やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

開幕2戦目は延長戦での試合を落とし、これで開幕2連敗。
昨年は開幕3連敗を喫しているが、今年はそんなことなく、まず今季の初白星を掴みたい。
そんな今日の試合の先発は、北海道日本ハムがケッペル投手。福岡ソフトバンクがホールトン投手と、両外国人投手の先発。
 
 
【1回表】
ケッペル投手の立ち上がりは、いきなり先頭の本多選手にセンター前にヒットを打たれてしまうと、更に盗塁で二塁へと進まれ、ここから次の川選手はレフトフライで一死としたものの、続くオーティズ選手の打席ではケッペル投手がワイルドピッチを犯し、これで一死三塁。
するとこの場面、オーティズ選手は空振り三振で切って取って二死としたものの、続く小久保選手には三遊間を抜かれてレフト前にタイムリーを運ばれ、これで0−1と早くも0−1と福岡ソフトバンクが先制。
この後は多村選手をショートゴロで三死としたものの、この回は小久保選手のタイムリーにより、初回から早々に先制点を奪われてしまった。
 
【1回裏】
初回の攻撃はまず田中選手がセンター前ヒットで出塁し、直後に盗塁を決めて二塁へと進むと、次の紺田選手は空振り三振に倒れてしまうも、ここからまず稲葉選手が四球を選んで一二塁とすると、次の高橋選手が三遊間をレフト前にタイムリーを弾き返し、これで1点を返して1−1の同点。
そして更になおも一死一二塁から、これに糸井選手がセンター前ヒットで続いて一死満塁とチャンスを広げると、小谷野選手がセカンドゴロに倒れる間に三塁から稲葉選手が生還して、これで2−1と逆転に成功し、更には続く二岡選手の打席ではホールトン投手のワイルドピッチで三塁走者の高橋選手に続き、二塁から糸井選手も俊足を飛ばして一気に生還し、これで2点を追加して4−1。
この後二死走者無しとなってからは二岡選手がセンターフライで三死となってしまったが、この回は3本のヒットに足も絡め、一挙4点を挙げて、早くも4−1と逆転に成功した。
 
【2回表】
この回は先発のケッペル投手がは初回のピッチングで左脇腹に痛みを訴えたとのことで、マウンドには急遽2番手として木田投手が登板。
するとその木田投手は、いきなり先頭の李選手を四球で歩かせてしまうも、ここからは長谷川選手をショートライナー、松田選手をレフトファールフライで二死とすると、次の田上選手にはレフト前にヒットを打たれてしまうも、ここは続く本多選手をサードゴロで切って取り、これで走者こそ出しながらも、緊急登板の1イニングを無失点で終わらせた。
 
【2回裏】
ここはまず大野選手が四球を選んで塁に出ると、これを金子選手が確実に送りバントで進めて一死二塁。
するとここからまず田中選手がレフト前ヒットで一三塁とすると、すぐに盗塁で二塁へと進み、更に紺田選手はフルカウントから四球を選んで一死満塁。
するとこの場面、次の稲葉選手がライト前にタイムリーを放って5−1とすると、更にこれに高橋選手がセンターオーバーの2点タイムリー二塁打で続き、これで7−1としてホールトン投手をノックアウト。
これでなおも一死二三塁というところで、福岡ソフトバンクのピッチャーは2番手の大場投手へと交代も、これに対して糸井選手がの左中間フェンス直撃の2点タイムリーとなる二塁打で続き9−1。
そしてこの後も、小谷野選手の四球と二岡選手のライト前ヒットで再び一死満塁とチャンスを広げると、ここで大野選手はセカンドフライで二死となってしまうも、続く金子選手が右中間に走者一掃となるタイムリー二塁打を放ち、これで12−1とし、更に田中選手のレフト前タイムリー、紺田選手の左中間へのタイムリー二塁打と続いて、これで14−1。
この後は稲葉選手が空振り三振でようやく三死となるも、この回は実に打者14人の猛攻で、10得点を叩き出し、これで14−1と大きく大きくリードを広げた。
 
【3回表】
先頭の川選手を四球で歩かせてしまうも、次のオーティズ選手をショートゴロで6-4-3のダプルプレーとすると、続く小久保選手はレフトフライで切って取り、これで結果的にこの回の攻撃を3人で切って取った。
 
【3回裏】
まず高橋選手がセンターフライで倒れてしまうと、次の糸井選手は一二塁間をライト前にヒットを放って出塁も、ここは小谷野選手がレフトフライ、二岡選手がセンターフライと共に続けず。
 
【4回表】
この回の木田投手は、先頭の多村選手にセンター前ヒットで出塁を許すも、この後は李選手をレフトフライ、長谷川選手をセンターフライ、松田選手をセカンドゴロと後続をしっかりと切って取った。
 
【4回裏】
ここは大野選手はショートゴロで倒れるも、金子選手がレフト前ヒットで出塁すると、更に次の田中選手が空振り三振に倒れる間に盗塁を決めて二死二塁。
しかしここは続く紺田選手がセカンドへのゴロでた終えれてしまい、この回は走者こそ出すも無得点に終わってしまった。
 
【5回表】
田上選手をショートゴロ、本多選手をピッチャーゴロで二死とすると、川選手の二遊間への打球はセカンドへの内野安打とされるも、ここは続くオーティズ選手の打席で川選手の盗塁を刺して三死とした。
 
【5回裏】
福岡ソフトバンクのピッチャーが3番手の神内投手に交代したこの回は、先頭の稲葉選手はピッチャーゴロで倒れてしまうも、次の高橋選手はセカンド本多選手のグラブを強襲する内野安打で出塁して一死一塁。
しかしこの後は糸井選手がファーストゴロで倒れて二死となってしまうと、この間に高橋選手は二塁へと進塁も、ここは小谷野選手がライトフライで倒れて三死となってしまった。
 
【6回表】
この回は5イニング目に入る木田投手は、まずオーティズ選手をサードゴロで一死とすると、小久保選手にはレフト前にヒットを打たれるも、この後は多村選手をサードゴロで5-4-3のダプルプレーとした。
 
【6回裏】
二岡選手がライトフライ、大野選手が空振り三振、金子選手がショートゴロで三者凡退。
 
【7回表】
北海道日本ハムのマウンドに3番手で金森投手が登板したこの回は、まず先頭の李選手には三遊間をレフト前にヒットされてしまうと、次の長谷川選手を空振り三振とする間に三塁を決められて一死二塁。
そして更にここから松田選手のサードへのゴロを小谷野選手が一塁へと悪送球して一二塁とピンチを広げてしまうと、更に金森投手のワイルドピッチで走者を進めてしまって一死二三塁。
しかしこの後はまず打席の田上選手を空振り三振で二死とすると、本多選手もセンターフライで打ち取り、これで何とかこの回を無失点のまま終わらせた。
 
【7回裏】
この回は福岡ソフトバンク4番手の森福投手に対し、まず田中選手が、代わったばかりのファースト明石選手のエラーで塁に出ると、代打の陽選手はセカンドゴロで倒れるも、この間に田中選手が進塁して一死二塁。
しかしここからは稲葉選手がレフトフライで倒れてしまうと、高橋選手もサードゴロで倒れて三死となってしまった。
 
【8回表】
ここは川選手を空振り三振、オーティズ選手をセカンドゴロ、明石選手を空振り三振で三者凡退。
 
【8回裏】
バッテリーが福岡ソフトバンク5番手の久米投手と堂上選手へと交代したこの回は、まず代打の中田選手、小谷野選手が共にフルカウントからの四球を選んで無死一二塁となると、代打の坪井選手はファールで粘った末の12球目を弾き返し、これが一塁線を抜けるヒットとなり、この当たりで二塁走者の中田選手に続いて、一塁走者の小谷野選手もキャッチャーのタッチをかいくぐっての長駆生還で、これで2点を追加して16−1。
この後なおも無死二塁からは大野選手がピッチャーゴロ、代打のルーキー加藤政選手がセンターライナーで二死となってしまうと、田中選手はストレートの四球を選び、更にキャッチャー堂上選手のパスボールも重なって二死一三塁となるも、陽選手がキャッチャーファールフライで三死となってしまった。
しかしこの回は坪井選手のタイムリーで2点を追加し、16−1と更にリードを広げた。
 
【9回表】
15点のリードを持って迎えた最終回は、昨日の試合で悔しい逆転打を許した江尻投手が、先頭の多村選手をサード飯山選手のエラーで塁に出すと、李選手には左中間に二塁打を打たれ、これで無死二三塁とされ、続く長谷川選手のライト前ヒットで2者に生還されて16−3。
ここから更に松田選手のレフトへのヒットで無死一三塁とされると、代打の村松選手はセカンドゴロで一死としたものの、この間に三塁走者に生還されて16−4。
そしてなおも一死三塁から本多選手にはライト前にタイムリーを打たれて16−5。
この後は続く川選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレーとしてようやく三死として試合終了としたが、最後は何とも歯切れの悪い形となってしまった。
 
 

ケッペル投手のコメント (1回、17球、打者5、被安打2、与四死球0、奪三振1、失点1、自責点1)
川に投げた時に痛めた。ベンチに戻ったら痛みが強くなった。
 
高橋選手のコメント
(1回裏、レフト前タイムリー)
奇跡、ミラクルです。奇跡が起きました!
(2回裏、センターオーバー2点タイムリー二塁打)
やっと迷いなくスイング出来たかなと思います。みんなでつないだチャンスを途切れさせるわけにはいかないと思っていました。いい結果が出て良かったです。
 
稲葉選手のコメント (2回裏、ライト前タイムリー)
この2試合いいところで打てなくてすごく残念に思っていました。今日はみんながつないでくれたチャンスを何とかモノにできたので良かったです。
 
糸井選手のコメント (2回裏、左中間2点タイムリー二塁打)
いい手応えでした。何とか点が入って良かったですね。
 
金子選手のコメント (2回裏、右中間3点タイムリー二塁打)
自分はこういう試合では乗り遅れるタイプの人間なんで、必死でしたよ。昨日は人のいるところに飛んだけど、今日は人のいないところに飛んだね。
 
田中選手のコメント (2回裏、レフト前タイムリー)
流れを切らないように考えていました。とにかくヒットが出て良かったです。
 
木田投手のコメント (5回、60球、打者18、被安打4、与四死球2、奪三振0、失点0、自責点0)
ベンチでコーヒーを飲んでいたらブルペンに呼ばれた。最初は力が入ったけど、守りに助けられた。幸い味方の攻撃時間が長かったので、何とか間に合った。
みんな40歳過ぎの男に気を使ってくれて良いチームです。
 
坪井選手のコメント (8回裏、ライト線2点タイムリー二塁打、通算100を試合出場達成)
1000試合目のヒットというより、今季1本目が出たことが嬉しい。野球人生をどれだけ伸ばせるか。常に準備を怠らず、コツコツやっていく。
 
加藤政選手のコメント (プロ初出場)
緊張しました。安打を打ちたかったですけどね、芯には当たったので。守備にもつけたし、いい経験になりました。
 
梨田監督のコメント (監督通算500将達成)
以前から木田には何でもありとは言っていたんだけど、まさにその通りになったね。5回を0点に抑えてくれた。ケッペルは2日ほど様子を見ます。1イニングで10点入るなんてそんなにあることじゃないですね。うまく繋がってくれたけど、もう少し分散してくれてもいいね。札幌ドームで500勝を達成できたのが良かった。(ハーフタイムピッチで球場を訪れたバンクーバーオリンピックスピードスケート代表の高木美帆さんが)勝利の女神になってくれたね。試合前にあった時に今日は勝てるなと思いました。
 

閉じる コメント(15)

顔アイコン

嬉しい!!。

やったね。(*^_^*)☆ぽち。

2010/3/22(月) 午後 4:41 pinko0404

顔アイコン

すーーーーーーーーーごい試合でしたね。

2010/3/23(火) 午前 0:04 [ - ]

打ちも打ったりでした。
江尻はどうしたんでしょうか。

2010/3/23(火) 午前 0:16 [ 徳川くん ]

顔アイコン

木田も良くやってくれましたね。

2010/3/23(火) 午前 0:29 [ リロ ]

打線もすごかったし、木田もすごカッです。

2010/3/23(火) 午前 0:34 たか

顔アイコン

いろいろとしびれる試合でした。

2010/3/23(火) 午前 0:46 [ sapooro_love_story_2005 ]

こんな試合初めてですよ。

2010/3/23(火) 午前 1:34 mogu

こんな試合はなかなか見れないですね。
みんなよく頑張りました。
江尻はちょっと2軍で調整したほうがいいかもですね。

2010/3/23(火) 午前 1:55 かおしかく

木田はいい仕事をしてくれましたね。
打線もこれだけいっきに打たなくてもいいのにってくらい打ちましたね。

2010/3/23(火) 午前 2:16 こーじ

顔アイコン

江尻にとってはせっかくもらったチャンスを潰してしまいましたね。
こんな時に小林コーチがいてくれたらなんと声をかけたのでしょうか。

木田は初登板からいきなり大仕事をしてくれました。
打線も大爆発でしたし、とにかく気持ちのいい試合でした。

2010/3/23(火) 午前 2:29 [ golfer13131313 ]

素晴らしい打線のつながりでしたね。

2010/3/23(火) 午前 3:16 たのさん

顔アイコン

この3連戦はずっとテレビで見てました。

2010/3/23(火) 午前 4:04 りんご

こういう試合ばかりだと楽しいですね。

2010/3/23(火) 午前 10:43 おかお

顔アイコン

歴史的な試合でしたね。

2010/3/23(火) 午前 11:12 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

梨田監督が500勝ってことでイベントやったんですね。

2010/3/23(火) 午後 0:31 アロハ

開く トラックバック(15)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事