やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

2010 パシフィック・リーグ公式戦 開幕戦
 
2010年の新たなるシーズンの戦いが始まる。
待ちに待った注目のこの試合、北海道日本ハムの先発は、前日のテレビ番組にて『1シーム』なる新球の存在を明かしたダルビッシュ投手。
対する福岡ソフトバンクは杉内投手。
 
【1回表】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、まず先頭の本多選手を変化球で空振り三振とすると、川選手はショートライナー。オーティズ選手は空振り三振と、開幕の最初のイニングを無難に三者凡退で終わらせた。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、先頭の田中選手がセカンドゴロで一死となってしまうと、二岡選手はファーストファールフライ、稲葉選手は空振り三振と、対する杉内投手も最初のイニングを三者凡退とした。
 
【2回表】
ここは小久保選手、多村選手にいずれもセンター前にヒットされてしまうと、次の李選手にはサード前に送りバントを決められて一死二三塁。
するとこの場面、続く長谷川選手はファーストへのゴロとしたものの、この打球を高橋選手が弾いてしまい、この間に三塁から小久保選手に生還されてしまうと共に、アウトカウントも増やせず、なおも一死一三塁。
そして更には次の松田選手をショートゴロとし、6-4-3とボールが転送されたものの、一塁は松田選手の気迫のヘッドスライディングが勝り、この間に三塁走者の多村選手が生還して0−2。
この後は田上選手をセカンドへのフライでようやく三死としたものの、この回は無死からの連打にエラーも重なり、早くも2点を失う結果となってしまった。
 
【2回裏】
高橋選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、次の糸井選手は送りバントを2度ファールにしてしまうなどして追い込まれてしまうと、最後は強行策で二遊間を破ろうかという当たりを放つも、これはショート川選手の好守に阻まれて二塁フォースアウト。
しかしこの後、なおも一死一塁ではあったものの、糸井選手が杉内投手の牽制球に誘い出されてタッチアウトとなってしまうと、更に続く小谷野選手もセカンドゴロで倒れてしまい、結局この回は先頭打者が出塁したものの、3人で攻撃を終えてしまった。
 
【3回表】
ここは本多選手を空振り三振で一死とするも、次の川選手には初球をセンター前ヒットとされてしまうと、更に盗塁を決められて一死二塁。
するとこの後、続くオーティズ選手は空振り三振で二死としたものの、次の小久保選手にはレフト前にヒットを打たれてしまうと、この当たりで川選手に生還されてしまい、これで更に1点を失って0−3。
この後なおも二死二塁からは多村選手を空振り三振で三死としたものの、この回は小久保選手のタイムリーで1点を失い、これで0−3と得点差を広げられてしまった。
 
【3回裏】
この回は先頭の中田選手が空振り三振、鶴岡選手はサードゴロで二死となってしまうも、ここから次の金子選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、田中選手はストレートの四球を選んで二死一二塁。
するとこの場面は続く二岡選手がレフト前にヒットを放つと、この当たりで二塁走者の金子選手が生還し、これで1点を返して1−3。
この後は稲葉選手がサード正面へのライナーで倒れて三死となってしまったが、この回は二死走者無しからの粘りで1点を返して1−3とした。
 
【4回表】
ここは先頭の李選手に死球をぶつけて塁に出してしまうと、長谷川選手には送りバントを決められて一死二塁。
しかしこの後は松田選手を空振り三振、田上選手をレフトフライとしっかりと打ち取り、これでこの回を無失点で終わらせた。
 
【4回裏】
先頭の高橋選手は空振り三振で倒れてしまうも、次の糸井選手ーが一二塁間をライト前にヒットを放って出塁すると、これに小谷野選手がレフトフェンス直撃の二塁打を放って一死二三塁とし、更にこれに中田選手がカウント1-3からの四球で続いて一死満塁。
しかしこの場面は、次の鶴岡選手がファールで粘りながらも空振り三振で倒れてしまうと、金子選手もボテボテのピッチャーゴロで打ち取られてしまい、結局この回は一死満塁の大チャンスを得点へとつなげることは出来なかった。
 
【5回表】
本多選手をセンターフライで一死とするも、川選手にはセンター前にヒットを打たれると、続くオーティズ選手の打席でまたも盗塁を決められて一死二塁。
するとこの場面、オーティズ選手は空振り三振で二死としたものの、続く小久保選手にはセンター左後方のフェンスを直撃するタイムリー二塁打を打たれてしまい、これで更に1点を奪われて1−4。
この後は多村選手を空振り三振で三死としたものの、この回は3回と同様にヒットと盗塁で得点圏に進んだ川選手を小久保選手のタイムリーで還されてしまう形で1点を失い、これで1−4と得点差を再び3点へと広げられてしまった。
 
【5回裏】
田中選手がセンターフライで一死となってしまうと、二岡選手はサード頭上を越えるレフト前ヒットで出塁も、ここは稲葉選手がレフトライナー、高橋選手がセカンドゴロと共に続けず。
 
【6回表】
ここは李選手を空振り三振で切って取ると、長谷川選手、松田選手は共にサードゴロで打ち取って、初回以来の三者凡退とした。
 
【6回裏】
この回は先頭の糸井選手が四球を選んで塁に出ると、次の小谷野選手は三遊間をレフト前にヒットを放って無死一二塁。
するとここから続く中田選手の打席では杉内投手のワイルドピッチで走者がそれぞれ進んで二三塁となると、中田選手はフルカウントから左中間にタイムリーを放ち、この当たりで三塁走者の糸井選手に続いて二塁から小谷野選手も生還し、これで2点を返して3−4。
そしてなおも無死一塁から、鶴岡選手が確実に送りバントを決めて一死二塁と代走の村田選手を進めるた。
しかしこの後は、金子選手の右方向への打球がファースト小久保選手に抑えられてしまうと、この間に走者が進塁して二死三塁とするも、続く田中選手もショートへのゴロで倒れてしまい、これでこの回を終えてしまった。
しかしこの回は中田選手のタイムリーで2点を返し、これで3−4と得点差を1点へと縮めた。
 
【7回表】
ここは田上選手、本多選手を共に空振り三振で二死とすると、次の川選手の三塁方向への打球は小谷野選手がダイビングキャッチで抑える好守でさばいてサードゴロとし、これで前の回に続いての三者凡退とした。
 
【7回裏】
福岡ソフトバンクのピッチャーが2番手の攝津投手へと交代したこの回は、まず先頭の二岡選手がセンター前にこの試合3本目となるヒットを放って出塁するも、ここは次の稲葉選手は空振り三振で倒れてしまうと、更に高橋選手はセカンド正面へのゴロで4-6-3のダプルプレーに終わってしまった。
 
【8回表】
オーティズ選手をライトフライ、小久保選手を空振り三振で二死とすると、次の多村選手には初球を打たせてショートへのゴロとしながらも、これは金子選手の悪送球で走者を残してしまったが、ここは続く李選手をセカンドフライで打ち取って三死とした。
 
【8回裏】
この回は福岡ソフトバンク3番手のファルケンボーグ投手に対し、糸井選手がファーストへのゴロを俊足を飛ばして内野安打とすると、小谷野選手は送りバントを2度ファールとしてしまった後に空振り三振で倒れるも、続く村田選手がサードへの高いバウンドの打球を内野安打として一死一二塁。
するとこの場面、代打で坪井選手はファーストゴロで二塁フォースアウトとなってしまうと、なおも二死一三塁から次の金子選手も初球を打ってのライトフライと、この回の足で作ったチャンスを生かすことは出来ずに終わってしまった。
 
【9回表】
代打が出た関係からキャッチャーが大野選手へと交代したこの回は、まず長谷川選手を空振り三振で一死としたものの、次の松田選手には右中間を破られる三塁打を打たれてしまうと、ここは続く田上選手にライトに犠牲フライを上げられてしまい、これで1点を失って3−5。
この後二死走者無しからは本多選手をレフトフライで三死としたものの、この回は田上選手の犠牲フライにより、3−5と痛いところで追加点を奪われてしまった。
 
【9回裏】
2点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、福岡ソフトバンク4番手の馬原投手に対し、まず先頭の田中選手がショートフライで倒れてしまうと、二岡選手はセカンドゴロ、稲葉選手は空振り三振、最後は三者凡退で抑えられての試合終了となってしまった。
 
 
エースを立てて臨んだ開幕戦を落としてしまった。
 
ダルビッシュ投手は、立ち上がりの初回こそ三者凡退としたものの、2回にはいきなりの連打などで一死二三塁のピンチを迎えてしまうと、ここでファースト高橋選手に痛恨のエラーが出るなどし、この回2失点。
そして3回、5回にもヒットで出た川選手に盗塁を決められ、更に小久保選手にタイムリーを浴びるという全くパターンを繰り返してしまった。
 
そんな中、打線はまず3回に二岡選手のタイムリーで1点を返すと、更に6回には無死二三塁から中田選手が2点タイムリーを放ち、プロ初となる開幕スタメン起用に結果を出して応えた。
 
しかし終盤は福岡ソフトバンクの勝利の方程式の投手リレーに反撃できずにいると、逆に9回表には田上選手のタイムリーで1点を追加されてしまい、これで万事休す。
 
ダルビッシュ投手は147球を投じての完投で13三振を奪ったものの、昨年に続いて開幕黒星スタートとなってしまった。
 
打線は二岡選手が3安打で猛打賞を記録するなどし、他にも中田選手が2打点を挙げて結果を出したが、2回裏には糸井選手が送りバントを2度失敗し、結果的には強行策も失敗した上に、更に牽制で刺されてアウトとなってしまうなど拙攻が目立ち、ヒットの数では福岡ソフトバンクを上回る11安打を放ったものの、効率的に得点を挙げることが出来なかった。
 
 
二岡選手のコメント (3回裏、レフト前タイムリー)
何とか稲葉さんにつなぎたかった。チャンスになればみんな同じだと思いますけど、何とか次につなげられるようにと思っています。
 
中田選手のコメント (6回裏、センター前2点タイムリー)
1打席目で三振して、杉内さんがいいピッチャーだということをすごく感じたので、打てなくてもいいから悔いが残るスイングだけはしないようにと思って打席に立ちました。打球が落ちた瞬間は頭の中が真っ白になりましたね。
 
ダルビッシュ投手のコメント (9回、147球、打者37、被安打7、奪三振13、与四死球1、失点5、自責点3)
序盤でリズムがつかめずに先制を許し、もう少しで追いつけるというところでまた点をとられて流れを悪くしてしまいました。久しぶりに満員のファンの前で投げられて楽しかったですが、出来れば勝利をプレゼントしてあげたかったです。
 
梨田監督のコメント
2回に2点取られたのが痛かった。1点なら違ったかもしれない。今日は去年と違うチームみたいでしたね。バント失敗などもあったりしましたから。中田はこれだけファンのみなさんが大声援を送ってくれる中で、打つほうはフォアボールと2打点ですから良かったと思います。二岡は2番という打順はあまり関係ないと思っていますが、機能していると思います。明日の課題? 勝つことです。
 
 

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

いよいよ始まりますね。

やっさん、また時々見に来ますのでよろしくね。(*^_^*)
まだ寒いですから、風邪など引かないようにご自愛くださいね。

ファイターズの選手のみなさん、応援してるからね〜。(^O^)/

2010/3/19(金) 午後 7:04 pinko0404 返信する

顔アイコン

今からめちゃめちゃドキドキしてます。

2010/3/20(土) 午前 1:53 [ fightersletsgo ] 返信する

顔アイコン

んー、残念。

2010/3/20(土) 午後 4:31 [ - ] 返信する

顔アイコン

信二のエラーがなぁ

2010/3/21(日) 午前 0:09 [ golfer13131313 ] 返信する

惜しい試合を落としましたね。

2010/3/21(日) 午前 0:12 かおしかく 返信する

いよいよ始まりましたね。

2010/3/21(日) 午前 1:01 mogu 返信する

中田がタイムリーを打ったのは嬉しかったですね。

2010/3/21(日) 午前 1:27 たか 返信する

今シーズンも応援します!

2010/3/21(日) 午前 1:36 [ ぺんぎん ] 返信する

ダルビッシュで負けたのは予想外でした。
ワンシーム投げてましたね。

2010/3/21(日) 午前 2:26 kachu 返信する

今年も待ちに待った開幕がきましたね。
初戦はおとしてしまいましたが、明日は勝ってほしいものです。

2010/3/21(日) 午前 3:04 たのさん 返信する

顔アイコン

ダルで負けてしまうとは・・・

2010/3/21(日) 午前 7:52 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

ダルビッシュで負けちゃったのは残念ですけど、まだまだ始まったばかりですから次は頑張ってほしいですね。

2010/3/21(日) 午前 8:44 りっこ 返信する

顔アイコン

中田クンが開幕早々に結果を出しましたね。

2010/3/21(日) 午前 9:05 アロハ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(19)


.


みんなの更新記事