やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

昨日の開幕戦をエースのダルビッシュ投手で落とし、満を持して迎える今日の2戦目。
この試合の先発は、北海道日本ハムが武田勝投手。福岡ソフトバンクが大隣投手。
 
 
【1回表】
まず武田勝投手の立ち上がりは、先頭の本多選手をサードゴロで一死とすると、次の川選手にはライト前にヒットを打たれてしまうも、続くオーティズ選手をショートゴロで6-4-3のダプルプレーとした。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、田中選手がセンターフライ、二岡選手がショートゴロで二死となってしまうと、次の稲葉選手は一二塁間をライト前にヒットを放って出塁も、ここは高橋選手が空振り三振で続けず。
 
【2回表】
ここは小久保選手、多村選書を共にショートゴロで二死とすると、続く李選手はフルカウントから空振り三振に切って取って三死とした。
 
【2回裏】
糸井選手が空振り三振、小谷野選手がライトフライ、中田選手が見逃し三振で三者凡退。
 
【3回表】
長谷川選手をショートゴロ、松田選手を空振り三振、田上選手をセカンドゴロで、前の回に続いての三者凡退。
 
【3回裏】
この回はまず大野選手はセンターフライで一死となってしまうも、次の金子選手がレフトスタンド最前列にライナー性の当たりを運び、このソロホームランでまずは1点を先制。
この後は田中選手が二遊間への当たりをセカンド内野安打として出塁して、更に大隣投手のワイルドピッチと二岡選手のファーストゴロの間に三塁まで進塁すると、続く稲葉選手は四球を選んで二死一三塁となるも、ここは高橋選手がキャッチャーへのファールフライで打ち取られて三死となってしまった。
しかしこの回は金子選手の今季チーム初ホームランとなる一発で、まずは北海道日本ハムが1−0と先制点を挙げることに成功した。
 
【4回表】
ここは本多選手をセンターフライ、川選手をセカンドゴロ、オーティズ選手をサードゴロで三者凡退。
 
【4回裏】
糸井選手がセンターフライで倒れてしまうと、次の小谷野選手はライト前にヒットを放って出塁も、ここは中田選手がセカンドフライ、大野選手がライトフライで共に続けず。
 
【5回表】
この回はまず小久保選手の三塁線への当たりをサード小谷野選手が逆シングルでのダイレクトキャッチで一死とすると、多村選手はセカンドフライ、李選手はライトフライで、これで4イニング続けての三者凡退とした。
 
【5回裏】
金子選手が空振り三振、田中選手がレフトフライ、二岡選手がセカンドファールフライで三者凡退。
 
【6回表】
この回の武田勝投手は、長谷川選手、松田選手、田上選手を3者連続でショートゴロで打ち取り、2回から6回まで5イニング連続の三者凡退。
 
【6回裏】
ここは稲葉選手がライトフライ、高橋選手がセカンドゴロ、糸井選手がサードファールフライで三者凡退。
 
【7回表】
この回はまず先頭の本多選手のピッチャー前に転がったセーフティーバントを武田勝投手がしっかりとさばいて一死とすると、次の川選手はショートゴロで打ち取って二死としたところで、北海道日本ハムベンチはここまで好投の武田勝投手をベンチに下げ、代わってマウンドには2番手で江尻投手が登板。
しかしこの場面、江尻投手はまずオーティズ選手にレフト前にヒットを打たれてしまうと、続く小久保選手にはフルカウントから甘く入った球をライト線に運ばれてしまい、この当たりで一塁走者のオーティズ選手に一気に生還され、これで1−1の同点。
この後なおも二死二塁からは次の多村選手をショートゴロで打ち取って三死としたものの、この回は継投策がうまくはまらず、小久保選手のタイムリーによって1−1の同点へと追いつかれてしまうと共に、ここまで好投を見せていた武田勝投手の勝利投手の権利を消してしまう結果となってしまった。
 
【7回裏】
小谷野選手がセンターフライ、中田選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の大野選手はレフト前に濃く気初ヒットを放って出塁も、ここは金子選手がショートゴロで続けず。
【8回表】
北海道日本ハムのピッチャーが3番手の建山投手へと交代のこの回は、いきなり先頭の李選手をストレートの四球で歩かせてしまうと、更に長谷川選手には送りバントを決められ、これで一死二塁と走者を進められてしまうも、この後は松田選手、田上選手をいずれも空振り三振で打ち取ってこの回を無失点で終わらせた。
 
【8回裏】
この回は田中選手が初球に手を出してのレフトフライで倒れてしまうも、次の二岡選手は左中間への当たりを判断良く二塁まで進んで一死二塁としたところで、福岡ソフトバンクはピッチャーを大隣投手が攝津投手へと交代。
しかしなおも一死二塁からは、まず稲葉選手が空振り三振で二死となってしまうと、高橋選手もピッチャー強襲の当たりを放ったが、これは攝津投手にさばかれてしまい、これで結局この回も得点圏の走者も得点へとつなげることは出来なかった。
 
【9回表】
北海道日本ハムのピッチャーが宮西投手へと交代したこの回は、本多選手、川選手を連続の空振り三振で二死とすると、続くオーティズ選手のセンター前への当たりは糸井選手がライナーで無難にさばいて三者凡退とした。
 
【9回裏】
ここはまず糸井選手がセカンドゴロで一死となってしまうも、次の小谷野選手はストレートの四球を選んで塁に出ると、更に中田選手もフルカウントから四球を選んで、これで一死一二塁とし、更に代打で登場の坪井選手が初球から死球を受け、これで一死満塁。
しかしこの場面、次の金子選手はフルカウントからの6球目を弾き返すも、これがセカンドゴロで4-2-3のダプルプレーとなってしまい、結局試合は1−1のまま延長戦へと突入することとなった。
 
【10回表】
北海道日本ハムのマウンドに今季加入のウルフ投手が上がり、キャッチャーも鶴岡選手へと交代したこの回は、まず小久保選手をフェンス際まで飛ばされながらもセンターフライで一死とすると、多村選手はライトフライ、明石選手はショートゴロで三者凡退とした。
 
【10回裏】
ここは福岡ソフトバンク3番手のファルケンボーグ投手に対して、田中選手が空振り三振で倒れてしまうも、紺田選手は一二塁間をライト前にヒットを放って出塁すると、更に盗塁も決めて一死二塁。
しかしこの場面は、続く稲葉選手がレフトライナーで倒れて二死となってしまうと、高橋選手選手は3球で簡単に空振り三振で倒れてこの回も無得点のままに終えてしまった。
 
【11回表】
この回は北海道日本ハム6番手の武田久投手が、まず長谷川選手の左中間への当たりをセンター糸井選手が俊足を飛ばして追いつき、これで一死としたものの、次の松田選手には初球を左中間スタンドへと運ばれてしまい、これでついに1−2と均衡崩れて福岡ソフトバンクが勝ち越し。
この後は田上選手をセカンドゴロ、本多選手をピッチャーゴロで三死としたものの、この回は武田久投手が松田選手に痛恨のソロホームランを浴びてしまい、これで1−2とここにきて福岡ソフトバンクにリードを奪われてしまった。
 
【11回裏】
1点を追う形となって迎えたこの回は、福岡ソフトバンク4番手の馬原投手に対し、糸井選手が初球に手を出してのセカンドゴロ、小谷野選手がレフトフライで二死となってしまうと、最後は村田選手がセカンドゴロで倒れて試合終了となってしまった。
 
 
延長11回の試合を落とし、これで開幕2連敗となってしまった。
 
先発の武田勝投手は6回2/3を投げ、わずかにヒット1本を打たれたのみで更に無四球の好投を見せていたにもかかわらず、球数も74球ながらも突然の交代。
するとこれを機に2番手の江尻投手が2連打を浴びてしまい、わずかに1点のリードをあっと言う間に同点とされてしまった。
この後は建山投手、宮西投手、ウルフ投手がそれぞれ1イニングを無失点でつないだものの、延長11回には武田久投手が松田選手に一発を浴びてしまい、これで武田久投手にとっては実に2008年8月以来の黒星を早くも喫する結果となってしまった。
 
一方打撃陣は、3回には金子選手がソロホームランを放って1点を先制するも、その後は走者こそ出しながらもなかなか決定打が出ず、8回にも一死二塁、9回には一死満塁とチャンスを迎えながらもこれもいずれも生かすことが出来なかった。
 
 
金子選手のコメント (3回裏、レフト・ソロホームラン)
詰まったけど、うまく打てました。体がしっかりと回転していたと思います。ツーベースでもと思って走ってたんですけど、入っちゃいましたね。
 
武田勝投手のコメント (6回2/3、74球、打者30、被安打1、与四死球0、奪三振2、失点0、自責点0)
今シーズン初めての登板でしたが、すごくいい感じで投げることが出来ました。明日以降次回につなげられるような調整をしていきたいと思います。
 
武田久投手のコメント (1回、9球、打者4、被安打1、与四死球0、奪三振0、失点1、自責点1)
途中から出る投手は1点取られたら終わり。今日はそれができなかった。
 
梨田監督のコメント
1点では逃げきれないだろうなとは思っていました。追加点が欲しかった。勝はオープン戦より内容的にも良かったし素晴らしいピッチングでした。7回途中で勝よりも安全かなと思って交代したんだけど。明日の先発ケッペルにも期待はしたいし、点を与えないにこしたことはないけど、それよりも何よりチームが勝つ事を一番に考えます。
 
 

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

明日こそ・・・信じてるよ。(*^_^*)

2010/3/21(日) 午後 4:59 pinko0404 返信する

顔アイコン

ホント、明日こそですね。
去年と同じ3連敗は嫌です。

2010/3/21(日) 午後 5:04 [ golfer13131313 ] 返信する

指揮官・・・・・・かえましょうよ・・・

2010/3/21(日) 午後 5:12 かおしかく 返信する

色んな意味でビックリの采配ですね。

2010/3/21(日) 午後 6:27 ヒロ 返信する

顔アイコン

梨田監督のコメントを見ても、あまりにひどいと言うかずさんな指揮ですね。
これでは好投した勝もかわいそうですし、チームの士気も上がるわけかないです。

2010/3/21(日) 午後 6:33 [ fightersletsgo ] 返信する

この敗戦は選手というよりもベンチにあると思います。

2010/3/21(日) 午後 7:08 どんぐり 返信する

ま、とりあえず最下位ですね。監督のせいです。

2010/3/21(日) 午後 8:26 [ 徳川くん ] 返信する

9回には中田でサヨナラかと期待しましたけど残念でした。

2010/3/21(日) 午後 8:29 みく 返信する

いいとろで、テレビ中継が終了。残念

2010/3/21(日) 午後 8:50 [ ぺんぎん ] 返信する

顔アイコン

がっかりです

2010/3/21(日) 午後 10:14 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

監督の采配で負けるっていうのはつらいですね。

2010/3/22(月) 午前 0:03 kachu 返信する

顔アイコン

待ちに待った開幕もこんな連敗スタートでは・・・・・・。 削除

2010/3/22(月) 午前 0:06 [ リロ ] 返信する

明日ケッペルに頑張ってもらって、何としても開幕3連敗だけは避けたいです。

2010/3/22(月) 午前 1:10 こーじ 返信する

マックと勝さんがヒーローかとおもったのになぁ。
今日は勝利!!

2010/3/22(月) 午前 6:27 こなゆき 返信する

7回は、オーティズ、小久保、多村と、右のホームランバッターが続くから、右の江尻に変えたくなる気持ちもわからなくもない。

それよりも、打線だ〜。。。稲葉と高橋が全く機能しないっていうのは厳しいな。

2010/3/22(月) 午前 7:51 パイレーツ2番 返信する

勝さんがかわいそうでした。

2010/3/22(月) 午前 9:46 りっこ 返信する

顔アイコン

こんな継投ミスもシーズンを通したらあるのでしょうが、ちょっとまだタイミングが悪すぎますね。

2010/3/22(月) 午前 9:56 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

顔アイコン

ボロ負けするよりショックが大きいですね。

2010/3/22(月) 午前 10:34 アロハ 返信する

顔アイコン

昨シーズン、開幕三連戦で楽天になんと三連敗。あの悪夢を思い出しそうですが、さて、きょうは……?
しかし、三連敗したとしても、昨季のように終盤の追い込みでリーグ優勝を果たしたんですから、ソフトバンクに敗れても落胆しないぞ。
(丑の戯言)

2010/3/22(月) 午前 11:56 [ eiji ] 返信する

顔アイコン

打線は水モノ!ですから、多少のことは我慢します。補強せずに自前の選手を育てていこうとすること自体が、昨年ピリが5位のチームのすることを首位のチームをすることではナイと思いますが.......その方向性を決めたサラリーマンフロント責任!
少なくても守備で計算を間違う監督は昨年から同じ!相変わらすの瞑監督ぶり。開幕3連戦を2年続けて負け越しさせる監督コーチに考え方を変えてもらわないと!ホームでプレイするだけでは、既に物足りなくなっているファンの方が多いと思うのですが..........ねェ〜。

2010/3/22(月) 午後 0:24 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(23)


.


みんなの更新記事