わっちゃいましたね。
でもここまで今年も楽しませてくれて本当に感謝します。

2009/11/8(日) 午前 6:03 りっこ 返信する

顔アイコン

最後は悔しい試合ではありましたけど、でもここまでこれたこと自体素晴らしいことだったと思います。

2009/11/8(日) 午前 6:49 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

顔アイコン

ファイターズのみなさん、そして、やっさん、ご苦労さまでした。
楽しませていただき、ありがとうございます。
「つなぐ野球」が最後になって「つながらない野球」になってしまいましたが、来シーズンの捲土重来に期待しましょう。(丑の戯言)

2009/11/8(日) 午前 10:47 [ eiji ] 返信する

顔アイコン

最後の最後でレギュラーシリーズの時の負けパターンになってしまいました。
正直言って.........あそこだけには負けて欲しくなかったです!地方のチームでも、お金を掛けなくてもなんでも欲しがる金満球団にも問答無用で勝てる!ところを見せて欲しかった!
そして.........自慢させて欲しかったです。

2009/11/8(日) 午後 0:30 [ - ] 返信する

顔アイコン

最後まで楽しませてもらいました。負けたのは悔しいですけど。

2009/11/8(日) 午後 5:11 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

来年に向けてまた目標が出来ましたね。

2009/11/8(日) 午後 5:55 おかお 返信する

何故純粋に巨人を祝ってやれない人が多いのか・・・
ま、それはおいといて、選手全員が悔いなくプレイできたことを願います
来年もファイターズの健闘を祈ります

2009/11/9(月) 午前 3:12 [ 西音寺祐一 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(33)


.


みんなの更新記事